FC2ブログ

野球狂の詩

鬼才と言うのかな、ジョージ秋山さんっていう、漫画家がいらっしゃいますけれど、「アシュラ」「デロリンマン」「博愛の人」「ラブリン・モンロー」「浮浪雲」「シャカの息子」「捨てがたき人々」「弘法大師空海」等々、まだまだありますけれど、何れ劣らぬ問題作であり傑作揃い、近年の物は哲学的かつ人間の根源に迫る趣があり、未読の方には是非読んで頂きたいですが、「スンズクの帝王 オリは毒薬」という異色作があるんですね。スンズク=新宿の意でして、主人公の金貸しの毒薬は、常に愛を求め、そしてそれは決して得られず、煩悶し懊悩と煩悩に苦しむんです。人は皆最後は1人な訳で、それでも愛を求めるという、或る意味、とても哀しいお話なんですが、主人公の何時もの決め台詞がありまして、それは、「オリの名前を言ってみろ!!オリはよう、オリは毒薬仁太郎だ~!」というものがあるんですね。何のこっちゃ、とお思いでしょうが、もう暫しお付き合い下さい。僕、このオリ、って、ジョージ秋山先生は栃木の産ですから、方言をデフォルメして、ギャグとして使ってるんだな~、と思っていたんです。そうしましたら昨日、U看護部長とお話する機会があったのですが、以前の拙ブログでも書きましたが、彼女は宇佐の長洲、という気性の荒い漁師町の産なんですね。「長洲ではね、女性も、自分の事をオリ、って言うんですよ。私も小さい時は、オリはよう、って言ってました。」、と衝撃の告白を受けまして、オオッ、リアル毒薬だよ!、ジョージ秋山先生の主人公がここに!と思わず笑い出してしまった次第です。しょうもない話を長々とすいません…。僕、どうしても、このオリの話を書きたかったんです。

閑話休題、僕、スポーツは野球とラグビーとボクシングの大ファンなんですが、この時期になりますと、やっぱり高校野球開幕、ですよね!これ、僕だけでは無いと思うんですが、日本の高校野球って、間違い無く世界一のレベルなんですよ。そして、参加校が4000校を超すその規模、もう直ぐ1世紀に及ぶその歴史、甲子園球場だけで80万人を集めるその人気、アマチュア・スポーツでは世界一の規模の大会と言えましょう。僕、幼い頃はプロ野球選手になりたかったのですが、才能と努力が全く足らず、早々に挫折した所為か、ベースボールに対する熱意だけは人に劣らないと思うんですね。大分の大洲運動場に隣接する野球場がありまして、ここで高校野球の県予選大会が毎年開かれていまして、確か入場料は500円だったかな、それで終日過ごせるんですから安いもの、僕、何時も観戦に行きまして、翌日顔を真っ赤にして出勤する次第なんです。でもね、痛感するのは、先に述べた、日本の高校野球のレベルの高さです。僕が幼い頃、昭和の50年代にせよ60年代にせよ、投手の投げるボールの球速が、140㌔を超すと、速い球を投げる凄い投手が現れた、と大騒ぎになったものでした。それがまあ、今では、甲子園大会に出場する投手で、140㌔を投げない人を探す方が大変なぐらいでして、人間の技術の進化って、凄いものがありますよねえ。実はここ大分って、野球人口の比率では、プロ野球選手になる確率が最も高い県なんですね。僕、城島も内川も川崎も野村も広瀬も山口も、大分に縁のあるプロ野球選手達全員の、アマチュア時代のプレイを見ているのは密かな自慢なんですが、今年もまた、逸材が目白押しの様です。

数年前でしたか、大分の高校生投手達10人程が皆、140㌔を超すスピードボールを投げていて驚きましたけれど、益々レベル・アップしていまして、まず今年は、大分高校の佐野君でしょうか。何せ、試合終盤の9回、120球以上投げていて疲労が蓄積している筈なのに、150㌔の快速球を連発、九州一のスピードをいきなり叩き出したそうでして、動画を見る限りでは、下半身が細いんですが、これ、走り込みをしたら、とんでもない投手になるかもしれません。そして、大分商業の笠谷君、彼は甲子園で投げている所をテレビ観戦しましたが、MAX143㌔、3つの変化球の切れも素晴らしく、守備力もあり、先の佐野君より完成度は断然高いですね。笠谷君の控え投手の中野君は146㌔が出たそうです。僕の母校の大分上野丘高のダブル・エース、梅木・橋本の両右腕も145㌔が出ており、日田にある藤蔭高の池田君が142㌔、情報科学校の牧君も146㌔をマークしたそうです。別府青山には、中学時代に世界少年野球の日本代表に選出された伊藤君がおり、彼もまた144㌔のスピード・ボールを誇ります。そして他にも数人、140㌔超えが見込まれる投手も居るそうでして、何だかねえ、僕の愛する阪神タイガースの投手陣よりも、大分の高校生の方がレベルが高いんじゃないか、ちょっと不安になりますねえ。今年もまた、大分から数人がプロ野球に進みそうですし、僕も真っ黒に日焼けしそうです。ともあれ、球児達には悔いの無い夏を過ごして欲しいもの、僕もスタジアムで応援するよ!!

さて、野球というスポーツの世界ですら、これだけの目覚ましい進歩があります。携帯電話、ビデオテープ、カセットテープ、これらの日進月歩なんて、凄まじいじゃないですか。僕、映画は大好きですけれど、例えば「ゴッドファーザー」でも「7人の侍」にせよ、ベータで買ってVHSで買って、レーザーディスクで買ってDVDで買って、もうブルーレイじゃ絶対買わないぞ、何度も同じ物を買わせやがって、と思いますけれど、彼のライト兄弟だって、飛行機を飛ばすまでは狂人扱い、物笑いの種だった、というじゃありませんか。

昨日の日経だったかな、これは以前の拙ブログでご紹介しましたけれど、とうとうTOYOTAは、水素で走り排出物は水のみ、究極のエコカーを今年中に市販するそうです。また、いすゞ自動車は、ミドリムシから抽出した油でバスを走らせる由、大馬鹿で怠け者、人の金で生きている寄生虫の官僚や政治家と違って、民間の努力って、本当に凄いなあ、と感服しますけれど、僕ね、識者の方々は疾うにお気付きと思いますが、この優秀な日本の国の技術力が、原発以外の電力源を生み出せない筈が無いんです。これ、自民党と官僚とマスコミと東京電力の都合のみで原発を動かしているだけであって、僕達は、安全な電力の方が良いに決まってますもん。王様の耳はロバの耳、幾ら政府やマスコミが大嘘を付いて騙そうとしても、賢明な日本人の大多数は気付いて来ていますし、安部クン達も、最近馬鹿げた失言続き、そろそろ年貢の納め時なんじゃない!?オリはそう思うなあ、オリの名前を言ってみろ、って、これはもう良いですね、失礼致しました。よし、これから色々とバタバタしますが、頑張ります!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR