アントマン&ザ・ワスプ

思いもよらぬ月今宵、当院のU看護部長が定年となりまして、今日は彼女の送別会でして、僕、もう40年近いお付き合いになるのかなァ。前に居た病院からずうっと、共に仕事をして来た訳で、こんな未熟者の僕に、よくまァ付いて来てくれました。心から感謝していますし、Uさんはお酒が大好きですからね、今日はお付き合いしましょう。だって、かってUさん、「ウイスキーのボトル1本で、25杯の水割りが造れるんですよ。」「日本酒には塩が合うんですよ。」って、凄い事を謂ってましたからね~。まァ、くれぐれも飲み過ぎない様、気を付けて下さいね。もう1度、Uさん、本当にありがとうございました。暫しの間休んで頂いて、今度又改めて、サシでゆっくり呑みましょう!

話は変わりますけれど、台湾の地震も、北陸の大雪も、大自然って本当に恐ろしいですよね…。どうか、1日も早い復興を望みますし、僕、後でコンビニか銀行に行き、幾ばくかのお金を寄付して来ます。自分の無力さが情けないですけれど、其れ位しか出来る事が無いですもんね。お亡くなりになった方々のご冥福を、心よりお祈り致します。頑張れ北陸!加油台湾!

閑話休題、思い込みや固定観念って、上記の天災同様、本当に怖いと思います。先の北陸だって、集落が孤立無援となり、家から出られず食糧不足なんだとか。僕、何時も思うんですが、日本って、世界一天災が多いのに、緊急時の対応は常に too late でしょ!?此れ、「大丈夫だよ」と謂う、根拠のない思い込みや固定観念があるんじゃないかしら。しかし、国のお偉いさん方って、学習能力が無いんですかねえ!?

産経新聞も酷過ぎると思ったんですが、朝日新聞のかっての不祥事に対し、鬼の首を取ったかの様に大騒ぎしてましたよね。ところが今度は産経が、「沖縄の米兵が、自らの危険を顧みず、自動車事故から日本人を救った」とスクープしました。そして、其れを報道しなかった沖縄の地方紙に対し、「其れを伝えないとは日本人として恥だ」とまで罵倒したんですね。ところが、そんな事実は全く無かった由、米軍側からも否定されてしまい、「深くお詫びします」ですって…。滅茶苦茶カッコ悪いですし、あのねえ、其れでも全国紙なの!?頭を冷やして、顔を洗って出直してらっしゃい。東京の下町の工場が作った、ボブスレーの橇の件も同じ図式と思います。此の橇、ジャマイカ代表チームが使ったと謂う事もあり、大きく取り上げられました。「下町の小さな工場でも世界に通用する商品が造れる」と、アベ総理も大はしゃぎでしたもんね。ところが、性能が悪く、ジャマイカ側は、「他の橇を使う」と謂った処、日本側が激昂、「訴える!」と騒いでいました。あの~、苟も五輪出場チームであり、其の国の代表でしょ。ならば、少しでも性能の良い橇を選ぶのは当然と思いますよ…。どうもね、此の下町の工場に、国から補助金が出ていたそうで、アベ総理、面子を潰されたと思ったのかもしれませんが、余りに大人気無い、チャイルディッシュな反応と思いますよ。あ~、恥ずかしい…。そうそう、銀座の公立の小学校でしたか、子供の制服をアルマーニにするそうで、其のお値段、何と9万円だとか。「生徒に誇りを持たせる為」と校長の独断だった由ですが、コイツ、ホントに田舎者丸出しですし、おつむのレベルが低過ぎますぜ。誇りなんて、其の人の心に宿るものでしょ。♪ボロは着てても こころの錦 どんな花よりきれいだぜ♪、水前寺清子もそう唄ってるじゃありませんか。此の歌詞の仰る通り、僕、そう思いますし、小学生にアルマーニを着せる必要がありますか!?日本人の誇りとか大袈裟な事を謂うなら、いっそ和服を着せたらどう?大体、子供なんて、沢山食べて、元気良く遊んで学んで、仲間を造れば良いので、ならば、安価で汚れても良い、動き易い恰好で充分と思いますぜ。此の校長、妙ちきりんな、凝り固まったイデオロギーに憑りつかれてるんじゃないかしら。どんな面してるのか、是非見たいなァ。

ホント、思い込みや固定観念って、碌な事になりませんよね。こんな馬鹿げた事をしている間、世の中はどんどん先に進んでいます。ISEPと謂う、民間の環境エネルギー研究所がありまして、飯田哲也さんと謂う方が主催している団体があるんですね。此の飯田さん、京都大学で原子力を学び、東大大学院を出て、神戸製鋼に勤務された優秀なエンジニアでして、原発の危険性をずっと訴え続けて来られました。此のISEP、多くの学者や博士、そしてアメリカやフランスにデンマーク、フィンランドやスウェーデンの団体まで協力している、国際的な組織なんです。其のISEPの調査に依れば、世界中で自然エネルギーが急伸している由、何と昨年には、太陽光が原発の発電量を超えたそうでした。此れ、太陽光に風力や水力等の安全な発電で、世界の電力は賄えるって事でしょ。ならば、今の自民党の様に、原発に固執するって、はっきり謂って時代遅れでありましょう。

ロシアや中国が中心となって推進している、北極海の開発、此れ、航路の開拓も進んでいる由でした。先の両国以外にも、北欧諸国は勿論の事、カナダやグリーンランドも協力するんだとか。昨日ですか、アイスランドの大統領が来日、此の航路開拓について、「日本の協力をお願いしたい」と、熱弁を揮っておられましたよ。そして、住友林業は、都内の丸の内に、木造建築の超高層ビルを建てるんだとか。世界初の試みの由、20年後に完成だそうですが、何と高さ350㍍の70階建、一部鋼材を使うそうですが、建物の殆どは木製だとか。此れ、環境に優しい都市造りを目指すそうで、ヒート・アイランド現象やゲリラ豪雨も、此の建物のお蔭で減るのではと期待されているそうでした。

でね、僕、心底感心した事がありまして、ほら、アルゼンチンアリやヒアリと謂う、強力な外来種のアリが居ますよね。既に日本に上陸していまして、アルゼンチンアリは、多くの女王が大量に卵を産み、あらゆる物を食い尽くす凶暴さです。今まで発見された最大の物では、直径100㌔にも及ぶ、超巨大なコロニーを造ったそうですよ!ヒアリは、人を殺傷する程の猛毒を持っています。こんなのが国内に居るかと思うとゾッとするんですが、実はもう、絶滅させつつあるんだとか。此のアリを倒したのは、坂本佳子さんと謂う、うら若き女性博士でした。坂本さん、3年間掛けて此れらのアリのデータを収集、解析し、或る結論を得たんですね。先ず、アリが上陸し易い港湾を確認、其処に餌に混ぜた遅効性の殺虫剤を沢山撒くと。フムフム、当たり前じゃんと思いますし、でも、其れじゃあ、日本に居る在来種のアリもやられるから、駄目なんじゃないの!?でもね、流石と膝を打ったんですが、外来種は、日本のアリに較べ、食欲が極めて旺盛、かつ競争に強いんですって。ですから、殺虫剤入りの餌の殆どを巣に持ち帰ると。で、外来種達は其の餌をバクバク食べますから、コロニーが壊滅したと謂う訳でした。コロンブスの卵と申しますか、将に発想の転換、世界初の成果だそうで、此れらの凶暴なアリって、全世界で繁殖してますから、此のやり方で、駆除する事は充分可能でありましょう。僕、坂本さんと其の研究チームに、ノーベル賞と国民栄誉賞を差し上げたら良いのにと思いました。ホント、今の日本の為政者の皆さん、坂本さんを見習って、固定観念や思い込みを棄て、もっと良い国を作って下さいな。本当に本当にお願いしますm(__)m。

さて、今度の連休はまたまた冷え込む由ですが、皆様体調管理には充分お気をつけて、素敵なウィーク・エンドをお過ごし下さい。では、来週まで暫しのお別れですが、ごきげんようさようなら(^.^)/~~~

♥ 自由、平等、博愛 ♡

冬将軍がどっかりと居座り、連日寒い日が続きますけれど、春風や まりを投げたき 草の原、球春は既に到来してまして、沖縄ではプロ野球キャンプが行われています。僕、野球をこよなく愛してまして、特に阪神が贔屓、もう半世紀近く応援しているんですが、日本一になったのを観たのはたった1度だけって、そりゃちょっとあんまりじゃないかしらん…。金本のアニキ、今年はどうか頼んまっせ…。さて、此の時期になりますと、スポーツ新聞に目を通すのが楽しみでして、各球団の練習風景を見るだけでワクワクするんですが、特に注目していますのが、今年中日に入団した、松坂投手です。随分昔になりますけれど、僕、ボクシングの世界戦を観に、親友のMさんや親しい知人と、横浜アリーナに行ったんですね。確か、坂本博之選手が挑戦した、WBCライト級タイトルマッチでしたが、新横浜の駅が物凄い人混みだったんです。へえ、ボクシングがこんなに人気があるかと思えば然に非ず、松坂投手率いる横浜高校が甲子園で春夏連覇、其の凱旋の出迎えで、凄まじい人出でした。其の時からもう20年ですか、スーパースターの松阪投手も度重なる故障で刀折れ矢尽き、引き取ってくれるチームも無く、漸く中日にテスト入団となったんですね。僕、復活出来るかと問われれば、相当難しいと思うんですが、吃驚しましたのが、松阪投手を指導してましたのが、三顧の礼で臨時コーチとなった、往年の名投手、杉下茂さんだったんですね。本当に驚いたんですが、此の杉下さん、御歳92歳ですよ!?6球団でコーチを務め、幾多の名投手を育てた名伯楽ですけれど、失礼ながら此のお年で、天下の松坂投手を指導出来るとは、頭脳明晰なのは勿論の事、其の若さ、そして気力体力行動力には、脱帽最敬礼でありましょう。いやはや何とも、恐れ入りましたm(__)m。

でね、僕、前々から不思議に思っている事がありまして、80年を超す日本プロ野球の歴史の中で、投手の育成方法って、今と昔では、全く違うんですね。発想其のものが大転換した感があるんですよ。昔は、「投手はボールより重い物を決して持つな。投げ込んで走り込め。身体を冷やしてはいけない、肩は常に温めろ。水は決して飲むな。」でした。其れが今では、「投げ込み走り込みより、筋トレを行え。投手の肩は消耗品、決まった球数以上は投げるな。プールのトレーニングも有効だし、投げ終えたら肩を冷やせ。必ず水分補給をしろ。」ですもの。ネッ、正反対でしょ!?そして、昔の投手は、プロでも精々2~3種類の変化球しか投げませんでした。其れが今では、高校生ですら、5~6種類の球を操りますもんね~。でも、昔の投手の変化球は、種類が少なくとも必殺の切れ味でした。現在の投手は、球種は豊富ですけれど、コントロールは割とアバウトなんですよね。うう~ん、一長一短でありまして、僕、果たしてどちらが正しいのか、ちっとも分かりません。今度、当院の野球部の人に教えて貰おうっと。

閑話休題、昨日、日本の北方領土で、ロシア軍が大規模な軍事演習を行ったとの記事が出ていました。去年、折角プーチン大統領が来日、アベ総理と泊り込んで話したのに、こりゃ北方四島は返ってきませんぜ。此のロシアは、北方四島を実効支配している訳ですが、南の沖縄では、米軍が居座り、此れ、はっきり書けば、殆ど植民地扱いでしょ。北方四島を決して返さないロシア。表向きは日本の領土と雖も、裏番長の様に支配するアメリカ。此れ又、どちらが良いのか悪いのか、何とも謂えませんよね。

でね、面白いのは、此の植民地政策にも、夫々のお国柄が出るんですよね。他人様の国を植民地にするなぞ、決して許せない暴挙ですけれど、かっての大英帝国の得意技は、間接統治でした。此れ、植民地にする前からあったシステムや制度を其のまま活かし、其れを操ると謂うやり方です。誠に巧妙でして、自ら手を汚さずに済む訳ですね。インドが其の好例でしょう。大航海時代のスペインなどは、キリスト教の布教を大義名分に、ひたすらに略奪です。ドイツはかって、南太平洋の島々を植民地にしてましたけれど、きちんとシステマチックに厳しく税金を取り立てていました。笑ってしまうのはイタリアでして、エチオピアを支配しようと大軍を送り込んだんですね。ところが其れを察知していたエチオピア側は、軍隊を近代化しており、イタリア軍は大敗を喫します。しかもね、懲りずに中南米のベネズエラに、イタリア人を大量に植民しようとしたんですが、地中海を出港した途端に、其の船が難破してしまうのでした…。やっぱり、イタリアの人達は、カッコ良い車を造ったり、美味しいイタリアンやジェラートに舌鼓を打ったり、芸術に打ち込んだり、女性を口説く方が向いている様な!?

日本は、韓国と台湾を植民地にしました。韓国は陸軍系が、台湾は海軍系の人達が統治したんですが、前者は非常に乱暴、後者はリベラルで融和的でしたから、其れが現在の対日感情として残っている気がします。

でね、僕、決して許される事では無いんですが、植民地政策で、もしかしたらギリギリ許されるかもしれないのが、フランスのやり方と思うんですよ。実はかって、現在のアメリカの殆どは、フランスの植民地でした。フランスがイギリスと戦争をし、負けてしまった為、其の領土を取られるんですね。そして、北アメリカ大陸はイギリスの植民地となったのですけれど、其処から独立してアメリカが出来たと謂う訳なんです。アメリカには未だ、フランス植民地時代の名残がありまして、例えばシカゴと謂う大都市がありますよね。此のシカゴ、語源はインディアンの言葉で「臭い玉葱」の由、此の一帯には大量の玉葱が自生していたそうです。さて、此のシカゴの基礎を造ったのは、何と中南米生まれのフランス系黒人なんですね。ジャン・バプティスト・ドゥサーブレと謂う方でして、ジャンと謂う名で、フランスにルーツがある事が分かります。彼は1779年にインディアンの女性と結婚、毛皮の取引で巨万の富を築き、人口僅か200人だったシカゴの大発展の礎を造りました。現在のシカゴは300万人近くまで発展しています。

ジャンさんがシカゴに定着した頃、勿論奴隷制度はありました。ところが、フランス人とイギリス人の考えは大きく異なってたんですね。イギリス人は土地は個人所有、フランス人は共有財産と謂う発想です。ですから土地は村単位で管理すると。此れ、実はインディアンの発想に酷似しているんです。そして、黒人奴隷達に対しても、扱いが全く違うんですね。イギリス人やアメリカ人は、黒人奴隷達に対し、本当に滅茶苦茶な扱いでした。フランス人は、奴隷とは雖も、彼らの人権を認めていたんです。強制労働は決してさせず、衣服や食物をきちんと与え、学校にも行かせたんですね。しかも、奴隷側も、ご主人様を訴える権利がありました。異人種間の結婚も勿論OKでして、うん、流石はフランス革命を起こした国だけありまして、自由・平等・博愛ですよね♡ですから、現在のフランス系アメリカ人って、黒人やインディアンの血を引いた人がとっても多いんです。有名な処では、ハリウッド・スターのジョニー・デップやアンジョリーナ・ジョリー、アン・ハサウェイやビヨンセがそうですよね。もう1つ、カナダって、リベラルなお国柄として人気が高いですけれど、此の土地は半分がフランス系であり、公用語の1つがフランス語でしょ。実際、カナダと謂う国名も、インディアンの言葉から来てますもんね。元々はカナタと謂ったそうで、「村落」の意味だそうです。

縷々綴って来ましたけれど、矢張り大事なのは、其の国に住む人達の意向でありましょう。となりますと、北方四島を支配するロシアも、沖縄を牛耳るアメリカも勿論落第でありまして、ホント、どっちも出て行けば良いのに…。しかし、アメリカ大陸がフランスの植民地のままだったら、世界史は大きく変わっていたでしょうねえ…。

☀ DAYLIGHT/MOONLIGHT ☆

今朝、遠方の知人の訃報が入り、とてもお悔みに行ける時間が無く、せめてもの弔いとして、朝からずっと、モーツァルトのミサ曲、レクイエムをかけています。そして北陸では、雪の所為で犠牲者が出た由、謹んでご冥福をお祈りします。

その北陸では、大雪の所為で1500台の車が立ち往生したそうで、都には 忘られにける 身なれども 寒さばかりは 訪ね来にけり、此の冬将軍、そろそろ何処かに行ってくれないかしらん☃こうも寒いと、亡母が好んだ、ラム・ウィンナー・ティーを飲みたくなります。羊肉とソーセージとお茶ではありませんで、用意する物は先ず、ラム酒ですね。バカルディでもキャプテン・モルガンでもハバナ・クラブでも、何でも良いと思います。さて、温めたティー・ポットに、ダージリン辺りの茶葉を淹れ、熱湯を入れて暫し待つと。此れまた温めたティー・カップに、お砂糖とラム酒を入れ、お茶を注ぎます。仕上げに、ホイップした生クリームをたっぷり入れて出来上がり、此れ、とっても暖まりますから、是非お試しあれ。尤も僕、紅茶では無く、珈琲ベースの、アイリッシュ・コーヒーの方が好みではあります。こちらも造り方は殆ど同じでして、紅茶の代わりに珈琲、ラム酒の代わりにアイリッシュ・ウイスキーになるだけですね。此の、珈琲にお酒を入れるスタイル、世界中にありまして、場所によって代わるんですよね。ウオッカが入ればロシアン・コーヒー。ラムが入ればジャマイカン・コーヒー。グラン・マルニエと謂うオレンジのリキュールが入れば、フレンチ・コーヒー。中でもカッコ良いのは、カフェ・ロワイヤルでしょうか。彼の英雄、ナポレオンが愛飲したそうですが、大ぶりのスプーンに角砂糖を乗せ、ブランデーを注ぎ、浸み込ませます。其れに火を付け、珈琲に入れて飲むと。目には青い炎、鼻からはブランデーの馥郁たる薫り、そして舌で珈琲を楽しむ訳でして、流石はフランス、何だかお洒落ですよね~。

さて、此の珈琲、元々は中近東発祥の飲み物だそうです。13世紀と謂いますから、日本では鎌倉時代、其の頃には既に、焙煎珈琲があったそうです。トルコやイランやエジプトでは、当時のコーヒー・メーカーが出土しているとか。其れが今では、生の珈琲豆を使った、グリーン・コーヒーがアメリカで大ブームだそうで、流行って面白いですよね。話を戻しまして、其れが17世紀、江戸期になりまして欧州に珈琲が伝わり、大好評を博したんですね。僕、面白いなァと思いますのは、珈琲って、欧米人は毎日、お家やオフィスやカフェで頻繁に飲む物であり、生活必需品でしょ。其の珈琲は元々、彼らが忌み嫌うイスラム世界から来た訳で、大いなる皮肉ですよね。例えばドイツなんて、国民が余りに珈琲を好むものですから、禁止令が出たり重税を掛けたり、戦時中はたんぽぽを使った代用珈琲まで造ったんですよ。そうそう、ペーパー・ドリップを発明したのもドイツ人でした。戦争となりますと、優雅に珈琲を淹れていては、鉄砲の弾が飛んで来ますから、其処で重宝されたのがインスタント・コーヒーでした。戦時中は莫大な消費量だったそうで、米国内には、2つの巨大インスタントコーヒー工場が新設された程です。ですから、ネスカフェなんて、米軍には足を向けて眠れないと思いますよ~。

でね、非常に興味深いのは、珈琲って、世界史上、大きな役割を果たしたんです。イギリスではコーヒー・ハウス、フランスではカフェと呼ばれまして、日本で謂う処の喫茶店ですね。喫茶店には様々な人々が集まり、意見交換をしていた訳で、例えばニュートンの万有引力の法則、此れって、コーヒー・ハウスでの会話から閃いた部分もあるんだとか。様々な分野の科学者達がディスカッションを重ね、其れに啓蒙されたのでしょう、数多くの書物が出版されました。世界初であり、当時最大の保険会社、ロイズも、コーヒー・ハウスに出入りする船乗りのニーズから生まれました。フランス革命においても、カフェに集う人達の意見交換から始まり、其れは大きな社会運動にまで発展したんですね。つまり、コーヒー・ハウスやカフェは、情報交換や啓蒙や社会運動の場所だった訳です。現在、世界一人気があるのはスター・バックスでしょうが、本社はシアトルでしょ。此のシアトル、世界最大のインターネット会社が幾つかありまして、僕、偶然とは思えないんですよね~。

閑話休題、此処で一旦コーヒー・ブレイク、ちょっとエスプレッソを淹れて来ました。エスプレッソを飲みながら、新聞を読んでいて、閃いたんですよ。どういう事かと申しますと、日経や産経を読んでましたら、此れからは社会環境が激変すると。中小企業は後継者不足で127万社が廃業する由、政界でも、例えば自民党の派閥の長が高齢化し、どんどん崩れるだろうとの事でした。其の上、少子高齢化でしょ。雇用形態も激変するのは自明の理でありましょう。

でね、僕、考えたんです。医療人だから謂う訳じゃないんですが、此れからは、病院が、かってのコーヒー・ハウスやカフェの役割を担うんじゃないかって。と謂いますのも、此れからは患者様も高齢者や身障者も、働き手として頑張って貰う必要がありますよね。となりますと、其の人達の社会復帰をお手伝いするのって、病院の使命ですよね。其の皆さんに情報提供し、住居や職場を提供したり、或いは紹介したり、当院は既に其の役目を、少しづつ果たしつつありますけれど、まだまだですもんね。此れからは、其れをもっともっと、スケール・アップする必要があると感じました。

人が集まる情報交換の場として、病院を核とした、新たな街造りが求められる気がするんですね。例えばイタリアのトリエステなんて、其の試みをもう何十年も続けてますもんね。此処からは僕の夢想ですけれど、例えば、ワイナリーや地ビール造りや魚の養殖、酪農や植林に農業を始め、社会復帰の為の新たな雇用を創出する訳です。そして、老人ホームに保育施設を開業すれば、待機児童を無くせますよね。子供と高齢者が共生し交流するって、核家族化が進む中、社会に貢献出来る気がしてなりません。子供の貧困対策として、安価で食事を提供する「こども食堂」も良いでしょう。幸い、当院は温泉が出ますから、其処を格安で地域の人に提供するのも良いですよね。海外で良くある、ワンコインを投入すれば大きな鉄板が温まる、バーベキュー場も設置しようかしらん。もう1つ、病院の近隣には、皆が集まり、情報交換する場として、上記の歴史に倣い、カフェを造りましょうか。其れも、昼は珈琲を出し、夜はお酒や軽食を出すんです。お店の名前は、お昼は「デイライト」、美味しい珈琲とクラシック音楽でも流そうかな。夜は「ムーンライト」に名前が変わり、一転、大人の雰囲気で、旨いカクテルと洒落たつまみを出し、ソウルミュージックを流すと。

田夫野人の妄想かもしれません。でも、何処まで実現可能か分かりませんけれど、夢は膨らみますよね。とまァ、白日夢は此れでおつもりにしまして、エスプレッソをもう1杯淹れて飲んで、頭を冷やして、今日も仕事を真面目に頑張ります!!

✝ ルパンを捕まえられるのは、私以外にいません ✝

雪の下 縁に脱ぎある 氷柱かな、今日の大分は寒いっす!恐らく、此の冬一番の寒さと思うのですけれど、早朝、愛犬の甲斐犬のコロちゃんの散歩に出たんですが、道を行く度にバリバリバリバリ、霜を踏み割りながらでしたもんね。最低気温は-3℃と出てましたけれど、強風でしたし、体感温度は-7℃と謂った感じでした。だって僕、散歩の後、風呂を沸かして入ったんですが、思わず声が出ましたし、まるで身体が暖まらないものですから、熱燗でも呑もうか、真剣に考えましたもの。流石に仕事前ですから、当然自重したんですが、其れにしても寒いです。此の寒波、明日までは続くそうですから、読者の皆様、どうぞご自愛下さいませ。

此の時期になりますと、恵方巻きを食べるのが当然と謂った感があります。でもねえ、此れ、つい最近まで無かった習慣ですよ。恐らく、此処10年位前に急に盛り上がった訳で、仕掛け人が居るのでしょう。僕、恵方巻き自体が悪いとは決して思わないんですが、問題なのは、造り過ぎて売れ残り、大量に廃棄しているってんでしょ。兵庫県のスーパー、「ヤマダストア」さんは、此の風潮を嘆き、店頭に用意した分で終了するとの事でした。僕、此れ、英断と思います。だって、此の国で廃棄している食材、年間2700万㌧に達し、金額では111兆円、此れ、1億人が1年間、食べて行ける量なんですって。しかも、其の殆どは高いお金を出して輸入している訳でしょ。天をも恐れぬ所業でありまして、こんな無茶苦茶をしていては、何時か天罰が下りますぜ。ですから「ヤマダストア」さん、物事の本質を分かった、大英断だったと感じました。

でね、此れは吃驚し、そして恐ろしくなったんですが、昨日、自衛隊のヘリが、民家に墜落、大炎上しましたよね。決してあってはならない事ですが、民間人の命に何も無かったのは何よりでした。お亡くなりになったパイロットの方には、謹んでご冥福をお祈りします。で、NHKのニュースを見てましたら、「自衛隊のヘリが着陸、炎上」と確かにテロップが出てたんですね。エエッ、僕、動画を見ましたけれど、何らかのトラブルがあったのでしょう、ヘリはいきなり真っ逆さまに落ちて行きましたよ…!?ヘリって、民家の屋根に「着陸」しないでしょ!?僕、こういう、政府に忖度したのかもしれませんが、物事の本質をすり替える様な姑息な態度、大嫌いです。NHKは猛省すべきですし、そんなんだから、受信料を払って貰えないんですよ。こんなの、旧日本陸軍のメンタリティと全く同じですぜ。だって、旧日本陸軍、大敗を喫して撤退しているのに、「転進」と謂う言葉で全国民を騙したでしょ。其の挙句、300万人を超す犠牲者が出たんですよ。ホント、此れ、日本人のエスタブリッシュメントの痼疾であり、悪癖じゃないかなァ。即ち、プライドが高過ぎて、自分のミスを決して認めず、謝る事が出来ないんですよね。僕、大多数の方は勿論立派とは思うんですが、知り合いにT大卒の人が何人か居ますけれど、そんな詰まらん輩ばっかりで、虫唾が走る思いがします。

もう1つ、北朝鮮のミサイルが飛んで来るかも、と謂う事で、政府が国民に、しゃがんで頭を抱えなさいと、訓練をさせてますよね。僕、あんなナンセンスで下らない事は無いと思うんです。だってね、万が一飛んで来た時点で、防ぐ手段は先ずありませんぜ。右寄りの癖に平和ボケと申しますか、もし都内にミサイルが落ちたとしたら、最悪の場合、400万を超す人が死傷すると謂うデータがあります。現在の米国国防長官、マティス氏は、「朝鮮半島が軍事的解決に向かえば、信じ難い程の悲劇となる。」と謂われています。又、米国元国防長官、W・ペリー氏曰く、「朝鮮半島での戦争は日本に波及します。もし核戦争になれば、第二次世界大戦の犠牲者に匹敵する大きさになります。何故日本の人々が其れを理解出来ないのか、私には理解出来ません。」、ですって。どうもね、アメリカさんは外交的な解決を望んでいるとしか思えませんよね。でも、トランプの馬鹿や、我が国の為政者達は妙に勇ましく、「いっちょやってやろうか!?」てなもんでしょ。ところで僕、其れなりに修羅場を経験した心算なんですが、いざと謂う時、日頃大言壮語する人より、寡黙な方が勇敢だったりするケースを、多々見て来ました。学歴なぞ全く関係無く、其の人の経験値と器なんですよね。「ミサイルが来たら、伏せて頭を隠せ」、こんなレベルの指示しか出来ない奴、決して信用しては駄目ですぜ。

僕、つくづく思うんですが、どうして物事の本質を考えないんですかねえ!?北朝鮮のディグニティでありプレステージ、国家的な威信であり象徴って、ミサイルな訳でしょ。ならば、其れを造らせない様にすれば良いんじゃないの!?常々そう思っていたら、昨年末、興味深い本が出たんですね。「北朝鮮 核の資金源 『国連捜査』秘録」 古川勝久著 新潮社、であります。僕、早速読破したんですが、誠に興味深い事実が満載でした。

僕なりに抜粋、要約しますね。今、国連が、北に対し、経済制裁をやってますけれど、全く機能していないとか。此処から話はどんどんヤバくなるんですが、どうやら、違法合法を取り交ぜて、武器の密輸等の裏社会の国際的ネットワークがあると。我が国は勿論の事、中国・香港・台湾・中央アジアに東南アジア諸国・アフリカ全土・EU・ロシア・ウクライナ・中南米と、ほぼ全世界に渡るんですって。其の手口としては、タックス・ヘイブンの国々で、私設私書箱を使い、大量にペーパー・カンパニーを設立すると。其の企業群の株主や経営者にも、また別のペーパー・カンパニーをどんどん造らせ、登記させると。そうなりますと、極めて複雑な多重構造となり、捜査は非常に面倒になりますよね…。そして、複数の大型輸送機に、様々な武器を積むと。此の輸送機がジョージア国で登録、しかし所有者はアラブのUAEの企業、此れを香港のペーパー・カンパニーにリース、そしてパナマの会社にチャーターさせるんですって。ですから、輸送機の乗務員達も、誰が本当の依頼者なのか、何も分からなかったとか。でね、ウクライナから離陸、給油先はアゼルバイジャン~スリランカ~タイ、そして漸く北朝鮮に着陸したそうでした。敵ながら天晴と申しますか、此処までやられたら、とっ捕まえるのは容易じゃありませんよね。

でもね、お天道様は見ています。幾ら複雑な犯罪にしようとも、必ず痕跡は残りますよね。でね、僕、提案したいのは、今、国際警察としては、インターポールと謂う組織が既にあります。世界192か国が加盟する、超大規模な組織ですけれど、上記の犯罪は、ちっとも取り締まれてませんよね。でね、笑われるかもしれませんが、漫画「ルパン3世」に出て来る銭形警部って居ましたでしょ。彼は世界中を飛び廻り、ルパンを追跡するんですが、其れをモデルにしまして、「国連警察」を新設してはどうでしょうか!?

アメリカはCIA、イギリスのMI6、ロシアのKGB、イスラエルのモサド、オランダのAIVD、ドイツのBND、台湾の国家安全局、そして日本の公安を筆頭に、全世界の国々に、優秀な情報機関が夫々存在しますでしょ。彼らが情報共有し、国際チームを結成、其れなりの権限を付与し、国連の指揮の元、共同で武器密輸ルートを追えば、僕、かなりの速さで、闇勢力を撲滅出来ると思うんですけどねえ!?警察版のアベンジャーズであります。そうすれば、北もミサイル開発が出来なくなり、経済政策を重視すると謂う、ソフト・ランディングの道を選ぶしか無いと思うんですが、余りに楽観的に過ぎますでしょうか!?

♪ 年の初めの 例とて ♪

春立つや 雲の切れ目の 空青く、節分も立春も過ぎましたけれど、春は名のみの風の寒さや、皆様、酷寒の日が続きますけれど、如何お過ごしでしょうか!?昨日の大分は、明け方から雪がちらつき、相当冷え込みまして、僕、ずうっとお家の中でした。髪の毛が随分伸びたものですから、床屋さんに行きたいのですけれど、切った途端に風邪を引きそうですもんね、もう少し我慢しようっと。でも僕、天然パーマでして、放置しておくと段々と頭が膨れて来るんですよ。かって、オーストラリアに住んでいた頃、良い機会と思い、髪も髭も伸ばしてみたんですが、只汚らしいだけでして、日本人から、アーユーメキシカン?とか聞かれ、其の日のうちにばっさり切りましたもんね…。

さて、昨夜はボクシング観戦をしてまして、沖縄で行われたWBCフライ級世界タイトルマッチでしたが、チャンピオンの比嘉選手が見事な1RKO勝ち、いやァ爽快でした。試合開始直後、左ジャブに右クロスを合わされ、ヒヤッとしたんですが、彼我のパンチ力の差があり過ぎましたねえ。最後はボディブローで倒しまして、此れで15戦連続KO勝ちですか、素晴らしい!只、もう少しだけディフェンスに注意する必要があると感じましたけれど、此の勢い、当分は続きそうです。でもね、僕、敬愛する先輩社長のAさんにはとても敵いませんけれど、もう40年近くボクシングを観て来て、日本人選手のレベルは本当に上がりつつある、良い方向に進化しつつあると痛感します。其の理由については、以前の拙ブログで書きましたから割愛しますけれど、かっては相手がメキシカンと聞いただけで、とても勝てる気がしませんでしたもの。ボクシング大国のメキシコですし、ひ弱な日本人ボクサーがボコボコにやられるのが常でしたが、最近ではまるで立場が逆ですもんね~。いや、本当に良かった良かった。

でね、日本ボクシング界はとっても素晴らしいのですけれど、昨日僕、読了した本がありまして、読後、暫く考え込んでしまったんです。「家族の勝手でしょ!--写真274枚で見る家族の喜劇」、岩村暢子著 新潮文庫、なんですね。著者の岩村さんは、法政大で心理学を学んだ後、大手広告代理店の室長を務め、大正大学客員教授兼、マヨネーズのキューピーの顧問でして、彼女は長年に渡り、日本の家族の食卓風景を調査・分析されて来た方なんです。僕、驚きの連続だったんですが、スナック菓子だけの夕食だったり、味噌汁は家族で廻し飲み、或いはマグカップに注ぐんですよ。何かを炒めてもフライパンから直接食べ、箸は使わずスプーンがメイン。現代の家庭では、一汁三菜なぞ意味すら分からず、コンビニの手巻き寿司と菓子パンの夕食も多いんだとか。ごぼうやリンゴや筍は硬いから駄目、魚は骨があるから駄目。野菜を食べるのは精々週1回、具が全く無い焼きそばやパスタの写真を見た時、僕、大袈裟では無く、肌が粟立つ思いがしました。

此れ、岩村先生に依れば、政府の政策にも大きな問題があるんですって。「家庭科教育から実習時間が減らされ、家庭で子供が炊事を手伝う事が激減しました。料理を作るのでは無く、消費者教育にシフトしたのです。手抜きとされる事も、食の合理化として推進されて来た訳です。『和食を取り戻そう』では無く、問題の本質を見て欲しい。」岩村先生、20年に渡り、8637もの食卓を調べ、撮った写真は1万5千枚、700時間以上のインタビューをされた由、こりゃあ説得力がありました。

此れ僕、由々しき大問題と思えてなりません。アベの野郎、何が「美しい国」だ、良く謂うぜ。アンタは食文化の破壊者じゃありませんか。しかもね、古文や漢文の時間って極端に削られ、其の代わりに英語の時間が増えてるんでしょ。何人なんだよ!?僕、残念でならないのが、そういう事を続けてますと、日本語の本当の意味すら分からなくなると思うんです。例えば、「武者震い」と謂う言葉があります。侍が戦の前、緊張や恐怖で身体が震える事、そう習いましたけれど、実はそういう意味では無いんですって。戦の前に、大将がわざと身体を震わせるそうです。鎧や兜には、多くの金属片が付いてますが、身体の震えで其れが鳴ると。其れに合わせ、隣の侍が同じように鳴らすと。其れがどんどん広がり、何千もの侍達が、同じリズム、同じ音で共鳴、大地を揺るがすと。そうなりますと、いざ戦の際、何千何万の侍達は、リズムや音で同化し、1個の生き物と化し、戦場を駆け巡るんだそうです。うう~ん、思わず膝を打ちたくなりますけれど、何でえ、「武者震い」って、全く意味が違うじゃん…。

例えば新年を迎える際、毎年天皇陛下は早朝5時から参拝、国民の平和や五穀豊穣をお祈りされまして、此れを四方拝と謂います。僕達庶民も、様々な準備をしますよね。除夜の鐘を聴いて108の煩悩を払い、細く長く長寿を願い年越し蕎麦を食べ、門松やしめ飾りは、神様を迎える目印でしょ。初日の出のご来光は、其のお日様と共に神様が現れる意味、ですから、元々はご来迎と謂いました。語呂合わせでご来光になったんですね。そして初詣で色々と祈願をして1年の安泰を祈ると。

ご存じの方が殆どで蛇足で恐縮なんですが、お節料理を頂く訳ですが、お屠蘇は陳皮や大黄に細辛や桔梗等々、漢方薬の成分が入ってまして、邪気を払う薬酒です。黒豆の黒色も同じく魔除けであり、まめに1年を過ごす事を願い、数の子は子孫繁栄、田作りは豊年を祈る意味でしょ。コノシロや鰤は出世魚。栗きんとんは黄金色に輝く財宝の意味。鯛や昆布は駄洒落ですが、目出度く喜ぶ。紅白の蒲鉾も、紅が慶び、城は神聖の意でありましょう。海老は脱皮を繰り返しますから、連綿と続く命の象徴。鏡餅のダイダイだって、腐り難く身が落ちず、翌年実が成りますから、親子代々と謂う縁起物。全てに意味がある訳で、徒や疎かに食べられませんし、新年を寿ぐ大事な縁起物と思うんだけどなァ…。

僕、つくづく思うのですけれど、SVOCの英文法に、サイン・コサイン・タンジェントの三角関数、水兵リーベ僕の船の元素記号を覚えるのも大事でしょう。でもね、日本人の伝統や食文化を何も知らずして、学業だけが出来て、国際人だ社会人だと謂っても、其れは紛い物、フェイクでして、日本男児であり大和撫子とはとても謂えませんし、僕は決して認めませんぜ。そして、きちんとした食生活って、全ての基本でしょ。其れ無くして、勉強や仕事や社会生活がきちんと送れる筈がありませんぜ。文部省や政府の皆さん、日本の正しい文化を普及すべく、1日も早く着手して下さいm(__)m。