FC2ブログ

✙ THE PASSION OF THE CHRIST ✙

おはようございます!いや~、1泊2日の出張から戻りまして、それにしても、枕が変わると眠れないとは良く言ったもの、もう、宿泊先で参りました。ホテルの枕って、芯が無いと言いますか、何だかフワフワしてませんか。僕、どうも苦手なんですよ。お陰と言っては何ですが、戻ってからは愛用の蕎麦殻枕で熟睡出来、今日は気分爽快であります。布団に入ってすぐに寝付いて、気付いたらもう朝が来ていたんで、果たしてちゃんと眠ったのか、どうも釈然としない感はありましたが…。でも、最近は、テンピュールに羽根にクッション素材と種類が多すぎですよね。家電もそうです。掃除機1つとっても多種多様、もう訳が分かりませんし、メーカーさん、資本主義の世の中ですから仕方がありませんが、出し過ぎ!話を枕に戻しまして、愛用の蕎麦殻も随分草臥れて来ましたし、もういっそ、江戸時代の箱枕--ほら、時代劇で良くある、殿様や大名が布団の外に出して使う、台の部分が木で出来ている四角い奴です--でも使おうかしら。予は休むぞよ、何を恥ずかしがっておるか、苦しゅうない、近う寄れ、腰の帯をクルクルクル~、あ~れ~、なんちゃって。問題が1つありまして、果たして何処で売っているのか、皆目見当が付かないのが難点ですね。自作するしか無いのかな。

話の枕はこれぐらいに致しまして、民主党の面々は凄すぎますね。以前のマニフェストの約束は何も守らず、今回はTPPに参入する、という目標を、何の党内手続きも取らずに掲げ、それを守らず誓約書に署名しない人は公認しない、って言うんでしょ。この党の設立者は鳩山元総理でありまして、彼の言動には賛否両論あるでしょうが、彼が結党資金の全てを出したのは厳然たる事実です。その創立者兼オーナーの鳩山さんはTPPには反対ですから、出ていけ、と言っているのに等しいですね。民主党が政権獲得した際の最大の功労者である小沢さん--昨日無罪が確定して何よりの朗報でした。そして、世紀の大冤罪だったんですから、全マスコミ並びに政治家ども、司法界の連中は全員、市中引き回しの上、打ち首獄門(さらし首)に処す、ひっ立てい!であります--は既に追い出してますもんね。この民主党の連中、偏差値だけは高いんでしょうが、人の情や義理、世の中の道理を理解していない、世間知らずの大馬鹿者と言えるでしょう。国民だって馬鹿じゃありません、愛想を尽かすのも当たり前ですね。死して屍拾う者無し、であります。これに輪をかけて酷いのは、石原のジジイでありまして、亀井さんの新党に対し、「精神衰弱者みたい」とコメントしました。アンタねえ、幾ら詰まらない酷い内容のものしか書けないとは言え、一応作家でしょ!?かっては亀井さんと石原は盟友だ、何て言っていて、意見が異なればこの物言い、お前がそうなんじゃないの、とツッコミたくなります。僕、この石原、本質はコンプレックスだらけのレイシスト、差別主義者、だと思っています。

悪口を書くのは筆の汚れ、僕自身も厭ですが、暫しお付き合い下さい。この石原の発言、聞くに堪えない暴言ばかりなんですよ。障害者や、公害により後遺症が出た気の毒な人達に対し「人格があるのかね」。今回の福島の大地震に対し「天罰だ」。「フランス語は数を勘定出来ない(そんな事はあり得ません)」。同性愛者に対し「どこか足りない感じ」。「年取った女性は子供を産めないから地球にとって害悪」。「出来ればヒトラーになりたい」。とりわけ凄いのは、「70の老人に政治を任せる時代は終わった」、として都知事選に出馬した訳ですが、アンタとっくに80過ぎてるじゃん!!

今は橋下と共にスポット・ライトを浴び、注目の的ですし、政策の中には一部評価出来る所もあります。それにしても、都知事時代の施政はオリンピックから新銀行東京の設立から、大失敗ばかりでありまして、こんなジジイに期待していると、とんでも無い目に合いますよ…。

まあ、この差別、人間の根源にも関わる大きな問題と思います。優越感に浸りたいのは、人だれしもそうでありまして、それも差別と言われれば立つ瀬がありませんが、これ、中々無くならない気がしてなりませんね…。フランスやイングランドの排外主義なんて酷いものですし、僕がかって住んでいたオーストラリアでも、数回、酷い目に合いました。明らかにレストランに入るのを拒絶気味だったり、故意に名前を歪めて伝えられたり。金髪碧眼でなくては人に非ず、という価値観が欧米全体を覆っている気がしてなりません。

でもねえ、歴史の大いなる皮肉と言いますか、彼らアングロサクソンが信じて止まない、イエス・キリスト、彼の宗教画は限りなく多く描かれていますが、何れも金髪が風に流れ、ブルー・アイズが象徴的ですよね。さて、彼が生まれたのはイスラエルのナザレ、という都市であります。即ちキリストはユダヤの民だったんですね。この古代ユダヤ人達は、エジプトの国の奴隷でありまして、恐らくピラミッドなんかを造らされていたと思われます。モーゼという預言者と共にユダヤ人達はエジプトを脱出、蜜の流れる地と呼ばれたイスラエルのカナンへと移り住むんです。さて、人類の祖先はアフリカで生まれ、当初のヒトは皆、黒人だったんですね。気が遠くなる様な長い世紀を経て、欧州の寒い地に適した金髪碧眼が生まれた訳なんです。そこでおかしいのは、ユダヤの民が移り住んだシナイ半島は、中近東とエジプトの中間地点、この両国の民に金髪はいないんですよ。まあ、欧州の寒冷地と異なり、暑い場所ですから、白い肌は遺伝的に向いていませんね。当然混血も進んだでしょうし、今のユダヤ人にも金髪は非常に少ないんですね。遺伝子学的にも確率的にも、当時のキリストが金髪碧眼の可能性って殆どゼロの様に僕には思えます。金髪のイエス・キリストは、デマゴギーと言いますか、トリックじゃないでしょうか。黒い髪、褐色の肌、栗色の瞳のキリストの可能性大ですが、その絵画を見かけた事が殆ど無いのは差別と言えるでしょうし、ご本尊にも失礼極まりないと、僕には思えてならないんです。

何だか堅い話になっちゃいましたが、僕自身は差別なんて大嫌い、当院は日本語が喋れて能力があり、人格に優れていれば、国籍不問、全地球上の老若男女に門戸を開いている心算です!ケニア人の受付嬢、台湾人の看護師さんにインドネシア人のドクター、ウズベキスタン人の作業療法士に、エスキモーの検査技師なんて、国際色豊かで楽しいじゃありませんか。是非、世界各国の、医療を目指す紳士淑女達に当院に来て頂きたい、切にそう願っています!!
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する