FC2ブログ

VAMPIRE HUNTER

おはようございます。いや~寒いっすね~。実は僕、数日前から鼻が止まらず、困惑しています。これから師走に向けて忙しくなるのは分かり切っているので、風邪だけはひきたくないんですよね。まあ、手洗いにうがいをマメに行うしかありませんね。皆様もどうかお気を付け下さいませ。

さて、これから師走の忙しい時期に選挙なんて、正直な処、国民の生活なんて何も考えていないんだろうな、と思わざるを得ません。都内ですと墨田区辺りの町工場なんて、年末の資金繰りで青息吐息、東奔西走している時期でしょう。そこに「清き一票お願いします!」なんて言われても腹ただしいだけでありまして、どうせ選挙をするなら先月だったんじゃないですか。本当にドジョウってヒトじゃありませんから、己の生存本能のみで生きている感があり、将にリビング・デッド、ゾンビでありヴァンパイヤ、暗闇の中でしか生きられないと言う訳で、正視出来ない程醜い奴です。

昨夕、ニュースを見ていて驚愕しきりだったのですが、伊藤惇夫、なる政治評論家が出ておりまして、汚ない髭を生やし、胡乱な眼付きをしていて、前々から厭な感じだなあと思っていたんですね。この伊藤サン、色々な政党を渡り歩き、事務方として沢山の新党立ち上げに携わった事がご自慢の様でしたが、少し調べてみますと、このヒトが関わった党は全て消滅してるんですよ。胡散臭い奴だなあ、とは感じていましたが、昨日のテレビ局にコイツが登場しまして「今回の選挙は政策は余り考えなくて良い。これからの日本のビジョンの方が大事だ。」ですって。馬鹿じゃないの!?日本再生の為のビジョン、それが大事なのは赤子だって分かります。でもそのビジョンを実現させる為には、どうやって日本を立て直すか、それ即ち政策でしょ!もうねえ、こんな輩を嬉々としてテレビに出す、放送局の見識を疑いますよ。僕達国民を馬鹿にしてるのかしら。

それにしても、えらく政党が増えましたよね。今朝の新聞によりますと、「みどりの党」なる新党も昨日出来たそうで、現在は16もあるとか。民主党から離党者が続出し、鳩山元総理も離脱しそうなんですって。石原のジジイは躍起にやって橋下サンと一緒になりたがっていたり、「国民の生活が第一」と「新党きずな」が合併したり、そうそう、亀井さんも新党を造るそうですし、役者の菅原文太さんもご自身は政治家にならないにしても、「いのちの党」という名称で政治活動を始めるとか。政治家達の集合離散が活発になりそうですよね。

今、日本は問題が山積しています。中国や韓国にアメリカとの外交。北朝鮮の拉致被害者の奪還。長い長い不況からの脱出。年金問題の解決。増え続ける医療費対策。1000兆に迫ろうかという赤字国債の処理。等々、片づけねばならない問題は限りなくありますが、それでも僕、今回の選挙の争点は3つに絞られる、そう確信しているんです。それは、①今後、原発とどう向き合って行くのか、②経済に直結する消費税増税は是か非か、③アメリカがしきりに参加を促すTPPに参加するか否か、この3点ではないでしょうか。

賢明なる読者諸賢の皆様方には、釈迦に説法ですし、これまでのブログで再三再四書いて来ましたが、経済復興も外交も勿論大事ですが、まずは原発を止めましょうよ。この地震国日本、活断層だらけの土地に、原発を稼働し続ける、これ、正気の沙汰とは思えません。幾らカネがあったって、放射能を浴びたら終わりじゃないですか。金より自分の命が大事と思いません!?今も尚、福島の原発からは放射能が垂れ流されている訳で、まずこれを収束させましょうよ。どうも大マスコミや財界のヒトは、原発を止めるのが大嫌いなご様子ですが、だったら下らない放送するのを止めては如何でしょうか。殆どの人は何も困りゃしませんよ。僕だって、スポーツとニュースと、たまに音楽番組ぐらいしか見てませんもん。テレビ局のキャスター辺りが、深刻な表情で「節電を」なんて訴えても、アンタ達が一番電気使ってるじゃん、と失笑ものですし、よくまあ言いますよ。こういう不見識で破廉恥な輩を、三百代言、舌先三寸、ペテン師と言います。

そして、消費税導入ですが、財務省の大馬鹿共と、その口車にうかうかと乗ったドジョウが喜んでるだけでしょ。税金を上げるなら、まず手前らが血を流してからです。即ち、国家公務員の大リストラをし、不要な公共事業や特殊法人を全廃し、それでも足りないので税金を上げさせて貰って宜しいでしょうか、とお願いするのが筋でしょう。橋本龍太郎元総理が、その死の間際まで、「財務省に騙された」と嘆いていたそうです。と言いますのが、橋本総理の時代に、消費税を3㌫から5㌫にアップしたんですね。財務省のレクチャーでは、「これで国の税収が増え、赤字国債も減ります。長期的に見れば経済も良くなります。」との事だったんです。ところが現実は、赤字国債は増え続け、経済は低迷する一方、日本はいまだにその後遺症を引きずっています。今度は5㌫から10㌫ですから、日本経済へのダメージはもっともっと大きいでしょう。全然モノが売れず、倒産する中小企業が続出する事は間違いありません。

最後にTPPです。これは、以前のブログでも述べましたが、一言で述べますと、アメリカと日本でルールを撤廃し、あらゆる分野で規制を無くそう、という事なんですね。医療、通信、運輸、生命保険、法律、食品等々、24の分野でそれを開始しようという事でありまして、国民生活に直結する殆どがアメリカン・スタイルになるという事を意味します。表向きはアメリカと日本の合意を得てTPPを行います、と言うでしょう。でもねえ、戦後の日本が、アメリカと対等に渡り合い、公平なルールを作れた、何て1度でも出来ましたか!?ましてや、かなりIQが低く、アルコール依存症の疑いが濃厚なドジョウの言う事を、天下のアメリカ様が聞きますかね。僕、アメリカの思い通りになる、に100$賭けてもいいですよ。

どうか皆さん、よくお考えになられて頂いて、ご面倒とは思いますが、各党の主張をじっくりご覧になられ、ご自身の意見で投票されて下さい。今回の選挙は、日本がアメリカの奴隷となり、原発の不安を抱え続け、超大型不況を招くか否かの、本当に大事な選択を迫られていると思います。因みに僕は、原発は10年以内に全廃、消費税増税反対、TPPは参加しない、という考えでして、もし皆様がそれが正しい、と思われるならば、選ぶ党は1つしかありません。民主でも自民でも公明でも無く、ましてや石原や橋下でもありませんし、僕は左がかった考えでもありません。

さて、僕は日曜から出張でありまして、大分に戻るのは月曜となりまして、今後皆様にお会いするのは火曜日になるかと思います。どうか寒さにお気を付けて、楽しい週末をお過ごしくださいませ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR