FC2ブログ

THELMA & LOUISE

読者の皆様、おはようございます!今朝、このブログの元締めである管理会社、FC2に何らかのトラブルがあった様でして、中々更新出来ませんで苛々しましたけれど、先程無事に復旧、事無きを得ました、良かった~。さて、昨日は拙ブログの更新が出来ず、大変申し訳ありませんでしたm(__)m。痛めた右足首も、養生の所為か、どうにかこうにか動く様になりまして、引きずりながらですけれど、何とか歩けております。そう言えばうちの愛犬、もう老犬なんですが、今年13歳になりますけれど、関節炎だった様で、痛みからか震えたりしていたんですね。それに気付かず、放置していて可哀相な事をしました。獣医さんから、犬用のコンドロイチンを処方して貰った処、抜群の効き目がありまして、今では空中で方向転換出来るぐらいに回復しまして、非常に驚きました。薬なぞ滅多に使わないアフリカの奥地の人なぞに、抗生物質を与えたりすると、劇的に効くと申します。僕もそのアフリカの人と同様、サポーターとロキソニンテープの効果は凄まじいものでして、月曜日はどうなる事かと不安だったのですが、かなりの復活ですもんね~。O整形病院のスタッフの皆様、本当にありがとうございました、お世話になりましたm(__)m。

閑話休題、あの震災と原発事故から早4年が経ちました。ちょうどこの拙ブログをスタートした頃でしたが、僕達はあの大地震と人災を、決して風化させてはなりませんし、忘れてはならない、そう強く思います。犠牲者の御霊に心から哀悼の意を表しますし、どうかどうか安らかにお眠り下さい。残された僕等は、あの事故を教訓とし、二度と起こしてはならない、そして危険極まりない原発は無くさねばならない、そう思っています。

僕、残念で仕方が無いのは、反原発、と主張すると、すぐ、「左翼だ!」とレッテルを張る方が多いんですよね…。僕、哀しくなるんですが、どちらかと言うと右寄りの方でして、天皇陛下はこの国になくてはならないお方ですし、自衛隊も、シビリアン・コントロールは絶対--安部の馬鹿はそれも廃止しそうですよね。--ですが必要な存在、日の丸君が代--無理矢理強制は如何かと感じますが。-もいるでしょ、そう思っています。ただ、「原発の様な危険な物、コントロール不能の物は、即刻廃止すべきである。そして、アメリカの植民地の立場から離れて真の独立をすべきだ。」、これだけなんですよね…。王様の耳は驢馬の耳、本当の事を言って何が悪い、そう思います!!

腹が立ってならないのは、メルケルさんが遠路遥々来られたのに、共同記者会見は生で流さなかったでしょう。ドイツの首相と言えば、EU、欧州全域の経済のリーダーですよ!?ドイツの記者が、「何故日本は原発を止めないのか」とズバリ問うて、安部の馬鹿はまともな答えが出来なかったそうです。故大平首相じゃありませんが、あ~、とかう~、とか言って、知的レベルの低さを露呈していました。南ドイツ新聞、彼の国の最大手だそうですが、「安部首相は、この度のメルケル首相の訪日のテーマを理解出来なかった。」、そう辛辣に書かれていました…。理解出来なかっただなんて、これ、馬鹿って言ってる様なものでしょ。僕、安部は大嫌いですけれど、首相と言えばこの国の顔な訳で、それを貶されると腹が立ちます。もうね、頭が良くて、真っ当な意見を持つ、違う総理になって欲しいですよ…。ついでに、何故かNHKなぞは思い切りスルーしていましたけれど、メルケルさんの講演の一部を抜粋します。

「私は長年、核の平和利用には賛成して来ました。私の考えを変えたのは、やはり福島の原発事故でした。この事故が、日本という高度な技術水準を持つ国で起きたからです。そんな国でも、リスクがあり、事故が起きるのだという事を如実に示しました。この為、本当に予測不能なリスクがあり、私達が現実には起こりえないと考えていた危険がある事が分かりました。だからこそ、私は、当時政権にいた多くの同僚と共に、脱原発の決定を下したのです。ドイツの最後の原発は2022年に停止し、私達は別のエネルギー制度を築きあげるという決定です。」

ウン、ご説ご尤も、これ、安部はどう反論するのかなあ!?そしてね、僕、これも憤慨しているんですが、被災地の復興って、4年も経って、ちっとも進んでませんよね。未だに23万人ですか、地元に帰れない避難民がおり、福島から移住が止まりませんよね…。そして、この4年間、大馬鹿政府の無為無策の所為で、震災の痛手から立ち直れず、倒産した企業って、1600件近いそうです。これまた驚いたのは、「これから復興新5か年計画を行います」と政府が言ってましたが、高い税金ばっかり取りやがって、未だこんな寝言言ってるんですよ!!諸外国ならば、政権打倒でクーデターが起きてもおかしくありません。困った人を助けようという相互扶助の心、義を見てせざるは勇無きなり、これが日本人の精神と思うのですけれど、政府なんかに頼れません、皆で復興の為に立ち上がりましょうよ!!そしてもう1点、TVも新聞も雑誌も、こういう時だけ被災地の様子を報道してね、困っている彼らの日常も常に教えて下さいよ。こういうのを、取って付けた、と言いますし、偽善者でありfake、インチキ野郎です。

足の痛みも忘れて書いていますが、この腐り切った日本を立て直すのは、既存の政治家ではとても無理、そう思います。男性首相はもう止めて、次は女性総理にしませんか!?僕、今までのキャリアを通じ、男性の質の劣化を強く感じます。当院の面接、例えば事務職を例にとりますと、小論文・一般常識・面接、場合によってはもう1度面接、という形なんですが、はっきり書いちゃいます。僕が男性なんで哀しいんですが、ペーパー・テストは勿論の事、所作に話し方にやる気、全て女性の方が断然上なんです…。これ、医療業界だけなのかなァ、と思いまして、僕の処には様々な業界の方々がお見えになりますから、聞いてみるんですよ。そうしましたら、「最近の男は駄目ですねえ…。」と嘆息しきりでありました。

推古・持統・孝謙・斉明・後桜町、この他にも多いですけれど、女性の天皇も沢山いらっしゃいましたよね。もっと歴史を遡れば、古代の卑弥呼もそうですし、その後を継いだ台与も女性ですもんね。海外に目を向ければ、先のメルケルさんを筆頭に、女性のリーダーも数多いじゃありませんか。古代の女王ならばゼノビアにセミラシスにタマルにクレオパトラ、夫々大国を築いた方々でしょ。カノッサの屈辱で有名なトスカーナのマチルダもそうですし、現在に目を向ければ、フィリピン、アルゼンチン、スイス、モンゴル、インドネシア、ブラジル、セルビア、カナダ、ニュージーランド、パナマ、アイスランド、インド…、まだまだ沢山ありますけれど、女性大統領の居た国って、枚挙に暇がありません。

翻って、当院ももっともっと、女性リーダーの育成と抜擢に力を注がねばなりませんね。ともあれ、震災から4年が過ぎ、ここからが、新生日本の再出発となる事を祈念しています!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR