FC2ブログ

♪ LIVELY UP YOURSELF ♩

読者の皆様、おはようございますm(__)m。僕、先週の土曜日の午後?に更新するかも、と書いていたんですね~。すっかり失念しておりまして、大変失礼致しましたm(__)m。♪今更なんて思わずに急かしてよ もっと中迄入って あたしの衝動を 突き動かしてよ♪、と椎名林檎ちゃんも歌っておりますし、今日はしっかり書きますよ!

さて、僕、週末は終日、春の海 ひねもすのたり のたりかな、といった塩梅で、ひたすらボケ~ッとしていたのですが、そのぼんやりしていた頭に先ずは突き刺さりましたのが、ロシアの一件です。プーチン大統領に反対する野党の大物政治家が、深夜何者かに射殺されるって、これじゃあまるで映画「ゴッドファーザー」を地で行く世界ですよね。プーチンにとって、こんな都合の良い偶然って、そうそうあり得ないでしょ。確か既に反対派の要人は何十人も死んでいる筈ですし、物凄い高確率ですし、プーチンに敵対する勢力の面々って、皆さん変死ばかりでして、これ、偶然とはとても思えません。「その人間が居なくなって誰が一番得をするのか」を探るのが、犯罪捜査の鉄則でしょ。となると、犯人はプーチンしか無い、僕、そう思います。でもね、今回の暗殺において、プーチン自らが陣頭指揮に当たる、みたいなニュアンスで語っていましたから、こりゃあ真犯人は決して捕まりませんね。だって、犯人が捜査しているんですもん。

でもね、我が国も、このロシアのブラック・ジョークの様な暗黒体制を決して笑えませんよ…。皆様、疾うにご覧になられたでしょうが、川崎の中学1年生の惨殺事件です。もうね、犠牲者の少年の心情や、そのご家族の心中を思うと、悲しくなるばかりですし、自分の無力さが腹立たしくなります。謹んでご冥福をお祈りしますし、決して納得出来ないでしょうが、どうぞ安らかに眠って下さい…。

先ずね、どうしても許せませんのが、被害者は未だ中学1年生、ついこの間まで小学生でしょ。そんな幼気な子供を、高校3年生が陰惨なイジメを続けた挙句に最悪の結果に終わるだなんて、この男、卑劣漢の上に常軌を逸していますし、こういう事を書いて良いか分かりませんけれど、僕、極刑を望みます。そしてね、被害者のご家族のご事情が全く分からないですが、子供だけでも遠くに転校させるとか、元々居たという島根の島に戻す、という選択肢は無かったんでしょうか…。古の中国の偉人に、孟子という方がおりました。彼のご母堂は、大変優秀な方で、教育には一家言あったんですね。孟子を育てる上で、「この地は子供を育てるには宜しくない」という事で、費用や手間もあったでしょうが、3度の引っ越しを致しました。それが、「孟母三遷」、教育には環境が大切である、という諺であります。被害者のご家族が、もし引っ越す決断をすれば、この悲劇は起こらなかったかもしれません。

そして、この事件が起こる前に、犯人グループは一悶着を起こし、警察が主犯の自宅に来るという大騒ぎになったそうじゃありませんか。その時点で、被害者は重傷を負っていたのですから、僕ならそこで悪質な傷害犯として、その場で逮捕しちゃいますけどねえ。大体ね、この少年法が出来たのって、戦後すぐの昭和20年の頃でしょ。当時、両親を戦争で亡くした子供達が、生きる為に窃盗等をしていた事実があり、情状酌量の余地あり、という事で現行の法律になっている訳ですよね。平成の日本で、喰うに困る子供なんて、殆ど居ない訳ですから、この少年法、即刻改正すべきでしょう。同時に、何度も繰り返されるストーカー被害に対しても、直ぐにでも立法化すべきでしょう。この国のインテリ層、そして法曹関係者の救い難い鈍さ、そして人の痛みを感じない鈍感さには、反吐が出る思いです。僕の昔からの友人で、出世は遂げたのですけれど、その代償故か、人格的には唾棄すべき人間になったのも居ますからねえ、そんな輩が偉そうに闊歩しているんですから、世も末であります。もう1つ、被害者だけが名前も写真も出すという悪習、いい加減にこれも止めませんか。被害者だけが守られるなんて、どう考えても納得行きません。これも少年法の壁なんでしょうが、googleでもYahooでも、ネットで検索すれば、被害者は勿論の事、この一味の顔写真も名前も、思いっきり出ているじゃありませんか。本当に馬鹿馬鹿しい…。そうそう、もう1つだけ。十数年前になるのかなあ、かって、イングランドで、8歳と6歳の子供2人が、赤ん坊を殺す、という事件がありました。彼の国では、日本の少年法の様な馬鹿げた規制が無いからでしょう、1人は極刑、1人は無期懲役でしたもんね。

閑話休題、こういうイジメ問題って、書いている僕は勿論ですが、読者の皆様も嫌ですよね。でもね、いい年をしたオッサンである僕からアドヴァイスを送るとしたら、学校なんて、極めて閉鎖的で、ホントにおかしな集団ですからね。命を取られるぐらいなら、とっととエスケープした方が良いですよ。僕、高校時代までのセンセイ方なんて、正直な処、誰1人尊敬出来ませんでしたし、嫌で嫌で堪りませんでした。センセイ方を見て、髪型やファッションは無論の事、考え方からして、一般社会では通用しないだろうなあ、と高校生の僕は思っておりました。学校を卒業してからの人生の方がずっと長い訳で、彼女を作ったり旅行に行ったり、美しい絵画を観たり美味しいものを食べたり、人生には幾らでも楽しみがありますよ。転校もよし引っ越しもよし、大検から進学もあり海外雄飛もあり、専門学校に行ったり職人を目指したり、兎に角、視野を選択肢を広げて、いじめっ子の様な卑怯な連中とは取り合わない事です!どうせこいつら、社会に出ても碌な大人になりませんし、それは僕が保証します。三十六計逃げるに如かず、という諺もありますし、本当の勝負は社会に出てからなんですよ!

という訳で、僕、この間も、相談を受けまして、他の業界の20代の若い男性からだったんですが、「どうすれば会社で認められ、出世出来るんでしょうか。」との問いでした。これまた、しがないオッサンからのアドヴァイスをしたんですが、僕の見る処、先ずは見--けん、と読みます--でしょうか。諸先輩方や同僚の働きぶり、会社の雰囲気や属する業界の傾向、兎に角、全てをじっと観察する事です。そして、最低3年を掛けて、ルーティンの業務をきちんとこなせる様になる事でしょう。先ずは日々の業務がきちんと出来なければ、発言権なんてありません。それが出来て初めて、次の事に取り掛かれます。会社に限らず、組織とは集団ですから、必ず弱点ってある訳で、そこを埋めるべく、スキルを磨くのも1つの手段でしょう。そして、決め球になる、自分だけの武器があると良いですね~。人とは異なる変わった人脈があるとか、状況判断--これが出来ない人が非常に多いです--に長けている事も武器になりますし、それについては、自分の資質や会社の状況を見て、柔軟に判断すべきでしょう。例えば、凄い達筆ならば、会社のお偉いさんの公式な手紙を書く仕事が廻って来るかもしれません。色々な話題が豊富ならば、大事な接待の席に抜擢されるかもしれません。そしてね、これが一番大事なんですが、人から好かれる事でしょうか。幾ら才に長けていても、人から嫌われては、決して出世出来ません。僕ね、かって、或る人を紹介された事がありまして、その方は年下であり他業界の方だったんですね。初対面ですから、どういう方か存じ上げなかったんですが、会食の前に偶々お手洗いで一緒になったんですが、その時は誰かは分からなかったのですが、威嚇と言いますか、思い切り強く睨まれまして、席に付いて紹介されてから、吃驚した事があります。彼がその後どうなったのか分かりませんけれど、恐らく何処に行っても嫌われるんじゃないかしら。必要最低限の礼儀作法は勿論、高級な物を着なくても無くても構いませんから、TPOを弁えた、清潔感のある身だしなみも、当然の事ですよね。あと、言葉遣いが綺麗なら、それだけでもアドヴァンテージです。

プロ野球で、星野監督って居たじゃないですか。僕、彼は、決して采配が上手とは思えませんでした。若手選手を酷使の上に潰した事も再三ありましたし、幾つかスキャンダルもあったと仄聞します。それでも、多くの球団で指揮を取り、曲がりなりにも優勝出来たのは、オーナー達に好かれたからなんです。これも立派な能力でありまして、人の心を掴む魅力と、「この選手を他球団から獲得出来れば優勝出来ます」というプレゼン能力に非常に長けていたんですね。その証拠に、シブチンで知られる、楽天や阪神において、巨額の人件費をオーナーから捻出して貰い、見事に両チームをリーグ優勝に導きました。僕、彼は余り好きでは無いんですが、その力量は認めます。

新社会人のフレッシュマン、そして新学期を迎える学生さん、仮に今、ハードな状況だったとしても、真摯に真面目に努力していれば、必ず味方は出来ます。僕だって、絶望的な状況は何度かありましたが、何とかなりましたよ。

今日の拙ブログは何だか、苦しむ若い方々へのエールとなってしまいましたが、如何でしたか?夜が明ける前が最も暗い、そう申します。みんな、頑張ってね!!そして、もし医療業界に興味があれば、是非とも当院の採用試験を受けて下さいね、って、最後は少々宣伝になりまして恐縮です。それでは、今週も拙ブログを宜しくお願い致しますm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR