FC2ブログ

GIMME SOME MONEY!

おはようございます。今日はスカッと晴れましたね(^^)。気持ちの良い一日になりそうです。

新聞各紙を流し読みしてましたら、どうも政界は大連立に向けて動いている様です。民主・自民・公明の連立政権を樹立して、震災復興の為の救国政権、被災者援助の為に大増税(法人税増・消費税増・所得税増)、という論調でしたが、お前に一言物申す~、って黒タイツを穿いて走って行きたい気分になりました。救国政権大いに結構、その点は大賛成ですが、増税、というのは明らかに間違っている、と断言します。

古今東西、あらゆる政権王朝支配者がありましたが、この様な国民が困難に陥っている際に、増税した話は聞いた事はありません。第一、被災者からも課税するのか、というモラルの問題があります。第二に、増税してモノが売れるか、かえって消費が冷え込むのでは、という問題があります。第三に、復興に向け必死に頑張ろうとしている企業から課税したら、再建出来ますか。以上三点の明確な理由により、増税は己の首を絞める大愚策と思います。この様な時は、大減税をし、消費を活発にし、建設国債を発行して財源を確保するしかありませんよ。えっ、赤字国債がこんなにあるのに大丈夫かって?中々良いツッコミですが、今更数十兆円増えたって大して変わりはしません。もう何百兆も借金があるんですから。大前提は、東北を復興させる事でしょう。リーマン・ショックの際のアメリカだって、赤字国債を発行し、似たような経済政策を打ち出しました。

一番の疑問なのは、以前の衆院選の際、民主党が与党になった選挙ですが、確かマニフェストに、「徹底して無駄を省き、公務員を削減します」と書いてあったと事です。そりゃあ、ありとあらゆる経費削減の努力をして、それでもなおかつ財源が足りない、というのであれば、日本国民は皆、増税に協力すると思いますよ。第一国会議員も地方議員も公務員もちっとも減ってない状態で増税、というのは僕は納得しません。分かり易く例え話をしますと、大変苦しんでいる会社があって、震災にあったと。再建の為のお金が無いので従業員にも負担して下さい、と言ってる様なものです。まずは社長や幹部の給与をカットし、無駄な経費、交際費等々を切り詰めて、それでも足りないから、従業員の皆さんご協力を、というのが筋でしょう。それを社長や幹部の待遇はそのまま、では従業員は誰ひとり納得しないのではないでしょうか。

おまけに東電も国有化する、という話も新聞で見ました。この様な悲惨な状況になり、国有化は分からんではありませんが、気になるのは、東電は当然の事ながら、被災者や被害者に保障する義務と責任がある筈です。国有化すると、僕達の税金で負担する事になります。僕、勿論、東北の被災者を助けたい気持ちは人一倍ある積もりですが、東電のフォローは全くしたくありません。東電は民間会社ですし、己の大失敗を国民に押し付けるとは、どういう料簡だ、おいおい、この背中の遠山桜が黙っちゃいねえや、と感じました。

読者の皆さん、いかが思われますか?私の書いた事はおかしいでしょうか?
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する