FC2ブログ

♪ SONATINE ♪

何だか一気に夏めいて来ましたね~。昨日の大分は結構な暑さでしたし、全国では、夏日のところもさぞ多かったんじゃないでしょうか。何時も散歩に連れて行く愛犬も、すっかり夏毛に生え変わり、涼しげですもんね。

それにしても、昨日は沖縄の県議選が行われたそうですが、全48議席中、与党である民主党が獲得したのは何と1議席のみの由でして、こりゃもうとっとと下野した方が良いですね。と言いますのは、沖縄は米軍基地がある大変ホットな場所ですから、県議選とは言え、極めて重要な選挙なんです。ですから、与野党の党首クラスが沖縄まで応援演説に行っている訳でして、それで48分の1しか支持されないんですもん、とっとと政権から下りれば、という所以です。ましてや、民主党が不人気かつ不支持されている状況下で、世論調査でも圧倒的に反対の、消費税増税にTPP推進なんて、野田サン、正気ですか!?どうも、選挙で当選すれば、何をやっても良いんだ、と民主党執行部の方は勘違いされているご様子なので、ここで書いておきましょう。まず、僕達国民が選挙で投票して、議員に権限を付与する訳です。国民主権ですからね、政治家主権や官僚主権では決してありません。では国民はどうやって議員を選んで投票するか、という事になりますが、それを判断するのは、選挙公約であり、マニフェストを読んで決めるんです。当選したから、と言って公約を全て変えてしまっては、これ、只の詐欺であります。というのは、現在、YOU TUBEで、百万単位のアクセス数なんですが、前回の総選挙において、野田サンと岡田サン(現副総理ですね)の演説がアップされているんですよ。皆さん、是非ご覧頂きたいんですが、両名とも「決して増税の必要はございません!!」と何度も大声で断言されていまして、僅か2年程前の話なんですもん、このヒト達を信用しろと言われても、そりゃあ無理ってもんでしょうよ。沖縄県民の皆さんの判断が当たり前だと思いますし、よく1議席取れたなあ、というのが実感です。

本ブログでは、かって沖縄の悲惨な歴史について書きましたけれど、先の政治の話同様、何時までも嫌な話をしても仕方ありませんから、今日は沖縄の美味しい食べ物のお話と参りましょう。僕、初めて沖縄の地を踏んだのは中学生の頃、その折はトランジットのみで直ぐに離島へと飛び立ったんですが、その後、高校在学中に独り旅で訪れ、以来数度行った事があります。高校生でお金がありませんから、確か大分から鈍行で鹿児島着、そこからフェリーで数日かけて沖縄本島に到着したかと思いますが、着くや否や飲んだのは、勿論、オリオン・ビールであります。高校生のくせに、当時の先生方、ご免なさい!このオリオン・ビール、現在はネットで幾らでも取り寄せが可能でしょうが、当時はそこまで流通が発達しておらず、沖縄でしか飲めない幻の麦酒だったんですね。コクがあって後味も良く、さっぱりとしたその味は、明らかに日本本土とは違いまして、また灼熱の南国の太陽の下で飲むと、余計に美味しく感じるんですよね~。また、米軍基地があるのが最大の理由ですが、ビーフ・ステーキが格安です。日本の霜降りのものとは異なり、しっかりとした赤身肉でしたが、育ち盛りの高校生には最も適したものでした。そして、面白いなあ、と感じるのは、僕の好きな長崎に似て、何処と無く無国籍風、或いはクレオール料理風、中南米やハワイアン・テイストの料理が散見されるんですね。この理由は、かって沖縄が大変貧しかった戦前の頃、多くの県民が職を求めて、海を渡り移民していたからでしょう。ペルー、ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、ハワイ、アメリカ本土…。そして戦後、二世や三世の方々が、それらの地から沖縄に帰郷して来られ、一気にその国々の料理が紹介され、日本風にアレンジされた、という訳です。沖縄のメイン・ストリートは国際通りですから、言い得て妙と思いませんか?

最も美味なのは、やはり豚肉料理でしょうね~。これ、恐らく、船で行き来出来る台湾と影響しあって、この食文化が生まれたと確信していますが、どれもとても美味しく感じます。抜ける様な蒼い空と海を横目に、強い泡盛を飲み、そして豚肉を喰らう、う~、僕、明日にも行きたくなりました。泡盛が豚のしつこさを綺麗に洗い流しますから、理に適っていますし、将に頭からしっぽまで食べるんですから、やはり中華料理に近いですよね。僕がお薦めしたいのは、まず、ミミガー、これは豚の耳の軟骨部分ですし、そしてチラガーが頭の皮の部分です。軽く焙って食べれば、もう泡盛が止まらなくなります。ポピュラーなところでは、あばら肉を煮込んだソーキ(沖縄そばに入りますね)や、バラ肉の角煮のラフテーでしょう。女性に最もお薦めなのは何と言っても足テビチ、これは豚足をコトコト煮込んだものでして、長時間火にかけていますから、脂肪分が殆ど抜けてしまって、コラーゲンだけが残っている、という美容食には最適のものと思いますよ。

止めておいた方が無難なのは、ヒージャー、山羊鍋でしょう。好奇心旺盛な僕ですし、そう高くなく、郷土料理として広く知られ、沖縄では祝い事の時の食べ物ですから、喜んで山羊料理専門店の暖簾をくぐり、早速食べてみたんです。鍋をひと混ぜして匂いを嗅ぐと、ウッ、と鼻を突く強烈な異臭が…。何故か鍋には大量のヨモギと生姜が入っているので、不思議に思って、お店の方に聞いてみますと、「匂い消しなんですよ…」と小さな声で答えが返って来ましたが、全然意味ねえじゃん、とすかさず突っ込みたくなりましたねえ。山羊さんには本当に申し訳無かったんですが、殆ど残しまして、ほうほうの体でお店を出る事と相成りました。本土に戻ってから色々調べてみましたら、山羊肉は滋養強壮食として大変効果があるのは間違い無いそうなんですが、人によっては失神する様な代物だそうで、さもありなん、と感じました。

海ぶどう、グルクン(タカサゴというスズキ目の魚)の唐揚げ、アオブダイのソテー、柔らかめのお豆腐、沖縄そば、少々塩味が強すぎて辛いですが缶詰のランチョンミート、美味しいものは数あれど、僕、最も風情があると感じたのは、古の琉球王朝料理でしょうか。東道盆(とぅんだーぼん)という大皿に各種前菜が敷き詰められ、お吸い物にお造りに煮物揚げ物焼き物、酢の物と続く、将に沖縄と日本本土と台湾文化が混在した、琉球王朝の栄華を感じる事、間違い無しであります。楽しいのは、琉球舞踊や島唄を見ながら食事が取れたり出来るんですよね、こうなりますと、もう琉球の王様か、或いは北野武監督作品「3-4×10月」か「ソナチネ」の主人公の気分でありまして、大変心地良く酔った事を覚えています。

この拙文が、今後沖縄に行かれる方の、何かのご参考になれば幸いです。それでは今週も本ブログを宜しくお願い致します!それでは、ぐぶり~さびら~!
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【♪ SONATINE ♪】

何だか一気に夏めいて来ましたね~。昨日の大分は結構な暑さでしたし、全国では、夏日のところもさぞ多かったんじゃないでしょうか。何時も散歩に連れて行く愛犬も、すっかり夏毛に...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR