FC2ブログ

KUMAGUSU

蕎友館さん、拍手コメントありがとうございます。300回目の拙ブログを楽しんで頂けた様で何よりです。さて、頂いたコメントにある、クリスとトーフ、って何でしょうか?不勉強で申し訳ありません、是非教えて下さいね。

さて、今朝の全国紙各紙を見ていましたら、国会において、福島原発事故の聞き取り調査が始まった様です。海江田元大臣が2時間半に渡って参考人聴取を受け、菅前総理の対応が如何に酷かったを語った由、やはり人災でしたか…。これ、ネット上では1年近く前から言われていた事なんですね。RCサクセションの名曲「言論の自由」を思い出します。♪ 本当の事なんか言えない 本当の事なんか言えない 言えば殺される ♪、でありまして、総括するのはとても大事な事ですが、散々世界中に放射能を撒き散らしておいて、福島の地はボロボロ、そしてその時は無能総理を庇っておいて、今更「菅サンのお陰で初動が遅れ、大変な被害が出た」と言われてもねえ。酷すぎますし、この国は決して国民を大事にしない、という事が良く分かります。当時の民主党執行部(確か今の総理もいましたよね…)、官僚、東電、マスコミ、アナタ方の悪行三昧を国民は決して許さないし忘れませんよ。僕自身も、先の重大犯罪を犯した連中の中に、知り合いが居ない訳ではありませんが、彼の当時の言動には、失望を通り越して憎しみになってますもんね。

どうも日本人の大欠陥として、「物事を検証しないし、過去の出来事を軽視する。日本の悪い面だけ声高に訴え、良い面は中々言わない」という事が挙げられるのではないでしょうか。原爆を落とされた事だってそうです。勿論アメリカが極悪非道であった事は間違いありませんが、では、誰が何故その無謀な戦争を起こし、日本を大敗に導き、原爆を落とされる羽目になったのか、という事を学校で教えるべきなのに、それは決してしません。僕、大学の法学部の国際政治学科、という特殊なコースに行き、恩師のC教授の薫陶を受け、一所懸命大学院で学んだからこそ、日本における昭和初期の異常な状況、という事実を克明に知った訳です。この原発事故と、日本を大敗戦に導き300万人以上の犠牲者を出した状況って、構図は全く同じなんですね。一部の特権的な官僚や政治家が国民をミスリードする→それをマスコミが無定見無批判で煽りに煽る→国民はそれを信じ込む→挙句の果てに大失敗し夥しい犠牲が出る、という訳です。せめて、このブログの読者の皆様には、世間の意見を鵜呑みにするのでは無く、ご自身が深く考え、様々な書を読み、多くの人生経験を積み、物事を判断して頂きたいなあ、と切に切に願っています。自分で良く考えて決めた事ならば、たとえ間違えたとしても後悔しませんよね。これが、流されて決めてしまって失敗すると必ず後悔する事でしょう。

嫌な話はお終いにしまして、では、僕の尊敬する偉大な日本人を今日はご紹介しましょう!以前の本ブログでもチラリと触れた事はあった様に思いますが、冒険家、いやいや生物学者、う~ん民俗学者の側面もあり、天文学に博物学に文化人類学に宗教学、そして粘菌研究の第一人者、十九ヵ国語を華麗に操るバカボンド、真の自由人、明治生まれの南方熊楠であります。この人、和歌山の産、博覧強記の天才でありまして、東大に入学するんですが、レベルの低さに失望しすぐに退学、いきなり渡米し、その後イギリスに渡り大英博物館に日参、独学で学び、25歳の時に、世界一古くそして最も権威のある化学雑誌、「ネイチャー」に論文が多数掲載される、という大成功を収めます。凡人ならば世界的栄誉を得た訳ですから、ここで満足してしまうでしょうが、知識が叡智となり、点が線になり、蛹が蝶になる様に、熊楠さんは世界中の動植物の生態を知る為に、単身世界一周の旅に出ます。キューバに渡りメキシコを廻り、イタリア人のサーカスの一団に身を投じ西インド諸島(カリブ海にある島々ですね)を3度訪れ、勿論、アメリカと欧州は住んでいた訳ですから熟知していますし、これ、凄いのは明治の時代にやった事です。勿論飛行機なんてありませんから、相当難儀な船旅だった事は間違い無いでしょう。そして、痛快なのは、西欧コンプレックスがまるで無い事です。残っている写真を見れば、まあ意志の強そうな顔をしてまして、明治の男で侍あがりですから、日本という国や己に侮辱を与えた、と判断すれば、地位や名誉は何のその、喜んで喧嘩を買うんですね。アメリカはミシガン大学在学中、己の部屋に釘を打たれ出られなくされ、そしてホースで水を撒かれるという人種差別を受け、柔道で5人を投げ飛ばして退学、そして日本人を馬鹿にした英国人を大英博物館内で鉄拳制裁、それでオックスフォード及びケンブリッジの両大学から来ていた教授職を棒に振りますが、本人は至って意気軒昂でありました。同時期にイギリス留学しており、神経衰弱で消耗しきった夏目漱石とは大違いですね。

この人の凄さは、残した資料や文献、作品集が余りに膨大な為、未だに研究されていますし、昭和天皇に講義を行い、強く感銘を受けた陛下が、初めて民間人を和歌に取り上げた事でも有名です。将に超人でありまして、文部省の皆さん、小学生の教科書に載せた方が良いと僕は思いますよ。さて、週末は全国的に晴れ模様の様ですから、皆さん、楽しい週末を!
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【KUMAGUSU】

蕎友館さん、拍手コメントありがとうございます。300回目の拙ブログを楽しんで頂けた様で何よりです。さて、頂いたコメントにある、クリスとトーフ、って何でしょうか?不勉強で...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR