FC2ブログ

すべらない話 PARTⅡ

台風一過、今朝の大分は朝焼けも見えたりして、とても清々しい一日になりそうです。仕事上のストレスも、少しばかり軽減されたかな、なんて思ってましたら、どうやら消費税増税法案が通りそうな気配じゃないですか。僕、この国にはつくづく嫌気が差しました。不景気の時に増税、これ、古今東西のどんな経済学の教科書に書いていませんし、今までやった国もありません。景気というものは、風が吹けば桶屋が儲かる、の諺通りでありまして、皆さんがドンドンお金を使わないと良くならないんです。そりゃあそうですよ、お金が循環する事によって皆が潤うんですもん。不景気ですと、皆さん、財布の紐を堅く締めるのは当たり前、おまけに消費税が上がる訳ですから、買い物を控えますよね。そうなると、物を作っても売れない、会社は困る、という悪循環です。これ、目先の税収が欲しいだけの、大馬鹿官僚どものさもしい浅知恵に過ぎません。それを、頭が空っぽのドジョウが、自分は良い事をしてるんだ、と思い込んでいるもんですから堪りませんね~。何とかに付ける薬は無いのも当然です。かって財政危機に陥った、米英両国がどうしたかと言いますと、クリントン大統領ブレア首相の両名は、申し合わせたかの様に大減税を敢行、消費を喚起し、見事好景気となりました。あの~、ドジョウとか自分で言ってる人、幾らなんでもクリントンのやった事ぐらい知ってるよね、一応政治家だよね!?

日刊ゲンダイの記事によりますと、現在、貯蓄ゼロの家庭は28.6㌫、そして年収500~550万の標準世帯の場合、消費増税だけで年間12万円負担が増すそうです。その他の税金は勘案していませんから、日本中の多くの家庭は赤字転落ですね。そして、日本の企業の殆どを占める、中小の会社も大打撃を受けます。実際に納税している企業の2010年の統計ですと、消費税の滞納額は全国で3400億円、これには年間14㌫の延滞税も加算されます。そこに消費税がアップし、電気代も健康保険料も復興増税も加わる訳ですから、倒産企業が増えるのは自明の理でしょう。現在不況に喘いでいる40万社のうち、半分の20万社が倒産するかも、と言われています。

是非皆様に思い出して頂きたいのは、97年、橋本内閣の際の事です。消費税を3㌫から5㌫に増税したのですが、結果は皆さんご存じの通り、デフレによる大不況到来、どうしようもなくなり、小渕さんの時に少し持ち直したものの、徐々に衰退、そして現在に至っていますよね。97年以降、国の税収から国民の所得から全てダウン、橋本元総理は、財務省の主張を聞いた事を、死の間際まで悔んでいたと言います。官僚は決して責任を取りませんし、何度同じ失敗を繰り返しても、いけしゃあしゃあとしています。現在の状況は、橋本元総理の時代よりはるかに実体経済は悪化している訳で、ここで増税を唱える、民主党・自民党・公明党の議員さん、僕、アナタ達が何を言ったか、どう行動したか、決して忘れませんし、金輪際信用しませんよ。皆さん、小沢さんに対する好悪の感情はあるでしょうが、消費税増税は不可、というこの姿勢に関しては正しいと思います。本当に、このブログの読者の皆様は勿論の事、全国民の方々が、どうか真実に気付いて欲しいと、僕、心から、切に切に願っています。

入りを増やして出るを減らす、これ、経営の鉄則ですが、これを日本経済に当てはめると、税収を増やす為には減税して景気を良くする事が結果として増収に繋がりますし、出るを減らす為には、日本中の公務員を大馘首し天下り法人は全廃すれば、十兆単位の無駄が省けますから、増税の必要は全くありません。そして、以前の拙ブログで提示した様々なアイディアを実行に移せば、直ぐに日本経済は立ち直り、ライジング・サン・アゲイン、という訳です。

堅い話はこれでお積もりにしまして、ここからは楽しい話、笑える話、すべらない話と参りましょう!

まずは、僕の遠縁にあたる親戚の叔母の話から。管理栄養士と僧侶の資格を持つ中々のインテリなんですが、話好きでして、話題が佳境に入ると、誰も口を挟めない程ノリノリになるんですね。「たかしちゃん、その人が、しこたんたんと狙っているのよ!」「その人の字がねえ、まあ、ネズミの這った様な字でね~。」その表現を連発、前者は虎視眈々、後者はミミズの這った様な字、なんですが、機嫌良く話を続ける叔母を見ていると、しこたんたんって相撲かよ!或いはネズミの這った様な字って太すぎだろ!とても突っ込める状況に無く、非常に困った事を覚えています。

高校時代の事。僕は公立校に通っていたのですが、当時のラグビー部に逸材が揃い、もしかしてもしかすると、名門大分舞鶴を破って花園大会に出られるかも、と期待がかかっていたんですね。ラグビーにおいて、最後の守りの要のポジションは、フル・バックでありまして、そこを守っていたのが、仲の良かったC君でした。舞鶴の怒涛の攻撃を、C君の八面六臂の活躍で耐え凌ぎ、僅差で迎えた終盤、ここさえ乗り切れば、という局面を迎えました。舞鶴の俊足バックスがC君に迫ります。僕達は「C!走れ!」と応援したのですが、C君は既に体力を全て使い果たしていたのでしょう、本人の気持ち的には走っているのですが、足が全く動かず、単にその場で腿を上げているだけ、要するに腿上げ運動状態だったんですね。舞鶴の選手が思わず笑いながらトライを決め、観客の僕らも大爆笑、試合が終わってみれば大差の敗退でした…。

本ブログに再三登場頂いている親友のMさん、彼は前の職場で一緒に働いていたのですが、お酒が大好き、その日は職員寮で痛飲していたんですが、歌って踊って語って宴たけなわの際、余程楽しかったんでしょう、当然の如く一人で全裸となりました。その日は確か2月だったと思うんですが、まあ寒いんですよ。そのうち寝入ってしまったMさん、全裸で震えているんですね。可笑しいやら可哀想やらで、皆でMさんの部屋まで全裸のまま両手を引きずって連れて行ったんですが、まるで捕獲された宇宙人の様な有様、それでも布団に何とか入れて、明朝の事です。僕の携帯が鳴りまして「おはようございます。Mです。全く記憶が無いのですが、何故私は裸で布団にいるんでしょう。」ですって。

トリを務めるのはやはり僕の父ですね。父は医師でして、病院で当直の際の事です。若くて中々美人の独身看護師さんが同じく当直、秋口だったそうですが、父が内線で電話をしました。「オイ、悪いけどスイカを買って来てくれ!」、看護師さんは院長の命令ですし、季節外れの深夜にスイカなんて無いよ、と思いながら、終日営業のスーパーで漸く購入、父の所に持って行きました。「先生、何でこんな時にスイカなんて言うんですか~。」「お前の買って来てくれたスイカが食べたかったんだよ…。」「…。」息子からすると、お前70過ぎて何言ってんだ、ジゴロか!と言いたくなりますが、身内の恥を曝したところで、僕はこれから面談3連発、頑張って来ます!
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【すべらない話 PARTⅡ】

台風一過、今朝の大分は朝焼けも見えたりして、とても清々しい一日になりそうです。仕事上のストレスも、少しばかり軽減されたかな、なんて思ってましたら、どうやら消費税増税法案...