FC2ブログ

♪ 勉強の歌 ♪

今日は先ずはお礼から。今朝、拙ブログの総拍手数の数字を見ましたら、64万を超えていました。此の数、杉並区や板橋区の人口を大きく超えていまして、うう~ん、都内の1つの区の方々全員から、拍手を頂いた様な物でして、どうお礼を謂ったら良いのか分かりません。兎に角、日頃のご愛顧に心から感謝しています。読者の皆様、本当にありがとうございますm(__)m。そして、毎日の様に訪問して下さる、全国のブロガーの皆様にも、此の場を借りて、厚く厚く御礼申し上げます。稚拙な乱文ではありますけれど、此れからも、ご贔屓の程、何卒宜しくお願い致します。

さて、行楽の秋と申しますけれど、今日の大分は曇天ですが、何処かに行きたくなりますよね~。僕、ヘエエと感心したのですが、鈴木利行さんと謂う還暦の男性が、日本からドイツまでの1万5千㌔を、昭和28年製のポルシェで単独行、見事走破したんですって。53日掛かったそうですけれど、カッコ良いなァ。しかし、鈴木さんの運転技術や体力にも頭が下がりますが、ポルシェは世界各国に代理店があり、そんな古い車の部品まで揃えているのにも脱帽でした。ドイツに着いた時には、大勢の方が集まり、大歓迎だった由、ポルシェ本社に招待を受け、鈴木さんの愛車は同社内のミュージアムに飾られたそうでした。でね、気になるのは、53日間の単独行の際、何処に泊まったのかなァと謂う事なんですが、恐らく、モーターインだったと思います。此のモーターイン、日本では余り見かけませんけれど、欧米では道路沿いにありまして、車で乗り付け駐車場に入れると、其の目の前が部屋になってまして、フロントに行って其のままチェック・インするんですね。僕、ラスベガスやシドニーやティファナで、幾度と無く泊まった事がありますけれど、安価で清潔ですし、部屋もベッドもキングサイズ、軽食も摂れますし、便利な事此の上ないんです。

特にアメリカなど、車社会であり、広大な土地柄ですから、移動距離は半端無い訳です。となりますと、此のモーター・インが繁盛する訳ですよね。全米各地にあり、どんな辺鄙な処にもあるんですが、モーター・インって、家族経営が多いんですよね。土地を持っていて、簡素なホテルと駐車場を建てれば、明日にも営業出来る訳で、ファミリー・ビジネスには最適でしょう。1940年代からあるそうなんですが、此のモーター・インを取り巻く環境が激変しているんですって。1940年代、インドからアメリカにやって来た移民達の家族が、必死に働きお金を貯め、そしてモーター・インを購入、一所懸命に経営に勤しんだと。そして、彼らの子供達や孫達に高等教育を受けさせ、近代的な経営ノウハウを身に付けさせ、モーター・インを継がせたと。そして2018年、全米のモーター・インの所有者の半分以上が、インド系の人達なんですって。いや~、将に万物流転でありまして、僕がアメリカに行って、モーター・インに泊まった時は、白人のオーナーばっかりでしたもんね~。

閑話休題、地中海沿岸で多種多様な土器が発掘され、精査した結果、7200年前のチーズ入れだったそうでした。うう~ん、古代人が牧畜を始めてから、チーズが生まれた事は間違い無いでしょうが、そんな昔からあったんですね。一体全体、どんな味なのか、食べてみたい気もするんですが、恐らく、ハードチーズでしょうねえ。しかし、7200年前にチーズが生まれたとして、其れから凄まじい進化でしょ。エダムやグリュエール、ロックフォールにゴルゴンゾーラ、バヴァリア・ブルーにピラミッド・アッシュ、マスカルポーネにシェーブル、此れでもまだ、代表的なチーズを紹介したとは謂えません。恐らく全世界には、何百何千ものチーズがあるんじゃないかしらん。日本のスライスチーズやとろけるチーズ、雪印の6Pやさけるチーズなんて、我が国独特の進化でしょ。

テクノロジーの進化も凄まじく、日進月歩と謂う言葉がぴったりなんですが、アメリカでは、人工培養した肺を、豚に移植する事に成功したでしょ。数年後には人間にも可能になるそうでした。其のアメリカとイギリスの共同チームが、筋ジストロフィーになった犬を遺伝子操作し、特殊な注射をした処、完治したそうですよ。スイスでは、世界初のカラーX線撮影に成功、人間の体内を3Dで立体的に診る事が可能なんですって!でね、此れは僕、怖くなったんですが、ロシア人科学者が、シベリアの永久凍土を研究室に持ち帰り、少しづつ解凍した処、4万年前の虫が2匹、生き返ったんですって。こんな事をして良いんですかねえ…。

ホント、吃驚する事ばかりなんですが、僕、先のインド人達のモーター・イン経営にしても、テクノロジーの進化にしても、其の根っ子にあるのって、矢張り教育だと思うんですね。森高千里の曲に、「勉強の歌」がありまして、其の歌詞の一節をご紹介します。♪勉強はしないよりも しておいたほうがいいわ 1つでも得意なもの あるはず しゃくだけど 勉強はにんじんと同じぐらい 栄養があるみたいよ 食べなきゃ♪、でありまして、うん、将に其の通りでありましょう。

ところが、日本の現状を見ますと、誠に寂しいと申しますか、寒心に堪えない悲惨な状況なんです。OECDの調査が先日出まして、其れに依りますと、日本の公的な教育費って、先進国中、最低な由でした。要するに、夫々の家庭で教育費を出せ、そういう話でしょ。人口当たりの修士・博士号取得者は、先進国の中で、日本だけ減っているんだとか。先進国の中で一人負けと謂う状況です。尤も僕、大学院中退ですから、大きい事は謂えませんけれど、憂うべく状況でありましょう。

僕、国がもっともっと、教育費を負担すべきと思うんですよ。其れで無くとも、少子高齢化で若者が激減するでしょ。此の国の未来を背負って立つ若者達に投資をし、援助しなくてどうするんですかねえ!?アベなんて、ロシア行ってプーチンに会ってる場合じゃないですよ。アベの能力で北方領土が返って来る筈も無く、総理御一行様の渡航費なんて、1回行くだけで数億掛かるってんですから、其のお金、若者達の教育費に廻したらどう!?

♪ HOW FAR I'LL GO ♪

最近僕、FMラジオを付けている事が多く、BGM代わりに只流しているんですが、聞くとはなしに聞こえて来たのが、「新世代のディーヴァ」特集でした。即ち、若い歌姫達の特集だったのですけれど、ゼンディア嬢、カミラ・カベロ嬢、アレッシアカーラ嬢のお三方でして、いずれ菖蒲か杜若、皆さん美人でスタイルも良く、勿論歌もポップでキャッチーで素晴らしいんですよね♪皆様、機会があれば是非お聞きになられて下さい。ゼンディア嬢は22歳の若さ、映画出演でも有名でして、「スパイダーマン/ホームカミング」「グレーテストショーマン」での可憐な演技は未だ、記憶に新しい処です。さて、彼女はダンスも歌も抜群、ジンバブエとアメリカとオランダの血が混じっているとか。そしてカミラ・カベラ嬢は、キューバのハバナで生まれ、メキシコとマイアミで育ち、未だ21歳なのに、ラテン音楽をベースとし、アンニュイな魅力がありました。アレッシア・カーラ嬢は22歳、ディズニー映画「モアナと伝説の海」の主題歌で、一躍大スターとなりました。彼女の歌声のスケールの大きさ、表現力の豊かさは必聴でしょう。因みに彼女は、イタリアにルーツを持つ家系で、カナダで生まれ育ちました。

つくづく、現代は、女性が光輝く時であり、ハイブリッドの時代と痛感します。でね、偶然の一致と申しますか、先日、親戚の家に寄った際、亡母の蔵書の一部がありまして、随分古い物でしたが、「もしもしハロー 私は第一線婦人記者」ロバートソン黎子著 七曜社、と謂う本があったんですね。知らない著者だなァ、其れでも僕、一読して吃驚しました。著者のロバートソン黎子さんは、大地主の家に生まれ、名門早稲田の政経を出て、岩波書店とNHKに合格するも其れを蹴り、毎日新聞に入社、女性初の外信部記者になると。以後、アメリカの名門ヴァージニア大学の大学院生として、同大に日本人女性として初めて留学、以後はTV出演に新聞に評論、雑誌に講演に翻訳と大活躍されたそうでした。そしてアメリカ人男性と結ばれ、ロバートソン姓になったと。1932年と謂いますから、黎子さんは昭和7年に生まれた訳でして、随分ハイカラで先進的ですよねえ、いや、カッコ良いし、尊敬しました。

でね、其のロバートソン黎子さん、富山は高岡の産でして、僕、膝を打つ思いでした。最近の拙ブログではちょいちょい触れてますけれど、僕、今、富山に非常に感心があるんですよ。画期的な福祉施設を立ち上げたのが、富山の看護師さん達だったと以前書きましたけれど、此の県のデータを拾ってみると、誠に興味深いんですね。「富山は日本のスウェーデン」井出英策著 集英社新書に依ると、人口は47都道府県中37位なのですけれど、持ち家率は全国1位であり、生活保護を受けていない世帯の比率も同様でした。又、女性の正社員比率も全国1位なんですね。自家用車保有台数は全国2位。道路整備率は全国1位。保育所入所率は全国2位。高卒者の県内就職率は全国3位。勤労者世帯の実収入は全国4位。学力調査でも、富山は全国トップクラスな由でした。うう~ん、どうやら、教育熱心で高所得、勤勉かつ女性や子供を大事にする県民性と謂うのが分かる気がします。

此れだけではありません。此処数日の新聞各紙を見てましても、富山関連のニュースが非常に目に付くんですよ~。先ずは、物流が大事だと、何とシベリア鉄道を使い、日本海経由で自動車部品や建材を運ぶそうで、其の為に、港湾を大幅に拡張したんだとか。従来はスエズ運河経由だったそうで、其れですと50日掛かる処を、シベリア鉄道経由ならば、16日間でOKなんですって。企業の誘致も積極的に攻勢を掛けている由、うう~ん、富山の人達、やるなァ。今、アベ総理がロシアに行ってプーチンと会談してますけれど、富山の人達の方が余程上じゃないかしらん…。

eスポーツ、即ちビデオゲームのプロチームが富山で結成され、TV局や新聞社、パソコンメーカー各社がスポンサードするそうでした。又、富山と謂えば薬売り、製薬業が伝統ですけれど、東京の薬学部の学生を獲得しようと、サマースクールを開催、知事自ら駆け付けたそうでした。就職支援及び新卒者獲得の為、早稲田・明治・中央・京都女子大・立命館と提携したそうですし、中学生の職場体験プログラムも、全国に先駆けて実施したとか。しかもね、全県に渡り、全中学生が5日間に渡って行うそうでした。うう~ん、当院も、地元の明野中学校の学生さんを毎年受け入れてますけれど、学校からの要請は2日間ですもんね。富山とは随分と差があるなァ…。

此処からは僕の推察ですけれど、富山県の革新性って、歴史に関連する処も大きいと思うんです。だって、此の地は、日本史上唯一、農民が支配した処でしょ。即ち一向一揆でありまして、富樫氏と謂う殿様をやっつけてしまい、凡そ1世紀に渡り、市民自治を行った土地柄ですもの、そりゃあ独立心旺盛でしょう。又、かっての富山は雪国と謂う事もあり貧しく、女性が働き手として社会に出るのは当たり前だったとか。ですから当然、社会との関わりを持ち、おかしな事には堂々と発言しますよね。大正7年と謂いますから、1918年、今からちょうど1世紀前ですけれど、全国的に米価が高騰、そして富山市に於いて、25人の女性達が、此れでは生活が立ち行かないと、市役所に抗議に押し掛けました。此れが何と、富山県全域に広がり、そして日本全国津々浦々に飛び火、大阪で、東京で、小倉で、横浜で、名古屋で、仙台で、人々が蜂起し、100万を超す人達が抗議活動を始めたんですね。そしてとうとう、其の大混乱の責任を取り、当時の寺内内閣は総辞職する羽目になりました。僅か25人の勇気ある富山の女性達が、内閣を倒してしまったんですね。

因みに、富山の人口は106万人、ほぼ同規模の宮崎や秋田の経済規模と較べてみましょう。宮崎の企業売上高は凡そ1兆円、秋田県は9800億円。そして富山は3・6兆円ですって…。おまけに、富山県には新進気鋭の女性社長さん達が続々と誕生しているんですって。何だか僕、富山の女性に、此の国の舵取りを任せた方が良い気がして来たんですが、読者諸賢の皆様方、如何思われますか!?

ライオンのいる構図

半襟も 蔦のもみぢや 窓の秋、長月となり重陽の節句が昨日、あんなに暑かった夏は、漸く終わりつつある様です。ふきむすぶ 霧も涙も 一つにて をさえがたきは 秋の夕暮、皆様、週末は如何お過ごしでしたか!?僕、朋有り遠方より来たる亦楽しかずや、都内より旧友が帰省しまして、美味しい焼き鳥屋に行き、楽しい一時を過ごす事が出来ました。両人対酌山花開 一杯一杯復一杯、てな按配で、僕、些かご酒を聞こし召し過ぎた様でして、お腹を壊し、昨日は終日、静養と相成りました。

酔眼朦朧としながらも、早朝からTVを観ていたんですが、エコール・ド・パリの大立者であり、世界的な画家である、藤田嗣治の特集をやっていたんですね。僕、彼の絵をこよなく愛していまして、京都の国立博物館で、倉敷の大原美術館で、上野の都美で、幾度と無く観ています。実際、数枚所有しているのですけれど、あの乳白色と独特の線は、将にワン・アンド・オンリーと謂えましょう。でね、NHK教育の番組だったんですが、特筆すべきは、1968年に没した藤田画伯の肉声が、残っていたんですね。ご自身でカセット・テープに残されていたのが奇跡的に発見された由、世界初公開だそうで、僕、聞き入っていました。感動したんですが、自作の寸劇を録音されてまして、其れがね、能仕立てであり、落語の様なんですよ。疾うの昔に喪われた、上品で綺麗な美しい日本語でありまして、其れでいて画伯は新宿生まれですから、気風の良い江戸前の口調でして、僕、英語で謂う処の class 、格調の高さを感じました。其れが、あの傑作群に結び付くのかと僕、思わず居住まいを正しましたもんね。

閑話休題、其の格調の高さと謂えば、昨日は矢張り、全米オープン女子シングルス決勝の、大阪なおみ選手の優勝でありましょう。いや~僕、テニスは自分でもかなりプレイしましたし、ボルグやマッケンローやコナーズ、ナブラチロワやエバートやマンドリコワの時代からずうっと観てました。まさか生きている間に、日本人選手がグランドスラムを制するとは…。感無量であります…。WOWOWさん、生放送してくれて本当にありがとうm(__)m。僕も朝の4時半に起きて生観戦しました!僕、お腹が痛いのに、思わず一杯だけ、祝杯を挙げちゃいましたもの。いや、グランドスラムを制するって、本当に大変な事でして、特に全米オープンは所謂ハードコート、下はアスファルトのコンクリですから、球足が速くなるんです。パワーで劣る日本人には最も不利なんですね。ですから僕、日本人が勝つならば、赤土のクレーコートであり、球足が遅くなる全仏しか無いと思っていました。しかも、テニス選手は世界中を転戦するハードな毎日であり、特に全米は優勝するまで7回勝たねばならず、しかも決勝の相手は、歴代女子選手で最強を謳われ、グランドスラムをシングルスで23回、ダブルスでも14回制したセリーナ・ウィリアムズでしょ。其の相手に対し、初の決勝進出の大阪選手、まさかまさかの完勝でありまして、もうねえ、脱帽ですし最敬礼ですよ!やってやったぜ!

でね、滅多に見られない光景が噴出しまして、セリーナ選手、自らの不甲斐無いプレイに苛立ち、審判と揉めに揉め、試合が中断、大観衆から凄まじいブーイングが飛ぶ異様な雰囲気となったんです。僕、ボクシングの世界戦、ホリフィールドVSボウの試合を思い出しました。此れ、激戦の最中、パラグライダーに乗った男がリング上に飛来、大混乱になったんですね。話を戻しまして、大観衆が皆敵となった異様な雰囲気の中、気持ちを切らさず、見事に勝ち切った大阪選手の精神力には、恐れ入りました。そして、審判に毒づくセリーナ選手を尻目に、冷静さを保ち、優勝後も何度もお辞儀をした大阪選手に僕、格調の高さを感じました。真の女王でありましょう。日本人がテニスを初めてプレイしたのは明治11年、1878年と謂います。其の前年、1877年に、第1回ウインブルドンが開催されているんですね。そして140年後の昨日、日本人プレイヤーが初めて、グランドスラムを制したんですもの、歴史に残る大快挙でありましょう。大阪選手、本当に本当におめでとう!!

僕、つくづく思うんですが、此れからは女性の時代であり、異端者の時代と思うんです。だって、大阪選手だって、父君は中南米の小国ハイチのご出身、ご母堂は北海道札幌生まれでしょ。そして大阪の地で、大阪選手が生まれまして、其の後ニューヨークで育ち、フロリダでプレイヤーとして研鑽を積み、好きなアーティストはビヨンセ、日本の漫画やアニメをすこぶる好み、大好物は鰻重にカツ丼に焼き鮭って、本当にハイブリッドな選手と思いませんか。優勝後のインタビューで、「抹茶アイスが食べたい」と仰ってまして、とってもキュートでした♡極めて保守的だった、今までの日本テニス界には決して居なかったタイプの選手でありましょう。

話は変わりますが、以前の拙ブログで、富山県では先進的な介護施設の試みがあり、僕、是非見学に行きたいと書きました。要するに、1つの施設内で、子供も健常者も、お年寄りも障害者も、共に暮らすと謂う、画期的な事なんですが、此れを立ち上げたのは、惣万佳代子さんとお仲間の看護師さん達の由、皆さん女性なんですね。そして今、日本を訪れる外国人観光客が急増してますよね。其の仕掛け人と申しますか、影のアドバイザーの方が居まして、山田桂一郎さんと謂う方なんですが、三重県生まれで今はスイス国籍を取得されています。毎月日本に帰り、全国各地で観光業のアドバイスをされていると。山田さんは国体にも出場したバリバリのヨットマンでして、其の後世界一周をし、スイスの観光局を職を得たと謂う、変わった経歴でしょ!?其処で観光業のノウハウを全て覚え、現在の職に就いたと謂う訳です。冒頭触れました藤田画伯も、新宿に生まれ、熊本で育ち、東京芸大に進み、花の都巴里に留学、帰国後はアメリカ、中南米全域、そして沖縄で清遊し、フランスに戻った訳で、此れ又異端者でありましょう。でもね、此れからの我が国は、人類が経験した事の無い程の少子高齢化であり、従来の発想ややり方では駄目な事は、火を見るよりも明らかです。だからこそ、女性と異端者の時代、僕、そう思うんだけどなァ…。

さて、不安定な天気は暫く続く様です。僕、被災地の方々の事が本当に気になりますけれど、どうか皆様、天気予報のチェックはどうぞおさおさ怠り無く、今週も又、共に頑張りましょうm(__)m。

ストレイシープ

北海道では大きな地震が、関西では巨大台風が襲来、大変な事になっています。相当な被害が出ている由、被災地の方々には、掛ける言葉もありませんけれど、亡くなられた方のご冥福を心からお祈りすると共に、避難者や怪我人の方々へのお見舞いを申し上げます。政府や自衛隊の皆さん、どうか迅速に行動して、被災者を救ってあげて下さい。何卒宜しくお願い致します。僕、拙ブログを書き終えたら早速、コンビニに行って、募金をして来る心算です。

でね、石破さんが仰ってました。「自民党総裁選をやっている場合では無い。延期して、被災地の救済に全力を注ぐべきだ。」うん、其の通りでありまして、全くの正論と思いますし、此の状況下、権力闘争に明け暮れる自民党の面々を僕、心底軽蔑します。こういう時こそ、早急に補正予算を組み、法整備をして、被災地にお金や救援物資を送るべきでしょう。僕、呆れ返っちゃったんですが、アベ総理のオトモダチの、加計学園ってありますよね。此処、100億単位の補助金を突っ込んでますけれど、ツイッターで、此の大学の図書室の画像が紹介されていました。図書費として、2億円を貰っておきながら、図書館はスカスカ、ほんの数冊しか置いてませんで、此れでも大学ですか…。おへそでお茶を沸かしますぜ。あのねえ、今、本当に優れた防災袋が売り出されてまして、重さは5㌔、防火で防水で防汚仕様、反射材を塗布してますから夜間には光るんですって。食べ物飲み物、アルミ毛布に笛、エアー枕にカイロ、レジャーシートにマッチ、救急セットにアーミーナイフ等々、選び抜かれた30品目の防災グッズが入り、1つ1万円であります。加計学園に何百億もあげるなら、全国民に、此の防災袋を無償で配布したら良いのに…。

僕、本当に腹が立つのですけれど、備えあれば憂い無し、プリペア・フォー・ザ・ワーストが危機管理の原則じゃありませんか。当院ですら、入院患者様の3日分の非常食は確保していると謂うのに、国って、何1つ用意してませんでしょ。此れから、南海トラフや関東大震災が来るのは確実視されているのに、其の備えもせず、地震時には大変な事になる原発は放置した挙句、東京五輪に夢中だなんて、ピントがボケ過ぎて、無茶で軽率で木偶の坊で、物笑いの種ですぜ。

かって、拙ブログでは、病院船や病院飛行機、そして病院列車を導入してはと書きました。イタリアの実例ですけれど、3Dプリンターで仮設住宅を造ってはと書きました。ホーバークラフトや装甲車や水陸両用車を、被災地に送ってはとも書きました。病院船は漸く、海上自衛隊が導入を検討している様ですが、ちょっと too late じゃないかなァ。僕、カジノを始めるより、1艘の病院船の方が、よっぽど国民の為になると思いますよ。でね、思い付いた事がありまして、理系に無知な僕の妄想と笑って貰って構わないんですが、病院潜水艦と病院飛行船ってどうですかね!?台風の時には、被災者や怪我人を乗せ、海の奥深くに潜っちゃうんです。其処で手当てをすれば、台風なんて関係ありませんでしょ。又、地震の際には、飛行船で空高く上り、其処で怪我人を手術すれば良いじゃありませんか。確か150人位は乗れる筈ですよ。

尤も、コスト面が不安と謂うならば、ヘリコプターは如何でしょうか!?MI-26ヘイローと謂う、世界最大のヘリコプターがありまして、此れ、1981年のロシア製で今も現役、元気に大空を舞っているのですけれど、8枚の翼を持つ、155人乗りなんですね。ロシアのみならず、イタリア・カナダ・インド・メキシコ・ギリシャ等々、世界19か国で使用されている、傑作機なんです。何せ世界最大のヘリコプターですから、用途は様々でして、物資や人員の輸送は勿論の事、消火や復興活動等々、八面六臂の大活躍なんですね。戦車は勿論、大型トラックや小型のジェット機まで運べちゃうんですから、凄いですよね。ならば、此のヘリを30機位ロシアから購入、天災が起きた際には、ショベルカーでもクレーン車でも、医療スタッフや救急車、そして勿論水や食糧でも、大量に被災地に運べると思うんですけど…。

後、ドローンを使うのはどうでしょうか。アフリカのルワンダ、かっては部族間の紛争があり、大虐殺が起きた地ですけれど、ところが今、奇跡の復興を遂げているんだとか。「アフリカの奇跡」とも呼ばれており、内戦を避けて諸外国に避難した人達が、世界各地で高等教育を受け、そして今、母国に戻り、IT立国を目指し、ルワンダ経済は急成長しているんですって。でね、凄いなァと感心しましたのが、伸びているとは謂っても、まだまだ発展途上国な訳で、病院も少なく、インフラ整備は出来ていないんですね。で、其処で採用されたのが最新鋭のドローンでして、輸血用血液からワクチン、医療器材から薬から、其れで運ぶんですって。時速100㌔を超すそうで、今まで2時間掛かっていたのが、僅か8分で薬が到着するそうでありました。うう~ん、日本でもやれば良いのにねえ…。ロボットだって、此れから益々進化するでしょうから、被災地向けの物も、必ずや出来ると思いますよ。

でね、もう1つ、僕、自治体で羊や山羊を飼ってはどうかと思うんです。日頃は草を食べて貰い、除草作業をお願いするんですね。実際、此れを実施している自治体も増えつつあるんです。で、いざ天災が起きた際には、羊や山羊のお乳を呑むと。食糧が枯渇した際には、本当に申し訳ありませんが、食べちゃうと。羊なら羊毛も使えますでしょ。特に山羊って、厳しい環境にも強く、繁殖力も旺盛ですから、役に立つと思うんだけどなァ。珍案奇案、縷々述べて来ましたけれど、読者の皆様方は如何思われますか!?

さて、週末は全国的に荒れ模様のお天気の由、被災地の事が本当に気になりますけれど、どうか二次災害等がありません様に…。其れでは皆様、素敵なウィーク・エンドをお過ごし下さいませm(__)m。月曜朝に又お会いしましょう(^.^)/~~~

❀ 西行桜 ❀

昨夕、仕事終わりにスーパーに寄りましたら、僕の大好きなアメタの干物が売ってまして、そう謂えば今が旬なんですよね~♡此のアメタ、一般的にはエボダイと謂いまして、英語ではバターフィッシュと呼ばれる様に、非常に美味なんですよ♡幼魚の時は、クラゲの下にじっと隠れているんですね。でも、長じると其のクラゲを食べちゃう悪い奴なんですが、淡泊ですが脂が乗っていて、非常に美味であります。刺身に煮付けに唐揚げ、背越しに南蛮漬けにお鮨、何でもいけますが、僕のお勧めは矢張り、塩焼きでしょうか。昨夜、焼き立てにカボスを絞り、大根おろしと紫蘇と、早速賞味したんですが、美味しかったなァ。でね、カボスが余りましたから、其れを焼酎に入れ、YOUTUBEを観ていたんです。僕の大好きな「まんが日本昔ばなし」でありまして、此れ、何も考えず、お酒の酔いに身を任すには最適でありましょう。超一流のイラストレーター達による独特のタッチの絵、クラシックからラテンやロックまで劇中歌となり、常田富士男と市原悦子の優れた役者のナレーション、うう~ん、時の経つのを忘れてしまいます。僕、オッサンだなァと笑われそうですが、「はじめ人間ギャートルズ」と「忍者ハットリ君」のアニメをこよなく愛してまして、DVDを買おうか何時も迷ってるんです。其れはさておき、「まんが日本昔ばなし」を観ながら、ご酒が少々過ぎた様で、酒飲みは 奴豆腐に さも似たり はじめ四角で 末はぐずぐず、気付くとカラスカァと啼いて朝でした。でも気分は爽快、自転車をぶっ飛ばして出勤した次第です。

で、昔話を観ていて、とつおいつ考えていたのですけれど、其のフォーマットって、能に酷似しているんですよね~。僕、能も大好きなんですが、大体の粗筋って、異世界や魔性の物と、人が出会う話が多いんです。鬼や亡霊、仙人や神様が現れまして、人間を翻弄するんですね。日本の昔話もそうでしょ。桃太郎は鬼が島に鬼退治に行き、浦島太郎は竜宮城で乙姫様から宝箱を貰い、天の羽衣は天女が空から舞い降ります。一寸法師は鬼と闘い、鶴の恩返しは女性が実は鶴であり、かぐや姫は竹から生まれて月に帰ります。ネッ、異界と人間界が遭遇する話ばかりでしょ。僕、能を含め、此れらの話が成立した頃って、朝には紅顔ありて夕には白骨となれり、即ち政情が不安で、戦や追剥、疫病や天災も多く、人の死が日常だったからだと思うのですけれど、皆様如何思われますか!?

閑話休題、信長公秀吉公家康公にこよなく愛された能ですけれど、其れが文化として成り立ったのは矢張り、江戸期でありましょう。社会が安定し、各藩共能楽師を雇う様になったんですね。歴史の教科書ですと、安土桃山時代の末から江戸期は、刀狩りや身分制度、そして五人組や参勤交代の制度があり、何だか息苦しいイメージですよね。でも僕、其れには大いに異を唱えたいんですよ。

だってね、能楽師上がりで、殿様の地位まで登り詰めた人達だって居るんですよ。間部詮房と謂う群馬の殿様ですけれど、彼は能楽師の出身ながら老中の地位まで就きましたから、そうですねえ、今で謂えば、吉本の芸人さんが首相になった様な物でしょう。大久保長安、彼も能楽師の家に生まれた芸人さんですが、金山発掘の天才でして、彼も又老中、首相の座に就きました。本願寺の坊官として、織田信長と戦い、全国でゲリラ戦を展開していたのが下間一族なんですが、彼らも又、能楽師の一面を持っていました。其の末裔が、大阪の尼崎で殿様になっています。

此れ、能楽師だけじゃないんですね。藤堂高虎や田中吉政らの大大名は貧農の出。彼の有名な柳生一族、彼らは奈良の大名ですけれど、元々は剣術家でしょ。中根正盛と謂う大目付が居まして、今ならば公安かなァ、彼は忍者上がりです。三重県の鳥羽市の大名、九鬼氏は代々海賊であります。四国の大名、蜂須賀家は盗賊の出。僕の父方の実家である大藤家、最終的には千葉に領地を貰った幕臣だったそうですが、元々は山賊の長でした、お恥ずかしい…。そうそう、神主や坊さんの系譜を継ぐ大名だって居ますからね。

そして、鎖国のイメージが強過ぎて、織豊期や江戸期には、此の国には日本人しか居なかったと謂うのも、大きな間違いです。織田信長公の家来の弥助、彼はアフリカ出身の黒人だったのは広く知られた話です。でもね、奈良時代にペルシャ人が京都に住んでいた記録が残っている位なんですよ。そして、安土桃山時代、長崎での戦では、何と黒人やインド人の兵が参加、大砲を打ってたてんですから、ちょっと信じられないですよね~。中国や韓国で生まれ、日本の殿様に仕え、武士となった方など、枚挙に暇がありません。日本人なら誰もが知っている忠臣蔵、赤穂浪士四十七士の中に、武林隆重と謂う侍が居るのですけれど、彼のお爺さんは中国生まれのドクターです。東京駅の八重洲の由来にもなった、オランダ人のヤン・ヨーステン、彼は船乗りで大分に漂着したところ、家康公に認められ、旗本として侍となりました。イギリス人のウィリアム・アダムスも同様でして、彼らは日本人女性と結ばれました。其の子供が跡を継ぎましたから、碧い眼をした侍が居た事が正式な記録に残っています。又、蒲生氏郷公に仕えた山科勝成と謂う侍は、どういう経緯で日本に来たのかは不明なんですが、イタリアはローマ出身の騎士だったとか。

僕、親友のMさんが其処の出身と謂う事もあり、長崎って大好きなんですよ。ちゃんぽんに皿うどん、トルコライスに小龍包、何を食べても美味しいですし、風光明媚で人情豊か、何時か住みたいと思う街の1つです。で、Mさんに案内されて、出島を見に行ったんですが、其処に置いてあった江戸時代の絵画には僕、非常に感銘を受けました。長崎のお祭り、くんちを描いた物でしたが、其の観客は、日本人に中国人、韓国人に欧米人、黒人まで居まして、真の国際都市だったんですね。そうそう、当時の長崎奉行所の記録が沢山残っているんです。其れに依りますと、長崎市民は黒人と随分仲良しだった様で、共にお酒を呑みに行って芸者さんを呼んで大騒ぎしたり、将棋を指したりしてるんですよ~。江戸時代の民間の国際交流でして、何だか微笑ましいですよね♡

僕、今の時代の方が、グローバルと謳いながらも、実は陰湿で排他的でドメスティックな感じがします。だって、トランプにせよ、世界中で猛威を振るう極右の連中にしても、江戸期の日本人より、余程器が小さいんじゃないかしらん…。
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR