FC2ブログ

BUFFALO ’66

昨日は仕事で非常に嫌な事もあり、つくづく思いますが、人の保守的な思考って中々変わらないですよね。僕は常に進化していたいですし、変化こそが楽しいと思うんです。椎名林檎率いる東京事変のデビュー・シングル、名曲「群青日和」の歌詞を借用しますと、♪ 演技をしているんだ あなただってきっとそうさ 当事者を回避している 興味が湧いたって 据え膳の完成を待って 何とも思わない振りで笑う ♪、は~あ。という訳で昨晩は少々痛飲しましたが、関係者の皆様方、本当にありがとうございました!

「高慢と偏見」という小説、映画「ブリジット・ジョーンズの日記」の元ネタとなった有名なものですが、本当に人間の先入観って恐ろしいものです。僕、非常に常識人、かつ高潔な人格と素晴らしい人間性と溢れんばかりの魅力を持っている、と自分だけ思っているのですが、ファースト・インプレッション、第一印象では、どうも強面で柄が悪く一癖ありそうで大層な変人、という事らしく、愕然としますし、まだまだ修行が足りない、と自戒するばかりなんですね。何故こういう話になるかと言いますと、昨日聞いたのですが、今回の大震災において、全国のジェット・スキーヤーの有志の皆さんが、生活必需品--水・食糧・燃料・医薬品等々--を陸路輸送し、かつ、その機動力を生かし、海上で数百名の人命救助を行ったとか。ジェット・スキーと言うと、何だかチャラチャラしていて軟派なイメージでしたし、僕、何も知らず全くの初耳で赤面しましたが、将に無知は罪なり、それはさておき、心を打つとても素晴らしい話で、涙をこらえるのに必死でした。今思い出したのですが、お笑い芸人の江頭2:50さんも、震災早々にトラックに救援物資を大量に積み込み、被災地まで届け、何も告げずに去ったとか。本当に、人の真価は逆境の時にこそ分かるものでして、こういう方々が陰徳を積む事によって、日本という国が成り立っていると痛感しました。黙々と働き、でしゃばらず、決して自分の功を誇らない、これこそ、日本人が世界に誇れる、美しい人間性であり、この国に生まれて良かったなあ、と思った一夜でした。現政権の皆さん、こういう素晴らしい方々の爪の垢でも煎じて飲んで下さい!

ここからが本日の本題でして、偏見、という言葉で直ぐに思うのが、所謂ソウル・フードなんです。このソウル・フードとは、アメリカの黒人奴隷達の飢えを癒した食べ物の事でして、今では日本人の食卓に根付いているものも多いんですよ。要は白人地主達が棄てた物を食していた訳でして、例えば豚足であり、各種ホルモンであり、オックス・テールであり、ニューヨークはバッファロー地域で食べる鳥の手羽先、通称バッファロー・ウイング、そして亀や兎やコーン・ブレッド、アライグマにオポッサム(ネズミに酷似した有袋類です)、タンポポにカブや薩摩芋にスイカ等が挙げられます。余り知られていない様ですが、世界中で親しまれている、フライド・チキン、これも元々は黒人奴隷達の食べ物でありまして、少々鮮度が落ちた肉でも、骨だろうと皮だろうと、長時間油で揚げる事により、美味しく食べられ、かつ高カロリーでお腹がいっぱいになる、という訳なんですね。そうそう、もし読者の皆様がアメリカに旅行された際、現地の黒人にスイカを勧めたら、重大かつ悪質な人種差別と見なされ、トラブルを巻き起こす事は必至ですので、どうかご注意を。

僕、フライド・チキンは余り食べませんが、ホルモンは美味しく頂けますし、数多くあるソウル・フードで一番の美味は、何と言っても、キャット・フィッシュ、ナマズでしょう。江戸時代の浮世絵、所謂錦絵の題材としても多く取り上げられたこのナマズ、また同時代に長崎に滞在していたドイツ人医師シーボルトの著作では、薬用の食品として記録が残っています。かなり古くから食べられていた事はまず間違いありません。と言いますのは、埼玉県は吉川市、古くから栄えた天領であり、武蔵野に位置し、2つの大河が流れる水利の良い地ですが、通称「ナマズの郷」として有名でして、僕、ここで絶品の川魚料理を堪能した事があるんですよ。

創業400年を超す老舗、勝海舟に板垣退助も訪れたこのお店は、東山魁夷に中川一政、葛飾北斎に安藤広重の絵画が並び、それでありながら極めて良心的な価格でして、都内から一度乗り換えますが、電車で僅か20分で、かっての文豪達がこよなく愛した武蔵野の地に到着です。鰻はちょいちょい食べる機会がありますし、鯉や鮎や岩魚は既に経験済み、僕、折角の機会なので、ナマズのフルコースを賞味したのですが、非常に淡泊で癖が無く、誠に上品な白身魚の趣でして、これには驚きました。天婦羅に西京焼きに柳川鍋、燻製に刺身にカルパッチョ、しゃぶしゃぶにフライに蒲焼、中でも絶品なのはつみれ揚げでした。まあ日本酒に合う事この上なく、現地の地酒、天覧山や文楽に亀甲花菱まで美味しく頂きまして、至福口福極楽の一夜でありました。

この豊かな地も、今も尚、放射能が降り注いでいる訳でして、人間は勿論の事、美味しいナマズ君達も大迷惑です。政府の皆さん、もう1年以上経つんですから、いい加減原発の処理を終わらせて下さいよ!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR