FC2ブログ

NOWHERE MAN

今朝は、都内の友人から貰った、ローリング・ストーンズの東京公演のライブをかけているんですが、ミック・ジャガーは滅茶苦茶元気が良いですね~。もう御年70ですか、他のメンバーの演奏は何だかヨレヨレしていまして、ドラムのチャーリー・ワッツもリズムが時折たどたどしい処があったり、ギターのキース・リチャーズなんて、イントロを間違えてもう1度やり直す、という素人バンドの様な悲しいミスがあるんですが、ミックは声もしっかり出てますし、若すぎますね…。まあ、ミックは、セックス・シンボルでありロック・アイコン、世界的なスーパースターで、とんでもない不良のイメージなんですが、僕ね、彼の音楽に対する多大な功績には最敬礼ですけれど、イマイチ好きになれないんですよねえ。と申しますのは、「俺って悪だぜ!ロックとブルーズを愛して来ただけさ…。」というパブリック・イメージを全面に出しているのですが、実はこの人、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスですか、ノーベル賞を20人近く出した、超一流大学に奨学金を貰って通っていたぐらいでして、頭がとても切れるのは分かりますが、ロックって反体制の音楽じゃないですか。バンドをやろうか国税局に勤めようか迷った、って、何だかなあ…。今では健康に留意して節制--ドラッグ最高だぜ!とか言ってたのに…。--を怠らず、サーの称号も得て、資産は2億ポンドといいますから、300億ぐらいですか、あれだけのヒット・ナンバーがありますから、意外と少ないなあ、とも感じますけれど、4人の女性に7人子供を産ませてますから、その慰謝料と養育費で相当取られたんでしょうね。

これを書くと、都内の友人と、親友のMさんに叱られそうですが、ポール・マッカートニーも同様でして、このご仁も資産が5億ポンド、3度の結婚の末、これまたサーの称号を得ています。彼がロック・ミュージックに残したのは、素晴らしいメロディと美しい歌声と素敵なハーモニーであり、その業績は未来永劫不滅でしょう。それは先のミック以上でありまして、僕が書くまでもない、偉大なミュージシャンです。ただねえ、妙にお金に敏感というか、経済観念がしっかりしている、その事自体は決して悪い事じゃないんですが、ロック・ミュージシャンたるもの、僕の考えだけかもしれませんが、常にカッコ良く反体制でいて欲しいんです。ポールは、スターバックスのレコード会社の第1号ミュージシャンとなり、世界中のスタバで独占的に新譜を流させたり、何とショッピング・モールだったかな、スーパーマーケットを経営したりと、「わてはお金が好きですねん!まだまだ稼いでみせまっせえ!」って、これじゃあ、古の花登筺の世界ですよ。若い読者の方はご存じ無いでしょうが、花登さんも偶然ながら、先のミュージシャン同様に結婚3回、「どてらい男」「あかんたれ」「細腕繁盛記」等々、ディープな浪速の世界を描き、一世を風靡した作家です。

さて、話を戻すと、ポールは新たな事業展開として、何と観光会社を新たに設立したそうでして、自分の故郷であるリヴァプール、そこに恩返しをしたい由、「この街での僕のマジカル・ミステリー・ツアー、それはみんなも気に入ると思うんだ。」、ってねえ…。ちょっとダサすぎやしませんか。まるで売れない演歌歌手の様に、ビートルズの代表曲のマジカル・ミステリー・ツアーに引っ掛け、故郷リバプールへの恩返しという大義名分の元、御年72になって、5億ポンドも持っているのに、これ以上小銭を稼がなくても良いじゃありませんか。かってビートルズをレコードが擦り切れるまで聴き、殆どの曲を空で歌える僕としては、青春期の憧れだった人が、観光会社をするなんて興醒めですし、これでは只のちんけな商売人でありまして、百年の恋も一時に冷める思いです。まあ、ローリング・ストーンズの元リーダーのブライアン・ジョーンズ、ジョン・レノン、ジャニス・ジョプリンでもジム・モリソンでも、ザ・フーのピート・タウンゼントでも、何だか死んだ方ばかりですが、仮にもロックの理想を高く掲げるんですから、観光会社の発想は無かったでしょう。もう1つ、これは日本ですが、サザンの桑田クンが、かってテレビに出て、民主党の小沢さんの批判の歌を唄っていました。これね、僕、桑田クンの浅薄極まりない観点に愕然としましたけれど、しきりに小沢さんを揶揄していましたが、結局は無罪だったので、これ、名誉棄損に当たるんじゃないかしら。曲そのものの出来も悪かったですし。そしてね、桑田もロックを標榜するならば、時の政権にすり寄ってどうするの!?僕、CDは3000枚ぐらい持っていまして、その半分以上はロックだと思いますが、政権党の立場のロック・ミュージシャンって、寡聞にして聞いた事がありません。あ~、ロックこそスタイリッシュで粋じゃないとならないのに、桑田って、とってもカッコ悪~い…。東京のG君、親友のMさん、お2人ともポールと桑田のファンなのに、辛辣に書いちゃってごめんね~。

さて、僕、遠回りばかりで茨の道なんですが、節を曲げてまで生きたくありません。そりゃね、「観光会社をやってみない、儲かるよ!」なんて誘いがくれば、心は動くでしょうが、やる事は無いでしょう。僕の生業である、医療人としての生き方にそぐわないですし、本筋じゃないですもんね。思えば今年で47歳ですか、僕、失敗の多い恥だらけの人生ですけれど、何かトラブルが起こって卑怯にも逃げたとか、誰かを泣かせたとか、皆を欺きズルい事をしたとか、1度もありません!勿論、本音ばかりで行ける局面って、そうそう無いですけれど、そういう際でも、自分なりの線引きをし、己に嘘を付いた事もありません!或る意味青臭く、誤解される事も多々ありますが、そういう時でも、いつかきっと分かってくれる筈、そう思っているんです。そしてね、僕、なるべく妥協したくないんです。常に本物でありたいしあり続けたい、bodies of steel,heart of gold、と思っていますから、ささやかなこだわりですけれど、自分が認めたものしか、周囲には置かない様にしているんですね。あ、何かご馳走になったりとか、気の合う仲間達で楽しく過ごす時なぞは、勿論喜んで何でも頂きますよ。

煙草はアメリカン・スピリッツ。葉巻はキューバ産のコイーバ。ライターはフランスのビックかオーストリアのイムコ。時計はスイスのブライトリング。ネクタイとスーツはダンヒル。ビールはキリン。ウヰスキーはジャック・ダニエルズ。酒は剣菱。カクテルは夏はモヒートかミモザ、冬はギムレットかエクストラ・ドライ・マティーニ。ギターはギブソン・レスポール。鮭は新潟の加嶋屋。すき焼きはちんや。蟹は大分県産のガザミ。犬は甲斐犬。将棋の駒は虎斑の錦旗。ピザはクアトロ・フォルマッジョ。ステーキはホテルオークラ東京の薄焼き。プラモデルはタミヤ。ミニチュア模型は海洋堂。鉄道模型は天賞堂。白はシャルドネ、赤はボルドー、僕のこだわりはまだまだ沢山ありますけれど、本物には妥協が無く嘘がありませんから、今の腐りきった日本に居ても、何だか心が浄化される思いがします。

今日は少々短いですが、実はこの後、色々と大事な案件が詰まっておりまして、残念ながらこれでお終い、来週またお会いしましょうね!それでは皆様、楽しい週末をお過ごし下さいm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

不良

不良のイメージで売ってるミックジャガーがLSE出身と知ったときは、驚きました。
LSEといえば、ジョン・ヒックス、ハイエク、アマルティア・セン、ロバート・マンデル、アカロフ・・・・・・など、錚々たる学者を輩出した名門ですから。

だから、ミックの不良のイメージというのも、実は、戦略的に作り出されたものだったんですね。

イギリスは階級社会だけど、最近は、ジョン・レノンとか、ミック・ジャガーとか、ジョン・ライドンみたいな、労働者階級のヒーローが、出にくい社会状況になってるみたいですね。

No title

楽々ライフさん、おはようございます。

ミックは、卒業したかどうかは分かりませんが、数年は奨学金を貰って通学していた事は事実です。

でも、きっとそのうち、フォーク・ヒーロー、ワーキング・クラス・ヒーローが颯爽と登場する事を期待しています♪♪
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR