FC2ブログ

volver

いや~、世の中には、立派な男性も、素敵な紳士も、知的な男子も、沢山居るとは思うのですけれど、どうもねえ、酷いのが矢鱈と目に付くんですよ…。イギリスの次期首相の最有力候補、ボリス・ジョンソン氏なぞ、イートン高にオックスフォードと謂う超高学歴で大臣を歴任、経歴は申し分無いのですけれど、大事な討論会は平気ですっぽかすわ、筋金入りの人種差別主義者だわ、挙句の果てには嘘ばかり吐いて、女性遍歴も滅茶苦茶であります。百歩譲って、其処に目を瞑って、政治能力だけを見ても、人気取りの発言が目立つだけで、此れと謂った実績は無いんですよね。僕、はっきり謂って彼はフェイク、偽物と思うのですけれど、イギリスで1番人気がある政治家だそうで、彼の国は、お先真っ暗でしょうねえ。

でもね、我が国の男性政治家なんて、もっと酷いんですよ。或るツイッターで、アソウ副総理の今月の発言を、時系列で紹介してましたから、其のまま写しますね。「年金だけでは足りない、老後に2000万円必要だ」、との報告書についての件です。

 4日 「100まで生きる前提で考えなければ駄目だ」、と此の時点では、報告書を支持しているんですね。
 7日 「赤字であるかの様に表現したのは不適切」、アレレ、何だかニュアンスが変わって来ました。
10日 「冒頭部分に目を通したが、全体は読んでいない」、って、こりゃ開き直りでしょ。
11日 「正式な報告書としては受け取らない」、うん、こりゃ逆切れですぜ。

皆さん、こんな奴、信用出来ます!?僕、とても友達にはなれないなァ。

今秋から、企業の大倒産時代が来ると、経済誌のダイアモンド誌が大特集をしていました。人手不足に後継者不足に不景気が其の要因の由でした。でもねえ、其れって充分予想出来た事でありまして、此れらの企業のオーナー、99㌫が男性の由、駄目だこりゃ…。

閑話休題、全く冴えない男性達に較べ、令和を生きる女性達は、本当に活気がある様に感じます。謂えね、一昨日の日曜日、TVを見てましたら、歌手の石川さゆりさんが出てたんですね。御年61歳とは思えない美貌と美声でして、でもね、容姿よりも、ライフスタイルが滅茶苦茶にカッコ良かったんですよ~♡着物の帯に、ご自身の出身地である熊本のくまもんを入れる自由さ。私服はコムデギャルソンの黒のワンピースの上に、前後を逆さまにした白のブラウスにスニーカーと謂う逆転の発想。思い立ったら、アメリカだろうとヨーロッパでも即日旅立つバイタリティ。各界に幅広い人脈を持つ、其の好奇心。いや~、僕がファンと謂う事もあるんですが、素敵な方でありました♡そして昨日、少しだけ触れたのですけれど、今回の直木賞候補者6人、全員が女性でしょ。先生方の経歴を拝見しましたら、将に多士済々でして、脚本家、劇団主催者、シングルマザーのフリーライター、キュレーター、製菓会社社員、仏教史を専攻した学者等々、皆さん、個性の塊であり、自らの手で、人生を切り開いて来たんだなァと僕、感心頻りでした。そうそう、今日の日経電子版を読んでましたら、女性役員の特集をやってたんです。大手都銀の女性役員達が、オフ・タイムに日比谷のイタリアンレストランで情報交換されてまして、いや~、皆さん、凛々しくて颯爽としていて、本当にカッコ良かったです♡

海外に目を向けましても、今、揺れに揺れる香港の、デモのリーダーの女性が来日、周庭さんと謂ううら若き麗人でしたが、中国に狙われていると思うのですけれど、正々堂々と顔を出して記者会見に応じていました。其の席で、中国批判を行ってまして、未だ若いだろうに、何と度胸のある方かと僕、感動しました。因みに僕の恩師は台湾の方なんですね。台湾民主化の為に日本で運動していたんですが、同志達が本国に強制送還される際、羽田空港に飛び降り、飛行機を飛ばさせない様にして、ぼこぼこに殴られ、思い切り捕まってましたが、僕、度胸があって、自分の信念を貫く人って、男女を問わず大好きなんです。だって、信用出来るでしょ!

地中海では、ピア・クレンプと謂うドイツ人の女性船長が今、注目を集めています。彼女は非営利団体に属し、アフリカからの難民を救う為、パトロールしているんですね。救った人は優に2000人を超えている由、僕、動画を拝見しましたけれど、勇ましく凛々しく清々しく、大変魅力的な女性でした♡

僕の大好きな映画の世界も、大きく様変わりしています。大ヒットした「キャプテンマーベル」なぞ、主要キャストからスタッフから、其の殆どが女性ですもんね。そして、「ブラックウィドウ」、「355」、共に今から大評判のスパイ映画ですけれど、此の両作品は、プロデューサーまでもが女性であります。今や、ギャランティも男性と同額ですし、リース・ウィザースプーンやジェシカ・チャスティン、そしてジェシカ・アルバ等々、女優と謂う枠を大きく超え、会社経営でも大成功を収めてますもんね~。

うん、当院も此の世界的潮流に乗り遅れてはいけません。女性を抜擢しつつ、勿論男性の協力を得て、よりよい病院にしなくては!読者の皆様、今後とも、当院にご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い致しますm(__)m。

the great escape

大きなる 壇の下に 美しく 篝火もえて 涼かぜぞ吹く、昨日の大分は、気温は其れなりに高かったのですけれど、何せ風がありまして、中々快適な1日でありました。僕、何処か出ようかと思ったのですけれど、ついつい、ハイボール片手に読書に勤しんでおりました。読者の皆様は如何お過ごしでしたか!?

さて、週末に読んだ本がすこぶる面白く、将に巻を擱く能わずでありまして、いや~、読み耽ってしまい、誠に充実した時間でありました。先ずは、「約束のネバーランド」と謂う漫画でして、今年の初めにはアニメ化していた由、僕、勉強不足でちっとも知りませんでした。本作の舞台は孤児院でありまして、其処で子供達は、愛情に恵まれ、美味しい食事を摂れ、勉学やスポーツに励み、すくすく育つんですね。12歳になりますと、里親に迎えられるのですけれど、其れは実は地獄へ一直線…、と謂うお話でした。優秀な子供達数名が、大人達の恐ろしい企みを察知、孤児院から如何に脱出を図るか、と謂うストーリーでして、僕、一気に13巻まで読んじゃいましたもの。そしてもう1冊、「あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅」 城戸久枝著 新潮文庫であります。本作は、中国残留孤児のお話でして、主人公の男性は、艱難辛苦の末日本に脱出、其の娘さんが書いた、親子3代に渡る大河小説の趣のある、感涙必至のノンフィクションでありました。

何だか偶然、脱走物の傑作を2つ読んだんですが、痛感した事がありまして、両作品は、フィクションとノンフィクションなのですけれど、極めて現代的と申しますか、今の日本を表している様な可視感があったんです。と謂いますのは、主人公達は共に、極めて閉塞的な状況にあり、自由を奪われ、生き抜くために必死に知恵を絞るのですけど、権力者は何処までも冷たく、既得権益を決して手放さない訳で、うう~ん、恐ろしいなァ…。

閑話休題、此の手の脱走物、スティーブン・キングの「霧」を筆頭に、傑作揃いであります。特に映画に合う題材なのでしょう、「大脱走」、「パピヨン」、「ショーシャンクの空に」、「アルカトラズからの脱出」等々、何れ劣らぬ傑作揃いですもんね♪でね、全ての作品に共通していますのが、自由への渇望でありまして、そりゃそうですよね~。人間、自由に生きるのが1番ですし、其の人の希望や望む道を止める権限なんて、例え親にだってありませんもの。アッ、反社会的行為は勿論別ですよ~。僕なぞ、生まれた時から「医者になれ、医者になれ」と念仏の様に毎日謂われ続け、おかしくなると思いましたよ。そして結局、医学部には何とか入学したものの、直ぐに辞めちゃいましたもん…、人には向き不向きがありますから、当時も今も、全く後悔していません。

でね、今の自民党の施策って、国民の自由を奪おう奪おうとしてますでしょ。マイナンバーや特定秘密保護法案で国民を監視、しかも高圧的で弾圧的で独裁的で女性蔑視、おまけに、アソウ副総理の年金発言に代表される様に、庶民の生活なぞ、何も分かっちゃいないですぜ。何1つ本質が見えておらず、今回のアベ総理のイラン訪問も、何の成果も挙げる事が出来ず、「外交の素人が日本から来た」、と、海外紙に滅茶苦茶にこき下ろされてますでしょ。

僕、此れは声を大にして謂いたいのですけれど、世界の趨勢は、自民党の皆さんの思う方向とは、まるで逆に進んでるんですよ。中国の圧力に対し、香港の抗議デモの参加者はとうとう、200万人を超えました。海を隔てた台湾や沖縄でも、香港市民を援助する為のデモが開かれました。古くはフランス革命に始まり、つい数年前のアラブの春では、北アフリカの国々が、民主化を求めて数百万人を超す人達が結集しました。我が国は、デモを好まない人が多い様ですけれど、諸外国とは違った形でアプローチしています。僕のかなり遠縁の方が、都内の玉川聖学園で働いているのですけれど、此処では毎年、「国際デー」と銘打ち、世界15か国以上の人達が大勢集まり、日本人と交流を続けているんですね。「子供達には先入観や偏見を無くし、自分の眼で見て判断して欲しい」と、校長が仰ってましたけれど、僕、素晴らしいと思います!そしてね、今年の直木賞の候補者6人、全員が女流作家だそうで、ほらね、自民党の様に、口では良い事を謂いながら実は女性蔑視とは大違いでしょ。文学界は、完全実力主義で、気持ちが良いですよね♡

当院は、自民党の様なやり方をする心算は毛頭ありません。スタッフの発言を尊重し、自由にのびのび、互いが許容し合い、女性も男性もやる気がある人を抜擢し、常に笑顔の明るい病院を目指しています!よおし、今日は此の後会議の連続、かなり忙しないですが、精一杯頑張って来ます!!

海狼伝

昨日、ペルシャ湾とオマーン湾の間の、ホルムズ海峡で、日本籍のタンカーが砲撃されました。我が国以外にも、ノルウェー船が砲撃された由、そして先月にも、4隻の船が撃たれているんですよね…。幸い、犠牲者が出なかったのが何よりですけれど、ちょうど今、アベ総理がイランに行ってますからねえ、何等かの警告と見るのが妥当でありましょう。どうやら犯人は、テロリスト集団の様ですが、どうもね、某国から、武器や資材や軍事演習に資金に食糧等々、相当な援助を受けている由でして、ハッ、もしかしてロ○○?

さて、此のホルムズ海峡、大変狭い水域でして、此処を通らねば、外海に出る事が出来ない訳でして、こりゃあ、原油価格が跳ねあがりますよ。だって、此の海峡から送り出される原油量は、1日1700万バレルにも達する由でして、日本に来るタンカーの8割、年間3400隻が此処を通過するんだとか。海上の要衝でありまして、かってはホルムズ王国と謂う国が、彼の地を数世紀、治めて居ました。どうやらね、ならず者達の根拠地でもあったそうで、世界史を見ましても、古代から、海峡や内海、沿岸部や小島が点在する処には、必ずや海賊が跳梁跋扈するんですよね。我が国ならば瀬戸内海、海外に目を向ければ、マラッカ海峡に地中海、黒海に北海、ソマリアにインド洋、そしてカリブ海と、将に、パイレーツ・オブ・カリビアンの世界でありましょう。

現に今だって、アフリカの北東の角の部分に当たるアデン湾では、ウクライナ船が拿捕され、大量の戦車が盗まれた事例があります。日本船を守る為、海上自衛隊もアフリカ沖まで行きましたもんね。インドネシア周辺やマラッカ海峡も、多数の海賊がうようよしているそうですし、中南米の海軍なんて、対海賊仕様の艦船を多数所有している位です。

でもねえ、古今東西の歴史を見ても、海賊の末路って哀れなものでして、良くて縛り首、大概は海戦中にやられたり、部下の裏切りにあったり、海上で飢え死にしたり、碌な事にならないんですよ。彼の有名なフランシス・ドレークも、黒髭の異名を取ったエドワード・ティーチも、キャプテン・キッドも、ベッドの上で死ねなかったですもんね。でね、何だか矛盾する様ですけれど、7つの海を颯爽と駆け巡り、相手の船を襲って金銀財宝や美女を手に入れるって、或る種の才能と思うんですよ。いや、悪事を肯定する訳では決してないんですが、其の才能、別の世界で充分活かせると思うんですよね。ですから、海賊の皆さん、とっとと足を洗って、堅気になりなさい!!

インドネシアには、スシ海洋水産大臣と謂う女性閣僚がいらっしゃいまして、彼女は高校中退、魚市場で働きながら起業して大成功、そして政界に転出した方なんですね。スシ大臣、右足には大きなタトゥー、胸元の大きく空いた服を常に着て、大量の煙草を吸い、離婚歴3回のシングルマザーでして、彼女が凄いのは、インドネシア海域で不法に漁業を行う船を全て捕まえ、全部爆破してるんですね。其の数何と、176隻でして、うう~ん、此れ、海賊に近い様な気がするんですが…。

スシ大臣は兎も角、海賊をルーツに持ちながら、堅気の道で立派に成功している人って、意外と多いんですよ。紀伊半島の最南端には、古くから、九鬼一族と謂う、大海賊が居ました。江戸期に侍の身分を棄て商人に転進、海賊時代のノウハウを活かし、海運業を始めるんですね。そして今では、九鬼産業と謂う巨大企業へと成長しました。肥料に住宅、胡麻油に太陽光発電、資材に医薬品を手掛け、中国や中南米にも支社があるんです。瀬戸内海を仕切っていた村上水軍の末裔は今、政治家でして、自民党の代議士の村上誠一郎さんです。長崎の海賊、松浦党の人達は、教育者が多いんですね。平戸にある、長崎県立猶興館高校は、松浦詮さんと謂う、平戸藩の殿様であり、海賊の子孫が設立した学校です。此処大分の森藩には、久留島と謂う殿様が居ました。元々は瀬戸内海で大暴れしていたんですが、徳川家康に船を取り上げられ、大分の山の中に領地を移されたんです。其の久留島の殿様の末裔が久留島武彦さん、童謡の「夕やけ小やけ」の作詞者であり、児童文学者なんですね。面白い処では黒船来航のペリー提督、彼のご先祖様も又、海賊でありました。そしてペリーの子孫は今、ニューヨーク郊外で、ワイナリーを経営しているんだとか。

うん、僕の仮説は間違っていませんでした。板子一枚下は地獄、此れ、船乗りの諺でして、船の板を1枚剥がせば大海原な訳で、何時事故にあってもおかしくないですよね。船乗りならば、常に細心の注意が必要ですし、嵐が来るのではと謂う洞察力や勘も必要不可欠でしょう。そして、海賊ですから敵と戦わねばなりません。様々な能力が求められる訳で、そりゃ海賊を辞めても成功出来ますよねえ。ですから海賊の皆さん、今直ぐ武器を棄て罪を償い、新たな道を模索しては如何ですか!?

さて、此れから数日、お天気は下り坂の由ですけれど、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませ。僕は、久方振りに、映画でも行こうかな~。其れでは又来週お会いしましょう(^.^)/~~~

社長洋行記

今からもう、30年前になりますか、僕、当時は海外放浪を繰り返してまして、其の時は確か、東南アジアを廻って一旦帰国、そして、中国の観光ビザを取り、確か日航だったと思うのですけれど、航空券も押さえ、北京の安宿を3泊分リザーブしたんですね。さァ明日から中国だ、四川料理も食べたいし、万里の長城や紫禁城や兵馬俑は必ず見なくちゃと意気揚々、荷造りを追えて床に就こうとした深夜、高校時代の親友だったS君から電話があったんです。「いいからTV付けろ!」、何事かと思ってスイッチを入れたら、天安門事件の勃発でして、あれには心底吃驚しました。だって、戦車が学生を轢き殺しているんですもの。S君と話し合い、こういう時こそ中国に行くべきだと意気投合、そしてカラスカァと啼いて夜が明けて、身支度をしてましたら、何と外務省から電話があったんですね。「中国への渡航はどうしてもされますか?」との由、何でも、日航機に乗るのは、外務省の方1人と僕だけだったそうで、泣く泣く飛行機をキャンセルしたのですけれど、あの時、もし行ってたらどうなってたんだろ!?

そして、亡父はこよなく香港を愛してまして、お供して行った事は数知れず、彼は彼の地に、美しい女性達を集めて、高級クラブを造ろうとしていた位で、其れは亡母に露顕して往復ビンタを喰らい、断念したんですが、そうした経緯もあり、僕、中国や香港には関心を持ち続けて来ました。其の所為でも無いんでしょうが、大学院まで行って、其処で専攻したのが、台湾を中心とした、アジア地域の国際関係論でしたもんね。

で、先日から、ホンコン・イズ・バーニングと申しますか、大変な事態となっています。「香港での犯罪の容疑者は、即刻中国に引き渡す様に」と謂うお達しがあり、民衆が猛反発、何と100万人を超すデモとなりました。うん、僕、香港の人達の言い分は尤もだと思いますねえ。だって、中国の司法なんて、権力者のやりたい放題、滅茶苦茶でしょ。どんな微罪の容疑者だろうと、問答無用でしょっ引かれるだなんて、言語道断ですぜ。中国側は、催涙ガスや放水でデモを鎮圧、70人が拘束されたそうでした。皆様ご存じの通り、香港は長く、英国の植民地であり、一国二制度であり、中国とはあらゆる意味で違っているんですね。もし、容疑者の引き渡しが現実となりますと、無差別逮捕や思想統制、言論弾圧となるのは必定でしょう。

大体ね、中国なんて、統一されている方が不思議なんですよ。彼の国の歴史を振り返れば、統一されていた時期の方が珍しいでしょ。春秋戦国に始まり、三国志の時代を経て、南北朝に五代十国、集合離散と呉越同舟の繰り返し、此れが中国史であります。そして今、経済格差は激しくなるばかり、大規模な汚職は相次ぎ、有力者のコネクションが幅を利かせ、そして中国内には10もの言語があり、55もの少数民族が混在しているんですよ。不安定要素ばかりでありまして、其れを抑えつける為、中国共産党は、独裁体制を敷いている訳です。今では、監視カメラやAIまで駆使し、民主化を求める人達を弾圧し続ける始末です。僕、断言しますけれど、こんな悪政が続く筈はありません。中国は此のままの体勢が続けば、何れ必ず分裂する、此れ、僕の持論なんです。

でもね、今やGDP世界2位の経済大国の中国であり、民主化に向けて、矢張りソフトランディングしかないでしょう。万が一米中戦争が勃発すれば、日本だって多大な被害を受けます。となりますと、我が国はどうすれば良いのか、と謂う事になるんですが、僕、其れには教育しか無い、そう確信しているんです。現在、中国から日本に来た留学生って、凡そ12万人居るんだとか。彼らが、母国とは異なる海外の民主主義を学び、帰国すれば、必ずや中国は変わるでしょう。

近代史を見て下さいよ。中国の建国の父と呼ばれた孫文さんは、日本に亡命していた時期が長く、東京の日比谷に住み、各界著名人と交流、勉学を積み、そして中華民国を建国しました。因みに、孫文さんに住居や生活費を提供したのが、後の総理である犬飼毅でした。其の孫文の弟子の蒋介石さん、後の台湾総統は、東京で、日本陸軍士官学校に入学、新潟で軍人として勤務しました。同じく、台湾総統になった李登輝さんは、京都帝国大学卒でしょ。韓国大統領の朴さんは、日本陸軍士官学校を出た中尉さん。崔大統領は東京高等師範学校卒。マレーシアの現首相、マハディールさんは、熱烈な親日家であり、彼のお子さん達は皆、日本で教育を受けています。戦争中、日本は酷い略奪を繰り返し、アジアの国々に多大な迷惑を掛けましたけれど、教育と謂った点では、少しだけ寄与出来たかもしれません。だって、上記の人達は皆、母国の経済成長や発展を成し遂げた方達ですもんね。

僕、教育こそが全てを変える、そう信じているのですけれど、現在の中国では、富裕層が急増した為、子弟を外国に留学するケースが急増しているんですって。イギリスのパブリック・スクールなぞ、中国人だらけだそうです。でね、彼らが高等教育を受け、紳士としての立ち居振る舞いを身に付け、民主主義を体感し、帰国した暁には、中国は大きく変わりますよ。

もし、日本に留学した中国人学生の皆さんが、平和で民主的な新生中国を造る事が出来たならば、我が国も、アジアの平和を側面から手助けした事になりますよね♡1日も早く、其の日が来る事を僕、心待ちにしています。其れにしても中国警察の皆さん、香港の人達への弾圧や拘束を、今すぐ止めなさい!!

♪ ギーンギーン ♪

金融庁のトップは、謂わずと知れた、アソウ副総理ですけれど、此のご仁、一体全体、どんな神経してるんですかねえ…。ホトホト呆れますぜ。と謂いますのも、皆様疾うにご存じでしょうが、金融庁が、「年金だけでは生活出来ない。2000万の貯蓄を。」とするレポートを、アソウに提出しました。此の時点で、年金の破綻を認めたも同様でして、此れも大問題なのですけれど、其れはさておき、アソウのヤロウ、「報告書は最初しか見ていない」「此れは俺は受け取らない」、ですって…。しかも、自民党の面々は、此の報告書に対し、撤回しろと大騒ぎしているそうでありました。人は、聞きたい事しか聞かず、見たい物しか見ない、此れ、僕が勝手に造った格言なんですが、其れにしても酷過ぎませんか!?現実を直視する事から、全てが始まる訳でしょ。何だかねえ、相手ははっきり其の気が無いと謂っているのに、其れは無視して、「そんな筈が無い、俺に惚れてる筈だ」と、己に都合の良い勝手な解釈をして、執拗にデートに誘っている、気持ち悪いストーカーですぜ。自民党の皆さん、選挙が近くて焦っているんでしょうが、少し落ち着いて現実を見なさい!で、此のままでは負けるかもと、女性誌のVIVIと組んで、自民党とのコラボTシャツを造ったそうでして、ダサ過ぎませんか…。

しかし、最近の自民党の振る舞い、目に余る物がありまして、僕、吃驚したのですけれど、電力会社って、原発を持っているだけで、何やかやと理屈を付けて、年間1兆入る仕組みなんですね。成程なァ、其の利権がある限り、原発を止めない訳ですよ。でも其処には、国民の安全と安心と謂う視点は皆無でありまして、其の電力会社が支持しているのが自民党ですもん、ダメだこりゃ。でね、僕、今夏の参院選の自民党の公約を見たんですよ。まァ、空虚で具体性の無い言葉の羅列に終始してまして、ダメだこりゃ。だってね、「強い経済で所得を増やす」「誰もが安心、活躍出来る人生100年社会をつくる」「地方活性化、防災」でして、いや、確かに其の通りと思いますよ。でもねえ、どういう政策ならばそうなるのか、具体的に謂って下さいよ。此れでは只の作文でありまして、仕事が出来ない奴って、尤もらしい事は謂うんですが、具体例を問うと、何も答えられないんですよね。ダメだ、こりゃ。

もうねえ、頭が昭和のままで止まっていまして、令和と謂う新時代を生きてませんね…。時代は急流の様に、万華鏡の様に、どんどんと様変わりしていますよ。従来の価値観を覆すパラダイム・シフトとでも申しましょうか、例えば、今まで10数年、ビール業界のトップを走っていたスーパードライ、低迷状態が長く続いているんだとか。又、成長産業と謂われていた外食業界も、昨年度の倒産数は過去最多、其の数何と、1200件近くに及ぶ由でした。話は変わるんですが、僕、外国語教育は必要不可欠と思います。僕の英語なぞ、全く大した事はありませんけれど、矢張り、異国の方と、不十分でもコミュニケート出来るって、素敵な事ですもんね。其れはさておき、今、掌サイズの自動翻訳機が、3万円台で買えるそうでして、しかも其れ、60か国語対応なんですって。未だ、センテンスでは無く、ワードしか対応出来ない様ですが、何れ、長文でのやり取りも充分可能になるでしょう。となるとですよ、外国語習得に掛ける時間を、他教科に費やした方が良いと謂う発想が当然出て来ますよね。文部省の人達、そこら辺までちゃんと考えているのかなァ!?其の教育で思い出したのですけれど、今、日本の学校法人の海外進出が目立ちます。例えば上智なぞ、タイのバンコクに会社を設立しましたでしょ。何れは、経済成長著しい東南アジアの若者達を、上智大学で学んで貰おうと謂う試みでして、うう~ん、日本の文部省よりも、随分と先を行っている気がするのは、僕だけでしょうか!?

其の教育でもう1つ思い出しました。以前は偏差値が低く、馬鹿にされていた高校の躍進が目立つんですよ。日経や産経新聞に出ていまして、高校の名前は失念しましたけれど、教育委員会も文部省も見放していた、底辺校が今や、国公立大学に60人も進学する様になり、甲子園の常連校になるケースも増えつつあるとか。

此処からはランダムに、物事は常に変わっている実例をご紹介します。僕の大好きなプロ野球では今、オープナーと謂う投手起用法が出て来ました。此れ、どういう事かと申しますと、オープナー、即ち先発投手に、抑えの切り札をいきなり持って来ると謂うアイディアなんですね。で、抑えの切り札が初回から全力投球、上位打線を抑えた気楽な場面から、従来の先発投手にスイッチするんです。野球の歴史は凡そ400年と謂われていますけれど、史上初のアイディアでありましょう。此れは笑ったのですけれど、イタリアの方が日本に来て、先ず行くのがイタリアンレストランの由、日本人のシェフの創意工夫が、本家本元を超える程進化しているのでしょう。驚きましたのが、今、険悪な状況にある、アメリカとイランですけれど、米軍首脳が、もし両国が海上で戦ったらどうなるか、シュミレートしたんですって。物資や兵力や技術力で大きく勝る、米軍の圧勝と誰もが思っていた処、何と、何度やってもイランが勝つんですって。どうやらイラン側は、高性能ミサイルを積んだ超高速の小型艇を沢山備えており、其れにアメリカ海軍は対応出来なかったそうでした。

卑近な例ですけれど、此処九州では、今まで以上に、外国人起業家が急増しているんですね。シンガポールの研究者が、睡眠障害を克服する医療機器を開発、福岡で会社を立ち上げました。宮崎では、スイス人が、九州の八女茶を世界に売り出す会社を造りました。此処別府では、日本人とシリア人が組んで、コーヒー豆の輸入業を始めています。何と、博多では、TSUTAYAの中に、行政書士や司法書士、不動産屋に弁護士が連日常駐、其処に外国人が毎日20人訪れ、起業の相談に乗っているんだとか。

此れだけ日本は様変わりしているんです。此れ、僕の生業である医療業界も同様でして、既に、業界再編の大波が来てますもんね。こうした現実を何も直視せず、部下が作ったレポートは、「最初しか見ていない」「受け取らない」「書き直せ」とか謂っている自民党には、僕、未来は無いと思います。皆さん、次の参院選、どうぞ熟慮されて、悔いの無い1票を投じて下さいねm(__)m。