FC2ブログ

~LITTLE MARMAID~

おはようございます。えらい湿気ですね~。廊下なんて歩いてますと、ムンムンして堪りません…。こういう時はやっぱりアイスですよね~(^^)。湿気のある時は、ハーゲンダッツとかでは無く、ガリガリ君とか、ガツンとみかんが最適です。

久しぶりに素晴らしいニュースを見ました(^^)。大阪医科大と龍谷大の共同チームが、世界初の遠隔操作が出来る小型カプセル内視鏡の開発に成功したそうです。今まで大腸や小腸の内部は撮影が困難だったそうですが、この機械により、癌の早期発見が可能になるとか。今までの内視鏡はチューブ式ですから、患者様の負担が大きかったんですが、このカプセルは直径1㎝、長さ4.5㎝、小さなお魚の様なフォルムをしています。ドクターが操作し、魚の様に体内を泳いでいく、という画期的なアイディアです。値段も安価で今までの費用に数千円をプラスしただけ、患者様の痛みも減り、良い事ずくめですよね!日本の技術力、そしてクラフトマンシップはまだまだ健在、という事を知り、僕、朝から気分がとても良いです。そして、この小さな内視鏡の名称は「マーメイド」、即ち「人魚」の由、彼女が体内を泳ぎ、世界中の人々の健康に役立つ事を祈っています!

「ミクロの決死圏」という映画がありました。僕が生まれる1年前、1966年のアメリカ映画で、作中、人間が小さくなってカプセルに入り、怪我人を体内から手術する、という話だったんですが、これが現実になったんですから、大阪医科大と龍谷大の皆さんには脱帽しますし、大きな拍手と喝采を送りたいと思います。

人が想像したことは、必ず人が実現させる。19世紀に生まれたフランスのSF作家、ジュール・ヴェルヌの言葉です。

今日はそのSFで思い出した、高校時代の親友、S君のお話を。もう随分会ってませんが、元気かな!?もしこのブログを目にしたら、是非病院まで連絡下さい!さて、S君の父君は生粋の船乗り、タンカーの船長でして、僕の父も船好き、という事で親しくなった記憶があります。「お前のお父さん、肩にオウムを乗せてるの?右手がフックになってるの?望遠鏡で無人島を調べたりする?」「それじゃあ海賊だろ!」とか、下らない会話をしょっちゅうしていました。

そのS君、SF小説と映画をこよなく愛し、自転車のツーリングを好み、サックスを吹き、ヨットを操り、学校があまり好きじゃない、という男でした。彼は僕にSF小説の醍醐味を教え、僕は彼にR&Bやロックを聞かせる、といった関係で、特に学校嫌いの所で気が合ったのかもしれません。2人で土曜日のオールナイト映画に行き、徹夜した事をありありと思い出します。僕はいきなり高校を1週間平気で休んで、翌週登校すると今度はS君が1週間いません。2週間ぶりに会って、学校を抜けて喫茶店に行き、「お前、何してたの?」「俺、鈍行列車で東京に行ってフラフラしてた。お前は?」「自転車で四国一周してきた。お互い、黙ってような。」とこんな自由奔放な2人でした…。

違う大学に行ってからも、キセルで横浜からどこまで行けるか試したり、千葉では徹夜で映画を見たりゲームをしたり、オーストラリアの高速道路を200㌔以上で飛ばしたり、ゲーム喫茶で10万円稼いだり、慣れない煙草やお酒を試してみたり、と楽しい思い出ばかりです。

S君は、都内のテレビ製作会社に入り、「世界の結婚式」という番組を担当、もう世界の国々の3分の2は制覇した、と豪語していました。お互い、いい歳になっちゃったけれど、もし帰省したら連絡くれよ!久しぶりに飲んで語って映画にでも行こうぜ!

朋あり遠方より来る、また楽しからずや。

俺は、あの頃と、本質は何1つ変わってないよ!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR