FC2ブログ

THE BICYCLE THIEF

今朝って、何だかえらく寒くなかったですか!?大分だけなのかなあ、僕、割と早く目覚めまして、早朝からバタバタしていたんですが、随分手足が冷えまして、熱いお風呂に入りましたら、全身に鳥肌が立ちましたもん、いや、参りました…。そうそう、全く関係無い話なのですが、ももクロ人気は凄いですね~。去年のクリスマスライブが、スカパーで一押しですもんね、昨夕も今朝もそのCMを見ましたよ。親友のMさんもさぞかし喜んでいる事でしょう!

さて、朝から時間が妙に切迫していまして、大急ぎでネットで新聞を見ておりましたら、ホント、東電や官公庁は何時までミスを繰り返すのかなあ、何だか暗澹たる気分になりました。まずは読売新聞ですけれど、「福島第一原発の護岸にある、観測用井戸の水から、過去最高の1㍑あたり310万ベクレルの放射性物質が検出された。」由なんです。恐ろしい事に、昨年9月から観測を始めた--それも随分遅きに失した感は否めませんが…。--そうですが、その時は精々40万ベクレルだったそうで、数値は上昇する一方ですって。エッ、という事は、原発は全く収束に向かっておらず、メルトダウンは続き、放射能はより大量に漏れ続けている、という訳ですよね!?安部のヤロウ、アンダー・コントロールなんて、全世界に大嘘付きやがって!昔々、「ペテン師と詐欺師 騙されてリビエラ」という、スティーブ・マーティンという練達のお笑い芸人さんが出た、傑作コメディ映画がありまして、これは愉快で楽しいコン・ゲームですけれど、安部や東電は笑うどころじゃありませんや。嘘を築地の御門跡、いやじゃ有馬の水天宮、安部のヤロウのこんこんちき!

そして、これは岩手日報の記事なんですが、放射能検査をしていない牛190頭を、九州や北海道といった県外に出荷してしまったそうでして、県内で処理する事を前提に、売却した農家側には全く説明すら無かったとか。もう既に売ってしまったそうでして、「安全性に問題は無い」そうです…、って、何の検査もしてないじゃん!!!僕ね、真剣に悩みますけれど、放射能に汚染されているかもしれない東北の物産と、中国産の農薬漬けの野菜やアメリカ産の狂牛病の恐れのある牛肉と、どちらが安心なんでしょうね…、責任者出て来~い!って、これでは昔懐かし人生幸朗師匠の持ちネタですよね、失礼しました。

それに関連して、細川元首相の出馬に対し、どうもネガティブな捉え方をしている論調の記事が目立ちます。原発を止めたら発電はどうするんだ、経済が立ち行かなくなる、というのが主な主張の様ですね。でもね、僕、次世代を担う有為の若者達に、発癌の可能性が高い危険な放射能を押し付けるべきでは無い、それは今の大人の責務である、と確信しています。そして、発電の件ですが、僕、車に関しては余り詳しくありませんけれど、現在TOYOTAが開発している燃料電池車、これは世の中を変えますよ!水素を原料とし、酸素と反応させて発電、出るごみは水でありまして、これこそ将に究極のクリーン・エネルギーと思いますし、2020年には低価格で売り出すそうです。そうなりますと、全国各地にガソリンスタンドに変わり、水素ステーションが出来る訳です。太陽光や風力等の余剰電力は、この水素ステーションで貯蔵すれば良いですもんね、流石は世界のTOYOTA、偉いぞ!!

そして、僕が推奨したいのは、電車と自転車です。電車は輸送量において非常に長けていますし、先の水素ステーションの電力で走れれば、無駄がありませんし、第一CO2も出ませんよね。自転車は言わずもがな、何の廃棄物も出ません。皆さん、もっともっと利用すれば良いのになあ、僕、何時もそう思っています。自転車が生まれたのは19世紀のドイツ、当時は地面を蹴っ飛ばす形のもので、ドライジーネ、と呼ばれていました。その影響か、欧州諸国は謂わずと知れた自転車大国でありまして、例えばデンマークなどでは、首都コペンハーゲンのビジネスマン達の6割は自転車通勤と言いますし、自転車専用の高速道路まであるそうですよ。ドイツ、スウェーデン、オランダでは自転車の利用を強く推奨していまして、購入時に補助金が出たり、電車などにもそのまま持ち込める等々、国やEU全体でエコへの取り組みを行っているんですね。

原発が必要と訴える方に聞きたいのは、ハイリスクを背負ってでも継続したいのか、という事がまず1つ。そして、先に挙げた様々な取り組みを行い、地熱に風力等々を組み合わせ、そして人類の歴史を見ても明らかな様に、必ず新たな発電技術が生まれます。そうすれば、原発なしでも、電力は充分に供給出来ると思うんですね。読者諸賢の皆様方のお考えは如何でしょうか!?

よし、今日はこれからスケジュールがタイトでして、これから頑張って参ります。皆様、偶にはサイクリングなぞで週末を過ごされては如何でしょうか!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR