FC2ブログ

♪ DANCING IN THE DARK ♪

昨夜は少々遅くなりましたけれど、とても楽しい会食となりました。そんなに豪華なお店じゃないけれど、気の合う方と酌み交わすお酒と食事、そして互いを思いやる会話は、本当にリラックス出来ますよね。山は花 酒や酒やの 杉ばやし、朝顔は 酒盛り知らぬ 盛りかな、これ、前者は良寛、後者は芭蕉でしたよね!?それにしても、本当にありがとうございました。到らない若輩者の僕ですが、今後とも末長く宜しくお願い致します。

楽しい気分で新聞を読んでいましたら、怒髪天を突くとはこの事でしょうか、僕、唖然愕然茫然であります。少々旧聞に属すニュースですが、小沢さんの秘書の裁判において、有罪が確定したとか。この国の法律、司法って、最早アフリカの未開国と言うか、独裁国家レベル、とんでも無い事になっています。以前からの読者の方は、拙ブログで幾度と無く紹介してきましたから、今更と思われるかもしれません。未読の方の為に、この事件の経緯を端的にまとめちゃいますと、要するに、水谷建設という会社から、小沢さんに5000万という賄賂が渡された、という事なんですね。当時の小沢さんは、次期総理間違い無しと言われていましたから、マスメディアは蜂の巣を突いた様な大騒ぎとなりました。裁判が進むにつれ、検察側の杜撰極まりない取り調べや、架空の調書を幾つも作っていた事が分かったんですね。そして、決定的だったのは、水谷側からお金は渡していない、という証言が出たんですよ。その結果、小沢さんは無罪となりました。小沢さんにとっては大変な冤罪だった訳で、本当にお気の毒でした。ところが、ところがですよ!!秘書の裁判が始まりまして、そちらは有罪になったんです!

小沢さんが無罪になった際の証拠は採用しない由、お金を渡したとされる水谷側も、貰ったとされる小沢側も否定しているのに、有罪とはこれ如何に!?踊る阿呆に見る阿呆、チャンカチャンカチャン、てなもんです♪さてこの裁判、調べれば調べる程笑っちゃうんですが、お金を渡した、と検察側が主張している日に、水谷側にアリバイがあるんですよ。その日、水谷建設社長は、仕事で仙台に居たそうでして、その日のうちに自宅の三重県に戻った由、東京で裏金を渡す時間の余裕は無いんじゃないかな~!?そして、お金を渡したとされるのは、東京の全日空ホテルの喫茶店なんですね。僕、かってそのホテルに研修で行った事がありまして、その喫茶でお茶した事があるんです。アッハッハ、検察も嘘が下手糞だなあ、と思うんですが、その喫茶、ガラス張りで丸見え、100人は優に入れる大きなスペースで、ボーイさんやお客さんも沢山いまして、そんな人目に付く所で、5000万もの大金を渡すなんて、あり得ないでしょう。馬鹿も大概にして欲しいですよ。そして、検察とマスコミはべったり癒着してますから、小沢は悪人だ、と書きたてる訳です。賢明なる読者の皆さん、どうか踊らされないで下さいねm(__)m。♪ お前は火をおこす事が出来ない 火の気も無しに 火をおこす事が出来ない 俺達が 暗闇の中で踊っているだけだとしても ♪、ブルース・スプリングスティーンの大ヒット・ナンバー、ダンシング・イン・ザ・ダークの一節を、思わずご紹介してしまいました。

大手のマスコミ、その歴史を知れば知る程、本当に胡散臭く怪しい事ばかりです。読売新聞はかってご紹介しましたが、オーナーの正力は、前科三犯&アメリカのスパイ--CIAの公文書にバンバン正力の名が現れます--&原発を導入した極悪人です。クオリティ・ペーパー、と自ら自負する朝日新聞は、創業者一族と組合側が、自社株の多寡を巡って、泥沼の闘争がもう数十年にもなりますよね。産経新聞も偉そうな事言ってますが、自社の内情なんて目を背けたくなるぐらいで、クーデターと裏切りの歴史であります。歴代社長やオーナー達は、身ぐるみ剥がされて追い出される、陰惨極まりない事の繰り返しじゃないですか。毎日新聞はとっても誤報が多く、グリコ・森永事件の時なんて凄かったですよ。一面トップから社会面まで全てを使って、「犯人逮捕」「犯人は社長の知人」とまで書いて、全て捏造でしたからね~。社長が謝っている記者会見を見ましたけれど、これで新聞の報道を信用する人が居たらお目にかかりたいもんです。まあ、真っ当な紳士淑女の方で、新聞を信じている方はいらっしゃらないでしょう。講談社も小学館も新潮社も、皆同族経営でして、それが必ずしも悪い事とは言いませんけれど、マスコミ系のコネを使っての入社なんて散々やっといて、よくまあ社会の木鐸だ、なんて偉そうな顔をしてますよ。厚顔無恥で蛙の面に何とやら、であります。

何だか罵詈雑言の繰り返しで大変申し訳ありません。今はフェイスブックやツィッターといったソーシャルネットワークがありますけれど、僕、ミニFM局を院内に作り、情報発信しようかな、と思った事もあったぐらいなんです。お陰様で、微々たるものですが、こうして本ブログも一定の支持を頂いている様で、嬉しい限りです。

何だか今日はまとまりが無い感じですが、所謂メディア・リテラシー、情報の真贋は自分の眼で確かめる事が益々必要になるかと思います。少なくとも、このブログは嘘偽りは全くありませんので、信用して頂いて構わないかと思っています。さて、愚痴を言ったら何だかスッキリしました。ちょいと早いですが、お昼に行ってこようっと♡
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

マスコミは、本当に怖い。
不景気も、マスコミが作ったと言われるくらいですものね。

やはり、日本人はTVに弱い と、言われるのは間違いありませんね。
マスコミは、否定的な気持ちで観る わかっていながらも、なかなかそうは行きません。

ただ、検察側もたくさん荒を探せば、無罪の方々を有罪にしてきた過去もたくさんあるでしょうね!!

No title

かたゆでさん、おはようございます。

返信遅れまして、大変申し訳ありませんm(__)m。

僕の知人にもマスコミ関係者がいますが、小沢さんの件で、自分の非を認めませんもん。

以前のブログで書きましたけれど、検察の不祥事は枚挙にいとまがありません。十や二十じゃきかないですよ~。

一例を挙げますと、かって、検察の裏金問題を暴露した検事がいたんですね。テレビに出演してそれを訴えようとした当日の朝、小さな罪でいきなり逮捕された事もありました…。三井環、という検事です。もしお時間があれば、ネットで沢山出てますから、ご覧になられて下さい。

三井環調べてみました!
本当に映画の様な出来事が、当たり前の出来事の様に起こるんですね。
内部告発は、相手が大きい程、一人では不可能なのと、自分の身は守れませんね。。
消されなかっただけ、良かったという事になるのでしょうか?

小さな罪で、告発収録の朝に逮捕なんて、表向きは正当な形なだけに、怖い。
その後の告発された方々への処罰は、とても軽い。
見せしめにあった様ですね。。

見て見ぬ振りをするのか、協力する

No title

かたゆでさん、こんにちわ。

三井さんの件、お調べ頂いて、本当にありがとうございましたm(__)m。

黒澤明の映画で、「悪い奴ほどよく眠る」という作品がありますけれど、将にその通りの事が沢山起きています。

高知白バイ事件(園児のスクールバスに白バイが突っ込んだのに、スクールバス側が有罪)や、志布志事件(鹿児島の県議選で買収があったとされ、17人が逮捕されたが、全員無罪が確定)等々、書物やネット等を調べれば、山の様に出て来ます。是非周囲の方々に、お教え下さいませ。

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR