FC2ブログ

夢で逢えたら

おはようございます。今週は昼も夜も随分忙しかったですが、漸く終わりかあ。朝はバタバタで、本ブログの更新が遅れまして、大変申し訳ございません。そうそう、昨日は、旧知の方が本社に栄転となりまして、送別会を行った次第です。15年来のお付き合いになるのかな、僕が以前居た病院の、事務長時代からの知り合いでして、彼は当時課長だったのかな、年々歳々往時茫々、本当に時の過ぎるのは速いものです。でも、古くからの知友が、昇進するとは本当に嬉しいもの、友の憂いに吾は泣き、吾が喜びに友は舞う、旧制高校の寮歌じゃありませんが、本当に素敵で、素晴らしい一夜でした。Tさん、これからも頑張って下さい。また、福岡に行った折には、色々と宜しくお願い致しますm(__)m。

お酒が入ると何だか寝付きが悪いもの、半醒半睡の状態でして、うつらうつらと夢ばかり見ていました。偶然の一致というか、卵かけご飯を食べながら今朝のNHKニュースを見て驚いたんです。ATR脳情報研究所、どうやら脳やロボットの研究をしている機関だそうで、僕、初耳でしたが、夢を読み取る事が可能になったそうですね。何でも、寝ている人の脳の活動を分析、夢の内容を高い精度で解読する事に成功したんだそうで、今後は夢の中の色や形を画像化する事に挑むとか。技術の進歩は基本的には歓迎すべきですが、何だか怖い気もしますよね。傑作映画「インセプション」、現在最もホットな監督、クリストファー・ノーランが描いたのは、人の夢や深層心理下に入り込み、情報操作する産業スパイのお話でしたが、こりゃあ現実になりそうですよ!?

という訳で、今日は夢にまつわるお話を。とは言っても僕、医学部中退ですから、アカデミックなアプローチはとても無理でして、精々フロイトやユングや岸田秀、あとはそうですねえ、河合隼雄を斜め読みした程度、学術的な事は当院の優秀な先生方にお任せします。ちょいと異なる角度から迫ってみますね。

さて、先に「インセプション」をご紹介しましたが、夢に関する映画の傑作が2つありまして、アニメーションなんですが、「パプリカ」という作品です。惜しくも夭折されたんですが、筒井康隆原作、今敏(こん さとし)監督が描いたのは、患者様を治療する為に、夢を分析する心理士さんのお話です。未見の方の為に詳しくは書けませんけれど、そう多くないバジェットで、悪夢が暴走する一連のシークエンスは、いや、圧巻ですよ~。ご健在ならば、僕は日本一のアニメーション作家と思います、押井守監督を脅かす存在になっていたでしょう。いや、本当に残念です。合掌。もう1つは「未来世紀ブラジル」でして、近未来の共産主義国家を描いたものですが、悪夢と現実が行き来するんですね。この作品の視覚的なシークエンスは、一度観たら忘れられません。いやあ、強烈ですよ~。

僕、恥ずかしながら、複雑な夢を見る事なぞ皆無なんです。今日の内容が段々不安になって来ましたが、布団を蹴飛ばして寝ている時は、雪山で遭難する夢ですし、吉野家の牛丼が出て来たなあ、と目覚めれば、えらい空腹だったり、人間がシンプルと言うか、即物的ですね~、反省です…。

化学の進歩は素晴らしいですけれど、分かり過ぎるとロマンが無くなります。夢を見る、という現象はやはり不思議だった様で、古代から分析は行われていたんですね。神や悪魔からのお告げ、神託でありスピリチュアルなもの、そう捉えられていたそうです。人の夢を食べて生きるという、想像の動物は獏ですね。牛頭馬頭--ごずめず、と読みます。--は、平家物語に登場するんですが、登場人物の夢の中に現れる地獄の獄卒です。この牛や馬の頭を持ち、身体の部分は人間、という伝説は世界中で散見されまして、ギリシャ神話ではミノタウロス、聖書に登場するのはモロクであります。文化や文明の伝播って面白いですし、どの地に住んでいても、人間の考える事ってあまり変わりませんよね。そうそう、ミノタウロスをモチーフにする事を好む画家の筆頭はピカソでありまして、僕のオフィスにも1枚、彼のリトグラフがありますけれど、1930年代ですから、ちょうどシュールリアリズム・タッチの頃かな、しっかり牛の頭に人の身体を持つ生き物が描かれています。

文学界に目を向けますと、僕、余り好きな作家ではありませんが、やはり漱石の「夢十夜」ですかねえ。全て「こんな夢を見た」というセンテンスから始まる事で有名ですが、漱石先生はこの作品当時、胃潰瘍に糖尿病に神経衰弱に悩まされていたそうで、何だかナイト・メア、モチーフとしての悪夢が多いんですね。精神的にお疲れの際は、余りお薦め出来ませんね~。さて、今日は病院のお花見でありまして、それが終わったら、のんびりと平和な夢でも見て、ゆっくり眠りたいものです。では、ラスト・ソングとして、僕の大好きな、大瀧詠一さんの名曲の一節を。

♬ 夢でもし逢えたら 素敵なことね あなたに会えるまで 眠り続けたい あなたは 私から遠く離れているけど
逢いたくなったら まぶたを閉じるの ♬

それでは皆様、週末は素敵な夢をご覧下さい、又来週お会いしましょう!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR