FC2ブログ

PROMETHEUS

今朝の大分は、昨日とは一転、シトシトと雨模様でして、じっとりと汗をかく感じ、それでもこの雨が抜ければ流石に夏本番でしょうね。この嫌らしい湿気とも、やっとおさらば出来そうです。僕、昨日は遠出もあり会食もあり、関係者の方もさぞお疲れでしたでしょう、ありがとうございました。僕、何だか最近ずっと飛び回っている感じ、少々身体全体が張っている感がありますが、今日は大事な来客と会議がありますから、気合を入れて頑張るぞ~。

そうそう、小沢さんの新党も、今日夕刻よりいよいよ発足の由、マスゴミ連中は何だか色々と騒いでいますよね。でも、政権交代の立役者が、如何に駄目政権とは言え、曲がりなりにも与党から飛び出して、国民の為の政治を行おうとしているんですもん、これを応援しなくては男の子じゃありません。お金も足りない新党に、50人が付いて行くって凄い事なんですが、それをきちんと冷静に評価している大手メディアって殆どありません。僕、次期総選挙では、この新党、結構大きなムーブメントを起こすと確信していますが、マスゴミの皆さん、その時に手のひらを返さないで下さいね~、お願いしますよ。

さて、今日は何を書こうかな、と迷っていたんですが、いよいよ暑くなりますし、当院も計画停電をしなくてはなりませんから、発電の話と参りましょうか。僕、根っからの文系人間ですし、学生時代の物理や数学の成績は、目も当てられない程酷かったですから、ここからの文章もなるべく正しく書く積もりですが、もし間違いがありましたら、読者の皆様、どうかご遠慮無くご指摘下さいませ。

政府や東電の皆さんの論調は、「電力の供給が減れば、日本経済に多大な影響を及ぼす」という事で、強引に原発を再稼働しましたけれど、これ、明らかに間違っています。以前にも書きましたが、テレビ局なんて最大の電気の無駄遣いですからね、非常時には昼間の放送を止めるとか、1日1局の持ち回り放送をすりゃあ良いんです。海外なんて、こんなに1日中テレビ放送がある国なんて無いんですから。勿論、国民全体の、節電に対する意識が必要な事は言うまでもありませんが。

僕、ドイツの様に、10年以内に全ての原発を廃止する、という方向で日本も進んで貰いたいんですね。僕達は、世界で唯一、被爆国なんですし、広島・長崎・福島で高い授業料を払ったじゃないですか。余りに危険過ぎて、人の能力で扱えない、制御不能の原発には手を出すべきではありません。古のギリシャ神話において、人間に火を与えたのは、プロメテウスの神なんですね。その火により、人間達は便利になるのですが、怒った全知全能の神、ゼウスが贈ったパンドラの箱が開かれ、災いが起こる訳です。これ、あくまで神話ですが、原発を巡る状況に極めて酷似している様に思われます。

ただ原発反対、と叫んでいるだけでは、かっての○○党と変わりませんから、僕なりに私見を述べさせて貰いますと、火力発電は二酸化炭素を出しますし、水力発電もダムを作らねばなりません。従来型の発電システムから離れるべきと思うんですね。

TBS系の「夢の扉」という番組がありまして、民放では数少ない良心的な放送を続けているんですが、そこでかって取り上げられていたのは、振動発電についてでした。未だ若いエンジニアが開発したそのシステムは、道路の上を車が走りますよね、当然何らかの振動が発生する訳で、そのパワーを電気に変換するというもの、都内の橋にその器械を設置し、見事成功したんですが、こういう新たな発見にこそ、国家予算をじゃんじゃんつぎ込むべきです。とても優秀かつ賢明な官僚の皆様の、カラ出張を止めれば、直ぐに十億単位のお金が出来るでしょう!?

太陽光発電も夫々の家々に設置すべきですし、例えば大分は別府の杉乃井ホテル、ここは収容人員2500人の大型施設ですが、ここの電力は全て、温泉を生かした地熱発電でまかなっていますもんね。オランダの様な巨大風車を使った風力発電、海洋国家である日本の特性を生かした、波力発電・海流発電・潮力発電・海洋温度差発電も考えるべきです。面白い所では、宇宙太陽光発電に、温泉や河川に恵まれた我が国土なんですから、熱電発電(温泉水と河川の温度差を利用するもの)だってあります。

僕達が節電の意識を強く持ち、テレビ局の終日放送をすぐさま止め、現在ある火力・水力発電を生かしつつ、上記した新たな発電システムを開発すれば、原発再稼働の必要は全く無いと僕は思います。ドジョウ君、お分かり頂けたかな!?それでも原発を推進する、というのであれば、何かの悪い事、賄賂とか癒着とか談合とか、僕、疑っちゃうぞ~!!
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【PROMETHEUS】

今朝の大分は、昨日とは一転、シトシトと雨模様でして、じっとりと汗をかく感じ、それでもこの雨が抜ければ流石に夏本番でしょうね。この嫌らしい湿気とも、やっとおさらば出来そう...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR