FC2ブログ

JAPANESE OFF LIMITS!

読者の皆様、こんにちわ!今朝は何だか、溜まっていたルーティンの仕事に追われまして、今漸く一息付いた処です。は~、疲れた~。とりあえずエスプレッソを一杯頂いて、さて、昨夜は、お世話になっている関係各位の方々をお招きして、一献傾ける機会がありまして、本当にありがとうございましたm(__)m。大変お世話になりましたし、是非又この様な機会を設けて頂ければ幸いです。今後とも何卒宜しくお願い致します。それにしても笑ったのは、その方のお宅で、かってゴキブリが大量発生したそうでして、非常に難儀して困ったとか。家族総出で大格闘の末、何とか駆除したそうなんですが、僕、大昔の地球に生まれなくて良かったですよ。と申しますのも、今から3億年前の地球は、最大1㍍クラスの巨大ゴキブリが我が物顔で闊歩していたそうでして、彼らの天下だったそうです。ところが、世界各地で火山が大爆発を繰り返し、その結果彼らは皆絶滅、現在の小型のゴキブリだけが生き残ったらしいですよ。それにしても気持ち悪っ!そう言えば、僕の生家は曽祖父が建てたものだったんですが、昭和40年代には既に老朽化していまして、ちょうど今時分の季節になりますとシロアリが大量発生するんですよ~。家中シロアリが飛び回りまして、よくまああんな処に住んでたなあ…。うちの父は、「こりゃとても家に居られねえな…。」とか何とか言いながら、別府の「ボンつるみ」なる大きなキャバレーに頻繁に出入りし、母から大目玉を喰らってましたっけ。話がどんどんずれて恐縮ですが、その別府には、「ヒットパレードクラブ」という古いお店があり、此処は60年代のアメリカのオールディーズを生演奏するんですが、未だに人気があるそうで、今度、本当に久方振りに行ってみようかしら。朝から繋がりの無い妙な話ですみませんでしたm(__)m。

さて、今、うちの病院は電子決済で各種の支払いを済ませているのですけれど、何人かが夫々のパスワードを入れて初めて、銀行口座から送金出来る仕組みなんですね。でも、生来の不器用でせっかちな僕の所為か、半角で入力すべき処を全角で打ちこんだりするとさァもう大変、ちっとも送金が出来なくなるんです…。あんまりミスを繰り返しますと、「入力出来ません」とか出てしまいまして、あ~もうイラつく、思わずPCをバシバシ叩いたりするんですが勿論何の解決にもならず、銀行の方のお手を煩わせてしまい、恐縮至極であります。何時も本当にごめんなさいm(__)m。でもまあ、この手のミスは自業自得ですし、しかるべき手段を取れば無事解決出来る案件です。でもねえ、昨日辞めた西川農林水産大臣ですか、彼は農業の各種業界から献金を受けておりまして、かなり悪質な確信犯でしょう。

と申しますのも、このご仁、当初は「TPPは絶対反対!!」と熱く訴えておりました。自民党のマニフェストも、「TPPは導入しません」と謳っていまして、僕、それをプリントアウトしてまだ持っています。でも、何時の間にやら「TPP導入!」と180℃変わってしまいまして、ホントコイツら、全く信用出来ん連中だなあと思いますけれど、先の西川大臣も反対から賛成に廻るという変節漢ぶりでありました。賛成の反対なのだ~、レレレのレ~、これでは漫画「天才バカボン」ですよ、全く…。主義主張を余りにも変える人間は、何処に行っても信用されないのは自明の理ですよね。まるで、映画「女が階段をあがる時」の、森雅之扮する藤崎支店長ですよ、全く。未見の方に簡単にご説明しますと、この藤崎さん、思いを寄せていた銀座のママさんを、「好きだ、好きなんだ…♡」と押し倒してしまうんですが、カラスカァと啼いて夜が明けますと、いきなり醒めきった感じで目を決して合わせず、「しまったと思ってるんじゃないのか…」「実は大阪に転勤になってね、君の事は決して忘れないよ…、身体には気を付けてね…」という極悪人ぶりでありました。そして、この西川の馬鹿、実は前科者でもあるんですね。このヒト、元々は栃木県庁に勤めていたんですが、その時分に、公共事業の収賄罪で逮捕されています。それでも国会議員になるんですから、北関東のモラルの無さにも呆れ果てますが、賄賂の噂は絶えない上に、テレビにおいて、「今の農家は皆潰れれば良いんだ。農業は企業がやれば良いんだ。」と暴言を吐いています。こんな男が農林大臣をやってたんですから、こいつを嬉々として任命した安部も、とんでもない大馬鹿者でありまして、こんな連中に日本を任せていていいんですかねえ…。選挙民の皆さんも、もう少しだけ考えた方が良いと思えてなりません。

そしてね、今、沖縄の辺野古基地の建設が強行されていますけれど、反対派の人達がデモをしていて、ほんの数十㌢だけ、米軍の敷地内に入っちゃったんですって。そうしましたら、いきなり米軍がその人を拘留、アメリカ海兵隊に引き渡された上、沖縄県警に移送されたとか。こりゃ幾ら何でもやり過ぎでしょ!?大体、その土地はアメ公に貸してるだけで、日本の物なんじゃないのかなあ。僕、何でもかんでも絶対反対ではありません。法律は遵守すべきです。そして僕は、米軍にとっとと出て行って貰って、日本は自分の手で母国を守るべき、という考え方です。ですから、そのデモの方々とは少々考えが違いますけれど、そんな数十㌢で目くじら立てるなんて、大人気無いなあ。ほら、江戸時代に、大名行列があったじゃありませんか。あれ、その列に誰かが突っ込んで来たら「切り捨てご免!」と言われていますが、実際は全く違っていたんですって。例えば、子供達が凧揚げなんかに無我夢中になりまして、必死で駆けていて、ついつい大名行列を乱してしまったとしましょうか。とその時、殿様やお付の侍が、誰からともなく、「今日は良い天気じゃのう、見事なトンビが飛んでおる。あれを見よ。」とか何とか言って空を見上げ、子供らが通り過ぎるまで待ってあげたとか。これが法を司る者の見識じゃありませんか。証拠のPCをドリルで破壊した小渕を筆頭に、自民党系の巨悪は決して捕まえない癖に、自分と意見が異なる人間は、数十㌢の違反で逮捕するだなんて、出来の悪いブラック・ジョークですよ、全く。

ところで、僕、10代の終わり頃かなあ、佐世保で清遊した折に、間違って米軍の居住地区に迷い込んでしまった事があるんです。道路は広く、家も車も大きく、デカい庭には芝生が敷き詰められ、水を撒くスプリンクラーの音がし、何処からともなくハンバーガーの焼ける匂いやコーラの薫りが漂い、こりゃあ日本じゃない、アメリカだ、とショックを受けたんですね。迷い込んだその敷地を漸く抜け、フェンスがあったものですから、思わずそれを見ましたら、「japanese off limits!」と赤色で大書されておりまして、衝撃を受けました。此処は長崎県佐世保市の筈なのに、カリフォルニアとかボストンと変わりないじゃありませんか。僕、その時に心の底から体感しましたのは、この国は未だに占領が続いている、という事でした。それまでは僕、割と無邪気に保守的な考えだった様に思うんです。「アメリカに付いていけば大丈夫」みたいな呑気な感じでしたが、あれから「日本は本当の意味で独立せねば」となりましたもんね。それが、僕が大学で国際政治学科を選び、そして比較文化研究所という大学院にまで進んだ遠因だったのかもしれません。

何だか今日は個人的なメモワールに終始してしまい恐縮ですが、この拙文が、皆様にとって、何らかの刺激になれば幸いです。よおし、午後からは来客も多いですし、大急ぎでお昼を食べに行って来ます!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR