FC2ブログ

プロメテウスの火

昨日の拙ブログの続きの様で恐縮なんですが、クリント・イーストウッドの次回作が、来年2月に全国公開されるんですね。「アメリカン・スナイパー」という作品でして、僕、早速YOU TUBEで予告編を観たのですけれど、いやあ、「ジャージー・ボーイズ」とは全く異なったテイストで、今度は人間の心の闇をえぐる様な、鬼気迫った一作で、これまた非常に楽しみです。本作はイラク戦争における実話の由、凄腕の狙撃手が主人公なのですが、カメラがね、完全にスナイパー目線ですから、もう怖くて仕方が無いんですよ。観客は、狙撃手と同じ視点に立っている訳で、イラクにおける現実を突き付けられている気がしました。爆弾を運ぶイラクの幼気な少年を射殺する命令が下るのですが、そこで、自分の可愛い子供や、殺された戦友がオーヴァー・ラップする、という迫真の演出でした。既にアカデミー賞の大本命と言われる程の高評価ですが、クリントの凄さは、多作なのに外れが無い処でしょうか。僕、彼のフィルモグラフィは殆ど観ている積もりですが、特に90年代からは、「許されざる者」に始まって、西部劇・ラブロマンス・サスペンス・SF・スポーツ・ミュージカル・ヒューマンドラマ・スピリチュアルもの・戦争もの、ジャンルも多岐に渡ってますもんね。こうなったら、100歳を超えても映画を撮り続けて欲しいですし、彼の映画は、人類共通の財産でしょう。僕、フィルム・メーカーとしての彼は、キューブリックや黒澤やコッポラの域に達していると思います!!兎に角、長生きして、1本でも多くの作品を撮り続けて下さいm(__)m。

それにしても中国漁船の珊瑚の密漁、目に余るものがありますよね。何でも、中国の福建省からの出港と言いますから、台湾の近くから小笠原諸島まで遥々遠征して来て、珊瑚の密漁ですか…。200隻を超す数だそうで、先ずね、小笠原諸島って、純然たる日本の領土です。中国側がやっている事、これは只の犯罪ですね。そしてね、小笠原は、世界遺産に登録されている程、美しい自然に恵まれた一帯です。これね、こういう事を書いて良いか分かりませんけれど、完全な犯罪行為なのですから、拿捕するなり撃沈するなり銃撃するなりして、全く構わないんじゃないでしょうか。海上保安庁でも何なら自衛隊でも出して、とっとと沈めちゃって下さい!それより、どうやら台風が接近中ですから、それに巻き込まれちゃえば良いのに。さっきご紹介した映画じゃありませんが、スナイパーを出動させちゃうぞ!

閑話休題、皆さんも同じと思うのですが、小笠原に限らず、島って、何だかロマンを感じさせますよね~。もう10年以上前になるのかな、地中海の浅瀬の砂の中から、大量の遺跡が発見されたニュースがあったのですけれど、皆様覚えてらっしゃいますか!?当時、画像でも確認しましたけれど、ファラオやクレオパトラと見られる巨大な石像や、石碑に金のコインにランプ等々、世紀の大発見でした。ここ、エジプトに近い古代の貿易都市、ヘラクレイオンという街だったそうでして、世界にはまだまだ未発見な事が多いですよね。

実は僕、以前より興味津々だった島がありまして、何時か行ってみたいなあ、と思っている処があります。それは、同じく地中海に浮かぶギリシャのクレタ島、なんです。気候は温暖、オリーブや多種多様な果物がたわわに実り、ビーチは美しく欧州中の美女達が集結、高級ホテルも沢山、ワインもグラッパもシー・フードも美味しそう、少々遠いのが難点ではありますけれど、楽しそうだなあ♡でもね、彼の地に行きたい最大の理由は、このクレタ島には、欧州最古の文明があり、多くの遺跡が残されている事なんですね。

紀元前2500年前、クレタ島には、3~4階立ての大宮殿がありました。その中には、大量の穀物やワインやオリーブの貯蔵庫があり、金や銀や象牙に細工した精密な宝飾品があり、陶器があり羊毛があり、黄金の斧にフレスコ画に象形文字があり、いやはや何とも、数千年前の文明とはとても思えませんよね。そして、上下水道も完備し、家々には採光用の天窓まであったというんですから、下手をすると平成の日本よりも良かったりして!?そしてね、僕がクレタ文明の凄味を感じましたのは、その土器なんです。最も有名な物は、所謂カマレス土器と呼ばれる、カラフルな文様が入ったものでしょうが、其れも段々と進化し、巨大な蛸やイルカが描かれた物や、草花や渦巻が記されたりと、何だか現代風でポップなんですよね。そして、フレスコ画--壁に漆喰を塗り、そこに絵の具で書いてゆく画法です。--に関しても、幻想の中で生まれた生き物や、王女や漁民や踊子と、モチーフは様々なんですが、細密かつ緻密で色合いもvivid、かなりの知的レベルの高さを感じさせます。また、特筆すべき事は、後のギリシャ文明で見られる「アゴラ」、直接民主主義を行う為の、住民の集会所ですね、これも既に紀元前のクレタ島にあったんですね。

どうやら、極めて高度な文明が発達していた形跡があり、多神教で文字もあり民主的であり、じゃあ何故、クレタ文明は滅んだのか、という疑問が生じます。諸説入り乱れている様ですが、現在有力とされているのは、どうも火山の大噴火が遠因だったのでは、という事なんですね。このクレタのみならず、古代のポンペイやサントリーニ島も、同様でした。それらの地においては、火山により、文明そのものが消滅してしまった訳で、人の営みの儚さを思いますけれど、翻って、平成の日本はどうでしょうか。安部は、鹿児島の川内原発を再稼働させようと躍起ですが、此処こそ、火山に近い訳ですよね。もし火山の噴煙や土石流が原発に迫ったら、そりゃあポンペイやクレタどころの被害じゃありませんよ。安部って、古代人にも劣る、知性と感性と危機感の無さ、僕、そう思うなあ…。まあ、古代人にしても、日本史上の偉人達にしても、火山の近くに原発を設置する様な大馬鹿者は、未だかって居なかったんじゃないでしょうか。

よし、午後からもバタバタですけれど、精一杯、仕事を頑張って参ります!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR