FC2ブログ

GIN RICKY 

今朝の出勤途中、ヒイヒイ言いながら自転車を漕いでいたのですが、野球の試合でもあるのでしょう、バットにグローブを持った、ユニフォーム姿の少年少女達を見ましたけれど、彼らはもう夏休みなんですね~。良いな良いな羨ましいな~。でも、僕は割と早めに終わらせて、のんびり遊ぶタイプでしたが、夏休みの宿題、結構大変でしたよね。絵日記に朝顔の観察に読書感想文、ドリルに工作に自由研究、何だか懐かしいですけれど、僕、最も嫌だったのがラジオ体操でして、あれ、毎日、出欠の印鑑を貰うんですよね。今ではすっかり朝型ですが、僕、当時は、早起きが大の苦手でして、ラジオ体操が嫌で嫌で堪りませんでした。♪ 新しい朝が来た 希望の朝だ 喜びに胸を開け 大空仰げ ♪、おいおい、早朝からテンション高いな~と思ってましたけれど、僕の生家は病院でして、今も昔も書類が多い業界ですから、多種多様な印鑑があるんですよね。お誂え向きに、ラジオ体操の出欠の○印の印鑑、それとほぼ同じ物があったものですから、僕、廻りの悪ガキどもに全部押してやりまして、皆から大変感謝されたんですよ。でも、悪い事は出来ないものでして、すっかり悪事が露呈、そりゃそうですよね、そこが小学生の浅はかさ、いきなり子供達がラジオ体操に現れなくなったのに、印鑑はすっかり押されてるんですもの。僕、母から往復ビンタを何度も喰らい、えらい叱られまして、以後は慎みました…。

さて、その夏休みの真っ盛りですけれど、ここ最近、ずうっと暑い日が続きますよね~。昨日は僕、結局大掃除に明け暮れまして、汗でしとどとなり、5回ぐらいシャワーや水風呂に浸かったんじゃないかしら。これではすっかり脱水になりそうでして、しっかりたっぷりビールを飲みましたけれど、読者諸賢の皆様方、夏バテしてませんか!?

という訳で、今日の拙ブログは、僕の秘蔵の、と言うと大仰になりますけれど、猛暑を乗り切る為のレシピを一挙大公開と参りましょうか。人に聞いたり、居酒屋で教わったり、本で読んだりと様々ですけれど、読者の皆様方のお口に合えば幸いです。もしお気に入りの物があれば、是非お試しあれ。

まず、夏バテ防止の為には、ビタミンB1・B2・Cにクエン酸を摂れ、そう良く言われます。納豆に豆腐に玄米、鰻に鰯に柑橘系、香辛料にトマトにレバー等々が良いそうですが、それをそのまま食べるんじゃ、直ぐに飽きてしまいますよね。よし、ではトップ・バッターは、「小松菜とちりめんじゃこの炒め物」から参りましょう。何だか地味ですが、大変滋味に溢れた食べ物で、と駄洒落が入りましたが、小松菜に含まれている成分って、ビタミンAで夏風邪を防ぎ、ビタミンCが美容に宜しく、カルシウムが豊富で骨粗鬆症を防ぎますから、女性にはぴったりの一品でしょう。さて、小松菜を一把、よく洗いまして、適当に切っちゃって下さい。うん、でも1~2㌢ぐらいが食べ易いかな。フライパンに胡麻油を引いて小松菜を投入、軽く塩を振り、じゃこを入れ、お酒を振りましょう。水分が出ますが、それは少しぐらい捨ててしまって構いません。小松菜がしんなりしたら、いりごま・鰹節・醤油を入れて味を調えれば完成でして、ご飯に乗せてもお酒のアテでも、どちらにもとても合う事は僕が保証します!

お次は、これまたビタミンB1B2がいっぱいの、鰯を使ったパスタです。スーパーで鰯を捌いて貰い、フィレの状態にして貰いましょう。あ、それが面倒なら、オイル・サーディンでも大丈夫です。鰯に塩を振り、小麦粉を振って、両面をソテー、ワインを軽く振って、アルコールを飛ばして出来上がり、これは別皿で置いといて下さい。パスタは、大鍋にたっぷりのお湯と塩は多めで、茹で始めて下さいね。さて、にんにくは包丁で潰し、唐辛子は適当にちぎって、オリーブオイルを入れたフライパンに投入、弱火で温めましょう。にんにくが狐色になりましたら、いったんフライパンから唐辛子と共に引き揚げて下さい。好みでホール・トマトを入れるのもアリですが、ここはシンプルに参りましょうか。さて、アルデンテの少し手前でパスタを湯切りしまして、フライパンに投入、オリーブ・オイルが絡みましたら、お皿に載せて下さい。にんにくと唐辛子とお魚をパスタの上に載せて、ブラック・ペッパーを振って、鰯のペペロンチーノの出来上り、熱々の内に、良く冷えた白ワイン、やっぱりシャブリかなあ、是非一緒に召し上がり下さい。

それだけでは淋しいですか!?うん、ならば、夏バテに最適な豚のスカロッピーネ、こう書くと大袈裟ですが、至って簡単なんです。フライパンにオリーブ・オイルを敷きまして、小麦粉をたっぷり振ったお好きな部位の豚肉--イベリコ豚とは申しません--を強火で炒めましょう。狐色に仕上がりましたら、お肉をお皿に盛って下さい。フライパンの余分な油は棄てて、絞ったレモン汁を1個分投入、塩を入れ味を調え、白ワインを入れ、アルコールを飛ばして、ソースが出来上がります。その熱々のソースを、豚肉にかければ完成です。適度な酸味であっさり食べられますよ。

そして、夏の定番の素麺です。僕はどちらかというと冷麦の方が好みですけれど、つゆがワンパターンで飽きませんか!?僕のお勧めは、このあっさりしたつゆをパンチのある物に変えるんですね。牛蒡や茄子やピーマン、生椎茸や唐辛子やししとうなぞ、あくの強い野菜を、葱や生姜と共に胡麻油で強火で炒めまして、醤油をたっぷりかけるんです。こうしますと、熱々の濃いつゆが出来ますから、これに良く冷やした冷麦なり素麺なりを付けて食べるんですよ。つゆが濃ければお水で割って調節、みりんやお酒等々、余計な物は一切入れないのがコツですね。好き嫌いがありますけれど、食欲が出るのは間違いありません。

最後には食後酒で乾杯、という訳で、夏向けのアルコールは如何でしょうか!?夏の定番ならば、メキシコのコロナ・ビールにライムを入れてラッパ飲みが気分爽快ですけれど、モヒートにミモザにジン・トニック、マルガリータにギムレットにレモン・チェッロ、何れも爽やかな夏向きの飲み物ですよね。これらは皆、ライムやオレンジやレモンの柑橘系の果物が入り、香りと酸味が素敵なんですが、僕、これらは全部、大分の特産品のカボスにアレンジ出来ると思うんです。日本で買えるライムは、少々高い上、果汁が少ない物もあるんですね。冷凍庫に冷やしてあるタンカレーと炭酸水とカボスで割りまして、氷をたっぷり浮かべて、我流のジン・リッキーの出来上がり、うん、後味もさっぱりで中々イケますよ!

何だか今日は、簡単料理のレシピ集になりましたけれど、もし皆様のお気に召す物があれば嬉しく思います。では皆さん、猛暑に負けず、今週も頑張りましょうねm(__)m。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する