FC2ブログ

♕ 女王陛下の007 ♕

読者の皆様、おはようございます。此処数日、拙ブログの更新が不定期になり、大変申し訳ございませんm(__)m。実は最近、風邪気味で体調不良の日が多く、空いた時間があれば直ぐに横になる様な状態でした。でも、昨夕位から漸く、回復傾向にありまして、やっとこさ、PCを立ち上げた次第です…。そうそう、お陰様で、拙ブログの更新も、今日で1970回目となりまして、いよいよ、2000の大台が見えて来ました。無事、2000回を迎えた際には、折角ですから、何かイベントでも開こうかしらん。其の際は、拙ブログで告知しますね♡

さて、今、最も解決すべき喫緊の課題と謂えば矢張り、コロナウィルスの問題でありましょう。でね、とりわけ今、日本に寄港中の豪華客船で、3600人の乗客の間で、コロナウィルスが猛威を振るってますでしょ。日本政府の対応をみても、場当たり的な対処療法と謂いますか、此のままでは、罹患者が増えるだけじゃないかなァ…。そして僕、吃驚したのですけれど、此の豪華客船、今、アジアやオセアニアの海に、21隻もあり、どの国からも寄港を断られているんだとか。此の問題を解決する戦略が欠けて居る気がしてなりません。でね、僕、考えたんですよ。南太平洋上には、例えば、ニウエやトリラウ、パラオやツバル等々、人口が1万程度の島々が沢山ありますでしょ。ならば、島民には暫しの間、オーストラリアに避難して頂き、客船は順次、其の島々に寄港すると。で、乗客の夫々の国々からチャーター機を呼び寄せ、帰国して貰い、母国で治療を受けると謂う案は如何でしょうか!?島を除菌し、其の後、島民には戻って貰うんです。此れが実現出来るか否かは分かりませんけれど、きちんとした戦略を立て、然るべき手段を取らないと、感染は拡大するばかりでありましょう。

閑話休題、ところで問題なのは其の戦略です。我が国の為政者には、此の国の来し方行く末を熟慮した、国家戦略って、果たしてあるんですかねえ…!?僕、何も無い気がしてなりません。例えば中国ですけれど、アフリカ諸国の資源に目を付け、もう彼の地には、中国人が100万単位で住み、ビジネスを展開しています。ロシアだって、豊富な天然資源を武器に、EU諸国に其れを売り込み、発言力は増すばかりでしょ。アメリカは軍事産業を梃子に、経済をダイナミックに動かしてますもんねえ。又、長年に渡り、CIAが自民党に、巨額の資金提供をしていたのも、アメリカの公文書に残されています。要は、アメリカにとって都合の良い政権を世界中で造るべく、暗躍していたんですね。凄い国…。そうそう、イギリスの外相が久方振りに来日、日本に、経済や軍事面の協力を申し出ました。イギリスも、EU離脱が正式に決まり、欧州相手のビジネスには限界があると、我が国に目を付けたんでしょう。日本政府は、嬉々として其の話を受けてましたけれど、ちょっと待った!イギリスの行く末を、ペシミスティックに、悲観的に見ている識者が圧倒的に多いんですぜ。国家分裂の危機を抱え、イギリス王室も滅茶苦茶、喧嘩をする必要は全くありませんけれど、僕ならば、経済協力を結ぶ前に、欧州の動向を見極めてから、此の話を受けるかどうか決めますねえ。ですから、今回は、言質を与えず、礼を失する事無く、丁重にお断りすべきだったと思えてなりません。大体ね、ロシアと30回近く、北方四島の交渉をして、何も進展が無かったじゃありませんか。北朝鮮の拉致被害者の方々も、何時まで経っても戻ってこれません。あの~、今の日本人は、外交は空っ下手で稚拙なんだから、黙って観察しておく、此れも戦略と思いますがねえ。

最近の経済動向や、社会情勢を見て下さい。景気動向指数は、リーマンショック以来の、最悪の数字だとか。僕此れ、消費税増税に依る、実体経済の悪化で、皆が物を買わないからだとしか思えません。しかもね、インバウンドだ、海外観光客を呼んでお金を落として貰うんだと、政府は大見得を切ってましたけれど、韓国との関係悪化や、コロナウィルスの影響もあり、此処九州では、7ヶ月連続で、海外の観光客が激減しているんだとか。北海道でも、200億を超える収入源だそうです。大体ね、観光とか、カジノとか、オリンピックや万博で、お金を儲けようなんざあ、邪道中の邪道ですぜ。資源の無い此の国は、原材料輸入加工品輸出で、優秀な船舶や自動車を造り、其れで発展して来たんじゃありませんか。観光やカジノなんて、コロナウィルス或いは天災が来れば、もうお客が激減するのは必定でしょ。オリンピックや万博に至っては、経済効果なんて、精々1ヶ月ですぜ。

生活保護受給世帯は過去最多、貧しい子供達の為の「子ども食堂」は全国で4000近くにまで急増、自殺者は年間3万人、毎日1人以上孤独死があり、全国の百貨店や飲食店は激減、中小企業や医院や病院の7割近くが、後継者不足に悩まされています。此の現状を踏まえた上で、国家戦略を練らねばなりません。人口が減るってのに、リニア新幹線を新設するって、あのねえ、出来上がった頃には、乗る人自体が少なくなってると思うんですけど…。

もうねえ、高度経済成長とか、バブルの夢は棄てましょうや。此の国は此れから暫く、我慢の時ですよ。でもね、物事なんでもそうですが、デメリットばかりじゃありませんでしょ。少子高齢化の良い面もあります。先ず、世界一高い、日本の地価も相当下がりますから、家を建てるのも、土地で事業を始めるのも、随分と楽になるでしょう。安価で広大な遊休地を使い、ロボットやAIやドローンを駆使して、人を使わずして、大量の農作物を得られる時代が必ず来ます。人口が減りますから、食糧自給率は上がり、天災時も、自国の食糧のみで何とかやって行けるでしょう。食べ物は危機に備えて先ず備蓄、余った分は、外国に売って利益を得れば良いんですよ。少子化になれば、世帯毎の教育費は減り、子供1人1人に目が行き届き、教育レベルが上がる可能性もあります。其れに加えて、政府は子供を増やす政策を打ち出すんです。北欧諸国やフランスの例を見れば分かる通り、少子化を脱して子供が増えた国なんて、枚挙に暇が無いでしょ。

ど素人の僕が、少し考えただけで、稚拙かもしれませんが、此れ位のアイディアが出るんですよ。政府や官僚の皆さん、桜を見てタダ酒を飲んでいる暇があるのなら、もう少し、国家の事を考えて下さいな。

さて、今日は折角のお休み、皆様、引き続き、素敵な日曜日をお過ごし下さいませm(__)m。僕、体調次第ですが、出来たら映画で行こうかな!?其れでは明朝又お会いしましょう(^^)/~~~

鰻の幇間

読者の皆様、おはようございます。昨日は拙ブログを更新出来ず、大変失礼致しましたm(__)m。実は僕、一昨日の夜、偉い先生方と会食の機会があり、談論風発和気藹々、とっても楽しい一時を過ごす事が出来、其処までは良かったのですけれど、冬空や 風に吹かれて 沈む月、何せ寒かったですからねえ、治りかけた風邪がぶり返した感があり、頭が痛く、勿論仕事は全力でやりましたが、ブログを書く体力がありませんでした。昨夜も余り眠れなかったんですが、今宵も仏事がありまして、気力で頑張っている次第です。

さて、私事は兎も角、中国のコロナウィルス、拡散するばかりで、収まる気配すらありません。ニューヨーク・タイムスや、日本の経済誌の現代ビジネスを読んでましたら、慄然とする記事がありました。ニューヨーク・タイムズには、此のウィルスは、とっくに分かっていたそうです。どうやら、其のウィルスの危険性を訴えたドクター達に懲罰を与え、ジャーナリストやSNSを抑圧、様々な情報を隠蔽したんだとか。其の所為で初動が遅れに遅れ、此の様な事態になったとの事でした。一方、現代ビジネス誌には、此のウィルス、中国側が、カナダの研究所から盗み出し、何かの原因で、其れが武漢市に溢れ出た、との見解だったんですね。中国って、ウィルスのみならず、他国の研究を盗むケースが頻発している由、もし此れが事実ならば、明らかに人災でしょう…。

僕、中国共産党の様な、一党独裁って、本当に危険と思えてなりません。1つの考え方だけで、国をまとめるなんざあ、天に唾する様な物、上手く行く筈がありませんぜ。異なる価値観や考え方を認めなくちゃ。其れにつけても酷いのが、我が国の自民党でありまして、皆さん、アベ総理の国会答弁、ご覧になりました!?強弁に詭弁に論理破綻、感情的になり大声を発したりして、もうねえ、こんな輩が、日本の政界の代表かと思うと僕、恥ずかしくて、顔から火が出そうです。大体、「桜を見る会」の一連の資料を出せば、其れでお終いの話なんですよね。でも、ホテルの明細が出れば偽証罪、参加者の名簿を出せば怪しい人脈が明らかになり、領収書を出せば公職選挙法違反となります。将棋で謂う詰み、チェスで謂うチェック・メイトなんですが、頑なに認めませんで、往生際が悪いったらありゃしません。でね、情けないのが、こんな醜悪な総理はとっとと降ろせば良いのにと思うんですが、自民党の対抗馬も、似た様な連中ばかりでしょ。コイズミもイシバもキシダも、揃いも揃って世襲議員ばかりですもんねえ…。

今、アメリカ大統領選が盛り上がってますけれど、野党民主党の代表者選び、本当に興味深いですよねえ。アイオワ州から選挙戦がスタートしたのですけれど、此の州を制したのは、ダークホースの38歳のブティジェッジさんでした。彼はゲイを広言しており、小さな街の市長を務め、従軍歴があり、多くの言語を喋れ、楽器演奏が得意、ハーバードとオックスフォードを出て、大手コンサル会社で勤務したと謂う、出色の人物です。ブティジェッジさんの対抗馬も、多士済々でしょ。サモア生まれでハワイ育ち、ヒンズー教徒でフィリピン留学歴のあるギャバードさん。ポーランド系の大経営者であり、元ニューヨーク市長のブルームバーグさん。台湾移民の子で、経営者兼弁護士のヤンさん。ユダヤとロシアの血を引き、大工や看護助手の経験がある、サンダースさん。世襲か官僚上がりしか居ない、日本の政界とは大違いでありましょう。やっぱりねえ、選択肢があるって、良い事ですよ。

閑話休題、古今東西の歴史を散見しても、成功を収めた人や組織って、個性的で多様性に富んでいます。例えば、女性の皆さんは大好きであろうシャネル、此処の日本法人の会長は、リシャール・コラスさんと謂うフランスの男性なんですね。コラスさんは何と、6冊の本を書いた小説家であり、アジアやアフリカの古美術品の収集家としても知られています。鎌倉に日本建築の家を建てて住み、和服を着て谷崎潤一郎の小説を読むのが何よりの楽しみなんだとか。シド・ミードさんと謂う著名なデザイナーが居て、昨年惜しくも亡くなられたんですが、彼は、映画「ブレードランナー」、「スタートレック」、「エイリアン」のデザインを手掛けた事で、広く知られています。面白いのはシドさん、元々は軍人でして、退官後、商業デザインの道に進むんですね。フォードやボルボと謂った、車のデザイナーだったんですが、鬼才リドリー・スコット監督がシドさんの才能に注目、大抜擢したのでした。

話は変わるんですが、僕、鰻重が大好物でして、最近食べてないのが残念なんです…。でね、此の鰻重を発案したのが、大久保今助さんと謂う江戸期の人なんですね。今助さんは元々はお百姓さんでして、此れでは食べて行けないと商人に転進、大成功を収めます。余程の才能があったのでしょう、芝居小屋のオーナーをしつつ、貧窮しつつあった水戸藩の財政を一手に任され、今ならば大蔵大臣の職に就き、藩を見事に再建します。で、お芝居を観る際のお弁当として、鰻が冷めない様、ご飯の間に入れたと。此れが鰻重の始まりなんですって。成程ねえ、鰻重1つ取っても、今助さんの合理性と頭の柔らかさと個性を感じませんか!?

一部上場企業である、アート引っ越しセンターを1代で立ち上げたのが、創立者である寺田千代乃さんです。彼女は、裕福な家庭に育つもお父さんの会社が倒産、中学卒業後は、タイプライターの夜学に通いながら、繊維会社に就職します。そして、私費を投じて運送会社を立ち上げるも、オイル・ショックの大不況で、運ぶ物が無くなったと。ならば、空いた車で引っ越し業を始めた処、此れが大成功したんだとか。しかもね、競合する他の引越し屋さんとは、まるで逆の戦略を取ったんですって。女性社員を大抜擢し、コールセンターを担当させ、サービスの向上を図ったんだとか。そして、女性社員の為に社内に保育所を設置、此れを昭和50年代に始めたんですから、寺田社長の先見の明には、恐れ入りますよね。

偉大なる先人達を見習い、当院も、職員の個性を最大限に生かした組織にせねば、つくづくそう思います。もし、当院がより良くなれば、下郡地区にも何らかの好影響を与える筈です。下郡地区が良くなれば、其れは大分市に、大分県に、九州に波及する筈です。理想論と嗤う勿れ、其れ位の意気込みで僕、病院運営を全力で頑張りますよ!!

GRINGO

昨日の常識は今日の非常識、何てえ事を申します。此れを謂ったのは確か、著名な経営学者のドラッガーですけれど、将に金言と思います。ホント、いい加減に悪習は止めたら良いのにと感じるのですけれど、アメリカの銃乱射事件って、一向に終わりませんよね。昨年12月と1月だけで何と、18件もの銃関連の事件が起きているんだとか。2月に入ってももう2件ですって。其れもね、デンバーにシカゴ、ニュージャージーにニューオリンズ、カリフォルニアにホノルルって、もういい加減にしなさい!我が国にしても、「桜を見る会」、誰がどう見ても、公職選挙法違反なのに、アベ総理は、意味不明の言い訳を繰り返すばかりでしょ。おまけに、自分のお気に入りの検察官を総長にすべく、ソイツだけを定年延長ですって。其れと僕、吃驚したのですけれど、政府は矢鱈とマイナンバーを勧めるじゃありませんか。でもね、全国に79万人居る国家公務員で、マイナンバーを取得しているのは、たったの25㌫なんですって。僕達国民には、散々強要しといて、そりゃ無いでしょうよ。アメリカはとっとと銃を規制する、日本は私利私欲と利権を止める、其れをすれば、瞬時に問題解決なのに、本当に非常識な連中と謂えましょう。

閑話休題、全ての物事は進化する、僕、そう信じて止まないのですけれど、昨日読了した本、凄く面白かったんですよ~♪「古代オリンピック 全裸の祭典」 トニー・ペロテット著 矢羽野薫訳 河出文庫、なんです。いやあ、自分の無知を痛感したんですが、古代オリンピックって、身分の差を意識しない為、全ての競技がすっぽんぽんで行われたんですって。そして、かってのオリンピックは祭事であり、神に捧げる祝祭だったそうで、5日間の開催中、古代ギリシャは将に酒池肉林、競技に賭けてワインをがぶ飲み、生贄の動物を食べ、即席のカップルが至る処で生まれ、其れが4年に1度、300回近く開かれたんですって。紀元前のオリンピックは、ギリシャ人しか出場出来なかったそうですが、其れが今、全世界的なイベントへと発展した訳でしょ。

東京のラグジュアリーホテルの代表格である、ウェスティンも、先日何と1000億の高値で売られました。恵比寿にある此のウェスティン、元々は、サッポロビールの所有でした。其の後、アメリカの投資会社、モルガン・スタンレーに売られ、そしてシンガポールの会社に転売、そして今、中国系のファンドの所有となりました。閉園が決まったとしまえんにしても、其の歴史を辿ると、誠に興味深いものがあります。中世の頃、此処は元々はお城でした。廃城となってからは長く田園となり、そして公園となり、明治期に、実業家が自分の別荘地として、広大な此の地を勝ったんですね。其の後、陸軍の施設が置かれ、敗戦後は西武鉄道が購入、そして巨大な遊園地となります。近い将来の閉園が決定、其の跡地は、アメリカの映画会社ワーナー・ブラザーズが購入、「ハリー・ポッター」のテーマパークとなるそうです。

万物流転と申しますか、栄枯盛衰の諺通り、不変の物なんて、此の世の中には無いんですよね。卑近な話で恐縮ですけれど、こんなに今、ハイボールが人気があるなんて僕、思ってもませんでした。だって、僕が若かりし頃、誰もハイボールなんて飲んで無かったですもん。当時は酎ハイが大人気でしたもんね。そうそう、廃れるばかりと思っていた、昔ながらのスナックが、若い女性に大人気だそうで、安価に気軽に飲めるのが受けたんだとか。僕、ヘエエと感心したのが、今、イギリスで国民食となりつつあるのが、日本で生まれたカツカレーだそうで、1日1万食売れているんですって。しかも、其の仕掛け人は、香港の方だそうです。カレーって元々はインドの食べ物でしょ。其れが日本に伝播してカツカレーにアレンジ、香港の人がイギリスに持ち込み大ヒットだなんて、冒頭触れた様に、昨日の常識は今日の非常識、ですよね。

地方紙を読んでますと、時折面白い記事に当たる事があります。北九州の八幡には、JICAの支局があるのですけれど、此処の食堂、凡そ100か国の方が、年間8000人訪れるんだとか。勿論日本人も頻繁に訪れ、民間国際交流の場として、非常に機能しているそうです。僕、行った事は無いのですけれど、佐賀県には、有田ポーセリンパークと謂う、焼き物と免税店のショッピングモールがあり、大人気なんですって。地元の自治体と協力、交通網を整備し観光客を呼び込み、タイやフィリピンの映画ロケを誘致し知名度を上げた事が、此の大成功に繋がったんだとか。今や、冬の九州を代表するイベントとなった、長崎のランタンフェスティバルだって、県・市・民間・中国の方がタッグを組んで、大成功しましたでしょ。此れ、当初は上手く行く筈が無いと、冷笑されていたそうです。

僕、20世紀最大の芸術家って、ビートルズ・ピカソ・手塚治虫と確信しているんです。此の3者に共通するのは、常に作風を進化させ続けた事でしょう。ビートルズは、シンプルなロックンロールがスタートでしたが、やがて、クラシックにオーケストラ、ジャズにインド音楽、シンセサイザーに黒人音楽まで取り入れました。ピカソも、青や薔薇色を基調にした初期から、アフリカ彫刻に傾倒し、キュビズムにシュールリアリズムに古典、そして最晩年は、クレヨン使って描いてましたもんね。手塚先生も、初期の丸っこい線から、劇画風な時期もあり、あっさりした青年漫画風の時代もあり、晩年はリアルな線に変わりました。「リボンの騎士」や「鉄腕アトム」が代表作ですけれど、医療に演劇、古代史に近代史、戦争に宗教、SFにミステリー、手掛けたテーマは枚挙に暇がありません。そして、遺作となった3作品のテーマは、遺伝子であり、クラシック音楽であり、日本人とは何か、でした。未見の方の為に詳しくは書けませんけれど、遺作においても、或る実験を試みていまして、僕、其のチャレンジ精神には感服しました。

さて、変化を恐れていては、此の厳しい時代、生き残る事は出来ない、僕、そう思えてなりません。較べるのも烏滸がましいですけれど、ビートルズやピカソや手塚先生を見習って、当院も今後益々、ラディカルに、革新的に、日夜努力を重ねなくては!!

♪ 真夜中のナイチンゲール ♪

梅一輪 一輪ほどの あたたかさ、そう申しますけれど、もう直ぐ立春と謂うのに、寒いままですよね。僕、週末になって気が抜けたのか、昨日は熱が出まして、終日床に臥せっておりました。どうにか熱は下がり、這う這うの体で出社した次第です。読者諸賢の皆様方も、此の季節はどうぞお身体にお気を付け下さいませm(__)m。

さて、風邪もインフルエンザも怖いのですけれど、今、最も恐ろしいのは、中国の新型肺炎ですよね。死者は300人を超え、1万5000人が罹患、世界26カ国にまで広がった由、お亡くなりになった方のご冥福を、心よりお祈り致します。其れにしても、我が国の新型肺炎対策、世界一遅いと酷評されてましたけれど、大丈夫なのかなあ…。

さて、此の新型肺炎が発生したのは武漢市、此処大分の友好都市ですけれど、彼の地はちょうど、中国の真ん中に位置するんですね。肺炎が広がるのも、其の地勢的な要因も多いのかと思われます。人口1100万、東洋のシカゴと呼ばれる程の大都市でして、工業とハイテク企業の数を合わせると、優に5000社を超すんだとか。此の街の機能が麻痺すると、此のグローバルな世の中では、様々な処に影響が出ます。世界経済も失速するでしょうし、中国から日本への観光客も激減するのは必定です。因みに、2000年から去年までの、百貨店の倒産件数は、115件もあるそうですが、訪日客が減りますから、物が売れない上に消費税増税でしょ。こりゃ、全国のデパートは勿論の事、旅行代理店や航空会社、ホテルや旅館等々、様々な処に影響が及ぶでしょうねえ…。

でね、僕、此の新型肺炎で、中国の抱える様々な問題が浮き彫りになった気がしたんです。と謂いますのは、武漢市の都市部は、病院が多数あるので、何とかなると。でも、都市以外の農村部では、病院が無く、打つ手が無いんだとか。でも此の地域格差の問題、寧ろ日本の方が深刻かもしれません。だってね、僕の生業である、医療の世界で考えてみましょうか。

憤り 我が踏む雪に 雪明り、と謂う秀句がありますけれど、僕、全く其の心境でして、此の国の医療政策は、早急に見直す必要があると思います。だってね、2025年には、最大で27万人の看護職員が不足するってんでしょ。全国29都道府県で不足する由、特に酷いのが、関東圏なんです。千葉の医療崩壊は広く知られた処、拙ブログで再三紹介したので、割愛しますけれど、例えば都内の荏原病院さん、明治の御代から続き、伝染病棟を持つ、伝統ある老舗の公立病院です。今回の新型肺炎でも、患者さんが搬送されています。でね、此の荏原病院さんでは、2007年の事ですが、316人の看護師が必要な処、58人の欠員が出て、産科病棟の1つを閉鎖しました。古いデータと思う事勿れ、一昨年には、茨城の鹿島労災病院さんと、神栖済生会病院さんで、医師が大量退職、其れに伴いスタッフも続々と辞めてしまいました。鹿島労災病院さんでは、40人居た常勤医師が8人にまで減ってしまったんだとか。で、結局此の2つの病院さんは統合したんですね。2つの病院では、479病床あったのですけれど、スタッフ不足で、実際に稼働していたのは何と、193床だけだったとか。

僕ね、東京五輪だ、リニア新幹線だ、大阪万博だ、原発再稼働だと、寝言を謂ってる場合じゃないと思うんです。だって、2025年に大量に看護職員が足りないんですぜ。此れを放置していては、日本の医療崩壊でありましょう。病院って、人の命を救う、地域に無くてはならない物でしょう。五輪をしなくても、誰も死にませんよ。でね、此れは余り謂われないのですけれど、実は病院って、地域経済にも必要不可欠なんです。今、実際に就業している看護師さんって、全国で凡そ140万人なんですが、自動車関連の就業者が540万人ですから、かなりの規模です。そして、看護師の殆どは女性です。となると、女性の社会進出の手助けにもなりますし、夫々の地域に雇用が生まれます。そして、病院が、其の地域の中核産業になっている処もあります。千葉県の房総の鴨川市にある、亀田総合病院、僕も見学させて貰いました。此処は、看護学校から病院に老健、建築事務所やクリニックまで持つ巨大な法人でして、グループの売り上げは、市の会計を大きく越しています。看護師さん達が其の地に定着すれば、其の地で多くの消費が生まれる訳ですから、地域経済の活性化にも繋がります。もう1つ、病院って、様々な職種と繋がりがあるんです。製薬会社や医療機器産業は勿論の事、給食で食材を消費します。リネンでクリーニング業界、空調は家電店にお願いしますでしょ。多くのパソコンを院内で使いますし、勿論銀行とも取引があります。病院旅行の際は、旅行代理店にお世話になりますし、医療雑誌は書店に注文し、広報誌を出す際には、印刷会社さんにお願いします。ネッ、多種多様な業界と密接な繋がりがある訳で、国は簡単に病院を減らすと謂いますけれど、其れを強行すれば、地域経済に悪影響を及ぼす、僕、そう思えてなりません。

2025年と謂えばもう待った無しです。逡巡している時間的余裕はありません。政府の皆さん、どうか、看護師さんの育成を最重要課題の1つとし、全力で取り組んで下さい。でなければ、地域の医療も経済も壊れてしまいます…。

♡ te amo ♡

寒月や いよいよ冴えて 風の声、其れにしても連日寒いですねえ。今朝の大分なぞ、霙だったのかな、とっても冷たくて閉口しました。読者諸賢の皆様方、風邪やインフルエンザにはどうぞお気を付け下さいませm(__)m。

さて今朝、全国紙各紙や、経済誌を読んでまして、早朝から色々と考えさせられました。と申しますのも、創業320年、山形の老舗百貨店「大沼」が、巨額の負債を抱えて倒産しましたでしょ。どうやら此れ、全国にも波及するのではと謂われています。そして、山梨学院大、此処は80年近い歴史を誇り、幼稚園から大学院まで有する、巨大な学校法人ですけれど、教員に対し、12月と1月の給与が支払われていないんだとか。此れ、下手をすると倒産じゃないでしょうか…。そして、持ち帰り弁当のほっともっと、此処も、2年連続大赤字となり、全国にある直営店190店舗を閉鎖するんだとか。もう1つ、関東圏の自治体の財務内容を精査した処、今後、図書館や公民館等の公共施設を維持出来る処なんて無いそうでした…。僕、本籍が千葉でして、彼の地の医療情勢については、些か知識があるのですけれど、近い将来、万単位で看護師さんが不足すると謂われて久しいんですね。東京にある私立医大も軒並み大赤字でありまして、いや~、今後、日本の医療はどうなるんでしょうか…。

海外に目を向けましても、明日、イギリスはEUを離脱します。とうとうかと、何だか感無量ですけれど、僕、イギリスの前途は、極めて暗いとしか思えません。EU離脱と謂う事は、今後は移民を受け入れず、排他的な国家運営になると思うんですね。でも、僕、此の前、BBCかABCか忘れましたけれど、海外のニュースを見てましたら、ロンドンで取材してたんですね。雑貨店、金物屋、時計店、電気屋に魚屋、巨大マーケットが紹介されていたのですけれど、ブロンドでブルーアイズの、僕達が想像するイギリス人なんて、殆ど居ないんですよ。ポーランド人が魚を売り、中国人が其れを買い、ジャマイカ人が野菜を売り、パキスタン人が其れを買うと。アゼルバイジャンにインドにナイジェリアにリトアニア、まだまだ沢山の国籍の人が画面に現れ、もう人種の坩堝でした。実際、ロンドンの病院では、アラビア語やヒンズー語の看板がある位なんですって。そして、ロンドンでは、人口の40㌫が、イギリス生まれの外国人の由、英国全土の学校で話される言葉は、300にも達するんだとか。此れだけの状況で、EU離脱など、排他的な政策を取って、上手く行く筈が無い、僕、そう確信しています。

さて、山形の老舗百貨店もイギリスも、僕、共通項がある気がするんですね。其れは、単一かつ従来の価値観に縛られ、感情的に判断し、時代の流れに追い付けないんじゃないでしょうか。だって、イギリスの人口構成を見れば、白人の方が下手をすると少ないのに、移民を排除するだなんて、論理的な判断とはとても謂えず、「有色人種はどうにも気に入らない。」と謂う、感情が先に出ちゃったんじゃないかなあ…。

閑話休題、多くの現代音楽の父祖の地とも謂えるのが、アメリカのニューオリンズなんですね。此処でジャズにR&Bが生まれ、多くのミュージシャンを輩出しました。最近のアーティストで謂えば、ビヨンセのお母さんがニューオリンズのご出身です。さて、此のニューオリンズ、誠に多くの人種が混在している事でも有名です。フランス系。スペイン系。黒人。インディアン。中南米に東欧。そして其れらの混血から成るんですが、興味深い研究結果があるんですね。アイオワ・ミシガン・シアトルの3つの大学の共同研究なのですけれど、同じ人種で構成されたグループと、多人種で構成されたグループを作ると。そして、其の両方に、同じ問題を出すんですって。其れは、ビジネスだったり人間関係だったり、様々だったそうです。で、人種的に多様なグループの方が、創造的であり、画期的なアイディアを量産したんですって。

僕、成程と膝を打ったんです。だって今、伸びている処って皆、排他的では無く、多様性を重視してますでしょ。武蔵野大学と謂う学校法人があるのですけれど、実は此処、少子化もあり、倒産寸前だったんですって。其処で、外部から42歳の校長を招聘、そうしましたら、V字回復となり、今では超人気校だそうです。42歳の日野田直彦校長は、幼少期をタイで過ごし、日本語は古典落語で覚えた由、京都の同志社に進み、教育界で頭角を現します。武蔵野大にヘッドハントされ、同法人の中学と高校の校長を任せられるんですね。先ずは、教師達全員と徹底的なミーティングを行い意思統一を図りました。生徒達には海外の大学への進学を勧め、民間の塾と組んで英語教育を徹底、そして、アメリカの超名門、マサチューセッツ工科大に高校生達を送り込み、刺激を与えると。此の一連の改革が大成功、かっては入学説明会に来るのは50人がやっとだったのが、今では、1200人を超し、経営状態も堅調に伸びているそうです。

神戸市は、IT企業の求人の為、インドに支局を置き、現地で採用して日本に送り込むそうです。福岡では週に3度、外国人留学生達と、僕達日本人の交流会が開かれているそうです。名古屋の企業は、アフリカ人留学生を自社に採用するケースが増えているんだとか。ケニア、トーゴ、マダガスカル、モロッコ、エジプト、ウガンダ等々、彼らは、エンジニアや技術者や研究者として、名古屋の地で大活躍しているそうです。当院も此の波に乗り遅れる訳には行きません。何れ当院にも、外国籍の人が大勢入社して来るでしょう。うん、其の時に備えて僕、英語を再勉強し、スペイン語も学ぼうかな!?う~ん、とは謂っても僕、 te amo 位しか知らないんですよね…。

さて、些か寒いですけれど、此れから数日、お天気は何とか大丈夫そうです。皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませ。其れでは暫しの間、ごきげんようさようなら(^.^)/~~~