FC2ブログ

LAST TANGO IN PARIS

読者の皆様、おはようございます!今日は、全国的にお天気に恵まれている様ですが、皆様如何お過ごしでしょうか!?昨日開幕の日本シリーズ、予想を覆して阪神の快勝、これで4連敗は無くなった、あ~良かったと、極めてネガティブな感想ですけれど、長年タイガースファンを続けていますと、どうしてもペシミストになるのは避けられません。今日も恥をかかない様に、好ゲームを期待しています。さて、自民党は相変わらず酷いですねえ。小渕の件は、益々スキャンダルが続きそうですし、後任の宮沢大臣も、政治資金でSMバー通いでしょ。それにも増して、原発を管轄する省庁の長でありながら、東電の株主ってんですから、そりゃあ駄目でしょうよ。その他の大臣も、口利きに極右団体との癒着や脱税会社からの献金等々、タガが外れたと言いますか、もう滅茶苦茶であります。まあ、自民党なぞ、実際は死に体、ゾンビやリビング・デッドと変わらないんですが、日本人も、大失敗をし、1000兆を超す借金を造った党を何故支持するのかなあ!?僕、未だに内閣支持率が過半数を占めているのが不思議でなりませんけれど、野党も帯に短し襷に長し、仕方無しに自民党を支持している人が多いんじゃないかしらん。ともあれ、健全かつきちんとした政策を持つ大野党の出現を、切に切に望んでいます。

私事で恐縮ですけれど、僕、木曜日あたりから何故か頬が腫れて来まして、昨日皮膚科に行って来たんです。受診した処、ドクターの見立ては「フムフム。悪い虫か、かぶれですな。薬を出しておきましょう。ところで、昨日のNHK見ました?雨上がり決死隊の宮迫さん、お父さんは大分の下郡の出身だそうですよ!」ですって。元々見映えが決して良くは無い僕でして、一層悪相になっていたらどうしよう、気に病んでいたんですね。でも、ファンキーと言いますか、随分と明るく、ポップな先生で、ああ、僕の頬は大した事はなさそうだ、と急に気が楽になりました。どうやら大層評判の良い先生らしく、受診して良かったです。先生、本当にありがとうございましたm(_)m。でもね、「眠くなりますから、どうぞお気を付けて。」とお薬を頂いたんですが、そのアレロック錠、その副作用として、いやあ、半端じゃない睡魔なんですね。僕、滅多に薬を飲まない所為か、効き目が強いんでしょう、まるで倒れる様に寝てしまいました。皆さん、もしこのお薬を飲まれる際は、どうぞお気を付けて下さいませm(_)m。

閑話休題、心なしか頬の腫れも引いて来た様に思うのですけれど、残念な事に、「お薬を服用中は、飲むなとは申しませんが、お酒は少し控え目に…。」と言われまして、ドキッ、夜のビールを楽しみにしていたのに、やっぱり飲めないの!?冷蔵庫でキンキンに冷えたビールを睨みながら、拙ブログを書いているのですが、そうなると飲みたくなるのが人の常ですよね。せめてもの慰めとして、僕の大好きな物に引っ掛けまして、「映画に出て来るお酒」と題しまして、このシリーズ、第3弾になりますが、趣味の話で恐縮ですが、暫しの間、お付き合いの程、何卒宜しくお願い致します。

先ず、「サイドウェイ」「コヨーテアグリー」「カクテル」なぞになりますと、舞台はワイナリーやバーだったりするのですが、そのものズバリすぎて、劇中のお酒はちっとも美味しそうじゃないんですよね。特に、「カクテル」の若き日のトム・クルーズ、大変な美形でカッコいいのは間違い無いんですが、カクテルを作る際、シェイカーを宙に放り投げたりして、見映えは良いのですが、出て来たお酒がとっても不味そうなんです。カクテルなんて、様々なお酒を組み合わせて造る、元々繊細な飲み物ですから、そんな事をして旨い筈がありませんよね。

カクテルと言えば、やはりマイ・ネーム・イズ・ボンド、ジェームズ・ボンド、007ですよね。彼が何時も飲むのはドン・ペリニヨン或いはウォツカ・マティーニであります。ボンドは常に美女達をはべらせ、美酒を飲んでいますが、珍しく水割りを飲むシークエンスがあるんです。「女王陛下の007」、常にも無く何故スコッチの水割りなんだろうと思っていましたら、流石はボンド、分かってらっしゃる、この映画の舞台はアルプスなんですね。成程、アルプス山脈の雪解け水の水割り、という訳で、確かにそりゃあ旨そうです。そして、近年の作、「カジノ・ロワイヤル」では、これまた美女と一献傾けているシークエンスがあります。ボンドがカクテルのレシピをバーテンダーに伝え、それが出て来るんですね。「このカクテルの名前はヴィスパー。」「私の名前なのね?後味が苦いの?」「1度この味を知ると病み付きになるのさ。」、美女はボンドにメロメロになり、目出度くベッド・イン、と相成りまして、まるで何処かの病院のスタッフの言動の様ですが、今は何故か思い出せません…。

「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」、主役のアル・パチーノが盲目の頑固な軍人を演じ、見事アカデミー主演男優賞を受賞するのですが、劇中、彼が常に飲むのは、ジャック・ダニエルズオンリーでありました。僕、ウイスキーはジャックしか飲みませんけれど、何だか嬉しくなりましたもんね。同じくジャックを愛飲するのは、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」の主人公でした。彼は確か貧しいハンガリー移民でしたが、ジャック・ダニエルズが、豊かなアメリカの象徴、という訳なんです。常に嬉しそうに飲んでましたもんね。また、シャロン・ストーンの裸体と艶っぽい演技で世の男性を虜にしたのが、「氷の微笑」でした。劇中、アイス・ピックで氷の塊を割るんですが、それがまあ怖い事怖い事。美人が怒ると恐ろしいですが、その横にはジャック・ダニエルズが置いてあり、その氷で2人でオン・ザ・ロックスを飲んでおりました。

ヒッチコックの「泥棒成金」では、成り上がりのテキサスの未亡人が飲みますものは、折角上流階級にのし上がったのに、地元のバーボン一本槍。「ハンニバル」のレクター博士は、美しいバカラのグラスに注いだスコッチのシングル・モルト。「ラスト・タンゴ・イン・パリ」、ベルトリッチ監督の傑作で主役を演じ、若い女性との性愛にひたすらに耽溺する、マーロン・ブランドはシャンパン・グラスにスコッチのストレート。「ディア・ハンター」では、主役の1人が戦争に行く前に結婚式を挙げるのですが、「ワインをこぼさずに飲めば、2人は幸せになれる」という言い伝え通り、カップルは見事に飲み干します。ところが、ワインの雫が、ウエディングドレスに少しだけ垂れていたのでした…。「ドラキュラ」では、吸血鬼と人間のカップルが、度数70度の強烈な酒、アブサンを飲み干します。2人の燃える様な熱情が伝わって来る思いがしましたねえ。「プリティ・ウーマン」でリチャード・ギアとジュリア・ロバーツは、シャンパンに浸いた苺を食します。或る者は偏屈、或る者は執着、或る者は豪奢、其々の性格を、酒によって表した見事なシークエンスだったと思います。

有名な処ですが、小津の「秋刀魚の味」での、ハイ・ボールにショット・グラスにストレート。「お熱いのがお好き」での、マリリン・モンローが飲む、寝台車でのマンハッタン。これは最後はドタバタになるのですけれど、揺れる寝台で、天下の美女モンローと飲むマンハッタン--ウイスキーにベルモット、カクテルの女王と呼ばれています。--なぞ、taste of honey、という気が致します。切なかったのは、「アパートの鍵貸します」でしょうか。これ、余りに有名過ぎて、書くのも気恥ずかしいんですが、少しだけ。名優ジャック・レモンが、出世の為、上司の逢引用に自分のアパートを貸すんですね。上司のお相手は、なんと自分が愛する女性だったのです。哀しく遣る瀬無く、独りマティーニを飲むんですね。僕も大好きなカクテルの王様、マティーニですが、ジンとベルモットにレモン・ピール、そして、オリーブを刺したピンが入ったものです。主人公が座っているテーブルの前には、そのピンが10本綺麗に並べてありまして、それが時間の経過を表す、というとても洒落たシークエンスでした。

「RED2」では、美人と共に飲んでいたら、お酒の中に眠り薬が入っていたり、「居酒屋兆治」では、映画のラストで高倉健がコップ酒を一気に飲み干したり、「ゴッドファーザーPARTⅡ」でフレド役のジョン・カザールが飲むのは、フローズン・バナナ・ダイキリ。こんな事を綴っていましたら、本当にきりがありませんよね。今日の拙ブログは、僕の趣味のお話が大爆発して誠に恐縮ですけれど、時には良いですよね!?書いていましたら、すっかり飲む気満々になってしまいました。今宵はビールを少しだけ頂いて、早めに休もうと思います。それでは皆さん、引き続き楽しい日曜日をお過ごし下さい。では又明日お会いしましょう、それでは、皆様、salute!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR