FC2ブログ

CONEY ISLAND、BABY

昨日は相当仕事が立て込んでいましたが、何とか終わらせて、憂さ晴らしと言うか打ち上げで飲みに出たものですから、今朝は少々二日酔い気味なんです。こういう時って不思議なもんで、いつもと違ったものが食べたくなりませんか?例えば冷麦だったり、お茶漬けだったり、こってりした豚骨ラーメンだったり、おろし蕎麦だったり、葛切りだったり、赤出汁だったり…。そうそう、7~8年前のアメリカのドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」が随分と話題を呼んだものです。監督自らが実験台となり、1日3食30日間、マクドナルドのハンバーガーを食べ続けたらどうなるか、というとんでもない映画でして、案の定、体重が11㌔増え、肝臓が炎症を起こし、精神的にも怪しくなり、まあ或る意味当然の結果と言えなくはありませんよね。この国は病んでいるなあ、と痛感させられるのが、通称「チーズバーガー法」と言われるものでして、高いカロリーの食品を食べ続けて肥満になった人が、外食産業を訴える事を禁止する、食品消費個人責任法なんてものがあるぐらいです。随分話が寄り道しちゃいましたが、今日は、僕が酔い醒めの時、無性に食べたくなる事がある、ハンバーガーを含めたジャンク・フードのお話を。

碌な事をしない超大国アメリカですが、ハンバーガーを発明した事は褒めてあげても良いでしょう。1904年のセントルイス万博で既に売られていたり、いやいや1885年にはもうあったんだ、等々諸説入り乱れている様ですが、幾らジャンク・フードとは言え、100年以上の歴史があるのは間違い無い様です。1948年にマクドナルド兄弟が設立したチェーンが世界を制覇した訳ですが、僕が皆さんに是非お薦めしたいのは、LAでもSFでもNYでも、アメリカ中の何処にでもある様な、そうですねえ、パパ・ママ・ストアなんてスラングもあるそうですが、個人がやっている小さな店舗なんです。こういう所は一見目立たないんですが、注意深く街を観察していますと、人だかりがしていたり、良い匂いが漂って来ますから勘の良い方なら直ぐに気付く筈です。マックでは決して味わえない、純粋なハンドメイドのハンバーガーなんですよね。普通のおっちゃんが黙々と焼いているお店が多いのですが、ガラス越しに調理する所が見えて安心ですし、僕の一押しは、A LOT、と書いてあるハンバーガーです。読んで字の如し、具材が沢山入っていまして、通称BLTと呼ばれるベーコン・レタス・トマトは勿論の事、半熟の目玉焼きにチーズも入り、200円程度の安さ、そして外国のミンチやソーセージって日本のものと全く異なるんですよ。繋ぎが無い、というのかな、ああ、牛や豚を丸ごと潰したんだな、というのが如実に分かる味です。あ~、食べたくなって来ました~。本場の味と対抗出来るとするならば、国内では唯一佐世保バーガーでしょうか。長崎市内は中華街傍にあるお店は特にお薦めでして、先にご紹介した、A LOT、の味に最も近い気がしますし、人気に火が付いたのもむべなるかな、でありましょう。

そして、酔いが残っていない時は決して食べたく無いんですが、二日酔いの朝、無性に食べたくなるものとして、ジョン・レノンもこよなく愛したイギリスの味、フィッシュ・アンド・チップスがあります。マクドナルドのフィレ・オ・フィッシュと同様、寒い海に棲息するオヒョウ、という魚の切り身を揚げたものなんです。このオヒョウ、まあカレイの仲間なんですが、サイズが凄いんですよ。ドア・サイズ、なんて呼ばれるぐらいですから、家の玄関ぐらいの大きさは当たり前、外食産業の為に生まれた様な魚です。このフィッシュ・アンド・チップス、都内で勿論食べられるんですが、新鮮なタラをカリッと揚げて程良く空調の利いた店内でシャブリを飲む、では何だか似合わないんですよね。寒空の下、古新聞に包まれた大きなコロモが付いたギトギトした魚のフライに、塩やビネガーやマヨネーズなんかをたっぷりかけて、ギネスあたりを飲みながら食べる方が余程美味しく感じます。

もう1つアメリカさんを褒めるとするならば、ホット・ドッグでしょうか。これもハンバーガーと同様、100年の歴史があります。ニューヨークの老舗遊園地、コニーアイランドで売られたのが元祖らしいですし、マクドナルドも元々はホットドッグ屋さんなんですよ。僕のお薦めは、別府のテレビ塔近辺にある、流しのホットドッグ屋台です。営業しているのかしていないのか、皆目分からない様な汚れたワゴンの車体には、ホットドッグ、と書かれていまして、注文しますと、おじさんが黙ってトースターでホットドッグを温めてくれるんです。謂わば焼きホットドッグですね。凄まじい強風の中、美しい別府の景色を愛でながら、熱いコーヒーとホットドッグ、これ、とても合いますよ~。

最後に。和洋折衷で不可思議な食べ物なんですが、夏祭りの屋台の縁日なんかでよくある、アメリカン・ドッグ、これこそキング・オブ・ジャンク・フードでしょう。ソースこってりの焼きそばにたこ焼き、イカ焼きにトウモロコシを焼いたのも中々捨て難い味がありますが、僕はやっぱりアメリカン・ドッグですね~。ホットケーキ・ミックスを溶いて魚肉ソーセージを揚げて、ケチャップとマスタードたっぷり、なんて下品な代物なんだろう、と思うのですが、あの独特の香りと存在感の吸引力って大したもので、ついつい食べちゃってすぐにお腹一杯、僕、四十を過ぎて何を食べてんだ、と軽く後悔する所も魅力です。

あ~、無性に何か食べたくなりました!ドーナツやお好み焼きの話は又の機会にしまして、ちょっと病院の売店に行きまして、何か買って来ます!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR