FC2ブログ

ゴドーを待ちながら

皆様、三連休は如何お過ごしでしたか!?僕、今週は結構大きな仕事が待ち構えておりまして、その資料を読んだりしていたんですが、そればかりではやはり飽きてしまいますよね。宇佐まで墓参に行き、藪蚊の大群と奮闘したり、親友のMさんの勧めで、ももクロのチケットの抽選に申し込んだり、沢山寝たり、それなりに充実していたのですが、久方振りにスティーブン・キングの新作を読み出したら止まらなくなりました。頁を捲る事、夜中深更に及び、将に巻を擱く能わず、上下巻で活字二段組み、計1100枚を一気に読了した次第です。

11/22/63、この書のタイトルなんですが、これ、ケネディ大統領が非業に倒れた日でして、この小説、一言で書くとタイム・トラベルものなんですね。どうも近年のアメリカはおかしな事になりつつある、その全てのきっかけはケネディの死からだったんじゃないか、という訳で、時間を行き来出来る時空の裂け目を、主人公が往復しまして、暗殺を阻止する、というのがメイン・テーマ、縦軸なんです。物語の横軸として、アメリカが最も輝いていたとされる60年代の風俗、文化も丁寧に描かれていますし、主人公の恋愛模様、そして政治面や経済面も押さえており、流石は世界的なベスト・セラー作家、キングの面目躍如と言えましょう。ずっと彼の作品を読んでいる人にはニヤリとさせるサービスあり、伏線あり笑いあり感動あり、ドキドキハラハラのスリリングな展開、そして勿論涙あり、恐らく映画化は間違い無しでしょうし、既に国際的な文学賞を2つ獲得しているのもさもありなん、という感が致しました。物語を紡ぐ人と言いますか、希代のストーリー・テラーであり、いや、大したものです。そしてラストの美しさ、切なさは大したものでして、語り口が益々上手になった感があります。

僕、スティーブン・キングの一連の作品は殆ど読んでいまして、「ダーク・タワー」シリーズ--これも或る意味途轍も無いエンタテインメントなんですが、とんでも無い長さですし、驚愕のラストは賛否両論でしょうね。僕は全身の力が抜ける思いでした。--以外は、まず文句無しの面白さなんですが、初期作品の方に愛着がありますね。幽霊屋敷が舞台の「シャイニング」、記憶喪失がテーマの「デッド・ゾーン」、発火能力を持つ少女が主人公の「ファイアースターター」、冴えない女子高生の学園生活を綴った「キャリー」、巨大なセント・バーナードに襲われる「クージョ」、意思を持った車が追い掛けて来る「クリスティーン」、そして僕が最高傑作と思う「ペット・セマタリー」……。映画化された「スタンド・バイ・ミー」や「グリーンマイル」、「ショーシャンクの空に」「ミザリー」も確かに面白いんですけどね。でも僕、音楽でも落語でも映画でもそうなんですが、練達で達者なメロディ・メーカーよりも、稚拙でもパッションを感じさせる歌い手の方が断然好みなんですよ。前者はポール・マッカートニーやエルトン・ジョンであり、桂文楽になるのかな。後者は、ジョー・ストラマーやイギー・ポップであり、決して下手じゃないんですが、志ん生でしょうか。分かりづらい例で申し訳ありませんが、何と言うんですかね、メロディ・メーカー・タイプの方って、世渡り上手と言いますか、他の世界でも成功しそうな感じがするんですよ。ローリング・ストーンズのミック・ジャガーなんて、かってはセックス&ドラッグ&ロックンロール、の不良のイメージで世界的な人気を誇ったのに、大学では経済学を専攻した優等生であり、副業も好調で大資産家であり、ジョギングを始めて菜食主義の健康志向ですし、英王室から勲章まで貰ってるんですから、何をか言わんや、ですよね。何処がロックなんだという感もありますし、要は、唄う必然性を感じられないんです。その点、どのバンド、どの作家もそうですけれど、処女作には全てがあると言われる様に、テクニックは下手糞でも、「どうしてもこれを伝えたいんだ!」という或る種の熱さがありますもん。これまた喩が古くて恐縮ですけれど、ブルーハーツのデビュー作のレコードなんて、初めて聞いた高校生の僕は、全身が震える様な感動を味わいましたもんね。

閑話休題、さて、このスティーブン・キング、ホラーのみならず青春小説や、脚本やノンフィクションの分野でも大成功を収めているんですね。僕、何故彼がそこまでの大作家になったのか、それは彼の生い立ちにある、そう踏んでいるんです。キングのご両親はアイルランドのご出身、要はアングロサクソンでは無く、生粋の純粋なケルト系の方でして、ここに全てのキーがあると思います。

これ、広く知られているのか、僕には分かりませんが、彼の父祖の地であるアイルランド、ここは別名「妖精の国」と呼ばれているんですね。キリスト教に染まるまでのケルトの民は、日本人と同じ多神教でして、全ての物事に神や精霊が宿るという考え方でした。アイルランドの鬱蒼とした森や渓谷、ケルトの民の残した遺跡や砦には、妖精が棲んでいると信じていたんですね。その一例として、ほら、ハロウィーンのお祭りがあるじゃないですか。トリック・オア・トリート、お菓子をくれないと魔女がいたずらをするよ、という訳なんですが、これ、元々はケルトの民が悪さをする妖精から身を守る、大事なお祭りだったんですよ。また、所謂ケルト神話、物語性に富んだ多くの物語が語り伝えられました。

この様に、アイルランド人達は、妖精や神話を信じる心優しい人々だったのですが、イングランドに支配され搾取され略奪され、新天地を求めアメリカへと渡ります。この中に、キングのご両親も居た訳ですね。さて、アメリカを支配するのはアングロサクソン系でして、キリスト教のプロテスタントを信ずる人々です。アイルランドは元々多神教からカソリックとなった人々なんですね。元来、アイルランド語を使い、ケルト神話を崇拝し、妖精や多神教の宗教を信じていたんですから、聖書のみを後生大事にする新国家アメリカとは、まるで異なる考え方な訳です。そして、貧しいアイルランド人達は新天地でも差別され、貧しい暮らしを余儀なくされます。

さて、キング少年は、そういったルーツの元、貧しい中に生まれた訳ですけれど、2歳の時にお父さんが出奔、そのまま行方不明となり、母に連れられ全米を転々とします。転校を繰り返すキング君に親しい友が出来る筈も無く、お金もありませんから、自分の空想の中で遊ぶしか無かった訳です。このハンディ・キャップ、寂しい中、夢想ばかりしていたのが、大作家になるアドバンテージになるんですから、人生分からないもんですよね。

さて、異なる言語、宗教、慣習、差別、貧困に囲まれた夢見がちなキング少年は、全米を放浪する事で、その視点が益々多様化し重層化し、現在の作品群に結び付いていると思うのは僕だけでしょうか。その傍証という訳ではありませんが、実はアイルランドの人達って、世界的な作家ばかりなんですよ。20世紀の最も重要な作家と言われたジョイス。イェイツにバーナード・ショー、ヒーニーにベケットのノーベル文学賞カルテット。「ガリヴァー旅行記」のスウィフト。男性も女性も愛したオスカー・ワイルド。「吸血鬼ドラキュラ」のブラム・ストーカー。多士済々なんですが、面白い事に、皆さん異郷の地で、その文学的才能が大きく開花しているんですね。スウィフトやショーはイングランド、ベケットやワイルドはフランス、ストーカーはハンガリー、という様に。夫々の作家の元々の素質は勿論の事ですが、物語や妖精を愛するアイルランド人達の感性が、異国に住む事により、何らかの化学反応を起こし、そして大傑作が生まれる、という僕の仮説、如何でしょうか!?

僕、キングの様な才能は皆無です。でもね、福島の原発が全くコントロールされていない中で五輪を誘致、そして全世界に大嘘をつき、TPPは勝手に推し進め、経済はちっとも良くないのに消費税は上げるという、最早正気の沙汰とは思えない、安部の安部による安部の為だけの、数々の大愚策を見ていますと、文学の世界に逃げ込んで、妖精と遊びたくなりますよ、全く!今日から仕事に追われ、中々ハードになりそうですけれど、今週も拙ブログをご贔屓の程、何卒宜しくお願い申し上げますm(__)m。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する