FC2ブログ

LET’S SPEND THE NIGHT TOGETHER!

いやあ、それにしても大分は昨晩から凄い雨です。NHKによりますと、「大分・熊本は、これまで経験した事の無い様な、記録的な大雨の恐れ」との由、近隣の皆様、どうか充分にお気を付け下さい。

僕、今朝の東京新聞を読んでいましたら、もう怒り心頭に達しちゃって、暫く押し黙ってしまいました。まずは「東日本大震災からの復興に関する2011年の予算で、使い残した額は6兆円にも上った。」、続いて、「政府は、整備新幹線事業に着手する事を決定した。福岡~佐賀間の所要時間が2分短縮される。予想される事業費は3兆400億円。」、だそうです。

おい、ドジョウ、国民を舐めるのもいいかげんにしろよ!汚ない言葉を使って申し訳ありませんが、あのねえ、復興資金が6兆円も残ったって、本当に東北を再建する気があるの?まだ仮設住宅に住んでおられる方も沢山いる訳で、その6兆円を使って、その方達に格安の金利でお金を貸してあげるとか、就職を世話するとか、生活必需品を支給するとか、被災者の学生さんの教育費に充てるとか、道路に港湾を整備するとか、幾らでも使い道があるでしょうよ。政府の考えている事やる事、全てピンボケです。そして、福岡~佐賀間を2分縮めなくても、誰も困りませんよ。カップラーメンを作る時間ぐらい、日本人なら待てますし、それに3兆円つぎ込むなんて、馬鹿で阿呆でコンコンチキ、パイポパイポ、パイポのシューリンガンって、最後は落語の寿限無になっちゃいましたが、新幹線と復興費の余りを合わせれば9兆円を超す訳で、それだけお金が残っているのであれば、何故増税するんですか?ドジョウやその取り巻きが言う事は、完全に論理破綻していますし、とっとと選挙でコイツらを落選させないと、日本は本当に大変な事になります。例えば消費税を40㌫に上げても、公務員は削減せず、新幹線の全ての路線を2分間短縮するんで、60兆使いますとか、増税分でアメリカの国債を買います、と言いかねませんよ。小沢さんの新党に期待する所以です。

さて、嫌な話は忘れましょう。実は今日、ある写真集の発売日でして、心待ちにしていたんですよ。「ローリングストーンズ50」というタイトルでして、この偉大なロック・バンドは、今年で結成50周年なんですね。それに因んで発売されるこの本は、350ページ、使われた写真は1000枚を超えるそうで、僕、仕事が終わり次第、書店に駆け付けます!という事で、今日はこのストーンズのお話を。

僕、中学生の頃は、毎日ビートルズを聴く事が何よりの楽しみでして、一所懸命歌詞を覚え、レコードと共に唄い、楽器の練習や友人と一緒にハモったりして、もう気分はジョンとポールでした。高校に入る前後でしたか、或る友人がレコードを持って来たんですね。何だか柄の悪い5人組がレコード・ジャケットに写っていまして、洗練されたビートルズとはまるで異なった、野性味溢れる彼らが、ストーンズの面々だったのです。優等生のビートルズ、不良のストーンズというイメージでしょうか。レコードを聴いてみますと、メロディアスさはまるで無く、無骨なブルーズを主としたスタイル、ビートルズよりもブラック・ミュージックを強く意識している事が分かり、僕、どんどん惹きつけられたんですね。ストーンズのお陰で、ロックがより身近になりましたし、彼らが好んだ黒人音楽を遡って聴く事により、近代音楽の源流、ルーツに触れる事が出来ました。そして、実生活の苦渋をも率直に織り込んだ生々しい歌詞、ブルーズを基調としながらも、その時その時の流行りを上手く取り入れるしたたかさ、優れたファッション・センス…。僕、彼らから或る種の影響を受けた事は否めませんし、10代の頃から愛飲するウヰスキーがジャック・ダニエルズなのも、ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズが飲んでいたのが一因です。

さて、彼らには、メンバーの死や脱退、コンサート中に起きた殺人事件、度重なる離婚、麻薬中毒、過大な重税、逮捕、ありとあらゆる困難が襲いかかりました。それでも半世紀もの長い間、バンドマンとして第一線にいられたのは、やはりロック・ミュージックの可能性を心から信じ、愛していたからではないでしょうか。思えば、ミックもキースも68歳ですからね、もう古希も近い訳で、それでもロック・バンドをやり続けるなんて、本当に凄い事と思います。僕、生で観たのは、オーストラリアにおけるミック・ジャガーのソロ・ライブだけですから、何時の日か、ストーンズの雄姿をこの目で確認したいものです。

最後にお薦めのアルバムを。「レット・イット・ブリード」「メインストリートのならず者」「ブラック・アンド・ブルー」「スティール・ホイールズ」「シャイン・ア・ライト」、くどくどとご紹介は致しません、是非お聴きになられて下さい!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR