FC2ブログ

MEN AT WORK

おはようございます。最近本当に寝不足でして、朝が辛いです…。晩酌も半身浴もあまり効果が無く、エアコンをタイマー設定しても、電源が切れて暫くすると目覚める始末、6月からこれでは先が思いやられますね~、トホホ。

物事を進めようとすると、総論賛成各論反対になりがちなものですよね。それに加え、保身やセクト主義(縄張り重視)的な考えが入り込むと、もう大変ですし、己の欲と大義名分(客観的に見てそれが正論なのかは又別の話ですが…)を絡ませてくると、始末が悪いんで困っちゃいます。これを覆すには、周到な準備と熱意と実力と我慢が必要です。まあ、僕は様々な組織運営に係わって来ましたので、お茶の子さいさい、頑張りますよ!

物事を決定する際の心得として、我慢が最も必要になって来ます。えてして決めちゃった方が楽ではあるんですよね。失敗するか成功するかは分からないけれど、こうするぞ~みんなついてこ~い、とすれば、後は実行するのみです。この様なイケイケドンドンですと、ハマると良いんですが、失敗した際は泥沼になる事が多いんですよね。ですから、大事を行う際は、あらゆる角度から観察し熟慮し相談を重ね、決断した後は断固実行、これが最もリスクが少ない大人のやり方と思います。

イギリスのエリート教育で真っ先に教わる事、それは、「物事が決定しない不安定な状態に耐える事」だそうです。戦争するのかしないのかはっきりしない、あ~苛々する~、もうミサイル打っちゃいますか!ではリーダー失格な訳ですね(^^)。

以前、僕は中規模の病院に在籍していて、事務の全権を司る立場にありました。職員数は80人ぐらい、患者様もそのぐらいの数でして、これぐらいの規模ですと、「事務長」、なんてもっともらしい肩書が付いてはいても、やってる仕事は何でも屋と変わりません(^^)。雨漏りがする電球が切れた内線が不通だ、という設備の業務から、職員旅行の手配に健康保険証の手続に忘年会の準備と司会進行、といった福利厚生の業務、ボーナスの借入に非常勤職員の給与計算に算定基礎、といった経理の業務、県や保健所の監査に保険請求に病床変更申請、といった医療事務の業務、それら通常業務に加え、職員間や患者様のトラブル処理、病院業務に係わる全ての業者との折衝、医師招聘、部下の育成、病院間の会合や勉強会の出席、各種の決済等々、これらの業務をほぼ1人でこなしていました。

最も忙しい師走の頃ですと、早朝出勤で日付が変わる事もしばしばあり、そうなるとアルコール度数の高いウィスキーやジンを飲まないと眠れないんですよね、頭が冴えちゃって…。

辛かった事も多々ありましたが、20代30代という体力が最もある時期に、この様なハードワークを連日こなした事で、病院とはどういうものか、社会とは人間関係とは何か、頭では無く身体で覚えた気がしますし、業務を効率良く処理する為に、創意工夫する様になりました。或る意味、体力を温存する為の自衛だったと思います。

扱うジャンルが多岐に渡る為、自分のデスクの後ろにまた机を置き、業務毎に分類したファイルを置きます。それらの未処理の書類は、いすをクルリと回せばすぐに見られる様にし、時間短縮を図ります。「TO DO THINGS」というタイトル(やるべき事、という意味です)を付けた大判の大学ノートには、職員や上司や患者様から聞いた解決すべき案件を、見開きの2ページを使い、左のページは1行づつ箇条書きにし、右のページにはその案件の発生理由や進行状況や時期を記し、夫々に四角のマークを付けておきます。処理が終わった案件には□を■に塗り潰し、途中でペンディングになっているものは半分しか塗らず、未処理のものは□のまま、新たな案件が生じたらすぐに書き加える、というやり方を取っていました。僕のオリジナルのやり方かどうかは皆目分かりませんが、このノート方式ですと、仕事の進捗状況や現在の問題点が一目瞭然なんですよね。このノートは出社後と退社前、1日2度必ず確認します。ま、予習復習とも言えますし頭の整理にもなります(^^)。

こういう状況ですと、愚図愚図悩む暇なんてありません。仕事でスランプかなあ、と感じてらっしゃる読者の方がもしおられたら、敢えて己を忙しい状況に追い込むと、火事場の馬鹿力じゃありませんが、自分では見えない潜在能力が発揮できて、新たな境地が開けるかもしれませんよ(^^)。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR