FC2ブログ

国破山河在 城春草木深

春宵一刻値千金、古人の漢詩に出て来る言葉ですけれど、ここ最近、ちっとも天気は宜しくありませんで、曇天突風俄か雨の繰り返し、少々肌寒くもあり、こんなんじゃあ風邪を引いてしまいそうです。読者の皆様も、健康管理には充分お気を付け下さいませ。僕、まだまだ不勉強で駄目だなあ、と思いましたのは、先に取り上げた漢詩、これ、蘇軾という宋の時代の人の物なんですね。彼は、「赤壁賦」の漢詩が有名でして、宋の時代の最高の詩人と謳われたのですけれど、春宵一刻値千金、これ、誰が見ても、春の夜を悠々と、詩情豊かに楽しんでいる感じじゃないですか。実際、花有清光月有陰、と続くんですが、実は、芸妓を沢山集めてどんちゃん騒ぎをし、宴が終わった後の虚無感を謳ったものだそうで、ううん、やられた…。でも、これ、教科書にも載る程の有名な漢詩ですけれど、生徒さん方には、本当の解釈をきちんと教えてるのかしらん。綺麗な芸者さん達との酒池肉林の遊びの果ての空しさだなんて、多分教科書には載せてないんでしょうね~!?この酒池肉林、古代中国の最初の王国、殷の王様が、その愛姫、妲己の願いを受けて造ったものでして、将に文字通り、池を酒で満たし、木に肉を差し、全裸の男女らが戯れる、という四字熟語なんですね。まァ、そんな事をしていては、殷の国は崩壊、そして周の国へと成る訳であります。この妲己、これ以外にも悪行三昧で国を滅ぼした訳ですけれども、こんな悪い事をするなんて、人間じゃない、狐の仕業だ、という解釈となったんですね。これが日本に伝わりまして。所謂「九尾の狐」という妖怪とされまして、様々なお話として取り上げられた訳であります。冒頭からいきなり古代中国のお話となりまして、大変恐縮でございましたm(__)m。

閑話休題、昨日は統一地方選があり、殆ど全ての選挙区で自民党が圧勝、これで原発は再稼働なんだろうな~、と暗くなりました…。でもね、日本再生の為の、生みの前の苦しみ、だったら良いのですけれども、僕は自民党政権が続く以上、地獄への道をまっしぐら、という気がしてなりませんが、これが皆さんの選択なら仕方がありません。でも、DV男と一緒に居ても希望が無いのと同様でして、とてもお付き合いしたくないので、何処かに国籍だけでも変えちゃおうかなあ!?

でもね、悪い事ばかりではありません。これ、以前の拙ブログでも触れたのですけれど、名門早稲田実業の高校1年生、清宮君は凄いですねえ。入学したばかりなのに、いきなり3番の大役を任せられ、ヒットを連発しておりました。184㌢97㌔の15歳、エースで4番、130㌔超の速球を投げ、3年間で132本のホームランを打った中学生として、アメリカで行われた、リトル・リーグ世界選手権で見事優勝、世界チャンピオンの座につき、相撲にテニスに水泳、ラグビーにゴルフに陸上と、なんでもござれなんですって!お父さんは、早稲田の主将を務めたラグビー元日本代表、お母さんは、慶應大ゴルフ部元キャプテンだそうで、大変なサラブレッドである事は間違いありません。親子揃って大の阪神ファンの由、僕で良ければ何度でも土下座しますから、タイガースに入ってくれないかなあ…。父君の清宮克幸さんは、2019年ラグビー・ワールド・カップ日本大会で代表監督を務める可能性がありますし、息子さんは翌年の東京五輪で野球日本代表に選ばれるかもしれず、凄い親子鷹ではあります。

でもねえ、その男性陣よりも遥かに上を行くのが女性でありまして、ヒラリーさんは案の定、大統領選に出馬するそうでして、この人もまた強烈ですよね。アメリカは男女別姓ですけれど、ご自身の旧姓であるロダムは、ミドル・ネームとして、きちんと残しているんですね。僕の母も、大層気が強かったんですが、名刺には、大藤信子(旧姓 蜷木)、と入れてまして、父はそれが気に喰わなかったんでしょう、しょっちゅう喧嘩をしておりました。さて、このヒラリーさん、有名な逸話がありまして、ご夫婦でガソリン・スタンドに行った際の事です。ヒラリーさんが、ガソリン・スタンドのオーナーと親しげに話していたそうなんですね。どうやら昔のボーイ・フレンドだった由、そうしましたら、ご主人のビル・クリントン、謂わずと知れたアメリカ大統領ですが、軽い嫉妬もあったのでしょう。「へえ、そうなんだ。僕と結婚していなかったら、君はこの田舎で、ガソリン・スタンドをやってる男の奥さんだったんだね。」ヒラリーさん、間髪入れず、「私が彼と結婚していたら、彼がこの国の大統領よ。」ですって…。この、her dignity とでも言いますか、her prestige 、彼女の威厳と威信とでも訳しましょうか。何処と無く頼りなげで、脇も甘く、女性には滅法弱かったビルの旦那とは、こりゃ随分役者が違うなあ、という印象を受けます。

翻って我が国を取り巻く現状を鑑みるに、世界の先進国諸国の首脳を見渡すと、何れ劣らぬ百戦錬磨の強者ばかりでしょ!?中国の習は、魑魅魍魎が跳梁跋扈する共産党政権内の、熾烈な権力闘争を勝ち抜いた男です。ドイツのメルケルは、欧州の中でも一目置かれるリーダーシップと、物理学博士の貌も持つ大変なインテリですよね。イングランドのキャメロンは、オックスフォードを大変優秀な成績で卒業後、サッチャー・メージャー両首相の下で長年に渡り、資料作成とスピーチライターをこなした人物です。ロシアのプーチンは説明不要、何せ元凄腕スパイで、彼の十数年の前歴は全くの不明でしょ。そして、アメリカは先のヒラリーが大統領になる可能性大でありまして、こんな海千山千の怪物どもを、我が国の総理のレベルで、丁々発止とやりあえるものなんですかねえ…。僕、甚だ疑問ですし、嘘ばかりつく、低次元の現総理に多大な権限を与えちゃって、心許無い限りです。そしてね、これは僕もおぼろげにしか分かりませんけれど、欧米諸国で言う契約の概念、これにしたって、人同士で交わす物よりも、神と人で交わす約束の方が断然上位に来る訳です。あちらの著名な文学書、「罪と罰」だろうと「神曲」であろうと、人と神との対話といった要素に満ち溢れている訳でして、いやしくも日本国総理であるならば、幾ら何でも、これぐらいの基礎知識が無ければ、国際外交なぞ出来る筈もありません。あの頼りないビル・クリントンでさえ、訪日時には、最も尊敬出来る政治家として、リップ・サービスと思いますが、「上杉鷹山」の名を挙げたんですね。ところが、日本のマスコミは、誰?それ?というリアクションでして、上杉鷹山は、江戸期の藩主であり、今の山形県、当時は米沢藩を立て直した名君であります。これを外国の大統領に教えて貰う恥ずかしさ…。

そしてね、これは夫々の国の考え方がありますから、是非は非常に難しいのですけれど、欧米の知識人層はピラミッド型、日本はフラット型と言われています。欧米の人々は、日本がある場所なぞ知らない人が圧倒的です。けれど、上のレベルになりますと、「源氏物語」をきちんと読み、日本の政治も経済も熟知し、英仏独語を解し、テニスもヨットも上手で、オペラを好み、勿論己の仕事も大成功させているんです。それに対し日本は、平均的な知的レベルは高いんですけどねえ…。組織を上手にマネージメントしたり、文化的な素養を持っていたり、多彩な人脈を持っていたり、スポーツにも本業にも長けた人って、本当に悲しい事に、日本社会では出る杭は打たれてしまい、弾かれてしまうんですよね…。

神は細部に宿る、これ、建築系の言葉だったと思いますが、この病院だって、小なりと雖も、日本社会の縮図な筈です。そうであれば、当院が少しでも改善される事が、日本というこの国そのものが良くなる訳でありまして、僕、微力ではありますが、リタイアメントするその日まで、努力を続けて参ります!さて、明日は朝から色々と慌ただしく、拙ブログを更新出来るかどうか微妙な状況です。読者の皆様方の、ご指導ご鞭撻を励みに頑張る所存ですし、当院は勿論の事、拙ブログを、今後ともご贔屓の程、何卒宜しくお願い致しますm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR