FC2ブログ

You never know what will happen,keep your eyes open!

この国は一体どうなるんだろうか、僕、何だかとても不安なんですよ…。昨日の拙ブログでご紹介した、とんでもない無礼者は兎も角、朝のNHKニュースを見ながら、目玉焼きを食べていましたら、黄身を噴き出しそうになりました。今年から始まる、プロ・サッカー・リーグのJ3を取り上げていたんですが、YSCC横浜なるチームが紹介されていたんですね。何でも、「勝利よりも選手の育成をして、地域に貢献したい」旨の発言を責任者の方がされていたんです。いやしくもプロの名が付いた以上、そしてスポンサーが居るんですから、勝利を目指さなくてどうするんでしょうか。勝つ為にプレーする訳で、勝利を目指す厳しい過程で、そしてチーム内の生存競争で切磋琢磨し、選手達は成長して行くと思うんですよね。何だか、地域貢献の意味をはき違えている様で、こりゃ失敗間違い無しだなあ、と思って見ていたんですが、スポンサードするのは、寂れた商店街のオーナーさん達でして、藁にも縋る思いなのかもしれませんが、そんな志の低いプロ・チームが、地元に多くのお客さんを呼び、地域にお金を落とすとはとても感じられず、僕、朝から暗くなりました。そして、このチーム、昨年の平均入場者数が、1試合で783人だったそうで、こんなのねえ、横浜は全国的な強豪チームが沢山ありますから、高校野球の県予選の方が、余程お客さんが入るんじゃないでしょうか。

大体、大分にもトリニータというサッカー・チームがありますけれど、県民に幾ら寄付させれば気が済むのか、どれぐらい赤字があるのか、何だかよく分かりませんし、まあ一般企業であれば、何回も倒産している事は間違いありません。大体ね、経営とは何たるものか、全く理解していないのが腹が立ちます。これ、スポンサーという人様のお金であり、僕達県民の寄付や税金だから、甘い考えになってしまうんですよ。自分の家屋敷や土地を抵当に入れ、銀行に頭を下げてお金を借りて、毎月金利をつけて必死に返していれば、こんな「勝利よりも育成を」なんて馬鹿げた考えは決して生まれません!!

そしてね、プロ・スポーツにせよ、うちの様な病院にせよ、ホテルにせよレストランにせよ、大きな括りでは、サービス業という枠に収斂されると思うんですね。僕、本当に残念だと思うんですが、「サービス」を理解していない人が多過ぎます!!元々の英語の意味を考えれば、奉仕や貢献、という事でして、もっと遡ればラテン語のservus、即ち奴隷、なんですね。まあ、奴隷は行き過ぎですけれど、お客様に対し、支払って頂いた以上の満足を感じて貰わねばなりません。清潔な身だしなみでお客様に不快感を与えないなんて当然ですし、大体、ホテルマンやシェフや板前で、髭を生やした人なんて居ませんよね。料理に髭が入ってたら嫌じゃありませんか。そして言葉遣いも丁寧でなくてはなりませんし、物腰は柔らかくなければいけません。これ、当たり前の事だと思うのですが、案外と出来ない人が多いんです。レストランに入っても無愛想なウエイターが居たり、荒々しくワイン・グラスを置くウェイトレスが居ますと、料理の味が落ちますよね。そして、ここは大分ですけれど、割と高級な処で食事をしていて、仲居さんも油断しているのでしょうが、お手洗いに行く際に彼女達の私語を耳にしたりして、ハードな大分弁、そうですねえ、「巣も作れんわ~。」、詰まらないという意味らしいんですが、こういう言葉を聞くと、折角の河豚刺しや白子焼きの味が格段に落ちてしまいます。話を戻して、プロ・スポーツであり、入場料を頂いている以上、素人では出来ない様なプレーをお見せし、たとえ勝てなかったとしても、感動を与える必要があると思うんです。「育成」という美名の下に、そこら辺は敢えて蔑ろにしていませんか!?「育成」は練習場でやれば良いので、いざグラウンドに立ったら、プロとしてのプレイを魅せて下さいよ。でなければ必ず失敗しますし、借金が増えるだけでしょう。

そして、もう1つ、NHKニュースで、「政府は、犠牲者への追悼と被災地への復興に向けた強い意志を国内外に示す為、岩手・宮城・福島の各県に1か所づつ、国営の復興記念施設を新たに整備します。平成27年度から工事に入り、平成32年までの完成を目指します。」と伝えておりました。これねえ、その気持ちは分かりますよ。僕も、そういう施設があっても悪くないと思います。しかーーーし!!、優先順位を大きく間違えています!自宅にも戻れない老人が沢山おり、職も見つからず仮設住宅暮らしが続いている方が、万単位でいらっしゃる訳で、インフラ整備や原発事故の収束すら出来ていないじゃありませんか。お金を出すならそちらが先です。これねえ、もう東北は大丈夫ですよ、というプロパガンダの一種じゃないの!?本当に安部のヤロウは厚顔無恥で浅薄皮相、こんな茶番で国民を誤魔化せると思っている、とんでもない大馬鹿野郎です。安部の言う事を鵜呑みにするよりも、ももクロの東北復興を唄った、「Z伝説」を聴いてる方が、精神衛生上よっぽどマシですよ♫

僕ね、国の運営も会社の経営も大筋は変わらないと思うんですよね。ただ規模と権限が桁違いに異なるだけで、本質は同じでしょう。だって、人の集団を束ねて成功に導く、という点には何の変りもありませんもん。僕、若輩者ですけれど、それなりに自分の基準と言いますか、行動律にしている事が幾つかありまして、それを最後にご紹介します。安部クンも良かったら参考にして良いよ♡

・戦略と戦術をごっちゃにしない
・リーダーの器以上に組織は大きくならない
・物事の本質をつかみ、正しい現状認識をする
・経営に近道は無い
・状況判断の出来ない奴、これ即ち馬鹿である
・プロはフォームの世界。世の中を渡る上で、自分のフォームの無い奴は成功しない。
・偽物は近づけない
・反省しても後悔しない
・見返りを期待するのは五流
・常に自分を笑い飛ばす余裕を持つ
・自分が間違えたら、どんな目下の人でも素直に謝る
・一流は自分に投資する金を決して惜しまない/本代をけちる奴は出世しない
・たとえ神に否定されようとも、自分自身を信じる

まあ、まだまだ沢山あるのですが、若輩者の拙い人生訓ですけれど、読者諸賢の皆様方の何かのご参考になれば、これ程嬉しい事はございませんm(__)m。まだまだ真冬並みの寒さが続きそうですが、皆様、週末はどうぞ厚着でお出掛け下さいませ。それではまた来週お会いしましょう、ごきげんようさようなら。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR