FC2ブログ

GOD-ZILLA

♪ 結婚して10年 僕達夫婦に やっと新しい家族増えました ただ妊娠日だけが 腑に落ちないけど 赤ちゃんが乗っています 妻はその日同窓会で 帰って来なかった筈だけど 赤ちゃんが乗っています 息子の誕生日に届いた 差出人不明のプレゼント 赤ちゃんが乗っています 妻の卒業アルバムに 息子によく似たクラスメイト 赤ちゃんが乗っています ついつい頭よぎるDNA鑑定 今日もまた妻は同窓会へ 赤ちゃんが乗っています  果てしなく続く領土問題  でも知ってるかい? 宇宙から地球を見た時 国境線なんて無いんだよ OH 赤ちゃんが乗っています ♪

いやあ、冒頭から古いギャグ・ソングで申し訳ございませんm(__)m。おっと皆様、おはようございます!週末は楽しく過ごされましたか!?さて、何故、芸人さんのAMEMIYAの歌の歌詞を書いたかと申しますと、国際宇宙ステーション、これ、地球上空320㌔の処にあるそうですが、そこから、ガザ地区の光が見えるそうなんです。僕、その画像を見ましたけれど、沢山の爆発やロケット弾の軌跡が見えまして、とても哀しく思いました。撮影した宇宙飛行士が、ご自身のツイッターに投稿した画像なんですが、my saddest photo yet、僕が撮った最も悲しい写真だ、とのコメントがありました。先のAMEMIYAさんの歌詞の方が、イスラエルの悪鬼羅刹共より余程、人として優れている様に思います。恐らく、AMEMIYAさんより、イスラエルの軍人達の方が、アカデミックな高等教育を受けていると思いますけれど、そんなものは、その人の価値とは無関係ですもんね。蟷螂の斧、泥鰌の地団太、ごまめの歯ぎしりですけれど、僕、ここで改めて、イスラエルは即刻ガザ攻撃を中止する様、強く宣言します!!ホント、僕達は皆、宇宙船地球号のクルーの一員じゃないですか。そりゃ僕だって嫌な奴は居ますけれど、全て排除する訳にもいかないでしょ。たとえ変な輩でも、欠点だけの人はおりません。何とかその人の長所を見つけ、認めていくしかありませんよね。もう1度書きます。イスラエルの連中には猛省を求めますし、アメリカもいつもなら喜んで軍事介入するのに、こういう時だけは知らんふりですもんね~。

そして、今朝の朝日にデカデカと掲載されていましたけれど、政治家に献金をしていたのは、中部電力だけでは無かったんですね。関西電力の元副社長が紙面に登場、歴代首相7人に盆暮れ毎に1000万づつ献金、年間では数億を超す裏金が政界に流れていた由、こりゃね、九州電力も東京電力も全てやってますね~。政治家としては、領収書無しのNO TAXのお金が毎年貰えるんですもん、原発を続ける訳ですよ…。ですから、鹿児島の川内原発では、住民に、甲状腺被爆を防ぐヨウ素剤を配布したり--何だかmeltdown前提の様で恐ろしいですよね--、国の意向で、使用済み核廃棄物をゴミとして処理可能、と判断する訳ですよ。何でも、地下に穴を掘って、100万年保管するそうですが、僕達の歴史って、きちんとした文明が出来てから、たかだか数千年でしょ。それを100万年保管だなんて、責任者は入れ替わり立ち代わりどんどん死んじゃいますから、こんな無責任な話は無いと思います。もしかしたら、僕の世代では、この負の連鎖を止められないかもしれませんが、かと言って、義を見てせざるは勇無きなり、拙ブログでは信念を吐露し続ける所存です!

閑話休題、その原発絡み、という訳では無いのですが、僕、昨日、「ゴジラ」を観に行って来ました。映画の冒頭、原発のmeltdownのシークエンスがあったり、劇中の事ですが、主役の一人である渡辺謙さんの父君が広島で被爆したというエピソードを挿入したり、僕達日本人にとっては複雑な気分でした。そうですねえ、映画としては大ヒットの由で、早くも続編が決まったそうですし、怪獣の格闘も凄まじい迫力、暗鬱で重い色彩もグッド、余り知られていない役者さんを多数起用していますから、パニックのシークエンスも何だかリアルに感じました。ドキッとさせる演出が多く、この監督さん、確か未だ2作目なんですが、かなりの勉強の跡が窺えました。1800円分の価値はあるのかな、と思いますし、僕、朝一番の8時30分開演の回に行ったのですが、100人を超す観客が居ましたからねえ、売れてるなあ、と痛感した次第です。

ただね、どうしても納得がいきませんのは、まず、ゴジラの顔が、何だかゴリラと爬虫類を合わせた感じというか、ちっともカッコ良くないんですよね…。今、僕のPCの近くに、海洋堂の小さなゴジラの模型がありますけれど、そちらの方がよっぽど優れたフォルムの様な気がしてなりません。そして、元々のゴジラって、広島・長崎の被爆者の暗喩でして、核実験の放射能の後遺症による突然変異ですもんね。よって、その皮膚はゴリゴリとした質感であり、背中のヒレがギザギザになっている訳です。ところが、今回のハリウッド版ゴジラでは、そういった経緯が無くなり、大胆なアレンジメントをした新解釈のゴジラでして、僕、そこはどうも合点が行かなかったなあ。ところで僕、前々から疑問だったのは、ゴジラって一体全体、雄雌どちらなんだろう、という事でした。

少し調べてみた処、どうやら、昭和29年の初代ゴジラは雌で、それ以降は雄らしいんですね。僕、ゴジラは雌のイメージが強かったんですよ。と言いますのは、所謂破壊神って、女性が圧倒的に多いですもんね。マヤ神話のイシュ、ギリシャ神話のゴーゴン、インドのカーリー、アイルランドのモリガン、全て女性でありまして、緊褌一番、非常時には、男性って案外弱い気がしてなりません。生物としても、女性の方が遥かに強い事は間違いありませんもんね。そして僕、最近はベトナム史の本を読む機会が多いのですが、この国は、本当に長い間に渡って、他国から蹂躙され続けて来ました。古代中国の漢、元の時代のチンギス・ハーン、フランスに日本にアメリカ、独立を脅かす勢力は多かったのですが、それをはねのけたのは、勇猛果敢な女性武将が多かった所以なんですね。母は強し、という感がありますけれど、僕、アメリカのジャネット・ランキンさんにも、強い畏敬の念を覚えます。

このジャネットさん、アメリカ史上初の女性議員でありまして、生涯、反戦を貫いた人なんですね。女性が参政権を獲得する事に大きく寄与し、第一次世界大戦に反対、そして第二次世界大戦の際には、多数の議員の中、只一人だけ、戦争に反対票を投じました。僕、尊敬しますのは、その際には61歳のランキンさん、ののしられ、殴られ、唾を吐きかけられ、そして自宅への脅迫は日常茶飯事だったそうですが、その信念を貫き通し、ベトナム戦争の時にも御年88歳ながら、デモ行進の先頭に立った由なんですね。僕、何が何でも反戦、という考えではありません。我が国が侵略され、愛する人や美しい国土に危害が及ぶ際には、断固として銃を取り、立ち上がる心算です。従って、ランキンさんの主張に全面的に同意出来ませんが、彼女の信念には、心の底から敬意を評しますし、これこそ並みの男では決して敵わない、真の勇気と肝っ玉の座った大人物と言えましょう。ホント、ゴジラ並みの迫力と、ランキンさん程の気概が、今の政治家連中に欲しいですが、それには後どれぐらいかかるんですかねえ…。

今日思い立つ旅衣、気帰洛を何時と定めん、さて僕、明日は早朝から大分を出まして出張と相成りました。いつ拙ブログを更新出来るのかなあ…。明日は時間的に流石に少々厳しそうですし、水曜の夜或いは木曜か金曜の朝、何れにせよ、不定期の更新になるかと思います。読者の皆様のお気が向いた際、時折拙ブログを覗いて頂ければ嬉しく思います!よおし、明日は4時??起きになりそうですが、頑張って行って参りますm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR