FC2ブログ

FIGHT CLUB

うひ~、今日は年度初めという事もあり、何だか時間が切迫していまして、慌ただしく過ごしております。朝の珈琲タイムなどとても取れず、内線に外線、来客に打ち合わせとバンバン入っています。お陰で本ブログの更新もすっかり遅れてしまいました。大変申し訳ございません。そうそう、本日付で、新たなドクターが入職されますから、これから就任式なんですね。おっと、ではそのニュー・カマー、市岡宗悟先生のご紹介から参りましょう。当院の釣り番長、松下先生の強い推挙がありまして、大変な良縁でもありますし、就職が即座に決まったという、大変喜ばしい次第でした。

さて、その市岡先生は広島の産、34歳の若さで、精神科専門医、専門医指導医、精神保健指定医の資格をお持ちなんですね。精神科医の資格は全てお持ちという、打撃王落合もびっくりの三冠王、大変な麒麟児でありまして、僕なんて、34歳の時は何をやってたんだろ、--お酒ばかり飲んで映画鑑賞三昧でした、トホホ。--忸怩たる思いがします。眉目秀麗かつ温厚な物腰、フットサルとウェート・リフティングをされるというスポーツマン、非の打ちようがありませんし、こりゃあ、当院の女性人気NO1の座は、長期政権を築く或る人物から、愈々交代になるんじゃないかしら。そして、本日から7名ですか、作業療法部や事務員に看護部に、新たな優秀な仲間達が増えまして、当院の医療体制は益々充実するばかりです。僕、とても期待していますし、共に頑張って行きましょうね!そして5月にも、読者の皆様に又吉報を届ける事が出来るかと思います!乞うご期待であります!そうそう、最近とても嬉しく思いますのは、資格をステップ・アップされる職員が、とても増えている事なんですね。例えば、看護助手さんから准看護師さんへ、准看護師さんから看護師さんへ、という風に、皆さん研鑽を積まれていまして、僕、この病院の要職に就いてから7年目ですが、漸く組織が生き生きとして、活発になって来た感があります。院長先生も言われていましたが、野球やサッカーや登山等々、職員の皆さんが余暇にスポーツに取り組む事も多いそうで、仕事だけじゃあ人間詰まらないですからね、アフター5はドンドン遊ばなくちゃなりません。院内の桜も爛漫に咲き誇っておりますし、とにかく、嬉しくも目出度い限りです。

これだけスタッフが充実し、経営状態も極めて良好、どうやら、当院での僕の仕事は、そろそろ終わったかもしれませんね。という訳で、西行法師ではありませんが、僕、明日から剃髪、直ちに出家しまして、得度し、全てを棄てて世界漫遊の旅に出ます…。また一枚 脱ぎ捨てる 旅から旅、これでは山頭火ですね、チーン、ポクポクポク。おっと、冗談ですよ冗談。今日はエイプリル・フールですんもんね、アッ、あんまり面白くなかったですか!?

閑話休題、この慌ただしい中、何を書こうかな、と考えていたんです。忙中閑あり、昨日のお休みは、選抜にプロ野球と、ずっとテレビの前に居たんですが、そればかりでは流石に飽きますから、DVDも観ちゃいました。最近の僕、観るものと言えば、スポーツにニュース--大抵腹を立ててチャンネルを変えてしまいますが。--に音楽ライブ、映画ぐらいでしょうか。何時も同じものばかり--社長シリーズに「結婚できない男」ばっかりです。--では頭が固くなるな、と反省するんですが、休みの日ぐらいリラックスしたいですよね。

さて、昨日観たのは、インクレディブル・ハルク、アメリカン・コミック原作の物なんですね。インクレディブル、とは、信じられない、驚異的な、と訳して良かったと思います。このハルクとは、米軍の理不尽な人体実験が失敗、被験者は感情が制御出来なくなると、緑色の巨人に変身、全てを破壊してしまう、という設定です。最愛の恋人とも別れ、逃亡生活を余儀なくされる、という貴種流離譚と申しますか、大変物悲しい話で、僕、感情移入してしまう事もしばしばなんです。このハルクを演じるのが、エドワード・ノートン、というとても優れた役者さんでして、大変な名家に生まれ、超名門イェール大学で天文学と歴史を専攻、監督も務め小説も書き、ありとあらゆる役柄を見事に演じきるというんですから、東大卒なんて、束に成っても敵いやしません。憂いを帯びた繊細な表情も素晴らしく、僕、この人のフィルモ・グラフィーは大方網羅していると思います。このノートンさん、実は日本に1年以上滞在していた事がありまして、それは大阪海遊館の巨大水槽設置の仕事の為だったんですね。

僕、日本三大水族館を勝手に決めているんですが、大阪海遊館、沖縄美ら水族館、鴨川シーワールド、が御三家と言えましょう。次点で葛西臨海公園でしょうか。という訳で、この三大水族館を少々ご紹介します。

ノートンさんが手掛けた大阪海遊館は、8階建て、世界中の7つの海を居ながらにして見る事が出来る、というのが最大の売りでしょう。90年当時、世界最大の魚であり、優に15㍍はあるジンベイザメはここにしかいなかった筈です。本当に楽しめるんですが、大阪ならではと言いますか、皆さん観光のついでにここに寄られますから、館内が妙にソース臭いんですよ…。小腹が空いた時に、ついついたこ焼きを食べちゃうからですかね。

そして沖縄です。僕が行ったのは80年代でして、現在は確か大改装されている筈ですが、当時は世界一の規模を誇る大水族館でした。ここは何と言ってもロケーションですね。勿論、世界一の巨大水槽も度肝を抜かれますが、ちょっと外に出れば、紺碧の雲一つ無い空に日本一美しい海ですもん、居るだけでストレスなんて吹き飛ぶ事請け合いです。ただ、僕が母と行った際は、台風が直撃、凄まじい雨と風、そして鉛色の空でした…。

最後の千葉は鴨川シーワールドですが、ここも太平洋をバックにしたロケーションが素晴らしいんです。でも、やはり、シャチのショーのスケールは、一見の価値があると思います。何せこの水族館は古く、僕が行ったのは小学生の頃、父が同行してくれたんですが、シャチのスケールを甘く見ていました。あの巨体が豪快なジャンプをしますから、巨大プールから大量の海水が飛び出るんですね。哀れにも僕達親子は最前列に居たものですから、全身びしょ濡れになったのでした…。

あ、もう昼休みですか、何だか僕、魚を無性に食べたくなりましたよ~。それでは今週も、拙ブログを宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

fight club

エドワードノートンで、タイトルはfight club なのですね!
エドワードノートンの演技がどうも苦手です。。。
レッドドラゴンや・・・・  48時間は非常に面白かったですが。。
喋り方か・・・
でも、とても優秀な方なのですね(^-^)
これからは、見方が変わってくるかも!

沖縄の水族館は、ちゅら海水族館でしょうか?

No title

fight club 
エドワードノートンは、どうしても演技が苦手て・・・話し方が苦手なのか・・ファイトクラブに、レッドドラゴンに・・・
48時間は面白かったですが。
でも、とっても優秀な方だったのですね。
日本に滞在した期間があるのなら、もしかして親日家でしょうか?
そんな優秀だとは知らなかったので、見る目が変わるかも(^-^)

沖縄の水族館は、ちゅら海水族館でしょうか?

No title

リングイネさん、こんにちわ!

大分に戻るのが遅れまして、返信が遅れてすみませんm(_)m。

そうです、タイトルはその通りです。

ノートンさん、うろ覚えで恐縮ですが、ご両親が弁護士かドクター、大変なインテリ家庭だったと思います。来日したのは、お爺さんが建築家だか都市計画の第一人者で、大阪の水族館を手掛けたんじゃなかったかな!?そのお手伝いで来日したそうです。

沖縄の水族館は、ご指摘の通りです(^^)。

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR