FC2ブログ

LE BIG MAC

昔々、ある処に大きな大きな国がありました。自らを中華と呼び、回りの国々には、東夷(とうい)・南蛮・西戎(せいじゅう)・北狄(ほくてき)とわざわざ獣へんを使って侮る始末です。日出ずる国からは、ODA、という名目で、総額3兆円以上をせしめました。そのお金を使って沢山の武器を買うのですから、何をか言わんや、でして、恩を仇で返すとはこの事です。彼らの公衆道徳も酷いものでして、煙草はポイ捨て、大声で叫び、酒癖が悪く、世界中の顰蹙を買っているのですが知らぬが仏、マナーを知らぬ田舎者が舞踏会に出た様なものです。そうそう、赤ゲットという言葉がありまして、明治時代に都心を観光に来た人は皆、赤い外套を着ていた事からおのぼりさんをそう呼ぶ様になったそうでして、将にその通りであります。中華のお隣の国々、チベットやウイグルの人々には絶え間無い虐殺を行い、日出ずる国の持つ島には勝手に上陸をする始末です。世界中の鼻つまみ者、厄介者、未開人であり、バーバリアンと言えるでしょう。

とまあ、徒に私怨ばかりを書いても仕方がありませんから、楽しい話題と参りましょうね~。僕、昨日は少々呑んだせいか、何だかお腹が空いているので、食べ物のお話、そう、久し振りにハンバーガーを食べたい気分なんですよね。マクドナルドにロッテリア、モスにバーガーキングにフレッシュネスバーガー、様々なチェーンがありますよね。かっては相当高かったイメージがありまして、現在のデフレ状態では考えられませんが、ビッグ・マックなんて500円ぐらいしませんでしたか!?そうそう、クエンティン・タランティーノ監督の名作、「パルプ・フィクション」の冒頭、「ヨーロッパではチーズ・バーガーを何て呼ぶか知ってるか?」「ロワイヤル・チーズ」「ハハハ、じゃあビッグ・マックは?」「ル・ビッグ・マック」「ハハハ」という下らない会話を思い出しますよね。

僕が中学生の時だったと思いますが、或る日、友人のW君とマクドナルドで食事をしていましたら、店長と思しき人から声を掛けられまして、何事かと思いましたら、「お店の中を見学しませんか」ですって。当時、マクドナルドのお肉はミミズを使っている、といった都市伝説が流布していたんですね。その噂を払拭すべく、そういった行動に出たのでしょう。僕達はお肉を焼かせてもらったり、それをパンに挟んだり、中々楽しかったんですが、シェイクってカップギリギリに入れるもんじゃないんですね。結構な勢いで機械がかき混ぜるものですから、僕がカップになみなみと注いだシェイクは、凄まじい音と共に、厨房中に飛び散ってしまいました…。

台湾のハンバーガーは独特です。通常ですと、飲み物は珈琲が合う様に思うのですが、何故か、豆乳、或いは激甘のミルク・ティーが大人気でして、ハンバーガーの具材も、チキンカツやメンチカツが人気だったりして、台湾オリジナルな味わいでした。

かって訪れたインドでは、宗教上の理由で牛さんは食べられませんから、お肉は鳥かマトンが主流でした。僕、羊肉は大好きですから、大変楽しめたんですが、インドのマクドナルドは市民には高すぎる様で、白人しかいないんですよ。ですから、折角のマハラジャ・マックバーガーを食べたのに、全くインドに居る気がしませんでしたねえ。

アメリカは本場ですから、基本的には美味しいんですけれど、やはり味覚粗野な国でして、とんでも無いハンバーガーを3種類食べた事があります。僕、好奇心旺盛な性格で良かった事も多いですが、この時ばかりは大失敗でした。まず、揚げたてのドーナツの間にハンバーグとチーズが入っていたものでして、また半端じゃないぐらいの甘味なんですよ。その凄い奴を、よくまあここまで太ったなあ、という男女が美味しそうに頬張っていまして、それも1つや2つじゃないんですよ。みるみる間に、そう6つぐらいは食べてたんじゃないかな、それを特大のコーラと共に食すんですから堪りませんでした…。これも気持ちが悪くなったんですが、通常のハンバーガーにピーナッツを細かく砕いて大量のマヨネーズで和えたものが入っておりまして、一見ひき割り納豆の様なんですが、勿体無いと思いながら、殆ど残しました…。そして、確か、ディープ・フライド・チーズバーガーという名前だったと思いますが、これは大量のハンバーグの間に大量のチーズを詰め、揚げたものでして、ケチャップを沢山かけて召し上がれという代物、これも油の量の凄さにお腹はもたれる一方でして、ほうほうの体でお店を脱出した事を覚えています。

僕が食べた最も美味しいハンバーガーは、かって在住していたオーストラリアで食べたものでして、パパママストアとでも言いましょうか、名前なんかあるのかな、と感じさせる古びた小さなお店で作られたものです。僕の住んでいたアパートメントから徒歩3分の近さでして、注文したら目の前で焼いてくれるんですね。大振りのハンバーグに適度な塩胡椒がふられ、目玉焼きにチーズにカリッと焼かれたベーコン、トマトとレタスとオニオンがたっぷり、これ1つで大満足、お腹一杯になるんですが、これが何と100円でして、やっぱり日本は物価が高過ぎるんじゃないですかねえ。とここまで書きましたら、何だかお腹が減って来ました。ちょっとハンバーガーを買いに行って来ま~す!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR