FC2ブログ

地獄に墜ちた勇者ども

今朝はまず告知から。僕、お伝えしたものとばかり思っていたんですが、去年のクリスマスの日、12月25日を持ちまして、当院は日本医療機能評価機構より、認定の更新を受けました。この日本医療機能評価機構とは、財団法人でありまして、「医療機関の機能を中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関」なんです。2日間に渡り、サーベイヤーと呼ばれる審査の方が数人来られ、院内のあらゆる面--医療は勿論の事、経営面や施設面、看護手順等々まで厳しいチェックが入ります--を確認されるんですね。当院は5年前にその資格を得ては居るのですが、この認定は更新制で、5年毎に外部の目からの審査をされる訳で、果たして大丈夫か、ヒヤヒヤしておりました。そうしましたら、望外の喜びだったのですが、一発合格でありまして、全ての項目においてB以上の評価を頂きまして、大変ありがたい事と、職員一同感謝しております。何せ、全国8558病院のうち、2353病院しか取得していない認定ですから、些か自慢ではあります。とは言え、これはあくまで去年までの事でありまして、これからが本当のスタート、今後とも当院に叱咤激励、ご指導ご鞭撻を頂ければ幸いです。当院の歴史は58年目に突入しましたけれど、来たる半世紀も、末永くご贔屓の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

閑話休題、堅苦しい告知はこれでおつもりとしまして、都知事選なんですが、まさかのまさかで、細川元総理が出馬するとは思いもよりませんでしたねえ。それも小泉元首相と共闘してなんて、本当に驚きました。どうやら、小沢さんが選挙を仕切る様でありまして、舛添なんてぶっ飛ばしちゃえ!まあ、細川・小泉両氏とも、かっての政権運営を見ておりますと、全面的に信用出来るとは言いかねますが、原発を停止しよう、という一点での共闘でしょう。僕は都民ではありませんけれど、細川さんを支持します!自民党の有象無象、魑魅魍魎どもが、「殿、ご乱心」「都政に原発問題を持ち込むな!」などと妄言を吐いていますけれど、これ、たちどころに論破する事が可能なんですね。と申しますのは、まず東京都って、東京電力の大株主なんですよ。東京都が保有していますのは、4267万株もあるんですから、東京電力の不祥事に対し、当然の事ながら発言権がありますよね。そして、東京電力への天下り先を見てみましょうか。経済産業省や日本銀行に財務省と、まあ予想出来る顔ぶれなんですが、何とトップは東京都の9人なんですね~。例えば、青山やすし、なる聞き慣れないご仁が居るんですが、このヒト、石原都政の時代に東京都副知事だったんですが、今は東京電力の取締役であります。石原クンは謂わずと知れた原発推進派ですもんねえ。なんでえ、都も東電もベッタリじゃねえか、そりゃあ反原発の知事が来たらやり辛くて仕方がねえや、てなもんでしょう。もう1つ、菅という官房長官が「原発は国家として取り組む問題で、東京都で決める事では無い」と発言しています。何とまあ高圧的な言い方でしょうか、本当に腹が立ちます。あのねえ、東京都って、間違い無く日本最大の電力消費地ですよね。そして、以前の拙ブログで書いた様に、世界最大の都市でもある訳で、電力エネルギーに関して無関心でいられる筈が無いでしょう。東京五輪の際に、また原発がメルトダウンしたら、世界中の賓客が集まっている訳で、それこそオリンピックどころじゃありませんよ…。本当に有権者を馬鹿にしています。大体この菅のハゲチャビン、手前の事務所費を不正に計上して問題になった奴でしょ。選挙とは、国民の意思で政治家を選ぶものでして、黙ってすっこんでろ!大体ねえ、恋愛にしたって、選ばれる側は相手から好かれようと謙虚なものでしょ!?何を偉そうにしてるんですかね、きっとこういうご仁は全くモテませんよ。

さて、最近の自民党のファシズム的な体質と言いますか、秘密保護法に見る言論弾圧ぶりを見ていますと、先祖返りか隔世遺伝か、という気がしてならないんですね。と申しますのも、これは只の偶然なのかなあ、と思う程、かって日本にありました、特別高等警察、通称「特高」上がりの父を持つ政治家が非常に目立つんですね。おっと、その前にこの特高、非常に悪名高く、まあ言ってみれば、ナチスのゲシュタポ、旧ソ連のゲー・ペー・ウーと同様、時の政府の意向に沿わない者は、どんな手段を使おうとも逮捕する、という極悪非道な組織だったんです。雑誌や新聞等メディアの検閲など当たり前、拷問まで行って調書を取る、という酷いものでした。どれだけ多くの貴重な命が失われたか、正確な数は分からない程です。戦前、カフェーや盛り場で交わした他愛無い冗談までも筒抜けだったと言います。まあ、僕はこんな連中は大嫌いですし、唾棄すべき存在と言えましょう。さて、この特高出身で自民党の政治家となり、その息子が世襲しているケースが非常に多いんですね。まずは、官房長官や外務大臣を務め派閥の領袖でもある、町村議員の父は特高上がりです。この町村議員、自分の政治団体で土地を購入しているんですが、これ、小沢さんも全く同じケースで大騒ぎとなり、結局は無罪でした。何故町村さんはセーフだったんでしょうね~。そして、これまた派閥の長である高村議員も又、父君が特高のご出身ですし、現在国会の議事運営をしている中川議員という方がいらっしゃいます。大変強引な議会運営で顰蹙をかっているそうですが、彼の義父も又、特高のご出身なんですね…。戦後すぐのデータですが、この特高関係者で国会議員に転身したのは、60人以上と言われており、皆さん見事に自民党員であります。今の総理の安部だって、じいさんはA級戦犯で、刑務所に入ってますもんねえ。

そして、2006年の7月でしたか、アメリカ政府が正式に刊行した外交資料において、CIAを通じて、自民党に対し、多額の秘密資金を提供した、と明記されたんですね。謂わば、「自民党のスポンサーはアメリカなんだよん♡」と公式に認めた訳でして、これねえ、全国紙では余り大きく取り上げられず、僕は確か共同通信とロイター通信で読みましたけれど、とんでもない話ですよ。ざっくりとした表現ですが、自民党は、「アメリカからお金を貰い、秘密警察上がりが造った政党」という側面がある事は、決して否めないと思います。僕、勿論、戦後の焼け野原から奇跡の復興を遂げたのは、自民党の力がある事は否定しませんし、その功績は認めますけれど、かなりダークサイドの臭いがする後ろ暗い政党とも言えるんじゃないですかねえ…。あ、少なくとも僕は支持しておりません。だってなんだか、だってだって嫌いなんだモン♡♡♡、ハニーフラッシュ!、詰まらない駄洒落で失礼しましたm(__)m。どうか都民の皆様、どうぞしっかりと熟慮されて、放射能汚染を無くすべく、後世の為にも、悔いの無い一票を投じて下さいm(__)m。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR