FC2ブログ

REVOLUTION EVOLUTION SOLUTION

おはようございます。大分は昨夜から結構雨が降ってまして、朝方に漸く止んで来た様です。こういう日の犬の散歩って中々面倒なんですよ。これ、犬の習性なのかどうか良く分かりませんが、何故か雨に打たれながら仁王立ちし、ビクとも動かないのが、我が愛犬の常でして、人も犬も成す術も無くただただ濡れるだけ、という何だかシュールな光景になるんですよね~。こういう時、どうやって彼女を動かしたら良いのか、どなたかご存じの方がいらっしゃったら、ご一報下されば幸いです。

さて、昨夕は、毎月行っているのですが、僕が講師となって、幹部職員の皆様に講義を行いました。昨日は皆さんに沢山の筆記をして頂きまして、謂わば頭の体操といった趣だったんですね。日頃は、「成功する組織と失敗する組織の違い」「戦略と戦術とは」「人材育成とコミュニケーション」「コーチングの基礎」「我が国の医療政策について」等々、皆で共通認識を持ち、高度な医療を患者様に提供すべく、日々精進を重ねております。

それにしても、日本全国津々浦々の看護師さん達、恐らく皆さん共通の悩みを抱えてらっしゃるんじゃないかな、と思います。それは、「部下の育て方」だと思うんですね。病院は、国家資格取得者の集団ですから、言ってみれば皆さん職人でありまして、それも人の命を預かるプロフェッショナルです。看護師長さん方は、年上や自分よりキャリアのある人や異性の部下を抱え、そして医師と患者様の間に入り夫々の言い分を取りまとめ、コメディカルや事務方に薬局や検査等の他部署との調整もし、日進月歩の医療の勉強は勿論ですし、部下のハンドリングもせねばならず、日々大変な激務だと思うんですよね。僕の立場からは、裏方からフォローするしか出来ませんが、心中お察し致します。

看護師免許を取る、それだけでも大変と思うのですが、問題なのは、「部下の育て方」は国家試験の対象じゃないんですよね。勿論、人を治癒する為の試験ですから、それは或る意味当然なのですが、実際上司になった際に、部下を育てようとすると、己の経験値というノウハウしか無い訳です。そりゃあそうですよね、日々患者様を直すべく全力で働いている訳ですから、部下のマネジメントやハンドリングを勉強する時間なんてありません。激務ですから、折角のお休みの日はデートにレジャーに忙しいのは当然でしょうし、上司になった時にどうすべきか、何て勉強する人がいたら、それは余程の変人です。そして、看護師になりたての若手が、組織運営について考えたり勉強するのは、百年早いですもんね。となると、その病院で或る程度キャリアを積み、そして上司となり、初めて部下や組織運営について考え始める訳です。これは、病院に限らず、一般企業でも同様でしょう。

僕、様々なビジネス書やテレビ、各種講演等で、人事のマネジメントについて勉強しましたけれど、それが役に立ったのか、と問われれば、正直疑問です。人の上に立つ、人に指示をする、こういう事って、ノウハウを見に付けたから上手く行くとはとても思えないんですよね。その人の人間性、包容力、感性、理解力、そういった事を磨く方が、一見遠回りに思えますが、余程近道と感じています。人は理屈では無く感情で動く部分が多いですから、冷酷で仕事の出来る上司より、業務的には劣っても人間性溢れる上司の方に惹かれるのではないでしょうか。その為には、日頃の何気ない事が大事になると思います。映画や小説に舞台にコンサートに行ったり、スポーツに料理に旅行と、幅を広げて人生を謳歌する事により、感性って磨かれると思うんですよ。特に映画や小説や舞台なんて、己の住む世界とは全く異なる疑似人生体験の様なものですよね。そうすれば、自分とは違うけれど、様々な考え方をする人間が居る、という事を許容出来るんじゃないでしょうか。どうも、当院の職員の皆さんを見ていますと、真面目なのは大変結構、素晴らしい事なのですが、遊びの部分が無いと言うのかなあ、余裕が感じられないんですよね。変な例えですが、何時も同じ幕の内弁当しか食べない感じでして、たまにはタイ料理やベトナム料理、ジンギスカンにフレンチにイタリアン等々、試してみれば良いのに、と強く思います。そうそう、この病院に来たての頃、余りに真面目過ぎる雰囲気に耐えられず、僕、玩具の小さなラジコン・ヘリを購入し、昼休みに飛ばしていた事があるんですが、氷の様な冷たい視線を受け、驚いた事があります。あれからもう6年ですか、流石に最近は職員の笑い声も聞こえますし、以前よりは随分伸び伸びして来たと思います。これが、僕がここに来て成し遂げた最大の業績かもしれませんね。

昨日のニュースですか、イギリスの王子が女性とベッドに入っている写真が流出した、と騒ぎになりましたよね。人の上に立つ立場として、軽率の誹りは否めません。そこへ行くと、そういったスキャンダルが皆無の、今なお世界に現存する王室の中で、最古の歴史を誇る、我が国の皇室は流石であります。国の象徴である方々が、常に日本の弥栄をお祈りされ、国民の健康を願われている、こんな素晴らしい皇族の方々が我が国にいらっしゃる、その事を僕達は誇りに思わねばなりません。古の中国に「天子南面す」という言葉がありまして、王様が南を向いて座るだけで、国が安定する、王には即ちそれだけの器と徳があるのだ、という意味なんですね。やはり人の上に立つには、己がその立場に相応しい様、日々精進が必要かと感じます。

今日は、何だか柄にも無く堅い話題に終始しましたが、たまには仕事の話も良いでしょう。さて、明日からはウィーク・エンド、皆さんたっぷりリフレッシュされて下さいね。そうそう、僕、実はある計画を極秘進行中でして、もしそれが目鼻が付いたら、本ブログでご紹介致します!それまでは、ヒ・ミ・ツ♡、という訳で、また明日お会いしましょう!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR