FC2ブログ

☆ HIGHWAY STAR ☆

おはようございます!いや~、それにしても今月は、忘年会仏事会食商談懇親会、何だか本当に忙しないです。昨日も少々遅くなりまして、全身が冷え切ってしまい、寝付くまで随分時間が掛かりました…。結構な寝不足でして、今日の本ブログは自由気儘、話がポンポン飛ぶかもしれませんが、どうかご海容下さい。

雪をかぶって 寝ている竹を 来ては雀が ゆりおこす

信州信濃の新蕎麦よりも わたしゃお前の そばがよい

夢をまさぐる オランダ坂に しのび泣くよな 夜が来る

いきなりの都々逸で申し訳ございません。眠い目をこすりこすり、毎日新聞を見ていましたら、新幹線ルートの予算配分が決まったとの記事が出ていました。僕のこよなく愛する長崎も、武雄温泉~諫早間の220億円の予算が付いたとか。青森~函館、長野~金沢間も、夫々1125億円に1600億円と、このご時世に、随分気前が良いですよね~。

いきなり結論から書いちゃいますが、もう箱モノを作る土木系ですとか、鉄道や道路を敷いて地元経済界を潤す、ってやり方として古すぎる様に思います。机上の学問だけが優秀で世間知らず、先例が無いと何も出来ない官僚達の出来の悪さの象徴ですけれど、これからドンドン少子高齢化で人口が半分近くに減るというのに、道路作ってどうすんの!?誰も使いませんよ…。まずは原発対策被災者対策、手前味噌になりますが、それこそ医療福祉系や少子化対策に予算を大きく割くべきと思うんですが、ま、官僚様の天下り先や利権を確保する為に、道路を作り続ける積もりなんでしょうが、日本の未来は暗いです…。

あの~、まず凄いのが第二東名高速道路です。これって現在の東名と並行する計画の様で、沼津とか富士とか静岡を経由するそうですが、トンネルと橋だらけで超割高、7兆円を注ぎ込み2020年全線開通の由、果たして本当に必要なんですかね!?この東名、日本の大動脈であり、無くてはならない大事な道という事は、僕、理解している積もりです。ただ、2本もいるかなあ?海外に行かれた方は無論承知でしょうが、諸外国の高速って、7車線とか平気であるんですよ。それは何故かと言うと、戦争などの非常時において、戦闘機のスクランブル発進といった離発着に使用したり、戦車等の車両がスムーズに移動出来る為なんですね。この第二東名は往復4車線の様で、それでは戦闘機は飛べませんね(苦笑)。もう1つ、日本一の霊峰富士山周辺も、環境破壊が言われて久しいですが、そこら辺はクリア出来てるんでしょうね!?

そして、もっと度肝を抜かれるのが、中央新幹線です。2014年度の着工を予定しているこの新路線、東京~山梨~長野~名古屋~大坂ルートであります。所要時間は、何と東京~新大阪間が1時間7分でありまして、羽田~伊丹の1時間10分を抜くんですね。飛行機の場合、空港までのアクセスや手荷物検査等の煩わしい時間がありますから、新たな新幹線は画期的な計画とは思いますし、列車を愛する事では人後に落ちない僕としては、もし完成したら、乗ってみたい代物ではあります。

ただ、この中央新幹線、問題が山積してるんですよ…。東京~大阪間は440㌔、しかもこの計画ですと、木曾・飛騨・赤石の山々、即ち日本アルプスを縦断するルートですから、どんだけトンネル掘るねん!自然環境にホンマに影響は無いんかいな?という事ですね。そして、費用です。現在の工事費の試算では10兆前後、と言われていますが、それ、ホントにホント?だって、東京~大阪間の全面開通が2045年予定ですよ…。インフレデフレに天変地異に戦争といった不確定要因に加え、年々歳々日々刻々と変化する複雑怪奇な経済状況を考えたら、官僚の試算っていい加減過ぎます…。自分の腹を痛めたお金じゃないですもんね、そりゃあ使い放題でしょう。そして、この新幹線、何とリニアなんです。航空機で有名な、ドイツ・メッサーシュミット社が主となり研究、開発したこの技術、時速500㌔を誇る高速、電気を使用するというエコロジー、良い事ずくめの様に思えます。世界各国も当然注目、本場ドイツは勿論の事、イギリス、オランダ、スイス、アメリカ、イラン、UAE等々で計画されています。ただ、何処の国も、価格が高すぎるし、もし事故があった際は超高速なので大惨事を起こす、という事で様子見なんですよね。中国はいち早く導入し、上海に路線がありますが、早くも火災事故を起こしています(苦笑)。ま、これは他の要因かもしれませんが。

因みに、都営大江戸線、これ、世界初の地下鉄環状線ですが、リニアなんですよね。僕、好奇心旺盛ですから、乗った事があります。確かに乗り心地は非常に良く、モーターらしき騒音が少々気にはなりましたが、毎年100億から200億ぐらい赤字出てるんですよ。僅か40㌔程度の路線でその赤字、リニア新幹線はその11倍の距離です…、何だか恐ろしいですね。しかもルートは都庁前駅を出て、新宿~青山~六本木~麻布~潮留~築地~両国~上野~本郷三丁目(東大)~飯田橋(後楽園)、と都内名所を網羅しており、意地悪な見方をすると、都庁に勤める公務員の利便性だけ考えてるんじゃないの、都に巣食う寄生虫共はとんでもない輩だ、と憤慨してしまいます。

最後に。良く、インフラ整備で雇用や景気回復を、と言われます。確かにカンフル剤としての効果は絶大ですし、今回の震災などでは、一刻も早く取り組む課題です。震災復興は別として、先の観点には「維持管理」という視点が皆無です。作ったら作りっぱなし、という訳には行かないでしょうよ。家1つ建てるのだって、アフター・ケアやメンテナンス、税金の支払いは当然必要ですよね。リニアが出来た、やった~、では赤ん坊と一緒です。大の大人なら、先の事を考えて物事に当らねばなりません。着眼大局 着手小局、これ、将棋界の風雲児、天才升田幸三の言葉です。官僚の皆さんは千回読んで、その意味を噛み締めて下さい。何だか堅い話になりましたが、それではまた明日!!

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する