FC2ブログ

WORK LIKE A DOG

Guten morgen、おはようございます。今朝は少々気分が良いですね~。西岡武夫参議院議長が、菅さんに対し、「お辞めになっては」と記者会見を開き、情理を尽くして切々と語っていました。参議院議長と言えば三権の長ですから、この発言はとてつもなく重いと思います。記者会見の全文を読みましたが、支離滅裂な質問を繰り返す呆れた新聞記者もいまして、これでも一流大学を出たのかなあ、三権分立の意味って知ってます?近代国家に必須の共通原理であり原則でしょ?と問いたくなりました。興味のある方はネットで産経新聞をご覧下さい、

人間の出処進退とは難しいものですが、僕のモットーは至って簡単でして、「進む時は人に任せ 退く時は自ら決せよ」であります。江戸時代の長岡藩家老、河井継之助先生のお言葉です。読んで字の如しなんですが、少々説明しますと、自ら地位を求めるな、人に推された時に初めて受ければ良い、己が辞める時は引き留める人もいるだろうがそれはその者の利害も絡んでいる事もある、従って己自身で決めよ、という風に解釈して良いと思います。それなりの地位にある人、権力の座にある人が辞める際、様々な葛藤、複雑な人間模様もあるでしょうが、立つ鳥跡を濁さず、惜しまれつつ綺麗に去りたいものですよね。

さて、今日は僕の仕事上の心得みたいなものを少々綴ってみたい、と思います。読者諸賢のご参考になれば幸いです。

社会人になって二十余年、色んなタイプの人を見て来ました。慎重な人短気な人、寡黙な人賑やかな人、大言壮語する人実直な人…。夫々一長一短ですが、伸びる人って、共通項がある気がしています。

まず、可愛げがあり素直な人、でしょうか。どんなに仕事が出来ても、それが無ければ、或る程度までしか出世出来ない気がしますね。人から好かれる部分が無ければ、取引先や部下同僚上司からも受けが良くありません。可愛げがあり素直だと、自然と人から好かれ、人脈も広がる、という訳ですね。そして、人は誰しも欠点がありますが、それをひとつに絞り込める人です。社会人の許せる欠点は一つまでです。どうしても朝起きれなくて遅刻をしてしまう、これは社会人として失格ですが、その代わり遅れた分も精一杯努力する、これで初めてイーブンです。そして、遅れた分をカバー出来るだけの何らかのスキルを身に付け、会社に貢献する、これで皆に認められますし、遅刻癖という欠点も、愛嬌に変わります。続いて、特殊技能を持つ人。古い邦画ですが、「社長シリーズ」という映画をご存じでしょうか?僕、この映画大好きでして、たまの休日に、焙った烏賊と剣菱を飲りながら、ビデオで楽しみます。この映画に、三木のり平扮する営業課長が登場しますが、この人、会社の経費を使って接待三昧、「パ~ッとやりましょう!」という台詞が大受けしたのですが、酒ばかり飲んでホステスにデレデレして大丈夫か、と思えば然にあらず、妙に人脈や情報を持ってたり、珍妙な宴会芸で取引先を和ませ商談成立させる、という特技を持ってるんですよね~。最後に、これが基本中の基本なんですが、現状認識が出来る人でしょうか。当たり前の事なんですが、これが中々出来ないみたいですね。どこまでが自分の仕事の領域か、どこから上司に任すべきか報告すべきか、他部署との連携、コミュニケーションは上手くいっているか、これら全てにおいて、正確な現状認識が出来ているか否かで、その人の仕事の評価は随分変わると思います。立川談志師匠曰く「現状認識の出来ない奴、これ即ち馬鹿と言う」。皆さんの何かの参考になれば幸いです。今日は珍しく固い話に終始してしまいました。では、良い週末を!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR