FC2ブログ

BIG BROTHER IS WATCHING YOU

何だか大分ははっきりしない空模様、妙に蒸しますが、皆様、この時期は体調を崩しやすいもの、どうぞお気を付け下さいませ。実は僕、寝る前にタイマーでエアコンを入れているんですが、顔に冷風でも直撃しているのかしら…、起床した折には、口の中がサハラ砂漠の様にカラカラに乾いていますし、汚ない話で恐縮ですが、鼻水が止まらないんですよ。どう考えてもエアコンの悪影響、今日からは少し温度を上げる様に致します。

ホント、怒りが収まらないんですけれど、東電、いや盗電、そしてマスコミの連中は酷すぎます…。人非人とはこの事でありまして、福島の子供達に甲状腺癌が増え続けているんですってね。東京新聞によりますと、福島の18歳以下の子供達で、癌が確定したのは12人、疑いがあるのは15人だそうです。そして、県の検査に納得出来なかった或る主婦が、別の医療機関で再検査した所、癌がある事が分かったケースもあるとか。おまけに、この危険極まりなく、災害には脆いこの日本製の原発を世界中に輸出する、ってんでしょ!?安部チャン、おツムの具合はホントに大丈夫!?ウチに来てみる!?

さてこのニュース、東京新聞にしか出ておらず、他の大メディアは黙殺し続けています。報道しなければ無かった事、なんでしょうが、お天道様はきっと見ています。コイツら、碌な死に方はしませんよ。僕なら市中引き回しの上、打ち首晒し首であります。大人なんですから、自分のやった事には責任を持たなくてはなりません。卑近な例えで恐縮ですが、仮に強く愛し合った相手が居たとして、悲しい別れが来たとしましょう。例え愛想が尽きたにしても、今までの出会いに感謝し、笑顔で相手の幸せを願い、気持ち良く送り出す、これが大人であり、かって愛した人への礼儀じゃないですか。一番酷いのは、何事も無かったかの様な振りをして知らんぷり、道で会っても赤の他人、手切れ金も勿体無いから一銭も渡さない、これが東電、いや盗電のやり方でしょ。第一、男らしくありませんぜ。ちっとはうちの祖父を見習え、って、これは言葉が少々過ぎましたし、各方面に色々と影響が出そうですから、止めておきましょうね~。まあ、文豪永井荷風先生--まあ助平なおじさんです。春風や 裸踊りの 絵看板、という酷い俳句があります。--は、異性との親密なお付き合いが始まると同時に、弁護士にそれを伝え、手切れ金を前もってきちんと準備しておくそうで、ここまで行きますと、誠意があるんだか無いんだか、女性関係に疎い僕には、皆目分からない世界であります。

もう1つ。AERA、という雑誌ですから、朝日新聞系の出版社があります。そのAERAの記事によりますと、福島に住む小5の少女が、政府に送った手紙があったそうです。「私は長く生きられるんでしょうか」「私は子供を産めるんでしょうか」という、僕、涙と憤りと怒りで感情が混乱しそうになりました。ところが、何とそれをソフトな内容に改竄して掲載していた由、もうねえ、朝日はメディアの資格無し、であります。小学生の手紙を書き直して誤魔化すなんて、大の大人がする事じゃありませんよね。コイツらも、即刻打ち首晒し首決定でしょう。

閑話休題、昨日、安部チャンが経済政策を自慢げに滔々と述べ、何でも「国民の所得を10年後に150万増やす」「経済特区を造り、日本の再生を目指す」とのたまったそうです。いきなり株価が急落したそうで、僕、大笑いしちゃいました。そりゃあそうですよ、僕、安部チャンの記者会見をじっくり見ましたけれど、具体的な戦略や方法論は皆無、言葉だけは勇ましいんですが、官僚の作文であり、パペットに過ぎませんから、株価は急落したのもさもありなん、と言えましょう。

僕、怖ろしいなあ、と感じましたのは、「経済特区」という発想です。まあ、限られた区域の中では規制等を取っ払い、自由に経済活動をし、利益を上げて貰おう、という発想は分からんでもありません。でもねえ、その発想、古すぎますし、共産主義みたいです。大体、先進国で、そんな事やってる国はありませんよね。中国とか○○鮮、かってのソ連と同じじゃないですか!?これから導入されそうな、「国民背番号制」を見てもお分かりの様に、官僚ってすぐ僕達国民を統制しようとするんですね、これ、全体主義であり、共産主義に近い考え方なんですよ。

今日は、前置きが長くなりましたけれど、非常に簡単ですが、共産主義について触れたいと思うんですね。人間皆平等、そうすれば金銭や欲に囚われる事無く、幸せに暮らせる、という訳ですね。この思想を創ったのは、ユダヤ系ドイツ人のカール・マルクス、というご仁であります。結構な人種差別主義者だったらしい、というのがコイツの本性を現している感がありますね。さて、このマルクス、結論から書きますと、曲学阿世の徒、学問を自分の都合の良い様に曲げて解釈したヒトと言えましょう。30年間、大英図書館に、雨の日も風の日も、朝から晩まで通い、「資本論」を書きあげたのは有名な話ですよね。大学者に対し、失礼かもしれませんが、こんなんだから駄目なんですよ。四季折々の自然を愛で、世界各地の人々の暮らしを知り、文学やスポーツや演劇等々にも親しみ、老若男女と付きあって初めて、恋愛や友情の良さを知り、それで漸く人生の機微や営みが肌身で理解出来る訳でして、読書は勿論大事な事ですけれど、それだけでは、将に机上の空論に過ぎません。この人間皆平等、に騙され、共産主義国家が沢山出来ましたけれど、皆大失敗じゃありませんか。

そのマルクスを強烈に批判した作家が、ジョージ・オーウェルさんです。彼は、「動物農場」「1984」という不朽の名著が、書かれて半世紀を過ぎた今なお、ロング・セラーなんですね。マルクスとオーウェルさんの違い、それは、只読書だけだったか否か、それが大きい様に感じます。オーウェルさんは裕福な家庭のご出身、名門校を卒業後、青雲の志に燃えて異国に渡ります。ビルマですから、今のミャンマーで警察官として勤務するんですね。嫌気がさして退職後、欧州に戻り、花の都パリで皿洗いをしながら文学修業と相成ります。ロンドン市内を当ても無く放浪したり、養鶏場を営んだり、スペインで内戦が勃発した際にはルポライターとして従軍したり、放送局に勤めたり、まあ、落ち着かない感はありますが、その多彩な経歴が、共産主義の欺瞞を見抜いた、という事でしょう。僕、ただひたすら30年間、読書ばかりしていたマルクスより、オーウェルさんの方が余程人間としての魅力に溢れていた様に思いますが、皆さんは如何思われますでしょうか!?大体、人間皆平等って、マイク・タイソンも、江頭2:50も、俳優の藤木直人君♡も、当院のモテモテ事務部長も、イチローも、谷崎潤一郎も、将棋の羽生名人も、全員一律の給与で公務員をやりなさい、てなもんでしょう。そりゃあ、誰が見たって無理がありますよね~。

まあ、僕も縛られると駄目な人間でして、共産主義国家にはとても住めそうにありません。不満は多々ありますけれど、日本に生まれて本当に良かったですよ。よし、これから会議に行って参ります!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR