FC2ブログ

ALL THE KINGS’ MEN

それにしても、ネット上の意見と、世の中の大勢とは、随分な差異がある様に思えてなりません。例えば、小沢さんの一連の事件においても、ネット上では冤罪であり検察が違法である、という意見が大半を占めます。ところが、大新聞の世論調査ではその逆です。メディア・リテラシー、という言葉がありまして、「情報の真贋を見抜き、活用する事」という意味ですが、どうも日本人はそれが苦手の様ですね。新聞記者があるニュースを取材、それを記事にする訳ですが、そこでまず取材者の主観が入ります。記事をチェックするのはその上司でして、そこでまた主観が入りますし、会社の意向が加味されてしまうと、もう事実が歪んで来るのは否めませんね。第二次世界大戦の報道が好例でして、日本が敗戦するその前日まで、新聞は「神国日本は不敗だ。腐ったアメリカを倒せ。」なんて何年間も書き続けて来た訳ですね。今でも、昭和20年前後の全国紙縮刷版を読めば、誰にでも直ぐに分かる厳然たる事実です。ところが昭和20年8月16日の敗戦翌日から、「アメリカ万歳!」と書き始めるんですから。まあ、真っ当な感性を持つのならば、新聞記事は相手にしない、というのが紳士淑女のたしなみと言えるでしょう。

というのは、原発再稼働の問題も全く同じでして、全国紙のスタンスは、「原発を再稼働しなくては夏場の電力が不足して経済が大変な事になる」であります。でも、少し考えれば誰でも分かりますが、経済イコールお金も勿論必要ですが、自分の命の方が大事でしょうよ。そして、福島であれだけの事故を起こしているのに、また原発を再稼働する、というのはあまりにリスキーじゃありませんか?まあ、ここは公平、公明正大に国民投票で決を取るべき、というのがネット上の意見でありまして、もうそのムーブメントは非常に盛んになりつつあります。僕、ブログをやりながらも、PCの操作には非常に疎いものですから、上手くアドレスを添付出来ないのですが、『みんなで決めよう「原発」国民投票』というホームページがあります。原発に賛成、反対はともかくとして、こんな大事な事は国民に決めさせてほしい、という事でして、僕はこの運動の趣旨に大賛成でして、既に署名済みです。集まった何十万を超す署名は、衆参両院の議長、内閣総理大臣、各党のトップ宛に差し出し、国民投票の実施を申し入れる由、もし興味を持たれた方は、是非ホームページをご覧になられて下さい。

僕、不思議でしょうがない事があるんです。それは、原発は非常に危険な存在であり、それを地震国日本に設置する際に充分考えたのか、そして誰がこの国に設置したのか、という事なんですね。これ、皆さんの共感を得られると思うんですが、如何でしょうか。答えは簡単、原発を導入したのは、長年、日本の舵取りを担い続けて来た自民党の皆さんであります。という事で、今日の本ブログは、日本最大の政党である、自民党について、であります。

僕、自民党そのものを決して批判する者ではありません。先程書きました、第二次世界大戦の敗戦において、全国は焦土と化し、焼け跡だらけ、再興するのに半世紀はかかるだろう、と著名な外国人ジャーナリストが語った事からも分かる様に、日本はもう駄目だろう、というのが大半の諸外国の見方でした。ところが、民間の血の滲む様な努力と刻苦勉励の末、20年もかからずして、日本は奇跡の経済復興を遂げ、世界有数の金満国として、先進国の地位に返り咲きます。民間人の努力の甲斐があって、がその最大要因ですが、自民党政権における経済政策もまた、時宜を得た素晴らしいものでした。日本復興の礎となるべき基幹産業--製鉄や自動車産業や建築業等々--に重点的に予算を配分し、国家が手厚く保護し育てる、このビジネスモデルは非常に有効で、東南アジア諸国がそれを手本に経済成長を成し遂げ、世界的にも評価が高いものでした。この、自民党と国民の間の幸せな蜜月、謂わばハネムーンは、そうですねえ、40年近く続いたと思います。

権力は腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する、これ、イギリスのジョン・アクトン卿が残した有名な言葉ですが、自民党もその法則からは逃れられませんでした。数えきれない程の様々な業界からの多額の違法献金、即ちトンネル会社を迂回した複雑な献金システムを造り上げ、多くの議員に疑惑が囁かれ、逮捕者も多く出て、自民党と民意はかけ離れてしまいました。自民党天国とも言えるその40年間の間に、かってもてはやされた、その経済成長システムは、時代の変化と共に古く黴臭いものへと変わったんですね。そりゃあ、これから人口がドンドン減る訳ですから、今更道路を造っても無用の長物ですもん。政府が企業に多大に干渉したり、ありとあらゆる規制を掛けるのを、20年前に即刻止めるべきだったのですが、先に挙げた献金システムや官僚との癒着が仇となり、それが出来なかったんですね。そして、主要な自民党政治家はアメリカから多額の金を貰っていた、という事実が、アメリカの公文書から続々と発見され続けています。アメリカは、政府関連の文書を全て保存し、数十年後は誰でも見られるシステムになっていますから、気鋭のジャーナリスト達が海を渡り、ワシントンで調べ続けているんですね。他国からお金を貰っていては、その政治家の言動が信用出来なくなるのは当たり前です。

そして、自民党の象徴が、原発と言えるでしょう。当時からもその危険性や、地震国であり活断層だらけのこの国に導入するのは正しい事なのか、賛否両論が囁かれましたが、極めてリスキーな原発を導入したのは自民党でありまして、僕、その罪は非常に重いと思います。国会やジャーナリストが追求すべきですし、大きく取り上げるべきですが、そんな話は聞いた事がありませんよね。間違い無く、自民党と東電や官僚との癒着はある筈なんですがね…。原発事故に対応出来なかった無能な菅サンも大問題ですが、その危険な装置を、全国各地に設置した人の罪は何故問われないんでしょうか。

僕に言わせれば、自民党って恐竜の様なもの、と思います。かってはこの地上を制覇した王者でしたが、環境の変化に対応出来ず絶滅への道を辿った訳でして、新たな哺乳類という種が新たな地球の支配者になりましたもんね。かと言って、他の政党も危なっかしかったり、ついて行けなかったり、能力に問題あったり、ですもんね。本当に、日本を救う新たなビジネス・モデルを持った党の出現を、僕、心待ちにしています。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ALL THE KINGS’ MEN】

それにしても、ネット上の意見と、世の中の大勢とは、随分な差異がある様に思えてなりません。例えば、小沢さんの一連の事件においても、ネット上では冤罪であり検察が違法である、...

コメントの投稿

非公開コメント

「原発」国民投票についての詳しい情報

毎日ブログ更新楽しみにしています・

先日、知人から以下文章をメール受信しました。
すでに私の家族も署名済みですが、この場を借りて、より多くの方に情報を共有していただきたく、コメントいたしました。


もしブログをよんでいらして、興味をお持ちの方がいらっしゃれば、下記ご参照頂けるとありがたいです。
 
 
「6月13(水)に、衆参両院の議長、内閣総理大臣、及び各党トップ宛てに「原発」国民投票の実施を申し入れます。
   詳細は⇒ http://kokumintohyo.com/schedule

   上記申し入れに際して、それを求める主権者・国民の署名を提出します。
   取りまとめて整理する時間を数日間要するので、今回は7日までに集まった分を提出します。

   ★それで、とても重要な「お願い」です。
   現在、埼玉、神奈川、茨城、東京などをはじめとして、私たちの仲間が連日、精力的に署名を集めを展開しています。
   ただし、関西、四国、九州、北海道などほとんどの地域では、ごく僅かな数しか獲得していません。
   政府が勝手に「再稼働」を決めようとしている今、「原発」についての主権者の意思が政治に反映される国民主権を取り戻すために私たちの活動はより必要性を増しています。
   その認識を深めつつ、あなたの友人や家族にメールや手紙を送ったり、
   いろんな会のメーリングリスト、ツイッター、facebook、mixi、blogなどを活用したりして、残り2週間で集中的に署名を集めて下さい。

   【法定署名とは違い、生年月日の記入や捺印は不要。1分で済みます】
    残り2週間で1人が1日10筆を獲得すると 5,200人×10筆×14日=728,000筆/これは実現可能な数字です。


   ◆署名の仕方
   国民投票HPが新しくリニューアルし、わかりやすくなりました!
   http://kokumintohyo.com/
   ↓
   WEB署名はこちら
   https://kokumintohyo.com/apply_form
   ↓
   署名簿で書いてもらう場合はこちらからダウンロードしてお使いください。
   http://kokumintohyo.com/wp-content/uploads/shomei01.pdf
   また、セブンイレブンでも署名簿が入手できます
   http://kokumintohyo.com/net_print
   ↓
   三つ折パンフレットも是非ご活用ください。
   こちらからダウンロードできます
   http://kokumintohyo.com/chirashi
   また、まとまった数のパンフを必要とされる方は事務局に申し込んでください。」

No title

味写さん、コメントお久しぶりですね。

詳細な補足説明、ありがとうございました。

1人でも多くの方が、この運動に興味を持たれると良いですね!

はじめまして。当方、北関東在住の五十代男性です。日本犬と共に暮らしております。
さて、本ブログの堂々たる論旨にはいつも感心しておりますが、特に今日のご意見には全面的に同意致します。
早速、原発国民投票にWeb署名したところです。
私が住む栃木県でも、放射性物質が飛来しており、憤りを禁じ得ません。
民主党も勿論自民党も頼りにならず、私達国民自身が意識を改革するよりない、と感じる毎日です。
ともあれ、本ブログの意識の高さ、視野の広さには驚く事ばかりです。
筆者の方のくれぐれのご自愛の程をお祈り申し上げます。それでは失礼致します。

No title

M・T様、大変丁寧なコメントをありがとうございます。

また、過分な褒め言葉を頂きまして、恐縮しております。

この日本においても、エジプトの様に、国民全体が覚醒する事が起きる事を願っていますし、真の意味での自立が必要と感じております。

栃木県と言えば、寒暖の差が激しく、中々厳しい気候の地と聞いております。M・T様は私より先輩にあたりますから、これからが夏本番ですし、お身体を大切になさって下さいませ。今後ともご指導を賜る事がありましたら、大変嬉しく思います。それでは失礼致します。
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR