FC2ブログ

盆暗なんて呼ばないで

昨日は、このFC2ブログで通信障害か何かトラブル発生していた様でして、読者の皆様方には大変ご迷惑をお掛けしました。僕もちょっと確認したい事がありましたので、本ページを見たかったんですが、中々それが出来ず、書いている本人なのに、ンモ~、という感じで、コンピューターって奴はこれだからいけませんな、手前で判断する事が出来ないんで、直ぐにフリーズしやがって止まっちゃう、使えない野郎だよ、全く…。

落語口調はこれでおつもりとしまして、今朝の新聞記事は非常に興味深いものがありました。まずは朝日新聞です。小沢さんの長い長い裁判において、検察側に違法で脅迫的な取り調べがあり、実際には無いやりとりを調書に記載したそうで、立件の可否を判断する由、これが先進国と言えるのか、まるでブラック・アフリカの後進国か、中南米の独裁者が支配する国と同様のレベルですよ。僕も日本人ですから、政官一体となっての原発事故の組織的な隠蔽と併せて、恥ずかしくて外国なんて行けませんね…。本ブログの読者層年齢層がどこら辺にあるのか皆目分かりませんが、田中角栄総理のロッキード事件並みの空前絶後の大騒ぎをしておいて、今更そりゃあ無いでしょうよ。バーブ佐竹の「女心の唄」ですか、古い歌で大変恐縮ですが、♪どうせ私をだますなら だまし続けて欲しかった♪、ですよね。本当に連日連夜テレビでは小沢=悪党、というイメージを植え付け、著名なオランダ人ジャーナリスト兼大学教授、カレル・ヴァン・ウォルフレン氏は「人格破壊」と表現されていますが、ヤイ、マスコミの連中、無駄な嘘の放送ばっかりしやがって、電気代返せ!ま、本ブログをずっと読まれている方々には、既にこの裁判のカラクリはお分かりでしょうが、何らかの悪意や邪悪な意図--小沢総理が実現したら困る連中、即ちアメリカ様々の政官財にマスコミの殆んど--があって虚偽の取り調べをした、と判断せざるを得ません。

笑ったのは、産経新聞の前原サンの記事です。「言うだけ番長」と言われたのに腹を立て、記者会見を開かない、ってんですからへそが茶を沸かしてしまいます。人間、本当の事を言われたら怒る、というのは本当ですね、ププッ。大体この人、仮にも政権与党の幹部で49歳、党代表も国土交通大臣も外務大臣も務めた訳で、それがこんなに肝っ玉が小さいんじゃあ、どうしようもありませんね。尖閣諸島問題に八ッ馬ダム、日本航空、それらの案件は威勢の良い事を言うんですが何も解決出来ず、おまけに多くの外国人から献金を受けてるんですから、こんな輩の言う事をまともに聞く必要なんてありゃあしませんよ、全く。その点、昔の政治家は偉かったと思います。清濁併せ呑む大きな器量と言いますか、以下の喩は今の時代に適切では無い事は百も承知ですが、紹介させて下さい。三木武吉、明治生まれの一刻者、戦後間もない混迷の時代に、自由党と民主党を保守合同させ、自民党を結成、高度経済成長の礎を築き上げた大立者なんです。国会の質疑応答の際、野党から「自民党の大物議員で、妾を4人も囲っているものがある、どういう事か。」、するとスッと立ち上がり「その議員とは、不肖私三木武吉であります。ただ、1つ訂正させて頂きたい。4人では無く5人であります。私も彼女達も年老いましたが、今更棄てるが如き不人情は出来ませぬ。」、満場の喝采、そして大爆笑だったそうです。三木翁の私生活の問題はさておき、前原サンの態度と較べて皆さん如何でしょうか?僕、断固三木さんの器の大きさを支持しますね。日本国の舵取りを任せるのに、少々批判されたからと言って記者会見を拒否してる様では、政治家失格です。

前原サン、実は京都大学卒でして、本当に学歴って頼りないと痛感しますね。日本人の知的レベルが相当落ちつつあるんじゃないかと強い危惧を覚えますが、もう1つの危機があるんですよ。先月末でしたか、日本将棋連盟会長、米長邦雄名人--多くのタイトルを獲得し、ベストセラー多数の将棋界きっての才人、今は引退し後進の育成と将棋の普及を行っています--が、コンピューターとの将棋を戦いました。序盤から中盤にかけては、米長名人が極めて優勢でしたが、一手のミスから終盤には大差がついてしまい、コンピューターの圧勝と終わりました。僕、ネット中継で途中まで見ていて、こりゃあ名人の勝ち、フフ~ン、コンピューター君もまだまだですなあ、なんて思って、祝杯をあげてましたら、まさかの完敗には驚きました。

将棋は取った駒を使えるという、世界で唯一のボードゲームでありまして、よもや名人が負けるとは思いませんでした。しかし、挑戦者である富士通側が用意したのは、ボンクラーズ、という随分とぼけた名前ですが、サーバー6台を繋げ、1秒間に1800万手を読める、という化け物だったんですね。その怪物相手に中盤までは優勢だった人間を褒めるべきか、一手のミスをとがめて勝ち切ったボンクラーズを称えるべきか、コンピューターに疎い僕には皆目分かりません。この決着を付けるべく、次回の勝負は5対5の対抗戦の由でして、人選や日時が近々発表される由、人間の叡智を見せつけてやれ、と今からこの勝負が楽しみです。それにしても、人間が作ったものに敗れるかもしれない、って何だか皮肉ですよね。それでは皆さん、楽しい週末をお過ごし下さい!!
スポンサーサイト



コメント

はじめまして、こんにちわ。作者の方は将棋がお好きですか。私は唯一の趣味ですが素人初段がいいところです。下手の横好きで中飛車ばかり指しています(^-^)

No title

Kazさん、初めまして。

将棋がお好きなんですね~(^^)。7六歩、8四歩、なんちゃって。僕は居飛車も振り飛車も指します。でも、どちらかというと振り飛車党でしょうか。中飛車も指しますが、四間飛車か三間飛車を好みます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する