FC2ブログ

BULLITT

夜来風雨声 花落知多少、余は深更目覚めれど、野分の音甚だ騒がしく、犬の遠吠え頻り也。余は暫し惰眠を貪ろうと欲っすれど、最早其れすら能わず、憮然として払暁を待ちたる間、枕頭の書、永井荷風翁の句集を夜もすがら耽読す。翁の艶やかさ、素直さ、助平さに感嘆する事頻り也。スカートの 内股狙ふ 藪蚊哉、秋高く もんぺの尻の 大きなり、稲妻に へそも隠さぬ 女かな、是尋常の感性に非ずして、将に銀の匙を持って生まれた感あり。余の及ぶ所に非ず。

なんちゃって文語体で大変失礼致しました。それにしても昨夜の大分は凄まじい風でありまして、いや、中々眠れずに参りました。僕、急遽今日の午後から福岡方面に行く事になりまして、寝不足で少々きついのですが、頑張って参ります!

さて、昨日は何と言っても、拙ブログでも再三再四取り上げています、日本ハムファイターズの大谷君の試合でありましょう。何と、5番ピッチャーとして出場、投手が打線の主軸を打つなんて、記録を遡ると63年ぶりだそうです。まあ、当時は終戦直後で選手層も薄かったでしょうし、野球のレベルも現在とは比べ物になりません。77年間のプロ野球の歴史において、王もイチローも落合も野茂も出来なかった大快挙と言えましょう。僕、勿論、テレビ桟敷で観戦したのは言うまでもありません。でもねえ、大谷君ご本人がいみじくも語っていました。「バッティングは50点、ピッチングは30点」と。僕、再三再四書いて来ましたけれど、彼の圧倒的なポテンシャルは認めます。碌に投球練習をしてないでしょうに、150㌔台の速球を連発するのは、途轍も無く凄い事です。ただねえ、まともにコントロールされたボールは極めて少ないんですよ。シュート回転したり、すっぽ抜けたり、打者にぶつけたり…。もし投手でやるのであれば、投球に専念し、投げ込みでフォームを固め、徹底した走り込みで足腰を鍛える事によりコントロールを安定させ、極め球となる変化球を習得し、実戦経験を積まねば、二刀流も中途半端に終わり気がしてなりません。また、最も怖いのは怪我です。投手と野手では、使う筋肉も練習も調整方法も異なる訳ですから、18歳のルーキーにそれを望むのは酷に過ぎる気がしてなりません。これからのプロ野球を背負って立つ大器であり、順調に行けば日本代表選出は間違いないでしょうから、どうか慎重に育てて欲しい、切にそう願っています。

さて、大谷君が属するのはパシフィック・リーグなんですが、一時期の経営危機を乗り越え、随分魅力的なチームが増えました。北海道に完全に根付いたファイターズ。九州全域で絶大な人気を誇るホークス。東北の雄、イーグルス。僕の父の生家があるのは千葉のマリーンズ。夫々特色があってとても魅力的ですけれど、僕、昔からライオンズは嫌いじゃないんですよ。元々は九州のチームですし、おかわり君に片岡、浅村、秋山、栗山と打線も生え抜き揃い、一世を風靡したサウスポー菊池君、希少なアンダーハンドの牧田、カーブが絶品で右の本格派、おまけに二枚目の岸と、投手陣も粒揃いですよね。そして、昨日、またまた素晴らしい男がライオンズに入団しました。クリス・カーター外野手30歳、文武両道の偉丈夫であり、キャプテンシーに溢れた好漢であります。カーター選手は、全米でも一二を争う超名門、スタンフォード大学を飛び級の3年間で卒業した程の優秀さなんですね。バリバリのメジャー・リーガーだったのですが、西武ライオンズに入団、膝の怪我で一旦は契約解除となりますが、不屈の闘志でリハビリをこなし、昨日再入団の運びとなりました。一昨年でしたか、ライオンズは怪我人が続出、キャプテンまでもが戦線を離脱し、連敗が続いていた時の事です。カーター選手は、ライオンズナインに向い、こう述べたそうです。「勝者と敗者の間には1センチの差しかない。俺達はチャンピオンを目指すチームだ。チャンピオンは決して諦めない。」奮起したナインは全力プレーでその日のゲームに快勝、多数の離脱者を抱えながら、2位に食い込んだのでした。

こういう好漢揃いで魅力的な西武ライオンズなのですが、実は、大きな不安を抱えているんです。親会社は西武ホールディングスなんですが、その筆頭株主は、サーべラス・キャピタル・マネジメント、という非上場のアメリカの投資会社であります。まあ、禿げ鷹と言いますか、利潤のみを追求しますから、要求も滅茶苦茶なんですね。西武は上場しろ--テメエは非上場なのによく言いますよ--、プロ野球チームは手放せ等々、無茶な事ばかりを押しつけています。ライオンズは、故手塚治虫先生のデザインしたレオ・マークで有名なパリーグの老舗名門球団であり、西武グループのシンボル的存在であり、埼玉県民にとってなくてはならない存在です。それが少々赤字が出たぐらいでなんですか!?大体、ライオンズの観客動員数は、毎年160万を超え、親会社の不祥事を乗り越えて再建途中、漸く復活した所で、こんな要求ですもんね。僕も微々たる力ですが、西武に協力しますよ、変な外資に負けるな!大体ねえ、名は体を表す、と申しますが、このサーべラス、語源はケルベロス、ギリシャ神話に出て来る番犬なんですね。何処を守っているかと言いますと、何と地獄の番犬でして、こんな名前を社名にするなんて、まともな連中では無い事は、推して知るべしでしょう。

僕、日本がおかしくなった一因に、あの長銀の件があると思うんですよ。公的資金、即ち僕達の血税をジャブジャブに投入した揚げ句、格安でリップルウッドという外資に売却、現在は新生銀行になっていますけれど、これ、上場しなおしてから、2000億以上の純利益が出たんですよ。日本人の税金で再生し、アメ公に格安で売り、利益まで全て取られる、こんな詐欺話がありますか!?経営者が杜撰な運営をし失敗した際は、責任を取り辞めるべきですし、会社を国が助けるべきではありません。この、責任を誰も取らず、誰かが得をし、一般人--長銀の場合は預金者ですね--だけが大損をする、この図式、今の東電、いや盗電と全く同じじゃないですか!この一件から、僕、当時の政権与党、自民党は金輪際信用しておりません。

勿論、アングロサクソンにも、カーター選手の様な好漢が居る事は分かります。でもね、株主だからって、何やっても良い訳じゃないですよ。プロ野球チームとは、我が国の誇る文化財ですし、何の事情も分からない連中がケチをつけてはなりません。株主にも金儲けだけでは無く、社会的使命が或る筈で、僕ならば、西武再生を暖かく見守り、共に成長し、共に儲けましょう、そうしますけどねえ…。よし、段々と出発の時間が迫って来ており、明日の拙ブログの更新は厳しいと思います。では、大型台風が九州に接近する中、行って参ります。読者の皆様、僕の無事をお祈り下さい、なんちゃって!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR