FC2ブログ

5分間クッキング

先程のブログ記事は、怒りに任せて書いてしまい、大事な事を記すのを忘れていました。

当院では募金活動を行っていましたが、患者様や職員有志の皆さんのご協力を得まして、32万2958円の貴重な浄財を集める事が出来ました。このお金は日本赤十字に寄付する事に致しました。皆様方のご協力を心より感謝しております。本当にありがとうございます。尚、募金活動は院内外来受付にて引き続き行っておりますので、宜しくお願い致します。

世の中真っ暗闇で筋の通らぬ事ばかり、という気持ちですが、日曜日の日経にまたまた腹の立つ記事が出てたんですよ。忘れないうちに書いておきます。何でも、国の保有する全国の公務員宿舎が2万6千戸空いていて、避難民の為に活用する、という小さな記事でした。ちょっと待ったあ~!、と僕思いました。ていうとナニかい、そんなに家やアパートが空いてるのかい、襟を立てた高慢ちきな感じの大臣が事業仕分けなんて威張ってやってたけど、宿舎は漏れてたのかい、それにそんなに公務員の家は要らないだろうよ、と僕は怒り心頭に発しました。

あんまりこういう事ばかり書いていても、血圧が上がって良い事は何もありませんから、頭を冷やして、さて、今日は何を書きましょうか。

こういうストレスフルな場合、皆さんはどうされますか?バス・ソルトをたっぷり入れて半身浴も素敵でしょうし、アロマの香りに包まれて全身マッサージや、ゆっくりワインを楽しむのもリラックス出来ますよね。僕、こういう時は料理ですね。鍵ッ子の様な育ち方をした上に、独り暮らしの時期も長く、結構自炊好きなんです。僕の若い頃は、外食産業も発達しておらず、コンビニも少なく、深夜まで空いているのは飲み屋ぐらいでした。元々が食いしん坊な事に加え、若い時分は食べ盛りです。夜中に覚醒して、急に炒飯を作ったりしてました。檀流クッキング、という名著があります。作家檀一雄(女優檀ふみさんのお父さんですね)が書いた料理本ですが、将に男の料理集でして、この中に出てくる料理は全て作りました。最も凝っていた頃は、クレソンのシーザーズ・サラダ、エスカルゴ、魚介類のスープ、フィレ・ステーキを焼き、デザート(これは買って来たものですが…)まで楽しんだものです。最近は本当にたまにキッチンに立つぐらいですが、レパートリーはかなりあるんですよ(^^)。ぺぺロンチーノ、ナポリタン、カルボナーラ、明太子、マリナーラ、ビアンコやロッソ等々のパスタ、ステーキ、簡単などんぶり各種、ダグウッドサンドウィッチ、キャベツ料理各種、ホット・サンド、おでんにカレーに煮込みに各種麺類、炒飯、オムレツ、簡単なカクテル、まあ料理人の域には程遠いですが、趣味として楽しむには充分、僕って結構やるじゃん、と自己満足の世界に浸る事がしばしばあります。いずれカルチャーフェスティバルの際にでも、僕の料理をご披露出来れば、なんて夢想しています。

僕オリジナルのアレンジ・レシピは沢山あり、又の機会にご紹介しますが、今日は本当に簡単なレシピを1つだけ。美味しい目玉焼きの作り方です。バターをフライパンに入れ、玉子を落として弱火で5分、これだけなんですが、白味は薄く広がり黄身は綺麗に盛り上がり、一流ホテル風の、eggs fried sunny-side up、の出来上がり。トーストと一緒に食べても良し、炊き立てのご飯の上に乗せて、醤油をかけて食べるも良し、是非お試しあれ。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する