FC2ブログ

夢のまた夢

どうも体調が戻らず、昨日は早引けさせて貰ったんですが、夕方ぐらいにグウッと体温が上がりまして、苦しい思いをしました。読者の皆様方も、季節の変わり目で朝夕の気温差が激しいですし、どうかお身体には充分お気を付け下さいませ。でもね、素朴な疑問なんですが、熱があるとどうして身体の節々が痛むんですかね!?

火照った身体で、新聞やニュースやネットを見ていたのですが、右を向いても左を見ても、腹の虫が収まらない事ばかり、そりゃあ熱も下がりませんよね。アト・ランダムに紹介して参りますと、昨日のブログの続きになりそうですが、まずはアメリカから。ほら、TPP交渉って延々続いているじゃないですか。以前の拙ブログで幾度と無くご紹介しましたけれど、一言で申しますと、「貿易から法律から医療から農業から、全てのジャンルでアメリカの言う通りにやらんかい、ワレ~!」というものなんですね。自分の国の屋台骨がグラグラしているものですから、他国から収益を分捕ろう、というあからさまな施策なんですが、安部の馬鹿はそれにノリノリなんですから、何とかに付ける薬は無し、本当に困ったもんです。さて、そのTPP交渉の席上、昨日かな、アメリカは「日本の自動車の輸入台数に年間目標を設定する様に」と強く要求して来たそうです。自由と民主主義を謳う国が言う事かよ、聞いて呆れらあ。何万台売りたいのか知りませんが、良い品質の車を造れば、黙っていても売れますよ!?GMかフォードかクライスラーか知りませんが、そんな売れない車を押し付けられても困りますし、アンタの言ってる事って、押し売りか悪徳商法に近いんじゃないでしょうか。僕、絶対アメ車は買ってやんねえぞ!!

そして、韓国です。前々から、「従軍慰安婦の像」を世界各地に建てようとして、ロビー活動を続けているのですが、去年だったかな、とうとうアメリカの各都市に、その銅像が建立されましたよね。大体、「日韓条約」という両国間の協議で、この問題は全て解決済みですし、1965年当時のお金で11億$を日本が韓国に支払っています。札びらで頬を叩く様なやり方かもしれませんが、その是非は兎も角、韓国側は、「一切の請求権を破棄する」という国際間の正式な文書に、大統領が署名した訳です。今、その問題を蒸し返すのならば、この条約は無効になりますし、国際間の信義なぞ無くなります。お願いですから、互いで交わした約束を破る様な事はせず、少し冷静になって欲しいですね…。

同じ事は中国にも言えまして、商船三井の船に対し、上海の裁判所が差し押さえを命じました。中国側の言い分は、1936年当時、商船三井側が「船の賃貸料を支払っていなかった」として訴えたんですね。その結果、船舶を差し押さえたんですが、これまた先の韓国の例と同様でして、72年の「日中国交正常化」の際、中国は日本に対する戦争賠償の一切を放棄する、と共同声明を出しているじゃありませんか。ホント、どっちの国も、信義や約束を忘れての後出しジャンケン、少なくとも法治国家では無く、人治国家に違いありません。

そして我が国です。上記の無茶な言い分に、唯々諾々と黙認しているのが腹が立ちます。彼らの言っている事は、無茶苦茶で支離滅裂な言いがかりですし、どこぞのチンピラの難癖と変わらないんですから、正々堂々とこちらの意見を主張したら良いんですよ!!国際司法裁判所も良し、国連に訴えるも良し、各国大使館を通じての正式な抗議も良し、何れにせよ、僕達は常に泰然自若、己の主張を理知的に冷静に述べる事が肝要でしょう。でもね、僕の愛するこの国も、根っこから腐りつつあるからなあ…。と申しますのは、悪い処だけアメリカにそっくりだからです。本当の事を報道しない、そしてお上が自由な経済活動に注文を付ける、の2点です。まず、本当の事を報道しない点ですが、或る方のブログの情報に依りますと、関東圏から富裕層が続々と移住しているそうなんですね。これ、国税庁が発表した確定申告の納税状況から分かったものだそうでして、年収1000万以上の家庭が減少しつつあるとか。反対に、関西や沖縄の高額納税者が増えているそうですから、これ、皆さん、原発に対する政府の発表を全く信じておらず、放射能に汚染されていない地に移ろう、という1つの証左ではないでしょうか。そして、お上が民間の自由な経済活動に注文を付ける、という点です。先週末でしたか、自民党は日本経済の活性化の為、プロ野球の球団を増やして欲しい旨、日本野球機構に働きかけるとか。有志の国会議員による議員連盟も結成されるそうなんですね。僕、野球を愛していますし、プロ・チームが増えるのは大歓迎ですけれど、これ、国に言われてやる事じゃないですし、大体、お金やスタジアムはどうするの!?Jリーグの様に、親方日の丸で、全部税金におんぶにだっこじゃないでしょ!?全て民間にさせる訳で、それを国が強要する、ってのは如何なものでしょう?何だかまるで共産主義国家の様で、僕は、今の日本は好きになれませんね。

日本を含めて、その近隣国は、どうしてこんな醜悪な事になってしまったんでしょうか!?人を妬み、蔑み、足を引っ張り合い、人を思いやらず、約束は守らず、我が身ばかりを可愛がり…。「復讐するは我にあり」、映画のタイトルになりましたけれど、聖書の一節から来た言葉です。これ、誤解されている方も多い様ですけれど、我=GODの事でありまして、「自分からは復讐するな。神の怒りに任せよ。悪をもって悪に、侮辱を持って侮辱に報いるな。神自ら悪を裁くであろう。」という意味なんですね。ま、物事って中々そうはならず、憎まれっ子世に憚る、といったケースも多いんですが、なに、心配する事はありません。親の因果が子に報う、これは仏教の教えですけれど、世の中って本当に上手く出来ていますから、義理や恩や人情を軽視する人達って、必ず酷い目に合う様に出来ているんです。僕、運命論者ではありませんけれど、ほら、政治家の小沢さんって、とんでもない悪人の様に言われてるじゃないですか。僕は決してそうは思いませんが、「彼は酷い男だから、同志はみんな離れて行った」と言う人が多いんですね。物事に対して浅薄な見方しか出来ないんだなあ、と痛感するのは、その小沢さんから離れて行った人達って、皆さん哀れな末路を迎えているんですね。落選の憂き目に合ったり、スキャンダルを起こしたり、汚職が発覚したり、難病を患ったり、亡くなられたり、どの政党からも相手にされなかったり…。となると、小沢さんでは無く、離れて行った人達の方に問題があったんじゃないかな、そう僕は思うんです。ですから、他人から酷い扱いを受けたとしても、もし自分が正しい、と思えるならば、じっと我慢するのが最も得策じゃないでしょうか!?そういう悪人は、ほっといても自分から転びますよ。

でもね、日本の近隣諸国の皆さん、僕達の事が嫌いなんでしょうが、何時までも恨んだり、復讐してやろう、とか考えるのって、自分の心が病んでしまいますよ。「昇華」という言葉がありまして、自分のネガティブな感情やコンプレックスを、全く別の、世の中から認められる行動に向け、自己実現を図る事なんですね。偉人と呼ばれる人達って皆そうでして、豊臣秀吉公が好例じゃないですか。極貧・多指症・下層階級の出身・義父からの虐待・同僚からの差別、そして容姿や体躯にも恵まれず、二重三重のハンディを力に変え、全くの徒手空拳から、馬上天下を取ったんですもん。これこそ、日本史上最大の昇華と言えるでしょう。こういう事を書くと、偽善者の様で使い古された言葉ですが、地球という船に皆で乗っているクルーの一員なんですから、謙譲と我慢と寛容の精神で、仲良くやりましょうよ♡♡♡よし、未だ熱があり、ふらふらしていますが、これから採用面接に行って参ります!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR