プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
東京は 地獄の火など 思わるる 明るき夏の 夜となりしかな、与謝野晶子の句ですけれど、昨日の大分はまァしかし暑かったです…。夕方と謂うのに気温はちっとも下がらず、30℃を超えてたんじゃないかなァ。全くの無風で蒸し風呂状態、僕、ビールは余り沢山呑めないのですけれど、思わずジョッキを一気飲みしましたもんね~。昨日は僕、会食の機会がありまして、アテンドして頂いた皆様方に、此の場を借りて厚く御礼申し上げますm(__)m。楽しい一時を、本当にありがとうございました。是非又お誘い下さいませ。

さて、談論風発議論百出、様々な話題が出たのですけれど、僕、印象に残った事があるんですね。其れは、彼の「グラミン銀行」がとうとう、日本でも始まるんだとか。此のグラミン銀行、バングラディシュのムハマド・ユニス博士が発案した物でして、彼は此れでノーベル平和賞を受賞しました。どういう銀行かと申しますと、貧困者に無担保の少額融資を行うと謂う物なんですね。其の資金で開業したり、設備投資だったり、ビジネスならば使途は自由でして、此れに依り、バングラディシュの多くの貧困層の人が救われたんだとか。興味深いのは、例えば5人のグループに50万を貸すと謂う、そういうスタイルなんですよ。誰かが困っても、相互扶助で助け合って借金を返すんですね。此の銀行が日本に来るって、本当に我が国の経済は大丈夫なのかなァ。でね、此れって本当に嫌な事なんですが、「パパ活」と謂う言葉があるんですって。此れ、要はオジサンが若い女性に金銭的な援助をすると謂う訳で、僕、良い事とはとても思えませんけれど、1000万人を超す日本人が、年収180万以下と謂いますもんね…。

アベノミクスと謂う目くらましに騙され、新聞各紙ではちっとも報道しませんけれど、実は今の日本って、貧困大国なんです。1日5人の人が餓死していると謂われて久しいですし、163万世帯211万人が生活保護であります。子供の7人に1人は貧困状態にあり、だからこそ、彼らを救う「こども食堂」が全国に2000以上あるんですね。親の収入と学歴は相関関係にあり、貧困層の子供は高等教育を受けられないと謂う、哀し過ぎる現実があります。其れなのに、日銀は円を刷りまくり、株を買いまくり、「日本株が上がった」と燥いでいるんですもの、実体経済から目を背けた、本当の大馬鹿者でありましょう。僕、景気を良くする最大の施策は、大減税しか無いと思います。僕が財務大臣なら、消費税なんてゼロにして、公務員全員を大減給しちゃうけどなァ。でも、国は常に税金を取る事ばかり考えていて、だから何時まで経っても景気が上向かないんですぜ。世界の先進国は何処も、景気が悪くなると必ず減税をして、経済を立て直すのがセオリーと思うのですけれど、日本政府は其れを知らないのかしらん。と、朝から暗い話ばかりでごめんなさいm(__)m。

閑話休題、私事で恐縮なんですが、嬉しい事がありまして、知り合いの画家の藤原亜南先生から、絵が届いたんですね。藤原先生は別府のご出身、ニューヨーク・パリ・トロント・ニューデリーの展覧会に出品、世界中の風景や人物をモチーフに、素晴らしい絵を描き続けてらっしゃいます。さて、今回の絵は「太陽のビーナス」と謂う裸婦像でして、此れがもう、本当に素晴らしいんですよ♡僕、藤原先生の絵は何枚か持っているんですが、日本の原風景を思わせる、月光や夕陽に包まれた棚田の絵なんて絶品なんです。で、今回の「太陽のビーナス」は、七色の虹を思わせるビビッドな色彩と、まるで観音様か救世菩薩の様な裸婦が、幻想的な雰囲気を持つとっても素敵な絵でして、こりゃ大事にしなくちゃ。しかし僕、画才は皆無でして、子供が描く様なロボットを絵を描くのが精一杯なのですけれど、何せ鑑賞するのは大好きですから、其れなりに審美眼はある心算です。でね、前々から不思議に思っていたのですけれど、此処大分って、人口が少ない割には、日本を代表するアーティストが多いんですよね。画壇では福田平八郎に高山辰雄でしょ。建築の磯崎新に、彫刻の朝倉文夫に日名子実三、人間国宝の竹細工の生野祥雲斎。僕、こんな田舎で、先の藤原先生を含め、どうしてこんなに多くの芸術家が輩出されるのか、常々不思議に思っていたんですが、最近漸く謎が解けた気がしたんです。この大分って、山あり河あり海があり、陰影に富んだ上に風光明媚な土地柄ですから、自然と美意識が磨かれるのではないかと。

でね、僕、此処大分が産んだ最大のアーティストって、歴史上の人物なんですが矢張り、田能村竹田と思うんですよね。僕、彼の絵は、南画では日本最高峰と信じて疑いません。気品があって深みがあって尚且つ繊細、其の絵の殆どが重要文化財なのも頷けます。そしてね、僕、彼のライフスタイルも大好きなんですよ♡

田能村先生は、岡藩のご出身でして、現在の大分県の竹田市に、江戸末期に生まれました。父君は藩医でして、田能村先生もドクターとなり、22歳で藩校の教授を務めたと謂いますから、大変な俊才だったと謂えましょう。そして、藩主の命令で、「豊後国志」を編纂、執筆します。此の本、当時の大分の地理から歴史から風土から、全てを網羅した物でして、幕府に献上したと謂いますから、田能村先生、文才も豊かだったんですね。そして、藩命で儒学を学ぶ為、日本全国を遊学するんですね。其の後、藩に戻った処、大規模な一揆が勃発するんです。そうしましたら田能村先生、スーパーエリートだったのに、何と一揆側に味方、全ての役職を辞めてしまい、全くの自由人になるんですよ。元々絵は好きだった様ですが、50になって改めて絵画を学び直したんですね。そして多くの傑作絵画に書籍も多数残し、優れた弟子達を育成し、漢詩に茶道に華道にも優れた、超一流の文化人でありました。大分市美術館には、田能村先生の「四季花鳥図」ってあるのですけれど、此れ、春夏秋冬を表現した4枚の絵でして、誠に素晴らしいんです。読者の皆様、大分に来られた際は、是非其の絵をご覧になられて、都町と謂う繁華街がありますから、其処で日本一美味しい河豚を召し上がって下さいませm(__)m。

さて、此れから数日、大変な猛暑の由、何でも気温が40℃を超す処もあるんだとか。皆様、水分と塩分の補給をどうぞ怠る事無く、素敵な週末をお過ごし下さい。其れでは又来週お会いしましょう(^.^)/~~~。
今宵は僕、会食がありまして、長い1日になりそうなんですが、こういう時って、色々と考え事をしたりして中々眠れないんですよね…。初蝉の にいにいが鳴き 朝曇、不快な夢を見たりして輾転反側するまま、腫れぼったい目で、愛犬の甲斐犬のコロちゃんの散歩に行き、斎戒沐浴して気分一新、先程出社した処です。

でね、朝出社しましたら大体僕、全ての全国紙をチェックするのが常なのですけれど、折角の気分が台無しですよ、全く。毎日毎日政権与党の悪口ばかり書いて恐縮ですが、ホントに酷いですねえ。此れだけ豪雨の被害が広がっているのに、全くの無為無策、本年度の国家予算を見ましても、防衛費はうなぎ登りなのに、防災関連費って、ちっとも増えてないんですって。僕、以前の拙ブログで書きましたけれど、水陸両用車やホーバークラフト、屋外で食事を造れるフィールド・キッチン車両とか、数十億円あれば何十台も買えるのになァ。其れが防衛費は5兆円超って…。謂えね、そりゃ防衛費は必要ですよ。でも、今までの自衛隊の装備の蓄積があるじゃないですか。僕、最近思うんですが、豪雨や台風や地震等々、かってより大型化してませんか!?しかも、南海トラフがあり、何れ首都圏に地震が来るのは間違い無いんでしょ。最優先課題は国民の生命なんですから、ならば、防災関連費を増やすべきと思うんですが、読者の皆様、如何思われますか?

ホント、自民党の奴らって、危機管理と騒ぐ割には、被災当日に大宴会をしているんですから、何をかいわんやなんですが、非常時には常に対応が遅れ、何も出来ないじゃありませんか。其れなのに、何と国は、新たな原発を造るべく、経済産業省と民間企業が協議会を始めるんだとか。あのねえ、此れからきっと、大地震が来るんですよ!?本当の阿呆でありましょう。

もう1つ、此れも呆れ返ったのですけれど、早稲田大学教授の水島朝穂先生が、ご子息が獣医師と謂う事もあり、加計学園に興味を覚え、視察したんですって。何と、図書館には本が1冊も無く、実験室は高校の理科室程度の広さと設備、教員は70過ぎの高齢者ばかりで、しかも辞退者が続出なんですって。僕、高齢者を決して批判する心算はありません。素敵で魅力的で、やる気のある方も沢山存じ上げています。でも、獣医さんになるには、6年間学校に通わねばならないでしょ。だったら生徒が卒業する際には、教授は皆80オーバーですよ。此処までは良いとしても、辞退者が続出している訳で、次世代の教員は、一体全体どうするんですかねえ。しかも、図書室で勉強したくても本は無く、実験したくとも手狭で設備が無い訳で、僕、此処に通う学生さんが可哀相に思えてなりません。アベって、オトモダチと謂うだけで、こんないい加減な大学を認可し、しかも100億単位の補助金を出すなんて、ちょっと酷過ぎませんか!?

閑話休題、こうなればいっそ僕、こんな国はとっとと捨てて、何処か海外にでも移住しようかと考えてしまいます。でもね僕、生来のオプチミストですから、決して諦めていないんですよ。海外に目を向けますと、北欧のスウェーデンって、現在の日本同様、かって大不況に悩んでいたのですけれど、自国の状況を国民に率直に説明したんですね。危機意識を国民全員が共有、ドラスティックな改革を続け様に行い、今では欧州経済の優等生と謂われています。歴代総理を見ますと、夫々党は異なるんですが、ビルト元首相は42歳で、ペーション元首相は47歳で、ラインフェルト元首相は41歳で就任してますもんね。僕、若い力を抜擢し、皆で支えようと謂う国民の意識があったと思えてなりません。此れこそ、成熟した民主主義じゃないかしらん。そして、今まで禁じられていた映画の上映、女性の地位向上、経済特区や大学の設立等々、「ビジョン2030」と銘打ち、現在大改革の真っ最中のサウジアラビア、此処のリーダーのムハンマド皇太子って、未だ32歳でしょ。日本でも、新潟の津南町で、桑原悠町長が誕生しました。桑原町長は31歳、早稲田大~オレゴン大~東大大学院を出て、2人の子を持つお母さんであり、ご主人の養豚業を手伝っておられるとか。僕、こういう若い才媛が、どんどん出て来て欲しい、そう切に願っています。当院の女性スタッフも、頑張ってくれればどんどん抜擢したいので、桑原町長を見習って、是非努力して欲しいなァ。

でね、此れだけ規制規制で五月蠅い我が国でも、民間の中小企業って、本当に頑張っておられるんですよ。僕、思わず泣いちゃいましたもの。今、北海道の小さな企業が非常に元気なんですって。食べ物に高圧で調味料を噴射する機械を造った、アスクさん。水産物の鮮度を瞬時に検査出来る装置の、電制さん。ヘルニアを防ぐ髄液を輩出する器具を生産する、トルク精密産業さん。海水をシャーベット状の氷にし、魚介類を新鮮な鮮度で保つ装置を造った、ニッコーさん。此れ、北海道だけではありません。食材の細胞組織を壊さず、瞬時に冷凍する技術を持つ、千葉のアビーさん。新潟鯉グローバルさんは、錦鯉の販売で全米45か所の出店を目指すそうです。富山県の栃波市は、チューリップの球根を世界中に輸出すべく、販路開拓や品種改良に研鑽を積んでいるとか。鹿児島の南薩観光さんは、海外観光客を鹿児島に呼ぶべく、上海・クアラルンプール支店に続き、今度はニュージーランドのクイーンズ・タウンに現地法人を設立するんだとか。

いや~、地方の企業さんはこんなに頑張っているんですねえ。僕、此の国はまだまだ捨てたもんじゃないと、何だか嬉しくなりました。当院も、其の流れに乗り、今後益々研鑽を積まなくては。日本人のポテンシャルを僕、信じていますし、老若男女や都市や地方の力を結集し、馬鹿な政治家や官僚どもを追放すれば、先に挙げたスウェーデンやサウジアラビアの比じゃありませんぜ。ライジング・サン、日の丸は又高らかに蘇る、そう信じています。
今回の西日本の集中豪雨の件、犠牲者の事を思うと本当に心が痛みます。謹んで哀悼の意を表します。162人がお亡くなりになり、72人が安否不明、1万人の避難者が出た訳です。此れから猛暑が続きますし、被害は未だ拡大する様に思います。昨日は僕、忙しなくて行けなかったので、今日こそは募金しなくては。

でね、僕、此のニュースを見る度に、怒髪天を突く思いなんです。豪雨の被害が拡大する中、アベ総理や自民党首脳達が大宴会をした件は拙ブログで真っ向から批判しました。其れに加え、多くの避難者や犠牲者が出た京都でも、自民党議員や府議会議員が、資金集めのビアパーティを開いていた由なんです。其れもね、集中豪雨の当日ですよ。 shame on you!、恥を知れ!しかもね、野党側が、国会を一時中断して豪雨対策をと訴えているのに、自民党は無理矢理審議を開始しました。被災対策かと思いきや、カジノや、参院議員の増員の法案の話ばかりだったんですね。誰がどう考えたって、カジノや議員の増員って、最優先課題じゃないでしょ。160人を超す死者が出ているんですよ!被災地を救う事が政治の仕事でしょうに。僕、自民党や公明党の与党の面々、政治家の資格無しと思えてなりません。まァ、大被害が出ているのに、大宴会をしている奴らですもんね、何を謂っても無駄でしょう。次の選挙で落とすしかありませんぜ。

挙句の果てには、「今回の豪雨は、自治体の対応が遅過ぎた」ですって。あの~、大きな天災の時って僕、自衛隊出動しか無いと思うんです。でもね、自衛隊の最高指揮官は総理大臣であって、市や県の自治体の首長じゃないでしょ。自民党の皆さん、ちょっとは法律の勉強したらどう!?

もう僕、国に頼るのは止めた方が良い気がします…。だってね、最近の民間の技術革新って、凄まじいでしょ。電気で飛ぶ飛行機が出来るそうですし、人間を論破するAIが誕生しました。そしてね、本当に吃驚したんですが、イタリア・ドイツ・デンマーク・アメリカの超一流大学の研究チームが、人間の長寿と遺伝子の研究を何年も続けている由、「22歳の肉体と、130年の人生経験を兼ね備えた人間を造る」、ですって。どうやら遺伝子を自由自在に改変するそうで、研究チームの教授が自ら実験台になるとか。ショエ~、もうこうなりますと神の領域ですよねえ…。日本だって負けてはいません。時速200㌔のバイクをかっ飛ばすロボットがヤマハで完成しました。千葉工業大では、ライドロイドなるロボットを開発、此れ、遠くに居てもスマホで呼び出せ、勝手に目的地まで来てくれるんだとか。しかもね、到着後、ご主人様が移動したいと命令すれば、形を変形してバイクになるんですよ!若い男性のエンジニアが開発していまして、僕、動画を見ましたけれど、完成したら是非欲しいなァ。映画「トランスフォーマー」を地で行ってますよね♡もう1つ、深海には大量の金や銅が眠っていると謂われています。でも何せ深海であり、太陽光が届かない漆黒の闇ですから、今まで海底資源を見つけるのは至難の業だったとか。ところが、日本の研究チームが、其れを見つける方法を編み出したそうです。金属を含む深海の鉱床から、極めて微弱な電圧が生じる由、其れを探知する装置が出来たそうですよ。自民党の有象無象どもが、権力を弄んでいる間、民間はこんなに努力しているんですよね。

閑話休題、東京に足立区ってありますよね。都内の最北端にあり、人口凡そ70万、直ぐお隣は埼玉、正直謂って大変失礼なんですが、治安も宜しくなく、評判も良くない区なんですね。ところが今、都内で最も元気があるスポットとして、とっても活気があるんだとか。5つの大学と大病院の誘致に見事成功、其れもお役所仕事とは思えない迅速さだったんですって。そして学校給食を充実させ、防犯対策に力を注いだ為犯罪が激減。女性達の社会進出に手厚い支援を行い、彼女達が、医療法人や社会福祉法人では無い、民間が運営する福祉複合施設を立ち上げました。保育園・保育室・デイケア・子育てサロンが入ったビルの由、いや~、此れ、全国的にも珍しいですよ。僕、今夏に東京出張がありますから、是非とも見に行こうっと!或いは当院のT課長、O課長、G係長に行って貰おうかしらん。でね、多くの大学が来ましたから、学生さん達が激増、そうなりますと、若者向けのショップが沢山増えたんだとか。しかもね、其の学生さん達が、音楽祭や古民家再生や地域のお祭り等に積極的に参加、観光客も増え、地域経済も大いに活性化したそうです。

いや~、足立区素晴らしい!流石はビートたけし師匠と、売れっ子漫画家の羽海野チカ先生を産んだ地でありましょう。でね僕、何故足立区が急に発展したのか、早速調べてみたんです。そうしましたら、新しい区長になってからと謂う事が分かりました。近藤やよいさんと謂う59才の女性でして、足立区に生まれ、青山学院の経済学の修士課程まで進み、警視庁国際捜査課に女性警察官として勤務、退官後独学で税理士資格を取得、そして区長になられたんですね。国際捜査課って、日本在住の外国人の犯罪を取り締まる部署ですから、近藤区長は語学も堪能でしょう。警察官ですから、剣道柔道は必須でして、スポーツウーマンである事も間違いありません。しかも、税理士資格が凄いです。ほら、税務署に長年勤務していたら、無試験で税理士になれますでしょ。でも、近藤区長の場合は、実力でパスしていますから、相当な切れ者と思います。

何だか僕、現総理より、近藤やよい区長に此の国の舵取りを任せた方が、此の国は劇的に良くなる気がするんですが、読者諸賢の皆様方、如何思われますか!?
世の中を 木がくれてすむ 宿なれど 猶かしましき 蝉の声かな、ミンミンジリジリツクツクホーシ、全く以って五月蠅いですよね。まァ、蝉の鳴き声を聞きながら、朝の散歩をしていると、とうとう夏だなァと謂う気がします。謂えね、うちの愛犬の甲斐犬のコロちゃん、今年で御年17歳の姥桜なのですけれど、彼女の大好物が此の蝉なんですよ。啼こうが喚こうがお構いなし、頭からバリバリ貪り喰いまして、可哀相に蝉が、ジッ、とか悲鳴を上げてますもんね。元気の良い時は、飛んでいるのを捕獲して食べてますから、栄養を付けて、何とか今年の猛暑を乗り切って欲しいものです。

しかし、今回の集中豪雨、亡くなった方はとうとう126人を超えた由、本当に悲しい事ですし、謹んでご冥福をお祈り致します。どうぞ安らかにお眠り下さい。僕、微力ではありますが、お昼休みに募金をして来ます。当院でも何か出来る事は無いのか、後でO事務部長に相談してみようっと。其れにしても自民党の面々、此の集中豪雨の最中、幹部が集まって大宴会を開いていたと、昨日の拙ブログに書きました。本当に情けなく、当事者能力皆無とつくづく哀しくなるんですが、此れ、僕だけの意見じゃないですよね!?でね、今朝のネットにキューバの記事が出ていたんです。キューバも日本同様の島国であり、毎年の様に大型のハリケーンに襲われるんですって。でも、ちっとも被害者が出ないそうでした。かってのキューバは、ハリケーンに襲われた際、多くの死者が出たそうなんですが、此れに最高指導者のカストロ議長が激昂、かなりのご高齢にも関わらず、気象学について猛勉強を始めたんだとか。建国の英雄であり、最高指導者が其の姿勢ですから、キューバの気象予報士達や学者や官僚達も大慌て、必死に防災の研究を進めたそうです。其の結果、かなりの精度でタイフーンの予想が可能となり、全市民に対し、気象情報や避難場所を迅速に通達する仕組みも完備したそうです。昨年タイフーンが、1週間にキューバに2度襲来、3日3晩電気も水も止まった由ですが、先の努力の甲斐あって、1人も死者が出なかったとか。あの~、こう謂っては失礼ですけれど、キューバって、最貧国の1つでしょ。其の国ですら、きちんと物事に取り組めば、此処まで出来るんですよ。尤も、天災に対し、大宴会を開いている総理と、気象学を必死に学ぶ議長、僕、どちらが政治家として上か、謂わずもがなと思うなァ…。

閑話休題、僕、共産主義国家なぞ大嫌いですけれど、其の国でも、先のキューバの様に、学ぶ事って沢山ある様に思うんです。最近僕、最も興味があり、様々な書を読み耽っている事があるんですね。其れは、「国でも会社でも、どうして栄枯盛衰があるのか。長持ちする組織ってどういうノウハウがあるのか。」でして、未だ研究途中なのですけれど、経過報告と申しますか、今日は其の話を致します。

僕が幼い頃からこよなく愛するプロ野球、中でも阪神をずうっと応援しているんですが、まァ此れが弱いんだ…。でね、何とかタイガースが強くならないか、僕、関係者でも無いのに知恵を絞っていたんですが、阪神の弱さって、其の体質に尽きる様に思ったんです。閉鎖的で、柔軟性に欠け、風通しが悪く、暗い。此れでは勝てませんよね。だってね、コーチも監督もOBばかり、こじんまりとまとまったスケールの小さな選手ばかり獲得し、外部の目を気にして大胆な改革も出来ず、うん、此れではダメでしょう。其れに相対する存在なのが、日本ハムでして、東京から北海道に本拠地を移転、アジア1のスタジアム建設に取り掛かり、監督は大リーグから招聘、選手の国籍や経歴も誠にバラエティに富んでいます。かっては監督やコーチも含めますと、アメリカや中南米は勿論の事、インド系やイラン系に台湾に韓国、確か12を超す国々からスタッフが集まってましたもんね。我が愛する阪神は、中途半端な日本人右投手と、ホームランの少ない左打者ばっかり…。両チームの成績を書くのは忍びないんで止めときます…。

ロックの世界に目を向けましょうか。1960年代、イギリスから、2つのスーパーバンドが生まれました。ビートルズとローリング・ストーンズの両雄であります。共に世界を席巻した偉大なるバンドですけれど、音楽性の豊かさや社会的な影響力、売上では矢張り、ビートルズの方が上でしょう。でも、息の長さ、バンドの永続性と謂う意味では、ストーンズに断然軍配が上がります。だって、ビートルズの活動期間って精々10年ですが、ストーンズは何と半世紀を超え、今年で創立56周年ですよ。僕、ビートルズの解散理由って沢山あると思うんですが、余りに仲が良過ぎ、同一的なバンドだったと謂うのが大きい気がするんです。メンバーは皆、アイルランド系であり、ご近所の幼馴染でしょ。だからこそ、息があって天下一品の素晴らしいメロディやハーモニーが生まれたと思うんですが、其れも諸刃の剣でして、人間関係の多様性、柔軟性に欠けた気がするんです。其の点、ストーンズは、ヴォーカルが上流階級出身のイングランド人でしょ。リードギターは中流階級のウェールズ人。リズムギター、ベース、ドラムは労働者階級でイングランド出身。常にサポートしていたピアニストはスコットランド生まれです。そして、バンドのマネージャーは、スペインの貴族出身ですもの。此れがオリジナルメンバーですが、ベースやコーラスやリズム隊に黒人が入ったり、ギタリストが何度も変わったりと、新陳代謝を繰り返すんですね。常に刺激があるバンドでして、僕、此れが半世紀以上長続きした、最大の理由と思います。

此れ、国家でも一緒でありましょう。僕、世界最大の帝国と謂えば、古代ローマとジンギスカンのモンゴルと思います。実は此の両国共、非常に柔軟性があり、風通しが良いんですね。先ず古代ローマですけれど、様々な土地を征服しても、決して圧政は敷かないんです。気前良く市民権を与え、一定の要件をパスすれば、誰でもローマ市民になれるんですね。奴隷の身分でも、お勤めを済ませれば市民になれます。ですから、奴隷を親に持つ皇帝や、異国出身の皇帝も居た位でした。モンゴル帝国は独裁制でしたけれど、皇帝を支える大臣クラスは誠に多士済々、ペルシャ系から中国系、韓国出身に中央アジア、東南アジアに北欧、ロシアに中近東と、此のスケールは流石と思いました。

まァ、まだまだ集めているデータが少ないですから、何とも謂えない処はあるのですけれど、繰り返しになりますが、成功して永続する組織って、以下の条件は必須と感じました。風通しの良さ、明るさ、多様性、先見性、柔軟性。矢張りねえ、タイガースの様に、暗くて風通しが悪くて、生え抜きばかりを可愛がり、閉鎖的で古臭い組織は駄目ですねえ。でも僕、ダメな子程可愛いと申しますか、ついついタイガースを応援し続け、もう直ぐ半世紀ですよ。其れなのに、日本一になったのは1985年のたった1度だけって、もういい加減優勝してくれ~!!
此処大分でもかなりの豪雨でして、県内では幸い、大きな被害が無かった様で何よりでした。しかし、現時点で分かっているだけで90名の死亡者、そして少なくとも73人の行方不明者が出ている由、僕、本当に胸が痛みます。お亡くなりになった方のご冥福を、謹んでお祈りします。どうか此れ以上の被害が出ません様に…。

台湾の蔡総統が、ご自身のツイッターで、「日本国民の皆様にお見舞い申し上げます。被害に遭われた方々の回復と、被災地の早期復旧をお祈り申し上げます。~中略~台湾は、日本が必要とするあらゆる支援をする用意があります。」と暖かいお言葉を書かれていました。僕、涙が出る思いでしたし、謝謝、多謝你、本当にありがたいですよね。さて、では其の集中豪雨で大被害が出ている時、我らが偉大なるアベ総理は何をしていたかと申しますと、災害対策本部も設置せず、自民党主要幹部の皆さんと和気藹々、一献酌み交わしていました…。此れ、西村やすとしなる兵庫選出の衆院議員が、写真入りで其の宴会の模様をアップしてたんですね。あの~、確か神戸では31か所で土砂崩れがあり、何千人も避難している状況でしょ!?自分の選挙区が大変な事になっているのに、脳天気に宴会の模様を意気揚々とアップするなんて、其の神経を疑います。そりゃね、オフタイムなんですから酒を呑むなとは謂いませんけれど、状況が状況じゃありませんか。政権与党であり総理たる者、常在戦場でしょう。顔を洗い、口をゆすぎ、宴会は直ちに中止、幸い其の場には幹部が勢揃いしているんですから、直ぐに災害対策本部が出来ますよね。本当の大馬鹿者と僕、呆れ果てました。しかもね、こんな状況なのに、明後日から18日まで、総理は欧州外遊に行くってんでしょ。国民が苦しんでいて、しかも二次災害の恐れもあるのに、よくもまァ行きますよねえ。与党も野党も関係無く、「総理、日本に残って陣頭指揮を執って下さい。」と謂うべきですぜ。もし此の状況下、総理が外遊したら、世界の笑い者ですし、日本の政界は自浄能力が最早無い訳で、僕、政治家を心から軽蔑するなァ。

僕、此の国の為政者は、本当に国民を大事にしないんだと痛感させられました。何だか、大企業や東大出身者や官界政界に属さねば人に非ずと申しますか、殆ど虐めや差別に近いんじゃないかしらん。僕、こうなったら有志を募り、北海道に移住、いっそ日本から独立してやろうか、そう夢想してしまいます。

閑話休題、僕、トランプって大嫌いなんですが、彼が大統領になってから、先住民族に対する政策が劇的に変化したんですね。インディアン達が大事に守って来た聖地があるのですけれど、其の土地を大幅に縮小する大統領令を出しました。インディアンに対し、「ポカホンタス」と揶揄したり、「組織的犯罪の温床」と侮蔑したり。そして彼らが申請したカジノに対しては認めず、もうやりたい放題なんですね。僕、インディアンの人達に心から同情します。1万年以上前、いやもっともっと前から、彼らはアメリカ大陸で平和に住んでいた訳で、其れを侵略し、略奪と虐殺の限りを尽くしたのがアメリカやスペインの連中じゃありませんか。其れにも飽き足らず、今尚差別を延々と続けているなんて、此の執拗さは恐ろしいですぜ。

でね、僕昨日、猛暑の中、ハイボールを呑みながら、「アメリカインディアン悲史」と謂う本を読みながら、ハタと閃いたんですよ。妙案と思いますので、読者諸賢の皆様方に披露しますね。

アメリカの上にカナダがあり、其の又上に、アラスカ州ってありますでしょ。所謂飛び地でして、日本の何十倍もある大きさなんですが、人口僅か70万人なんですね。此処にも勿論、インディアンの人達が住んでいたのですけれど、ベーリング海を渡り、ロシア人達がやって来て、植民地にしちゃったんです。ところが1860年代当時、ロシアは欧州の戦争に巻き込まれ、戦費に不足していましたから、此のアラスカを、アメリカに売却したんですね。其れでアメリカの物になったと。

で、此処で提案なんですが、アラスカ州70万の人口のうち、インディアンは約2割を占めます。凡そ14万人がインディアンなんですね。アメリカ本土に居るインディアンって、大体300万人と謂うんですが、其の半分でも、アラスカに移住しちゃえばどうでしょうか!?圧倒的大多数がインディアンになる訳で、其処で住民投票を行い、アメリカから分離独立してしまえば、と謂うのが僕の提案なんですよ。アメリカ側にとっても、長年の贖罪になりますし、広大な土地に70万しか住んで居ないんですから、インディアンにプレゼントしても罰は当たらないでしょう。インディアンの人達にとっても、此れで差別からサヨナラ出来ますし、かってよりは随分と狭い土地になりますけれど、其れでも日本の何十倍もありますからねえ、幾らでも開発出来ますよ。全米には何十ものインディアンが経営するカジノがありますから、其れらを売却、移住費と新規事業費に充てればどうでしょうか。聖書のモーゼの、「出エジプト記」の現代版ですね♡

此のアラスカ、確かに寒冷地であり、厳しい気候ですけれど、現在のテクノロジーの進化があれば、農作物だって必ずや育つと思います。そして、廻りは海ばかりですから、海産物は誠に豊富ですし、そして何より、石油や天然ガス等の天然資源の埋蔵量は、世界一と謂われている位なんですよね。ですから僕、やりようによっては此のアラスカ、幾らでも発展出来ると思うんですよ~。

どうですかねえ!?青臭い書生の理想論と笑う勿れ、実際にアラスカ独立運動家も居ます。過去にはかって、インディアンの人達が国連に独立を求め、1959年に訴えた事もあるんですね。日本でもアメリカでも、為政者が余りに国民を蔑ろにすると、沖縄やハワイでも、分離独立運動が起きるかもしれない、僕、そう思います。

さて、台風一過と申しますか、今日の大分は快晴でして、被災地の方々の事を思うと胸が痛みますけれど、暑さに負けず、此の1週間、読者の皆様と共に頑張る心算です!

| ホーム |


前のページ«  ホーム  »次のページ