FC2ブログ

まごわやさしい

それにしてもここ大分は、凄い雨と強い風と猛烈な湿気でして、これで台風が益々接近したらどうなるんでしょうか。九州圏内の読者の皆様方は、充分お気を付けて頂きたいですし、くれぐれも、田んぼや、川の様子や、屋根の具合なぞを見に行かないで下さいね。

さて、都内の長年の友人からメールが来ていまして、何時も色々と最新のミュージシャンを紹介してくれるんですが、どうもイマイチ趣味が合わないんですよね…。僕、メロディアスなものよりも、リズムの強い音を好みますし、歌詞や声量も重視します。彼の推すものは、良く言えばurbanでstylishで瀟洒なんですが、悪く言うと、何だか何処かで聞いた事のある音を、今風にアレンジしただけで、こいつが唄う必然性って何処にあるの!?という感じなんですね。やっぱり歌手って元々のルーツはshaman、トランス状態になって神からのメッセージを告げる人でしょ。或る意味選ばれし者なんですから、普通の方が唄って、人の心を惹きつけられる筈もありません。そうですねえ、例えばかって教えて貰った、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンも、それなりに一世を風靡したでしょうし、カッコ良いとは感じましたが、あんまり長続きしないかも…、と思っていたら、2012年に彼らが来日した際は、下北沢の小さいライブハウスでやってましたもんねえ。まあそれでも、友人の常に新しい音を追う姿勢は、とても真似が出来ませんし、凄いなあ、と感心するばかりです。とは言え、一般的に売れてはいても、僕には外れが殆どだったのですが、今回教えて貰った、vintage trouble、こりゃあ悪くないですね♪♪早速、YOU TUBEで観たのですけれど、blues hand me down、jezzebella、pelvis pusher、nobody told me、not alright by me、うん、どの曲もカッコ良いです♪ただ、これも、サム・クックの現代版であり、昔のR&Bとロックを、今風に上手に味付けしただけじゃないの、と言われれば、返す言葉がありません。でもまあ、僕は好きなスタイルですし、2年ぐらい前から、サマー・ソニックにも出演しているそうですから、もしご興味を持たれた方は、このヴィンテージ・トラブル、HMVでもタワーレコードでもYOU TUBEでも、是非視聴されてみて下さいませm(__)m。

閑話休題、長崎は佐世保では、本当に忌まわしく悲しい事件があり、ご遺族の心中を思うと、胸が張り裂ける感があります。謹んでご冥福をお祈りしますし、1日も早い、真相の解明を願っています。以前から感じていたのですが、僕が幼い頃、もしかして記憶に無いだけなのかもしれませんが、凶悪な事件って、随分少なかった様に思うんですよ。僕、仕事を終えて帰宅して入浴、夕方のニュースを見ながらビールを飲む、というのが大体のパターンなんですね。でも、心温まる話なんてまず皆無で、連日陰惨極まりない事件報道ばかり、これ、視聴者に何か恨みでもあるのか、或いは、酷い話の方が視聴率が良いんでしょうか。もし僕がテレビ局の経営を任せられたら、ニュース番組では悪い話は必要最低限にして、希望の持てる話題や笑えるエピソードを主に放送しますよ。そして、原発はどうなっているのか、徹底的な検証番組を作ります。それはさておき、暑い中、1日働いて疲れて帰って来て、嫌な話を聞かされるなんて、精神衛生上、誠に宜しくありませんし、明るく笑える話を聞く方が、GDPなんかも上昇するんじゃないかしら。

さて、弱年齢層による凶悪犯罪、イジメも含めてちっとも減らない気がしてなりません。僕、これには先ず、3つの要因があるかと思います。先ずは、寝る子は育つ、と言いますけれど、昔の子供の方が、睡眠時間が長かったんじゃないでしょうか。テレビの放送時間そのものも短かったですし、ゲームも普及してませんでしたから、暗くなったら寝るしかありません。熟睡した子供と、深夜まで起きている子供を較べたら、どちらが怒りっぽいのか、どちらが忍耐出来るか、言うまでもありませんよね。2番目は、親が未成熟で過保護で干渉し過ぎるのではないでしょうか。僕、聞いて魂消たんですが、今、子供達が何かスポーツをするとして、練習から試合から、全て親御さん達が付き添うんですってね。そして、空いた時間帯にはお茶会に食事会、自分の時間は無いのか、凄いなあ…。余程自己愛が強いのかしら…。まあ、我が子が変な性犯罪に巻き込まれたら、という尤もな懸念もあるのでしょうし、一概には言えませんけれど、少々過保護過ぎませんか!?困った時に、親が永遠に助けてくれる道理はありません。本当に幼い頃は、親は愛を持って全力で可愛がるべきですが、子が長じては寧ろ、1日も早い自立が必要、そう思うのですけれど、如何でしょうか。かっての元服、侍の成人は、早い人で10歳とか12歳ですよ。どんなに遅くとも16歳だった筈で、そこでその家の当主となる訳です。僕、幼い頃はとても可愛がられ、色々な経験をさせて貰いましたけれど、例えばスポーツの際に親が来るなぞ皆無、中学生ぐらいからは殆ど放任でした。勿論、悪さも沢山しましたけれど、例えば平成の世の様な、親による過度な干渉は全くありませんでした。僕、今でもゾッとするんです。僕の人生において、大きな危機は3度ありました。色々と差障りがあって、詳しく書けないのが残念ですけれど、もし親からぬくぬくと守られて育っていたら、きっと切り抜けられなかった事は間違いありません。騙されたり利用されたり裏切られたり、僕、一文無しになっていた可能性も大きかった訳で、どうぞ親御さん方、もう少しお子様の自立心を大事にされてあげては如何でしょうか!?最後に、親御さん方の視野が狭いんじゃないかなあ。勿論、お金が必要で大変な事ですけれど、お子さん方に様々な世界を見せて、可能性を広げる、これって、親に限らず、大人の役割と思うんですよね~。海外にしょっちゅう連れて行く訳にも行かないでしょうが、例えば本を沢山与えたりとか、海や山に行くだけでも良いでしょうし、国内の色々な地方に連れて行くだけでも、子供の感性を刺激すると思うんです。

では、これが欠けるとどうなるか!?絶えず寝不足で短気、甘ったれで自分の都合を押し通し、視野が狭いから他者の気持ちが分からない、こんなヒト、同性からも異性からも決して相手にされませんし、ましてや社会に出てどうなるかは言わずもがなでしょう。

そして僕、最も大事な事は食生活と思うんです。かって、栄養学の権威、ロジャー・ウィリアムス博士が、イングランドにおいて、11~15歳までの少女を相手に、食事によって気性がどう変わるかの実験をしたそうなんですね。反抗的で攻撃的、喧嘩以外には何事にも無関心な子供達だったそうで、彼女達は、マーガリンとジャムたっぷりのパン、濃い味付けの缶詰、沢山の砂糖が入った紅茶、野菜と蛋白質はゼロ、この様な食生活を続けていたそうなんですね。それを、多くの種類の新鮮な野菜と果物、雑穀を多く含んだ焼きたてのパン、乳製品主体に変えました。暫くすると、口論がめっきり減り、積極性が出て来たそうなんです。もう1つ、鰯や鯖等、青魚に多く含まれるEPAという栄養素、これをマウスに全く与えないという実験をしたんですね。恐るべき事に、そのマウス達は、学習能力が全く無くなってしまった由、僕、お魚大好きなんですが、食べてて良かった~。現代は、添加物や中国産、残留農薬等々、問題が山積していますよね。それに加えて放射能の問題もあります。僕、これに無自覚な親御さんって、大変申し上げにくいんですが、後世に対して、罪だと思うんですよ…。

新潮文庫で、「家族の勝手でしょ! 写真274枚で見る食卓の喜劇」という本があります。これ、学者の方が、様々な家庭の了解を取り、夫々の1週間の食事を写真に残したものなんですね。パスタの具材は無く、野菜は週1回、朝食は駄菓子でお昼はカップ麺、この様な家庭が多く登場しまして、これでお子さんがまともに育ちますかね!?

日本のサッカーの代表格で、中田という選手がかって居ました。イタリアやイングランドでもプレー、ワールドカップにもオリンピックにも出場、大変な人気だったと思うのですが、実質的な選手生活は10年、29歳での引退でした。それも、選手生活の後半は怪我が多く、控えばかりだったんですね。ほぼ同世代に、プロ野球の松井選手がいます。巨人でもヤンキースでも八面六臂の大活躍、1768試合にも及ぶ連続出場、日米でMVPを獲得した超一流選手でした。彼は、日本で10年、アメリカで10年、20年プレイし、39歳での引退でした。

さて、では何故中田選手の引退が早かったのか?競技の違いは勿論ですし、松井選手の方が二回りは大きいですし、元々の身体の強さの違いはあったでしょう。僕の推測ですが、食生活の影響は大きいと思います。松井選手は好き嫌い無く何でも美味しく食べるタイプであり、所謂「まごわやさしい」、豆・ごま・わかめ等の海藻・野菜・魚・しいたけ等きのこ類・芋、を毎日きちんと摂取していたそうなんですね。中田選手は野菜が大嫌い、すり潰したじゃが芋とトマト・ソースしか食べられず、スナック菓子が主食というぐらい大好きだったとか。

日本全国津々浦々のお母様方、愛するお子様に、是非ともバランスの良いお食事を食べさせてあげて下さいね。そして、危険な食べ物が食卓にあがらない様、皆で気を付けて行きましょう!

これからの九州はお天気が悪い様ですが、読者の皆様、楽しい週末をお過ごし下さいませ。それではまた来週お会いしましょう!ごきげんようさようなら。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR