FC2ブログ

TRUE LIES

いや~、昨日も暑かったですね~。都内では200人近い方が熱中症で搬送されたそうで、皆様も水分補給には充分お気を付け下さい。さて、昨日の拙ブログで書きました、「アトランティック リズム&ブルーズ 1947-1974」、とうとう入手致しまして、今朝から早速かけております!この泥臭さというか、熱さが堪りませんね。オーティス・レディング、アレサ・フランクリン、ウィルソン・ピケット、サム&デイブ、黒人音楽の鼻祖とも言える巨星達の貴重な音源でありまして、これで暫くの間はたっぷり楽しめそうです。

昨日の夕方、テレビ・ニュースを見ていて驚いたんですが、何でも民主党政権になってからの方が、自民党時代よりも公共事業が増えているとか。あれ~、確か「コンクリートから人へ」「徹底して無駄を省く」「シロアリ(官僚)を退治する」って、確かドジョウが選挙前に言ってましたし、YOU TUBEで100万単位で再生されてましたよ。怒るのは止めておこう、と思っていましたが、もう黙ってはいられません。血の気が多いのが僕の悪い癖でして、諸葛亨孔明の様に思考し張飛の様に行動する、と親友のMさんによく言われるんです。

閑話休題、昨日の続きになっちゃいますが、まず、政府の市場介入、資金投与が何と14兆円の問題から入りましょう。経済学の初歩の初歩、アダム・スミスの有名な言葉があります。神の見えざる手、これは、株価や為替や物価というものは生き物であり、人為的に操作出来るものでは無い、という意味なんですね。中世の様に、ドメスティックなその国だけの経済市場であれば、例えば王様が価格を決める事も可能でしょう。ところが現在、これだけグローバルな時代になり、地球規模で経済が動いている訳で、日本政府が14兆円で円やドルを買ったしても、何の効果もありません。お金を溝に捨てた様なものですね。

公共事業やODAの費用が跳ねあがっている、これは、民主党の無能さが官僚に見透かされ、無知なドジョウはパペット(人形)として扱われている証左と言えましょう。官僚の暴走にストップをかけるべき政治家が無能なら、そりゃあやりたい放題になるに決まっていますよね。その象徴とも言えるのが、今回のオスプレイの配置問題でしょう。

オスプレイ、これは或る意味画期的な機体でして、翼が回転し、離発着に滑走路は不要、30人弱を乗せられ、長大な航続距離を誇り、飛行機とヘリコプターの長所を併せ持つというものです。中国が覇権主義的な勢いを益々強めていますから、アメリカさんが、これを沖縄に置きたいのも分からないではありません。只、このオスプレイ、欠点も非常に多いんですね。僕、軍事にも非常に関心がありますから、以前からYOU TUBEでオスプレイの動画は散々見ましたけれど、物凄く安定性に欠けます。翼の角度を変更出来るのは凄いですが、機体が重すぎて、飛行時もフラフラ蛇行している感があり、実際、試作段階から事故続きなんですよね。5年間で58回、試作段階で4回も人身事故を起こしていますから、性能は確かにずば抜けていますが、欠陥品なんじゃないの、という疑いが拭えません。宜しくないのは、このオスプレイの飛行訓練計画を見ますと、日本国内で1535回の飛行が行われる由、僕の住む大分県内でも、255回飛ぶそうですから、こりゃあ止めて欲しいのが率直な感想です。これも、アメリカ様のご要望を、ドジョウが快諾しちゃってるんですから、何をか言わんや、であります。

あの~、そろそろ、日本の防衛問題は、アメリカ様に頼らず、自分達の手で頭でプランニングすべきと思うんですよね。日本は膨大な海岸線を持つ海洋国家であり、島国なんですから、その特性を考慮した自主防衛策が必要と感じています。特に、ホットなスポットである、尖閣諸島や竹島を守る為にはどうすべきか、という事になります。現状の自衛隊の配備を見ていますと、離島の防衛については、正直手つかずでして、それがオスプレイの導入という事に繋がっているんでしょうが、答えは簡単です。空母を持てば良いんですよ。日本が空母を所有するというのは、海上自衛隊の悲願ですが、今までは陰に陽にアメリカの強い圧力があり、それは今だに叶っていません。現在は、「おおすみ」と「ひゅうが」という2隻のヘリ空母があります。勿論、それなりに有効ですけれど、やはりジェット戦闘機を搭載しなくては、と僕は思うんですね。ハリヤーⅡ、という垂直離発着、滑走路が不要なイギリス製の戦闘機がありますから、それを積んだ空母を造るんです。日本の技術力と経済力があれば、直ぐにでも可能です。因みに、現在空母を所有している国は、米英仏中豪、ロシアにスペインにブラジル、インドにイタリアにタイでありまして、日本より経済規模が小さい処ばかりです。あ、そうそう、韓国にトルコにイランも、空母計画を推進中です。

正直な処、アメリカの圧力で空母を持てないのが残念至極です。でも、まあそりゃあそうですよね、正面切ってアメリカに喧嘩を売って、真珠湾を空襲したのは日本だけですから、その牙を抜くべく、何十年も裏から手を廻しているんですもんね。僕、油田を掘り当てるか、金山を入手するか、宝くじが連続的中すれば、それを元手に私設艦隊を結成、第二のキャプテン・ハーロックとして、日本を守りたいものです。と、最後に大風呂敷を広げた所で、読者の皆様、楽しい週末をお過ごし下さい!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR