FC2ブログ

蒲田行進曲

ひさかたのと言えば光、たらちねなら母、しろたへのなら雪ですけれど、早朝の大分と書くと極寒、であります。いやね、今日は午前も午後も予定がびっしりでして、僕、4時半に何とか起床、雑事を済ませて、パンを口にくわえながら、拙ブログを更新している次第です。何とか7時にはここを出ないと!そうそう、焼酎と言えば親友のMさんなんですが、昨日はご自宅にお邪魔しまして、緊急の仕事の依頼をして来まして、久闊を叙し、一献傾けて来ました。Mさん、本当にありがとうございましたm(_)m。1つ気になったのですが、Mさんのお住まいはマンションでして、大音量でももクロちゃんのライブを流し、懇切丁寧な解説をして頂いたんですが、前後左右の部屋の方は煩くないのかしら!?

先日の拙ブログにおいて、石破クンが「名護市の発展の為に500億の基金を造る!」とぶち上げた事を紹介しましたけれど、自民党が推す候補が大敗した途端、「見直す」ですって。僕、笑っちゃいましたよ~。品性下劣かつ朝令暮改とはこの事でして、自分の言う事を聞く市長ならばお金を出すなんて、自民党は調子に乗りすぎじゃありませんか。今までの拙ブログをお読みになられた方には直ぐにお分かりでしょうが、かっては確かに輝いた事があったにせよ、正直、この党は歴史的使命を終えているんですよね。ゾンビみたいなもので、腐臭を撒き散らしているんですが、自分が死んでいる事に気付いておりません。皆がそれに気付いた時、本当の屍となるでしょう。

さて、韓国も中国もスゲエなあ、ホント、国民性ってこんなに違うんだ、と痛感するんですね。特に韓国なんて、従軍慰安婦の銅像をアメリカに建てたり、大統領が外国を訪問する度に日本の悪口を言い放ち、竹島は実効支配を目指し不法占拠、剣道もねぷたやメソポタミア文明も韓国が起源だ等々、もう滅茶苦茶であります。これも驚いたのですが、呉善花さん、という日本在住の大学教授兼作家の方がいらっしゃいます。「スカートの風」というベスト・セラーを書かれて、韓国の済州島で生まれ育ち、現在は日本国籍を取られた方なんですが、日韓両国に対し、割と中立的な意見を書かれる方だなあ、と僕は感じていたんですね。ところが、韓国の方からはそうは思えなかった様でして、呉さんがご母堂の墓参に済州島に行かれた際、そして親族の結婚式に出席する折、何れも入国拒否されたんですね。韓国税関の皆さん、少々度量が小さくありませんか。歴史的因縁や恨み憎しみもあるんでしょうが、己と対立する意見こそ大事でありまして、それが自らを顧みる術じゃありませんか。頭を冷やして、もっともっと冷静になるべきじゃないかなあ。

経済においても、サムスンにせよ現代にせよ、軒並み株価が大幅に下落していますし、失業率は上がる一方、あれだけ韓流で大騒ぎしていた日本人観光客も激減してますよね。また、「嫌韓」という言葉、僕は好きではありませんが、日本だけでは無く、欧州各国や東南アジア、アフリカやオセアニア、そして南北アメリカ大陸諸国においても、傍若無人な振る舞いが、顰蹙を買っているのは紛れも無い事実です。多くの実例がありますけれど、1つだけ挙げましょう。92年に起こったロサンジェルスでの大暴動、この時には、韓国系のお店が集中的に襲われたんですね。

僕、日韓両国は海を隔てた隣国ですから、なるべく仲良くすべき、という考えです。そういう考えの僕の様な人って、沢山居ると思うんですよ。こういうタイプの人達までも、嫌気がさす様な行動は謹んだ方が良いと感じます。現在の大統領の朴さん、頑固なのは或る意味美徳でもあるんですが、父君と較べますと、政治的姿勢には随分相違がある様です。彼女のお父さんも同じく韓国の大統領を務めたんですが、彼は独裁者という強い批判もありますけれど、「漢江の奇跡」と呼ばれる経済復興を成し遂げたんですね。日韓基本条約を締結し、両国の全ての問題を精算したんです。その代わりに日本側は多額の賠償金を支払った訳で、そのお金を有効利用し、先の奇跡的な経済復興が可能となった訳です。教育にも力を入れ、高い評価を得たものの、その高圧的な姿勢が反感を買いまして、暗殺されてしまうんですね。彼の写真を見ましても、大変立派な顔をしてますし、公式の発言として、「日本の植民地時代も、決して悪い事ばかりでは無く、寧ろ公平だった」旨発言されています。朴大統領は、かって日本人だった時代もあり、内心複雑な心境だったとはお察しします。謂わば名を捨て実を取った訳で、己の韓国人としてのプライドよりも、自国の発展を選択した、大政治家だったんじゃないかなあ。

娘さんの現大統領は、頑なに安倍総理と会おうとしませんし、中国やアメリカとの関係も宜しくありません。自ら敵を増やすなど、外交としては下の下でしょう。こういう事を書くと、右翼の様に思われるかもしれませんが、モーターボートで巨万の富を築いた、故笹川良一翁の言葉を借りれば、「世界は一家、人類は皆兄弟」じゃありませんか。日本側も反省すべき所は素直に反省し、韓国側も胸襟を開いて素直になるべき、大事な事は相互理解と対話と協力、僕、そう思います!

今日は、人事の案件が多く、少々憂鬱ではありますが、これから入浴しまして、人類皆兄弟の精神で頑張って参ります!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR