FC2ブログ

LET IT BLEED

♪ oh,a storm is threat'ning my very life today. if i don't get some shelter oh yeah,i'm gonna fade away.war,children,it's just shot away.war,children,it's just shot away.ooh see the fire is sweepin' our very street today. burns like a red coal carpet mad bull lost it's way. ♪

今、手元に歌詞カードが見当たらないものですから、必死にリスニングして書いたのですけれど、もし間違っていましたら申し訳ございません。冒頭のこの歌詞、1969年にリリースされた、ローリング・ストーンズの最高傑作アルバム、「レット・イット・ブリード」に収められている、gimme shelter、という曲の一節なんですね。まァ、レット・イット・ブリードを直訳すれば、「血を流せ」でありまして、やはり当時はベトナム戦争の真っ最中ですから、歌は世につれ世は歌につれ、ハードな内容のアルバムではあります。さて、この歌詞ですが、拙いですが僕が意訳してみますね♪

今、将に嵐が俺を脅かす 隠れ場所を見つけなきゃ 俺の命は消えてしまう 戦争なんてただの一発さ 銃の一発で戦は起きてしまう 戦争なんてただの一発さ 銃の一発で戦は起きてしまう 炎が焼き尽くそうとしている 今、将に俺達の通りまで焼けている 真っ赤なカーペットは石炭の火の様に 狂った牛は 行く処を見失っている

こんな具合かな!?重いリズムとR&B風の曲調、そして女性コーラス。ブライアン・ジョーンズのブルース・ハープとキース・リチャーズのギター・ソロが絶妙に絡んで来ますし、この「ギミー・シェルター」は、ローリング・ストーンズの代表曲である事は間違いありません。

実は昨日、僕、会食の機会がありまして、楽しいながらも貴重なお話を聞く事が出来、関係者各位の皆様方には大変感謝しております。本当にありがとうございました!是非又お声を掛けて下さいませ。さて、その会食中、お手洗いに立った際に、このギミー・シェルターが不意に頭の中で鳴り出しまして、今朝こうして何度も聴いている次第なんです♪

でもね、読者の皆様、この歌詞って、将に今の日本のおかれている状況に酷似している、そう思われませんか!?いえね、昨日の会食の折も、イスラム国による邦人の抑留の話でもちきりでして、ついこの歌詞を想起した次第だったんですよ。へええ、そういう見方もあるんだと或る意味感心しましたのは、「あの日本人2人とイスラム側がグルじゃないか」とおっしゃる方がいらっしゃって、成程ねえ、その可能性もあるかもしれません。確かに、映像は合成っぽいですし、日本人男性2人の表情にも、切迫感は感じられませんでした。それと僕、ゾクッとしましたのは、映画「アイアンマン3」で、マンダリンというヴィラン、所謂悪役が登場するんですね。このマンダリン、電波ジャックにテロ予告に爆破に誘拐を繰り返し、イスラムを思わせるかの様な風体でして、その映像がまた、今回の事件と良く似てるんですよ。この世は現実なのか虚構なのか、何だか映画「マトリックス」の世界な様な気がして、少々怖くなりました。

話を戻して、先程の「イスラム国と日本人がグル」、その仮説は兎も角としまして、この脅迫事件を引き起こしたのは、安部にも一因がある、というのが僕の感想なんです。だってね、わざわざ中東まで行き、聖地エルサレムにおいて、イスラム国を敵視する様な演説をしちゃったんですから火に油、波風を立てに行った様なものです。勿論、テロや誘拐は決して認められない大罪ですけれど、挑発紛いの事をするから、こういう事態が起きたのかもしれませんよ!?挙句の果てには、交渉ルートすら全く無いってんですから、よくもまあ、こんなレベルの低い男が首相をやってますよ。僕ね、人様の悪口は余り言いたくないですけれど、麻生~菅~野田~安部と、まあ見事なまでにダメダメ揃いですよ…。「早く人間になりた~い」は妖怪人間ベム、それでも彼らは心が綺麗でしたから許せますが、この歴代総理達、揃いも揃って品性下劣でしょ!はああ…。

閑話休題、昨日は勧められるがままに痛飲しまして、もう流石にお酒は抜けてはいるんですが、こういう時って不思議でして、体調によって、食べたい物が違うんですよね。妙にカルピスを鱈腹飲みたくなったり、インド・カレーだったり唐揚げだったり、はたまた豚骨ラーメンやお蕎麦も悪くありません。でも僕、こういう酔い醒めの時って、韓国料理が最も合う気がしてなりません。あの酸味や辛味が、少々お酒が残った身体にちょうど良いんですかねえ!?という事で、極私的ではありますが、皆様にお勧めの韓国料理を今日はご紹介します!とは言っても、僕、実際に韓国に行ったのは2回だけ、釜山・ソウル・慶州・大邱・蔚山・仁川ぐらいしか知りませんので、偏りはありますがご了承下さいm(__)m。

さてさて、プルコギやチヂミ、キムチやチゲ等になりますと、当たり前過ぎますから割愛しまして、ではでは、いきなりTOP3をご紹介します、ジャジャ~ン!第3位は、「サンナクチ」であります。僕、これは確か釜山で食べたんですが、生きたままの新鮮な蛸を目の前でぶつ切りにしまして、塩と胡麻油で味付けしたものなんです。吸盤が歯や舌にくっ付いたりして、日本ではまず味わえない、野趣溢れるというのかな、面白い食感ではありました。続いて第2位、これは「クルタレ」、別名が龍の髭飴でありまして、まァデザートなんですが、外見はまるで繭の様、口に入れるとホロリと溶けるんですね。蜂蜜、クルミ、ココナッツ、アーモンド等々が細かく入っておりまして、うう~ん、甘くて美味しい♡さて、栄光の第1位は、これしかございません、うちの両親も大好きで、会話が全く弾まない蟹料理、「カンジャンケジャン」です!これ、捕れ立ての新鮮な渡り蟹を、醤油或いは唐辛子のたれに漬け込んで熟成させたものでして、ねっとりとした旨味が凝縮され、そこはかと無く甘味もあり、特に卵がぎっしり詰まった雌なんて、お酒に良しご飯に良し、もう堪りません!

あ~、お昼は何だか韓国料理が無性に食べたくなりました~。でも、病院の周辺って、食べ物屋さんがあんまり無いんですよね、グッスン…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR