FC2ブログ

ジョニーは戦場に行った

昨夜は会合が随分遅くなってしまいまして、参加された先生方、本当にありがとうございました!本当にかってに較べますと、先生が増えまして心強い限りですし、一騎当千のつわもの達と言いますか、県下有数の精鋭医師が多く揃っている、というのは当院の誇りです。今後の課題は、医師以外の職員の質の向上に尽きますね。まあ、N副院長もおっしゃってましたが、「下郡病院の教育元年」ですし、微力ながら僕も頑張る積りです!

三次会になっちゃったのかな、久し振りに一献酌み交わしたメンバーもおりまして、非常に有意義かつ楽しかったんですが、途中で酔い潰れて消えた彼は何処に行っちゃったんでしょうか!?途中から寝ちゃってたもんなあ…。階段やエレベータを結構探したんですが、何処に行ったのか皆目見当も付かず、まあ成人男性だから大丈夫でしょうが、でもやっぱり心配なんで、Y君、連絡は早めに下さいね…。

さて、その彼を探しながら深夜の街を彷徨したんですが、まあ寒い事寒い事、耳が千切れそうでした。僕は軍用コートを着ていましたから、何とか凌げましたが、同行していたO事務部長はスーツ姿でしたから、さぞかし冷えたんじゃないでしょうか。カシミアのロングコートやファーも悪くはありませんが、実用本位に造られた軍用ものにはとても敵いません、という訳で今日は男の子なら誰でも関心のある、軍服にまつわるお話を。

皆さんご存じの事も多いでしょうが、軍服関係って、かなり民間に転用されてますし、タウン・ユースとして愛用されているんですよ。まずはベレー帽、手塚治虫先生かチェ・ゲバラか、という感じですが、これ、元々はスペインはバスク地方の民族衣装でした。バスクと言えば、元々はスペインとは言葉から慣習から文化から異なりまして独立心旺盛な気質、塩タラのオムレツや子羊の煮込みやティー・ボーン・ステーキにピンチョスが絶品でして、ってキリが無いので話を戻しまして、ベレー帽の天辺には小さい糸が出ていますよね。これ、軍人さんはどうしても手が汚れるので、指先で糸をつまめば万事OK、という訳なんです。よって画家や漫画家が愛用するのも分かりますよね。この時期に多くの女性が履くブーツも同様、これも元々は騎兵が使っていたものです。乗馬用から来たものですね。007や有能そうなビジネスマンが使う、アタッシェケースがあります。これはフランス語ですが、アタッシェとは、駐在武官、即ち大使館に勤務する軍人の意味でして、彼等が愛用していた鞄がそう呼ばれる様になったのです。学生さんが着る男の子の学生服、女の子のセーラー服、そしてランドセルにリュック・サック、これらは全て実際に戦場で使用されたもの、明治維新直前、越後長岡藩の侍達は、羽織袴に日本刀、そして焼きたてのパンを入れたランドセルをしょって戦った、というんですから事実は小説より奇なり、面白いものです。

作業で使う軍手軍足は勿論の事、ダッフル・コートやPコートは元々北欧の漁師達が愛好していたものをイギリス海軍が目を付けまして正式採用、実用性とファッション性を兼ね備えていましたから、瞬く間に世界中に広まった訳ですね。セーターだってそうですよね、漁師達が漁の合間に縫っていたのがルーツですもん。そして、今年は流行ってるのかな、トレンチ・コートも同様です。トレンチの語源は塹壕、なんですよ。第一次世界大戦の折、欧州戦線では、凄惨な血みどろの肉弾戦となり、ヘミングウェイの「武器よさらば」、レマルクの「西部戦線異常なし」、キューブリック監督の「突撃」、デビット・リーン監督の「アラビアのロレンス」等々、才ある芸術家達に絶好の題材を与えた格好となりました。塹壕に籠り厳しい寒さを耐え抜く防寒着として生まれたのがトレンチ・コートなんです。結構血なまぐさい服なんですよ。ベルトも同様、元々紳士の皆さんはサスペンダーを使っていたんですが、戦う際にはやはり邪魔です。ベルトに取って代わられたのも致し方無しですよね。

僕が愛用していますのは、米軍のものが多いんです。パイロットが使うA2と呼ばれる、馬革の丈夫極まりないフライト・ジャケット。映画「タクシー・ドライバー」で主人公トラビスを演ずるロバート・デニーロの着るM65フィールド・ジャケット。そして、モッズ御用達の定番、M51ミリタリー・パーカー。特にM51は質素ですが堅牢な造り、防寒防風に適した素晴らしい逸品と思います。只、紛い物が多いんですよね。裏地に、U・S NAVY、と印が無いのは全て偽物ですからお気を付け下さい。さて、今日はこの後、外に出る用事もありまして、何時もよりは少々短いですが、本ブログはこれでお積りと致しまして、早速M51のボンバー・プリントの黒を着込みまして、雪が舞っている様ですが、行って参ります!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR