FC2ブログ

VANITY FAIR

おはようございます!!今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか。それにしても寒いですよね。僕、久方振りに自転車で通勤しましたら、汚ない話ですが、手足は冷えますし、鼻水が垂れて来ますし、顔は突っ張る感じですし、折角の絶世の美男子??が台無しであります。でも、こういう寒さの中でも、当院に走って来られるドクターもいらっしゃいますから、頭が下がります。ア サウンド マインド イン ア サウンド ボディ、健全な精神は健全な肉体に宿る、を地で行ってらっしゃって、尊敬する事頻りなんですね。僕も、神戸製鋼ラグビー部の格言に学び、ボディーズ オブ スティール ハーツ オブ ゴールド、で今年は行こうかな。

さて、新聞各紙を拾い読みしていましたら、僕、不勉強で恥ずかしかったのですが、ABENOMICS、アベノミクスって言葉があるんですってね。どうやら新総理の掲げる経済政策の由ですが、簡単に要約してみましょう。①インフレを人為的に起こす②円安にする③無制限の量的緩和④大規模な公共投資⑤日本銀行が建設国債を買い取る、こういった処の様です。僕、これ、非常に厳しいと思うなあ。ブラック・マンデーじゃないですけれど、株価の大暴落等、金融破綻が起こらない事を切に願います。と言いますのは、現在はデフレですから、インフレにしたいのは分かるんです。でも、ケインズの「神の見えざる手」の有名な言葉を紐解くまでも無く、瞬時に世界中のマーケットが動く中、日本の経済事情だけで上手く行く筈がありません。世界経済はグローバルにワールド・ワイドに動いているのに、独りだけのドメスティックな事情で簡単に考えていいんですかね。甚だ疑問に思います。そして、インフレという事は、当然物価が上がりますよね。その上消費税増税のダブルパンチな訳で、モノが売れる筈がありません。勿論、増税前の駆け込み需要はあるにはあるでしょうが、それも線香花火の様な一瞬のものでしょう。寧ろ財布の紐を締める、というのが当たり前の発想と感じます。あのねえ、都心部をちょっと見れば分かる事でして、例えば有楽町のガード下の吉野家、梅田の立ち喰いうどん屋、昼休みなんて長蛇の列ですよ。乏しいお小遣いの中から、少しでも出費を抑えようと、より安い昼食で我慢している訳でしょ。それで消費税アップとインフレによる物価上昇が加わるんですから、吉野家の牛丼の並が、今380円ですか、これが500円台になるんじゃないですかね。そうなりますと、皆さん手製のお弁当にしよう、となりますよね。景気が良くなるには、お金が循環しなくてはなりません。この時点でお金を使わなくなりますから、外食産業のみならず、あらゆる業界にしわ寄せが来るのは自明の理です。安部クンとその取り巻きの面々、特に麻生元総理ですか、高級ホテルで葉巻吹かして威張ってる場合じゃないでしょ。一度、昼ご飯時の吉野家に行って、並んでご覧なさい!本当に、実体経済を理解していない、愚劣で馬鹿な連中が多すぎて嫌になります。

もう不快な話は止めましょう。僕、昨日、映画に行って来まして、「レミゼラブル」を観て来ました。まあ、極めて有名なお話ではありますし、僕、ミュージカルスはあんまり得意じゃないんですが、不覚にも涙してしまいました。まず、俳優さん達の達者な事、通常ですと、この手の映画はアフレコでして、口パクで演技し、その後で唄を録音するんですが、ライブで撮影したそうですから、その迫力たるや圧巻でした。ラッセル・クロウは何時ものワイルドさを漂わせながら、割と甘い声でしたし、ヒュー・ジャックマンも声量たっぷり、アン・ハサウェイの鬼気迫る演技は素晴らしく、コゼット役のアマンダ・サイフリッドは脇が多かった様に記憶していますが、これまた絶品の歌唱力でした。そして、エディ・レッドメインとサマンサ・バークスの掛け合いの唄も見事の一言、僕、ニューヨークのブロードウェイでライブで観たくなりました!画像も中々ダークな色合いで良かったですし、かなり長い話と思うのですが、割とコンパクトにまとめていた様に思います。本来ならば、1830年に起きた、6月蜂起の意味、何故学生や労働者達が立ちあがったのか、に付いても触れて欲しかったのですが、そこまで描くともう1時間掛かりますもんね。そして、この映画、欧米のエンタテイメントの底力を感じました。邦画には決して出来ない世界と言いますか、「シカゴ」「ドリームガールズ」等々、世界中の観客が知っているスタンダード・ナンバーだらけなんですよね。これ、日本で同種のものを造ろうと思えば、サザンとかユーミンになるかと思うんですが、それでは、国内のみでしか観る人は居ないでしょう。先の経済の話じゃありませんが、やっぱりインターナショナルではなく、ドメスティックになっちゃいますもんね。

日本は島国で孤立している、というイメージを、皆さんお持ちかと思います。でも、少し視点を変えれば、360度全てを海に囲まれている訳でして、一度船を漕ぎ出せば、僕達日本人には無限の可能性が広がっている訳です。♫ 闇夜の国から二人で船を出すんだ 海図も磁石もコンパスも無い旅へと うしろで舵とるお前は あくびの顔で 夜の深さと夜明けの近さを知らせる 唄おうよ声合わせ 船こぐ音にも合わせて 闇夜の国から二人 二人で船を出してゆく ♫、井上陽水の旧いヒット・ナンバーですが、今年が日本にとって、新たな再出発、素晴らしい1年になります様に。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

実は・・・本日の写真撮影は雲に阻まれて残念無念。。。

急遽今晩「レミゼラブル」を牧子と見に行こうと予定しています。
良さそうですね^^楽しみです。
今年もよろしくお願いいたします。

No title

蕎友舘さん、おはようございます!いつもコメントありがとうございます。そして、いつも富士山の写真を楽しみにしております。

今年こそ、是非お店に寄ろうと思っておりますので、その際は宜しくお願い致しますm(__)m

映画、面白かったでしょうか!?映画の好みはあくまで主観ですから、井出さんの趣味と合うと良いのですけれど…。

レミゼラブル

大変楽しかったです^^
涙を流している方が多かったです。
私はこらえましたが・・・
牧子は泣いてました。
「もう一回 見たい」と喜んでいました。

ミュージカルタイプの映画は 表現が難しいのか
はずれが多い気がしますが
本作品はお見事でした^^

良い週末を~^^

No title

いや~、気になっていましたから、本当に良かったです!!

奥様にも宜しくお伝え下さいませm(__)m。

また、お奨めの映画があれば、本ブログでまたご紹介します!

本年こそ、富士宮市に行く積もりですので、その際は宜しくお願い致します!!
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR