FC2ブログ

風雲児

何を寝言を言ってるんですかね~。本当に腹が立って仕方がありません。えっ、中国ですよ中国。ASEM(アジア欧州会議)の首脳会談が、現在ラオスで開かれていますが、中国の外相が「釣魚島(尖閣諸島)は昔から中国の領土として、明の時代から600年支配している。日本の行動は、戦後の国際秩序と原則への重大な挑戦だ。中国の領土主権を守るとの意思は固く、日本の行動は無駄である。行動をもって過ちを正し、日本が地域の平和のためにすべき事をする必要がある。」とのたまったそうで、ドジョウはろくな反論も出来なかった様子です。まあ、こんな大○○野郎に何も期待してませんから、税金の無駄なんでとっとと帰って泥の中で寝てろ、という感じですね。ドジョウの代わりに僕から反論致しましょうね。

まず、歴史的事実から参りましょう。かっての明、という国は非常に問題を抱えていまして、北方のモンゴル帝国との際限無い領土争いが数百年続いていたんですね。この明は西暦1300~1600年の間の王朝ですが、官僚制が腐敗しきってしまい、国内は弱体化する一方でしたし、結局は中国北東部の女真、という民族に滅ぼされてしまうんです。おまけにもう1つ、明の北部はモンゴルと女真族が蔓延り、沿岸部は倭寇が跳梁跋扈していましたから、沖縄に近い尖閣諸島にまで、兵力を分散出来る筈が無いんです。こんなのねえ、世界史のイロハでして、高校生でも知ってる事実ですよ。へそが茶を沸かすとはこの事ですし、テメエらがアジアの平和を乱してるんじゃねえか、ふざけるのもいい加減にしろ、ってなもんですよ。中国は東南アジア諸国とも領土で揉めてますからね。もう一回攻め込んで支配してやろうか、お尻ペンペン、エンガチョ、アッカンベーだ。おっとこれは筆が滑りましたね、大変失礼致しました。

僕、海賊は大好きでして、キャプテン・ハーロックには大変憧れました。成長するに従い、世界各国の海賊の本は読み漁りましたが、まあアングロサクソン、イングランドの連中は本当に悪逆非道、酷いもんですよ。国ぐるみでスペインの商船の掠奪を奨励、その強盗行為が、国の財政の基礎を作ったっていうんですから、開いた口が塞がらないとはこの事でありまして、ついこの間もエリザベス女王の祝賀式を大々的に寿いでいましたが、泥棒の親玉の末裔じゃないですか、馬鹿にしてらあ。こっちもついでにエンガチョだ。まあ、スパイの本家本元もイングランドのMI6ですからね、こんな輩がジェントルマンの国なんて寝言言ってますもんね、皆さん、騙されちゃ駄目ですよ~。

閑話休題、お話の冒頭に倭寇が出て参りましたが、これも非常に誤解を招く表現でして、この海賊達には、日本人って殆どいなかったんです。韓国人や中国人が日本人に成りすましていたんですね。これは当時の中国の書に残っている厳然たる事実なんです。中国人倭寇を多数処罰した記録がありますからね。そんな状況で、尖閣諸島まで攻め込める筈が無いでしょ!

日本人は穏やかで争いを好みません。所謂海賊も、松浦、村上、河野等々居るにはいましたが、他国まで攻め込む様な輩はいませんでした。その証拠といっては変ですが、倭寇が蔓延っていた頃、山田長政、という人物が駿河の国、現在の静岡県に生まれます。彼は、青雲の志と一片の雲に誘われたのでしょう、奥田民生の名曲、♪さすらい♪そのままに、二十歳の頃に郷里を出て、長崎~台湾~シャム(現在のタイ王国ですね)へと渡ります。農業に経済に軍事に民政と、余程才覚があったのでしょう、メキメキと立身出世を遂げ、国王の篤い信頼を受け、タイ王国のナンバー・スリーの官位を授けられ、知事にまで就任しました。

僕、タイには何度か訪れた事があるんです。親日的で食事も美味しく物価も安く、大変親近感がありますが、首都バンコクから近い、アユタヤの街には多くの寺院が世界遺産として認められており、大変感銘を受けました。特に、夕闇迫る中、ライト・アップされたワット・プラシーサンペット、三本の仏塔は誠に荘厳でして、強い印象が残っています。さて、このアユタヤには500年近く続いた日本人街があったんですね。先にご紹介した山田長政がその繁栄の礎を築いた訳なんです。最盛期には1万人近い日本人が住み、一大コミュニティを形成、彼らは元々侍達ですから、タイ国の傭兵として防衛の任に就き、港湾を建設、陶磁器や革製品に薬に錫などを輸出して莫大な利益を得ていたと伝えられています。現地人とも仲良くしていた様ですし、発言権も当然大きくなりますよね。それを恐れた華僑の陰謀により、山田長政は失脚してしまうのですが、それでもこの街の繁栄は長く続いたのです。当時の名残りは残っていませんが、現在は大きな記念公園となり、碑が建てられています。僕と母は、偉大な先人達の霊を慰めるべく、献花をしたのですが、現地の人から暖かい言葉を掛けられ、旧日本人街沿いに流れるチャオプラヤ川の渡し船の代金が、タダになったのを覚えています。

中国もねえ、歴史の改竄や人の物を欲しがる癖は、もういい加減に止めた方が良いですよ。それで無くても世界中の鼻つまみ者なんですから、そろそろ己のエゴや醜悪さに気付くべきです。じゃないと誰も付き合ってくれませんよ~。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR