FC2ブログ

透き水の さざめき通る 山葵沢

4連休の真っ只中、読者の皆様、如何お過ごしですか!?此処大分は朝から激しい雨、日田では警報が出てまして、又河川の氾濫が起きなければ良いのですけれど…。其れにしても、拙ブログで再三再四述べて来た様に、コロナの蔓延は留まる処を知りません。通常、お休みの日って、検査数が少ないですから、感染者が減るのが常なのですけれど、昨日は何と、981人でしょ…。都内は366人と過去最多でありました。大阪や千葉、神奈川や京都等々、大都市圏でも増えていまして、僕、GOTOキャンペーンは即時中止すべきと思えてなりません。だって、今朝の全国紙の1面なんて、「愛知県 感染者急増 『もう無理』 頭抱える行政」と謂う大見出しが出てたんですけど…。勿論、経済は大事なのは分かります。でも、人が生きていなければ、お金を産む事は不可能な訳で、政府の皆さん、優先順位を間違えてませんか!?

USJもディズニーランドもかなりの人混みですし、東名高速も早朝から大渋滞なんだとか。此処大分にしても、泉都別府のホテルは満員の由でした。別府の鉄輪温泉には、「地獄蒸し」と謂う名物料理がありまして、温泉の蒸気で、様々な食材を蒸し上げるんですね。僕、1度行った事があるのですけれど、中々の美味、コロナが落ち着いたら、是非お勧めしたい処ではあります。で、今朝の大分のローカル紙を読んでましたら、其の鉄輪温泉、九州圏内は勿論の事、大阪・兵庫・奈良の近畿圏のナンバーの車が続々と集まり、駐車場は1時間待ちなんだとか。

僕、今月末か、8月の頭には、感染者が激増する気がしてなりません。

なのに政府は、ニシムラ大臣ですか、「危機感を強めている。只、家族旅行なら問題無い。」ですって。あの~、其の根拠は何処にあるんでしょうか!?家族旅行なら感染せず、独り旅なら感染するって、論理的に考えて、全くおかしいですぜ。あのねえ、コロナウィルスが家族連れは襲わないって、最早意味不明です。でね、やっている事と謂えば、東京五輪が1年後に迫ったと、国立競技場でセレモニーを開催でしょ。挙げ句の果てには、サッカーJリーグに、税制の優遇措置ですって。あのねえ、今すべき事は、コロナのワクチンや特効薬の開発、検査態勢の確立、医療機関への援助じゃないでしょうか…。僕、五輪やサッカーを否定する訳では決してありませんが、どう考えても、お金を使う処が違うでしょ。医療従事者への援助は勿論の事、前回の九州を襲った水害で、JR久大線も肥薩線も、128㌔もの線路が不通だそうで、そちらに資金を投入すべきじゃないかしら。先ずは国民の健康と生活を立て直してから、スポーツ界にお金を使うべきでしょうに。

閑話休題、地獄の沙汰も金次第と申しますけれど、コロナとの戦いにおいて、やっぱりお金って必要ですよね。僕、政府は、ありとあらゆる手を打つべきと思うのですけれど、余りに無能で無為無策、何もしてくれないじゃないですか。で、其処で考えたんです。どうせ政府なんて、税金を徴収する事しか考えてないんですから、だったら、公益法人や宗教法人から課税してはどうでしょうか。勿論、ずうっとお金を取れとは謂いません。せめて、コロナが収まるまでの間、全ての法人が助け合い、お金を供出するんですよ。公益法人と謂えば、公務員共済や商工会議所等々、沢山ありますよね。そして、宗教法人って、日本には18万もあるそうです。ならば、其れらの法人が、浄財を持ち寄れば相当な額になりますぜ。政党が貰える政党交付金、此れだって原資は僕達の血税なんですから、どんどん課税したら良いのに。でね、話は戻りますけれど、宗教って、人々の心を救うものでしょ。ならば、人類全員がコロナと戦っている今、世界中の宗教法人が援助すべきじゃないかなあ…。キリストだって、パンやワインを、病人や貧しい者に分け与えたと聖書に書いているじゃありませんか。ローマ教皇、是非ご一考下さいませm(__)m。

そしてね、日本は農業を中心に、新たな産業を興すべきと思うんですよ。だって、此のコロナの所為で、外国人労働者が不足し、農家の皆さんは青息吐息でしょ。しかも我が国の食糧自給率は、僅か39㌫と先進国では最低の数字です。ならば、農業に力を入れ、新たな雇用を掘り起こし、食糧自給率を上げるって、理に適っていると思います。例えば日本酒って今、欧州で人気でしょ。政府が米農家をほんの少し援助する事で、益々日本酒が世界で売れますよ。日本製のクラフトジンだって、かなりの人気ですもんね。ジンって、各種の麦やジャガイモから造れる訳で、焼酎メーカーがこぞって参入、海外輸出も増大しています。ならば、政府が少し後押しするだけで、大産業になる可能性が大です。日本製のジンに、例えば大分特産のカボスを合わせ、カクテルとして売り出しても良いじゃありませんか。3年前だったかな、福岡で九州産の食材を海外に向けて売り出すキャンペーンがあったのですけれど、此のカボス、香港や台湾、ウズベキスタンや韓国のバイヤーから相当注目されたんですよ。そうそう、山葵や山椒だって、フランス料理のソースとして熱視線が注がれていまして、こんなのねえ、パブリシティに力を入れて、戦略的に売り込めば、ジャパニーズ・スパイスとして、売れると思うけどなァ。

ど素人の僕が、ちょっと考えただけで、此れ位のアイディアは直ぐに出るんです。日本政府の皆さん、何も援助しろとは申しません。せめて、邪魔さえしなければ、新たな雇用や産業が直ぐに生まれますよ!

さて、まだまだ連休は続きます。皆様、天気予報とコロナ情報には、どうか充分をお気を付けて、素敵な祝日をお過ごし下さいませ。其れでは、来週月曜日に又お会いしましょう(^^)/~~~
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する