FC2ブログ

♪ NO WOMAN, NO CRY ♪

いやあ皆様、2泊3日の博多出張から無事に戻って参りました。いえね、今回は常宿のホテルが取れなかった事に加え、利便性と経費削減を考え、かなり安い処に泊まったのですけれど、エアコンも加湿器も壊れているという悲惨な部屋でして、後から考えたら、フロントに毛布でも借りれば良かったのですが、2日間殆ど眠れずに閉口しました。僕、久方振りに、オーストラリアで泊まった、1週間毎日2食付で100豪$=当時は1万円ですね、の格安ホテルを思い出しました。それでも、旅は良きもの楽しきものでして、厄介な仕事も今回で無事に終了し、福岡ならではの腰の無いうどんや濃厚な豚骨ラーメン、街中を穏やかに流れる川と幾多の橋、そして空を見上げれば何時も旅客機が飛び、博多座で歌舞伎を観られなかったのは残念ですけれど、空き時間は楽しく過ごす事が出来まして何よりでした。それにしても、O事務部長の完璧なナビゲーターぶりには驚愕しましたねえ。何せ、タクシーの運転手さんより道に詳しく、デパートの店員よりも店舗構成を知り、天神も博多駅も、中州も大名も、住吉も春吉も、ももちも国体道路も、全て把握してますもんね~。カーナビやGPSを凌駕した超人類の様で、こりゃあ、決してあなどれんな~。折角の機会でしたから、冷やかしで中州の繁華街を少しだけ覗いてみたんですが、色々とアテンドして頂き、恐縮するばかりでありました。

本当に久方振りに中州を訪れ、軽く飲み食いし、散策し、バーに寄って、〆にお蕎麦を食べてホテルに戻ったのですけれど、僕、まるでお上りさんで恥ずかしいですが、あまり歓楽街は行きませんから、感心する事頻りでした。ススキノや銀座や六本木同様、綺麗なお姉さん方が居るお店が多いのは分かりますけれど、それだけじゃないんですね~。そのお姉さん方へのプレゼントにでもするのでしょう、華やかな色合いのお洋服ばかりのブティックを筆頭に、様々な店舗が百花繚乱なんです。和洋中の食事をするお店もより取り見取り、靴屋に花屋に酒屋、お姉さん方の写真を撮るのであろう撮影スタジオ、コンビニに薬局にホテル、屋台にスイーツにインターネットカフェ等々、中州という大歓楽街そのものが1つの大きな産業なんですね。何でも、3500を超すお店がひしめき、何らかの形で勤務する人が3万人、訪れるお客は毎日6万人だそうで、うう~ん、日本三大歓楽街であり、それが新宿歌舞伎町、札幌ススキノ、そして博多中州だそうですから、大したものです。

安部クンなぞは、「地方創生」だ、「地方に高齢者を受け入れる制度が必要」、「ふるさと名物の商品化」、「地域毎の経済特区を造る」だとなんだかんだ、机上の空論を述べてますが、そんなのねえ、経済事情やその土地の成り立ちは、その地方毎で違う訳で、頭が堅く世間知らずの官僚ども主体で、地域経済をリードしようだなんて、百年早いですし、上手く行く筈がありません!中州なんて、夫々の創意工夫と需要と供給で、見事に成立し、一大産業となってるじゃありませんか。ここにお上が絡んだら、無茶苦茶になるに決まってますよ。アンタらね、どうせ詰まらん規制を作って、裏金をポッケに入れたいだけじゃありませんか。大体ねえ、今の産業構造って、就業者の6割が建築系でしょ。これから少子高齢化で医療費が増えるばかりなのに、今更ビルや道路を造ってどうすんの!?多くの規制を取り払い、医療費を手厚くし、建築系の人材を介護に廻すしか手は無い、僕はそう思います。

閑話休題、先の中州と同様なのがデンマークのコペンハーゲンであります。この街は、北欧一の大都会でありまして、中州に勝るとも劣らぬ大歓楽街があるんですね。ストロイエと呼ばれる大歩行者天国で有名ですし、この国は、ありとあらゆるマイノリティに寛容な事で広く知られています。何せ、コペンハーゲン・プライドと呼ばれる、ゲイやレズビアンのお祭りを毎年やっているぐらいでして、夜は不夜城であり、そして運河もありますから、将に中州と瓜二つであります。この自由と寛容の街で、イスラム教徒による銃乱射事件が起きたのは、痛恨の極みですし、もういい加減にして欲しいですよね。ともあれ、犠牲者のご冥福をお祈り致します…。

そしてね、天神を歩いていた際、「盲導犬に寄付を!」「毎年薬殺される犬猫に愛の手を!」と募金活動をしていたんです。僕、この運動をしている方々、随分前から天神で見る気がするんですが、大分に帰って調べてみたんです。そうしましたら、全国で毎年薬殺される犬猫は、何と80万頭前後であり、300億の税金が投入されているとか。僕、考え込んでしまったんですが、日本では絶滅に近いですが、狂犬病--この病を駆逐出来たのはアジアでは日本ぐらいで、中国なぞでは、毎年3000人が亡くなっています。--に罹患した様な危険な猫や、人様に噛み付く悪癖のある犬は、処分も已む無しと思いますけれど、大体は人間の都合で捨てられた訳でしょ。こりゃ良くないですよね…。先の殺処分の300億の血税を使って、なるべくは避妊手術をし、そして、病院や介護施設、或いは学校等々で、アニマルセラピーとして、きちんと犬猫と共生する道を模索しても良いんじゃないかなあ…。ただ、その為には制度を大きく変え、アニマルセラピーを医療費として認め、せめて犬猫の餌代ぐらいは国が補助しなくてはなりません。その為にほんの少し、官官接待や無駄な公共事業や天下りの特殊法人を減らせば、犬猫の餌代は勿論の事、消費税なんて上げる必要は全くありませんよ~!幾ら、所謂畜生とは言え、罪無き生き物を人の都合で殺しちゃいけませんよね…。

僕、常々感じますのは、人間の脳って、大きく分けると大体は3つというじゃありませんか。僕、ドクターじゃありませんから、ホントに大雑把な知識で恐縮ですけれど、脳幹がトカゲの脳と呼ばれ、呼吸等の生きる為の基本的な働きをする訳ですよね。そして、大脳辺縁系が、馬の脳と呼ばれ、喜怒哀楽の感情を司る部分。最後に出来たのが、ヒトの脳と呼ばれる大脳皮質、これが、思考や記憶や言葉を操る部分です。

僕、どうもね、短絡的で場当たり的、そして机上の空論を振りかざして日本経済をミス・リードする輩、イスラムを否定するにも肯定するにも過激な手段を取る連中、そして犬猫を平気で捨ててしまう方々、皆、先の大脳皮質を余り使ってないんじゃないかしら。感情的になるのも分からんではないですが、それを抑えて、人へのほんの少しの思いやり、共感、受容、忍耐があれば、オプチミストで夢想家と思われるかもしれませんが、この世界は劇的に変わる、僕、そう確信しているんです。人間は悪い事も沢山しますけれど、善なる部分は誰でもある筈で、宗教もその土地の歴史も肌の色も、皆夫々違う部分があって当然なんですから、それを認めて、協力して行きましょうよ!1つしか無い地球に住み、1度しか無い人生を生き、そして同じ人間じゃありませんか!

週明け早々、何だかゴータマ・シッダールタの心境ですけれど、とりあえずは博多からのレポートでした!暫しの間、病院を留守にしていましたから、今日明日と仕事が山積していますけれど、これから大事な会議でありまして、資料を持って、行って来ます!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR