FC2ブログ

DAYS OF FUTURE PAST

どうも僕、風邪の引きかけの様でして、出張の疲れが出たのかなあ、どうも身体や頭が重く節々が痛み気怠い感じ、これは宜しく無いですね~。昨日もね、なるべく早く床に就いたのですけれど、やっぱり駄目だったか…。インフルエンザや嘔吐下痢症も流行りつつある上、今日からは全国的に冷え込む由、皆様、体調管理にはどうぞお気を付け下さいませ。

さて、拙ブログでは、僕に素養が全く無いのが残念で、隔靴掻痒の思いがしますけれど、時折サイエンス系の情報をお伝えしている事をご記憶の方も多いかと思います。かっての世の中ならば、世紀の大発見が、世界中で毎月の様に起こる感じなんですね。目立つ処をセレクトしてみましょうか。犬の家畜化は3万年前の欧州で始まったとか、5世紀の奈良の遺跡から出土したガラス皿は、何とローマ帝国やペルシャ王朝で造られて輸入された物だったとか、昆虫の起源は4億8000年前で、3億4500万年前には現存する殆ど全ての種が揃っていたとか。うひ~、じゃあゴキブリなんて、僕達より余程前から地球に居たんですね~。まだまだあります。酵母の人工合成が成功し、背中の帆がある大型恐竜が見つかり、植物の雌雄を決める遺伝子が見つかりました。また、育毛を促す遺伝子が発見され、アデランスやアートネイチャーはヤバいんじゃないかという気がしますけれど、これ、例えば切り傷などが、劇的に速く治るそうなんですね。それにしても、遺伝子や化学分析や染色体の研究って、一体全体何処まで行くのか、神の領域にも近付いている気さえ致します。

しかし、最近の最大のトピックスは、やはり何と言っても昨日の未明の出来事でしょう。宇宙無人探査機「ロゼッタ」が彗星に着陸、そのまま長期間留まり、岩石やガスや有機物等の様々なデータを収集するとか。これも以前の拙ブログでご紹介した事がありますけれど、僕達の住むこの星に命をもたらしたのは、地球に激突した彗星や隕石に付着していた、元素や微粒子だ、という説があるんですね。そして、彗星や小惑星などの小さな星は、太陽系が誕生した頃の姿のままの物が多いそうなんです。よって、この彗星を調べる事で、僕達の地球の生命の起源、そして、太陽系そのものの歴史までもが分かるのではないか、という由でして、いや~、こんなにスケールの大きな研究が始まるんですね!!僕、直ぐにピンと来たのですが、この探査機の「ロゼッタ」という名前、格調高いなあと思いませんか?かって、古代エジプトには、「ロゼッタ・ストーン」という、解読不明の文字が沢山記された石碑がありました。それはフランスのナポレオンの手を経てイングランドに渡り、石碑が造られて数千年の時を経て、漸く文言の全ての翻訳が成り、古代エジプトの歴史が解明され、解読不明の古文書が次々に読み解けたんですね。この探査機「ロゼッタ」の命名には、かっての偉業になぞらえて、宇宙の謎を解明しようという、高い志が感じられませんか!?

俗に、世界の七不思議と言いまして、アレクサンドラの大灯台やバビロンの空中庭園にアルテミス神殿等々、様々なものがあります。まあ、古代のものは殆どが消滅している訳ですけれど、未だに解明されていない沢山の遺跡や謎が、世界中には沢山ありますよね。イングランドのストーンヘンジや日本の邪馬台国、南米の巨石文化にイースター島のモアイ、ペルーのマチュ・ピチュにメキシコのティオテワカン、枚挙に暇がありません。そうですねえ、僕、興味津々なのは、ヨルダンにあります、ぺトラ遺跡なんです。彼の有名な死海の傍にあるのですけれど、この遺跡、紀元前からあり、急峻な断崖絶壁に囲まれた一帯に造られているんですよ。両側を高さ80㍍の絶壁に挟まれた、1㌔もある狭い通路を抜けますと、岩盤をくり抜いて造られた、古代の国際交流都市が現れる、という訳なんですね。農業には全く適しておらず、食べ物の殆どは交易に頼っていた様子ですが、僕、ほとほと感嘆しましたのは、この地域は一旦雨が降ると豪雨らしいんですね。ダムを造って洪水を防ぎ、水道管を張り巡らせて給水設備まであったというんですから、紀元前の僕達の大先輩の叡智には、ただただ頭が下がるばかりです。でも僕ね、残念でならないのは、中近東は戦乱が続く上に貧富の差も凄まじく、この遺跡の研究って殆ど手付かずなんですよ。この遺跡内には、大きなモニュメントだけでも50を超す物があるんですが、未だ研究は全くと言っていい程進んでおりません。

僕、ここで提案したいんですが、またまた夢想家と思われそうですが、全ての国々が、政治家や公務員の天下りや特権や利権を即刻止めて、様々な研究費用に廻せば、画期的な大発見って、今までの数十倍のペースで進むと思うんですよね。特に日本においては、彼ら公務員や政治家なぞは、かっての中世の貴族の様な殆ど特権階級であり、国民の足を引っ張るだけの邪魔の存在でしか無い訳です。何もねえ、消費税なんて上げる必要も全く無く、原発に補助金なぞ出さず、霞が関の一等地は民間に売り払い福島に機能を移転させ、政治家と公務員を9割削減しましょう。軍事費も必要最低限とし、このムーヴメントが世界中に広がれば、莫大な資金が生まれます!極めて低コストのスーパー・クリーン・エネルギー、癌や脳梗塞や高血圧の特効薬、安価な宇宙旅行船、太平洋を2時間で飛ぶ超音速飛行機、世界中の遺跡の謎の解明、次世代スーパーコンピューター、宇宙エレベーター、オゾン・ホールやCO2や地球温暖化の解消、農薬や遺伝子操作不要の栄養価沢山の農作物、鯨の養殖、もう何だって出来ますよ!!

何で安部のヤロウが選挙をしたいのか、恐らく自己保身だけの、極めて詰まらない理由だと思うんです。例えば、「今なら野党はバラバラだし、まとめられるのは小沢しか居ないけど、今は力が落ちている。ここで選挙をして4年間の任期延長を勝ち取り、総理を続けよう。アベノミクスも北朝鮮の拉致被害者も、消費税もTPPも原発も、どれも上手く行きそうにないもんな…。」ぐらいじゃないかなあ。解散総選挙をした場合、その費用って、大体700~800億掛かるそうなんですが、それの原資は、勿論僕達が収めた血税です。僕、そのお金、福島の復興に使った方がよっぽど納得なんですけどね~。どうせ今度の選挙では、野党の議席が少し増えるぐらいで、自民党政権が続き、この国はより悪くなるだけですから、800億をドブに捨てる様なもんでしょう…。

兎に角、無駄遣いさえ止めれば、人類には無限の可能性と薔薇色の未来が待っている様に思いますねえ。ここまで何とか書きましたが、やっぱりどうも調子が宜しくありません…。これからやるべき仕事をやったら、大変申し訳ありませんが、早退させて貰おうかなあ…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR